ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Lifts on the old Canal du Centre - Wikipedia

鉄道輸送の歴史ベルギーを読めば、 産業革命の時、ヨーロッパ大陸で鉄道の敷設をしたのはベルギーが最初で、 英国の影響を受けたことがわかります (19 世紀前半)。 又、以下の文章を読めば 19 世後半には英国の技術により 旧中央運河のリフト水門ができたことがわかり、随分ベルギーが英国の影響を 受けている。 しかしずっと昔を考えると英国の木炭高炉はベルギーのワロン地域 の高炉が英国のウィールドに伝搬したことが始まりですから、 ヨーロッパでは非常に長期間相互に影響があったことが随分とはっきりします。 (高炉近現代の高炉:原点と広がり を参照のこと。 ウィールドの製鉄産業も参照のこと)

リフト水門をデザインしたのはエドウィン・クラークで、 これ以前にアンダートン・ボートリフトをデザイン しているので、恐らく旧中央運河のリフト水門はアンダートン・ボートリフトが建設された当初と同じ仕組みと 思われます。アンダートン・ボートリフトは作りなおされていますが、 元々の仕組みはよく知られており、アンダートン・ボートリフト計画とデザインに詳しい説明があります。 アンダートン・ボートリフトの場合にはシリンダーの腐食が問題となりましたが、 以下にはそのような記述がないので、 これは水の pH に依存していたのかもしれません。

旧中央運河のリフト
(Lifts on the old Canal du Centre)

「旧中央運河のリフト」とは ワロン地方 産業の谷 (Sillon industriel) の ラ・ルヴィエール (La Louvière) の町の近くの 4 基からなる一連の水圧式の ボートリフトで、 「ワロン地方の重要遺産」(Wallonia's Major Heritage) そして (ユネスコの) 世界遺産地域 ( エノー州 (Hainaut)) として区分されている。 中央運河はマース川 (Meuse) とスヘルデ川 (Schelde) のベイスン (船溜まり) を接続し、 その中の 7km (4.3 マイル) 区間は水位の落差が 66.2m (217 フィート) ある。 この落差を克服するために、落差が 15.4 m のウドン=ゴウニー (Houdeng-Goegnies) のリフトが 1888 年に開通し、 いずれも落差が 16.93 m (55.5 フィート) である残りの三基のリフトは 1917 年に開通した。

運河のエレベーターは二重になっていて、2 つの垂直方向に移動するタンクあるいはケーソンから構成され、 どちらのケーソンも中央部が鉄の柱で支えられている。 2 つの柱は水力学的に接続され、 一方のケーソンが上昇すれば他方のケーソンが下降し、 一方のケーソンの重みがもう一方のケーソンの重みと均衡をとっている。

四基のリフトは英国の会社「クラーク、スタンスフィールド & クラーク」 のエドウィン・クラーク (Edwin Clark) によってデザインされた。

四基のリフトはカナダのピーターバラ・リフト水門カークフィールド・リフト水門にインスピレーションを与えた 複数のボートリフトの一部である。 (カナダの 2 つの水門のデザイナーである) リチャード・バーゾール・ロジャース (Richard Birdsall Rogers) は19 世紀後半に (中央運河の) リフト水門を訪れ、リフト水門を理解し、可能なアイデアを研究した。

最近の歴史

これらの素晴らしい産業のモニュメントは 1998 年にユネスコにより 世界遺産に指定された。 19 世紀後半から 20 世紀初頭にかけて建設された 8 基の水圧式リフト水門のうち、 中央運河の四基のみが元々の形で機能しているのみである。

2002 年以来、リフトの操業は観光用途に限定された。 商用輸送は今では古いリフトをバイパスし、 巨大なストレピ=テュー・ボートリフト (Strépy-Thieu boat lift) で処理され、このボートリフトは完成時点では世界最大の 73 m の落差であった。

2002 年 1 月に動力ハシケがリフトから外に出る際に、誤動作したエレベータが 動き始める事故があり、これに引き続き No. 1 リフトは休業状態になった。 2005 年に始まった修復工事の最中に徹底的な復元がなされた。 No. 1 と No. 4 のリフトの復元は 2008 年現在も、今なお継続中である。

  
チュー:リフト No.4
左のずっと後方にストレピ=テュー
の現代的な鋼索リフトが見える
ボートリフト No.1 - No.4 の位置
A は新しいストレピ=テュー・ボートリフト
詳細
リフト 地名 座標 落差 写真
No. 1 ウドン=ゴウニー
(Houdeng-Goegnies)
50.4875°N 4.1758°E 15.40 m (50.5 ft)
No. 2 ウドン=エムリー
(Houdeng-Aimeries)
50.4826°N 4.1423°E 16.93 m (55.5 ft)
No. 3 ストレピ=ブラックニー
(Strépy-Bracquegnies)
50.4813°N 4.1373°E 16.93 m (55.5 ft)
No. 4 チュー
(Thieu)
50.4714°N 4.0945°E 16.93 m (55.5 ft)