ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Edwin Clark (civil engineer) - Wikipedia
エドウィン・クラーク (土木技術者)
(Edwin Clark (civil engineer))

エドウィン・クラーク (1814 年 - 1894 年) はイングランドの土木技術者であり、 水圧技術を専門としていた。 彼はチェシャー州 (Cheshire) のノースウィック (Northwich) の近くにある アンダートン・ボートリフト (1875 年) のデザイナーとして主に記憶されている。 このリフトは、ウェイバー川 (River Weaver) の航行可能区間と トレント・マージー運河を 結んでいる。

  1. 初期の生活と仕事
  2. テムズ川水圧リフト乾ドック
  3. クラークのボートリフト
  4. 彼を思い起こすもの (legacy)
初期の生活と仕事

クラークは一時期ブルック・グリーン (Brook Green) の数学の精通者であり、 次にイングランド西部の測量技師になった。 1846 年にクラークはロンドンに赴き、ここでロバート・スチーブンソンに会い、 スチーブンソンは彼をメナイ橋 (Menai Bridge) 【訳注:ブリタニア橋のこと】 の監督技術者に任命した。 クラークは今度は彼の兄弟であるジョサイア・ラティマー・クラーク (Josiah Latimer Clark) を アシスタント・エンジニアとして任命した。 メナイ橋が 1850 年の 5 月 5 日に完成した時に、 クラークは本 「ブリタニアとコンウィの管状橋」 (3 巻) を出版し、 その年の 8 月までに新しい仕事に移り、 「エレクトリック・アンド・インターナショナル電信会社」(Electric and International Telegraph Company) の技師となり、 そこで電信機のいくつかの特許の最初のものを手に入れ、 ロンドン・ノースウェスタン鉄道は 1855 年からロンドンとラグビーの間でクラークの電信機を使用した。

訳注
  1. メナイ橋はブリタニア橋 (Britannia Bridge) とも言います。
  2. Conway は Conwy とも書き、グーグルマップでは Conwy をコンウィと表示しており、 元の綴りと独立にすべてコンウィとカナ表記しています。
  3. 管状橋 (tubular bridge) とは次のような橋で橋桁が箱になっており、 中空な節 (ふし) を接合して作られる。 錬鉄製。
     
コンウィの鉄道橋 元々のブリタニア橋 元々の錬鉄製の中空な
ブリタニア橋の節 (ふし)
現代の橋の前にある。
Google map: ブリタニア橋 コンウィの鉄道橋
ブリタニア橋は 1970 年の火災によって焼失し、現在は新しい橋になっています。 コンウィの鉄道橋が現存する唯一つの管状橋。
テムズ川水圧リフト乾ドック

1857 年にクラークはテムズ川乾ドック会社 (Thames Graving Dock Limited) の技術者になり、 会社のために乾ドックをデザインした。この乾ドックでは修繕する船を水圧プレスで水中から持ち上げるもので、 メナイ海峡でスチーブンソンのブリタニア及びコンウィの管状橋の中空な節を持ち上げた時の経験に基づいていた。 このリフトが 7 年間にわたって成功裏に使用され、1 隻あたり £3 の費用で 1055 隻の船を持ち上げた後の 1866 年にイギリス土木学会で、このことをテーマとした講演をした。 彼はこの講演によりテルフォード・メダルを受賞した。

訳注
上で「水圧プレス」と呼んでいるものは現代では「油圧ジャッキ」と呼ぶべきものです。 この時代には「水圧ジャッキ」と称するものがなく、「水圧プレス」を流用した可能性もあります。 「水圧プレス」は パスカルの原理を利用するものです。
エドウィン・クラークはボート・リフトを作った人ですが、 初期の「水圧ジャッキ」の使用者です。 英国産業革命の時には基礎的なサイエンスを実際に応用する話が随分出てきます。
クラークのボートリフト

クラークは「クラーク、スタンスフィールド & クラーク」(ウェストミンスターのコンサルティング・エンジニア) の会社の熟練した水圧エンジニアとなった。 この時、1870 年にエドワード・リーダー・ウィリアムズの依頼を受け、ボートリフトのデザインを することとなった。このリフトはウェイバー川から トレント・マージー運河まで 50 フィート持ち上げるものであった。 クラークは元々の水圧構造をデザインし、1875 年に開通した。 このリフトは 1908 年から 1983 年まではワイヤー・ロープと滑車によるシステムに置き換えられたが、 その後 2002 年に水圧 (油圧) 装置に戻された。

  
英国で最も良く知られたエドウィン・クラーク
の業績、アンダートン・ボートリフト
ストレピ=ブラックニーのリフト (ベルギー)、
四基ある世界遺産となったクラークのリフト

クラークはヨーロッパの他の国々で他のボートリフトのデザインを続けた。 1879 年にはベルギー政府に、彼の四基のリフトを含む計画を提出した。 この計画は 1882 年に政府の了解を受けたが、完全に動作可能となったのは 1917 年のことである。 1960 年代に運河が現代化される時に、元々の計画では古い設備を取り壊し、 土地を再開発することになっていた。 地元の反対と装置を維持することを望む声が長く続き、 1988 年に中央運河全体が世界遺産になった。 2007 年にはベルギーにある四基のクラークのリフトが一基を除き修復がほとんど完成した。 【訳注:旧中央運河のリフトを参照】

彼を思い起こすもの (legacy)

クラークはジョン・ルーカスによる絵画 「ブリタニア橋の節の一つを取り付ける準備のためのメナイ海峡における技術者の会議」 の中に登場し、 またアンダートン・ボートリフトで操業する遊覧船の名前にもなっている。

訳注
次がジョン・ルーカスの絵です。
これはブリタニア橋の挿絵に登場するものです。