ページの最終校正年月日 :
関連する話
  1. ピストン・ポンプ (主にリフト・ポンプとフォース・ポンプの 2 種類がある))
  2. ポンプジャック (揚水ポンプ, ポンプの部分のみ考えれば、リフト・ポンプ)
  3. ウィンドラス (回転軸が水平な巻き上げ機、垂直巻き上げ機)
  4. キャプスタン (回転軸が垂直な巻き上げ機、水平巻き上げ機)
  5. ウィム (馬駆動の水平巻き上げ機、基本的にはキャプスタンと同じだが、 深い鉱山から鉱石などを持ち上げるのに使用された。)
  6. マン・エンジン (坑夫が深層の坑道の出入りに使った装置)
  7. ライン・シャフト (中央の動力を個々の機械に伝達するシャフト (軸)、 元々は 1 台の巨大な水車で 4,5 階建てのビルにある大量の機械に動力を伝達する仕組み。 効率を上げるためにはビルに設置する必要があり、19 世紀の工場は常にビルになっていた。 ライン・シャフトを設置する人がミルライトです。)
  8. ジョン・スミートン (運河の技術者として有名であるが色々なことをしている)
    • スミートンの塔 (スミートンが作った灯台、現在は移動されてスミートンの記念碑となっている。この建設の時にローマのコンクリートが再発見される。)
  9. ウィリアム・ジェソップ
  10. ベンジャミン・ウートラム
  11. ジョン・レニー (スコットランドの土木技術者)
  12. ロバート・スチーブンソン (灯台建設家) (Rovert Stevenson) (蒸気機関車の Stephenson とは綴りが違う。数多くの灯台をスコットランドに建設)
  13. 電信
  14. ダーウェント峡谷水車工場群