ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

River Avon (Warwickshire) - Wikipedia

運河や水路の建設には後世には「議会法」(Act of Parliament) によって認可されますが、 以下の歴史を読めばわかるように 元々のエイボン川の水路工事は 「1635 年の 評議会勅令 チャールズ 1 世の専売特許証」 (Order in Council and Letters Patent of Charles I) により認可を受けています。 1639 年 - 1651 年の 三王国戦争 (清教徒革命) で、 チャールズ 1 世が処刑され、そのあと王政復古がありますが、運河や水路の建設の認可は議会に移るようです。

またエイボン川の水路では初期に (ゲートが 1 つしかない) 噴出水門が 使用されたことの具体的な記述があります。

エイボン川 (ウォリックシャー)

エイボン (avon [eɪvən]) 川はイングランドのミッドランズの以下の州を通る、あるいはこれに隣接する川である。 レスターシャ― (Leicestershire)、ノーサンプトンシャー (Northamptonshire)、 ウォリックシャー (Warwickshire)、ウスターシャー (Worcestershire)、グロスターシャー (Gloucestershire)。 ウォリックシャーのエイボン川、あるいはシェークスピア―のエイボン川としても知れれ、 1719 年以来、イブシャム (Evesham) より下流の下 (しも) エイボン (Lower Avon) とイブシャムから 上流のストラトフォードまでの上 (かみ) エイボン (Upper Avon) に分割されている。

航行の助けとなるような改善は 1635 年に始まり、 一連の水門と堰により、ストラトフォード (Stratford) まで行き、ウォリック (Warwick) まで 4 マイル (6.4 km) の地点まで行けることになった。 上エイボンは曲がりくねっていて、洪水がよく起き、 1877 年に水路としては見捨てられた。 下エイボンは奮闘し、決して完全には閉鎖されることはなかった。 しかし 1945 年までには パーショア (Pershore) より下流しか航行が可能ではなかった。

エイボン川の下流を航行可能な水路に復元することは 1950 年に始まり、 1962 年に完成した。上流のエイボン川の場合はもっと困難な仕事であった。 それは、大半の水門や堰が現存していなかったからである。 1965 年に 9 基の新しい水門の設置と 17 マイル (27 km) の工事が始まった。 作業に従事したのは主にボランティアで、1974 年に完成し、このとき エリザベス皇太后 (Queen Elizabeth the Queen Mother, 【訳注: エリザベス・ボーズ=ライアン を参照】) が開通の儀式をした。 川を更に上流まで航行可能にして、 ウォリックもしくはリーミントン (Leamington) でグランド・ユニオン運河と 接続することには反対があった。


ウォリックシャーのストラトフォード・アポン・エイボン
王立シェークスピア劇場のそばのエイボン川
訳注
王立シェークルピア劇場のことに関しては ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーを参照。
  1. 語源
  2. コース
  3. 航行
  4. 歴史
  5. 復元
  6. 提案された延長
  7. 商用の交通
語源

エイボン (avon) は 共通ブリソン語 の abona (川、river) に由来し、 この言葉は多くのイングランドやスコットランドの川の名前として生き延び、 現代ウェールズ語の afon [avɔn] (river, 川) としても生き延びている。

エイボン川はウォリックシャーのエイボン川、あるいは シェークスピアのエイボン川とも呼ばれる。

コース

エイボン川の水源はノーサンプトンシャーのネイズビー (Naseby) 村の近くの 泉である。 ワットリング・ストリート (Watling Street) の ウェルフォード (Welford) とダウ橋 (Dow Bridge) の間の最初の数マイルは ノーサンプトンシャーとレスターシャ―の境界となっている。 この区間では、堰によりスタンフォード貯水池 (Stanford Reservoir) ができている。 これ以後は主に南西の方向に進み、 コッツウォールド (Cotswold) の境界の北方で、あまり遠くない場所を通過し イブシャム (Evesham) の谷を抜け、 次のような町や村を通り抜ける: ウェルフォード (Welford)、ラグビー (Rugby)、ウォルストン (Wolston)、 (リーミントン・スパ (Leamington Spa) の周りをまわり)、 ストラトフォード・アポン・エイボン (Stratford-upon-Avon)、 ウェルフォード・オン・エイボン (Welford-on-Avon)、ビッドフォード・オン・エイボン (Bidford-on-Avon)、 イブシャム (Evesham)、パーショア (Pershore)。 最後にトゥックスベリー (Tewkesbury) でセヴァーン川に合流する。

川の全長は 85 マイル (137 km) で、 流域の広さは 1032 平方マイル (2670 km2) である。 エイボン川の支流には次のものがある: リーム川 (Leam)、ストア川 (Stour)、ソウ川 (Sowe)、デーン川 (Dene)、アロー川 (Arrow)、 スウィフト川 (Swift)、アルネ川 (Alne)、イズボーン川 (Isbourne)、シェボーン川 (Sherbourne)、 スウィルゲート川 (Swilgate) そしてこれ以外にも多くの小さな流れ (stream) や、小川 (brook) がある。

長距離の歩行者用の小道が造られ、水源からエイボン川に沿って進み、セヴァーン川沿いのトゥックスベリーに至っている。 このルートはシェークスピアのエイボン道として宣伝され、全長が 88 マイル (142 km) ある。 これは既存の小道を利用し、無理なく可能な限り川に近接するように進んでいる。

訳注
流れ (stream) と小川 (brook) の違いがわかりにくいですが Stream - Wikipediaによると、stream (流れ) は全ての場合 (川 (river) も) 含んでおり、brook を次のように述べています。
(brook とは) creek よりも小さな流れで、とりわけ泉や湧水で水が補給されているもの。 一般に小さく、簡単に (歩いて) わたることができる。 brook を特徴づけているのは、浅いことと、川底が主に岩で構成されていること。
従って、日本語の 渓流に近いが、同じではない。恐らく、日本の方が勾配がきついことが原因で はないかと思う。
航行

ストラトフォード・アポン・エイボンの上流 2 マイル (3.2 km) のアルヴェストン (Alveston) から 下流のトゥックスベリーに至る区間とセヴァーン川は、水門や堰の建設により航行可能である。 ストラトフォード・アポン・エイボン運河は、ストラトフォード・アポン・エイボンの王立シェークスピア劇場の 前にある公園の水門によりエイボン川に接続している。 エイボン川で航行できるボートは、トゥックスベリーとイブシャムの間では、 全長が 70 フィート (21 m)、幅が 13.5 フィート (4.1 m)、高さが 10 フィート (3.0 m) で喫水が 4 フィート (1.2 m) である。 イブシャムの上流では幅が 12.5 フィート (3.8 m)、喫水が 3 フィート (0.91 m) に制限される。

交通は今ではもっぱらレジャー用である。一晩の係留ができるのは次の個所である: ストラトフォード・アポン・エイボン、ルディントン (Luddington)、ウェルフォード・オン・エイボン (Welford-on-Avon)、 バートン (Barton)、ビッドフォード・オン・エイボン (Bidford-on-Avon)、ハーヴィントン (Harvington)、 オフェナム (Offenham)、イブシャム、クレイクーム (Craycombe)、ワイヤー (Wyre)、パーショア (Pershore)、デフォード (Defford)、 コンバートン (Comberton)、バーリンガム (Birlingham)、エッキントン (Eckington)、 ストレンシャム (Strensham) 及びトゥックスベリー 。 またボートヤード (boatyard、駐艇場) が利用可能なのは、 ストラトフォード・アポン・エイボン、ウェルフォード・オン・エイボン、バートン、 ビッドフォード・オン・エイボン、イブシャム及びトゥックスベリーである。

エイボン川はエイボン・リングと呼ばれる環状の航行ルートを形成し、 これは全長が 109 マイル (175 km) からなり、129 基の水門を含んでいる。 このルートはトゥックスベリーからセヴァーン川に沿い、 ウスター・バーミンガム運河を進み、 次に ストラトフォード・アポン・エイボン運河を進んで、ストラトフォード・アポン・エイボンに戻る。

  
グロスターシャーのトウィニング (Twyning) の
フリート・インの庭から見たエイボン川
   晴れた日のストラトフォード・アポン・エイボン
におけるエイボン川
歴史

エイボン川における航行工事は元々 1635 年の 評議会勅令 チャールズ 1 世の専売特許証 (Order in Council and Letters Patent of Charles I) により、 認可を受けている。これによる譲受入はウィリアム・サンズ (William Sandys) で、この川とテム川 (River Teme) を改善する権力が与えられた。 彼はすでに川沿いの幾つかの製粉工場を買収していた。 彼が所有していない製粉業者からはあまり反対がなかった。 というのは彼は 2 組のゲートを持つパウンド・ロック (閘門) を建設したからで、 これにより噴出水門につきものの大量の水の消費をせずに舟を通すことができたからである。 唯一の反対は、ストレンシャム製粉工場の所有者であるサー・ウィリアム・ラッセル (Sir William Russell) で、彼の嘆きは土地の買収にあり、航行工事のことではなかった。 1641 年までに、エイボン川はウォリックから 4 マイル (6 km) の地点まで航行可能となったことが 報告されている。

しばらく衰退したあとで、川の航行権が 「1662 年のストア・サルワープ水路法」(Stour and Salwarpe Navigation Act of 1662) の 条項で確認された。 1664 年からのイブシャムよりも上流における改善はアンドリュー・ヤラントン (Andrew Yarranton) の率いるシンジケートによって なされた。彼はウィンザー公 (Lord Windsor) 達のために工事をし、工事には 3 つの航行用の堰の建設が含まれ、 これは 1 つのゲートしかない噴出水門であった。 このような水門はボートが浅瀬を通過することに使用され、ペンシャム (Pensham) の水門を除けば、 製粉工場に隣接することはなかった。 ペンシャムの水門は時には製粉工場の操業の邪魔となった。 これは水位が水門よりも高くなる時であった。ヤラントンの工事が一旦完了した後は、 30 トンのハシケがストラトフォードまで航行することができた。

訳注
Andrew Yarrantonによると
アンドリュー・ヤラントン (1619 年 - 1648 年) は 17 世紀におけるイングランドの 重要な技術者で、幾つかの川を航行可能にした。
なお、ヤラントンは イングランド内戦の時に議会軍に参加しています。

水路の所有権は 1717 年に上エイボンと下エイボンに正式に分割され、分割点はイブシャムとなった。 イブシャムとセヴァーン川の間の下エイボンは 1758 年にジョージ・ペロット (George Perrot) により リースされた。£4,000 を使って水門や堰の機能向上を図り、40 トンのハシケが川を航行できるようにした。 この工事は 1768 年に完了した。 ペロットは水路を売るつもりであったが、 ストラトフォード運河が起案された時に、 水路がこうむることになる通行料の減少の観点から、 ウスター・バーミンガム運河に (損失を) 支払わせるための条項を法案に挿入した。 ストラトフォード運河が一旦完成すると、下エイボンと上エイボンの熾烈な競争になり、 ウスター・バーミンガム運河からイブシャムに遡上してくる石炭とストラトフォード運河から 下ってくる石炭の戦いとなった。 通行料が減少し、ペロットは 1830 年から 1851 年まで下エイボンをウスター・バーミンガム運河会社に リースした。


エイボン川とストラトフォード・アポン・エイボン運河
の間の 2 基の水門の 1 つ

一方、ストラトフォードとイブシャムの間の上エイボン水路は、 1758 年にウィンザー公が亡きあと、その親族が所有し、状態が次第に衰退していった。 上エイボンが曲がりくねっているため、実際の所、通過用の水路とは見なされなかった。 しかしウィリアム・ジェームス (Willam James) は通過用の水路となると考えた。 彼は 1813 年に上エイボンの会社の株式をすべて買収し、 ストラトフォード運河の株主を説得して、運河と川の間にジャンクションを建設させた。 このジャンクションは 1816 年の 6 月 24 日に開通した。 1822 年に彼は £6,000 を使って、上エイボンの水門を補修し、そして破産した。 水路は 7 人の人物に引き継がれたが、この誰もがストラトフォード運河の関係者であり、 ストラトフォードのルーシー (Lucy) の水門を 2 層の階段水門に変更し、 新たに 3 基の水門を建設し、川を浚渫して改善した。 その後の交通はこの地方のもののみで、 下エイボンと競合したのはイブシャムへの石炭の配送のみであった。 上エイボンはストラトフォード運河に 1842 年にリースされたが、 ほとんど交通がなく、1847 年にはリースは更新されることがなかった。 「オクスフォード・ウスター・ウォルヴァーハンプトン鉄道」(Oxford, Worcester and Wolverhampton Railway) がストラトフォードに到来したことにより、 (上エイボン運河の) 運命が閉ざされた。 そして運河会社が £150 で水路を地方の地主に売却することに失敗して、1857 年に事実上見捨てられた。 ジョン・ブロートン (John Broughton) はストラトフォードの鉄道支配人で、地方の交易商に £300 で購入することを 勧めた。しかし投機は短期的なものであった。 ブロートンはお役御免となり、鉄道は今やウェスト・ミッドランド鉄道となり、 グレート・ウェスタン鉄道の一部となった。 1875 年にグレート・ウェスタン鉄道はもはや水路を維持しないことを決定し、 1877 年に鉄道委員会 (Railway Commissioner) に水路維持の義務がないことを 裁定するように嘆願した。

下エイボン水路は全く不使用となることはなかった。 ウスター・バーミンガム運河は 1851 年に更に 21 年のリースの更新をした。 しかし 1864 年のアッシュチャーチ (Aschchurch) とイブシャム間の鉄道の開通により、 深刻な影響を受けた。 受け取りは 1872 年に £139 に下がり、運河会社はリースを更新しなかった。 何とか水路を開通し続け、商用の交通は減少したが 徐々にレジャー用途が増大した。 第二次大戦の末期には一隻のハシケがトゥックスベリーとパーショアの 間を往復したのみで、パーショアより上流は航行不可となった。

復元

水路を航行可能な状態に戻す最初の動きは 1949 年の 3 月に起き、 このときイブシャム・ジャーナルがエイボン川の歴史と衰退の記事を掲載した。 ロバート・エイクマン (Robert Aickman) はこの記事の編集者と書簡を交わすようになり、川が復元可能であることを示唆した。 C. ダグラス・バーウェル (C. Douglas Barwell) は最も良い提案をすることに関して法的な助言を求め、 ここから、下エイボン水路基金 (LANT, Lower Avon Navigation Trust Ltd) が 1950 年に慈善団体として組織され、BBC が 1950 年の 4 月にその提言のニュースを報道した。 大倹約の時代であったにもかかわらず、LANT は 1952 年の 5 月までに、工事に向けて £4,000 を集めることができ、 王室技術者が訓練のためにチャドベリー (Chadbury) 水門の復元を助けたことも公衆の意識を向上させ、 更に公衆に資金援助を訴えることが可能となった。 1962 年までに、LANT は £50,000 を集め、トゥックスベリーからイブシャムまでの 7 基の水門が復元されて 動作可能となり、下エイボンが再開通した。計画はすでにイブシャムの町の水門を再建築して ストラトフォードまで前進する所まで来ていた。 ダグラス・バーウェル の妻である バーウェル夫人が 1962 年の 6 月に公式な水路の開通式を挙行した。 バーウェル氏は水路工事により OBE を受賞している。

1963 年には上エイボンの復元に向けて £80,000 の匿名の寄付があり、 一方 £5,000 の寄付により、イブシャムの水門を復元し、1964 年の 6 月の 11 日に開通させることができた。 コリンズ兄弟 (Collins Brothers) は、水門の主ダムと堰の用地を 1966 年に 下エイボン水路基金に寄贈した。 これにより下エイボンの管轄権が歴史的限度を超えることになった。 ストラトフォードに至るもう一つの水路であるストラトフォード・アポン・エイボン運河はナショナル・トラスト によりすでに復元されており、その丁度 1 ヵ月後に、エリザベス皇太后により開通式が挙行され、 公衆の注目を引いた。上エイボンは下エイボンよりははるかに悪い状態であったが、 上エイボン水路基金 (UANT, Upper Avon Navigation Trust) が 1965 年に上エイボンを修復するために組織された。 計画はデービッド・ハッチングズ (David Hutchings) が指揮をとった。 彼はストラトフォード運河の復元を完了したばかりであり、 1966 年初頭にストラトフォードに新しい水門を建設する許可を得ており、 その資金となる £6,000 の募金を呼び掛けることを開始した。 必要な額の半分の募金が一旦集まると、ただちに工事を開始した。 これは 1966 年の 7 月 19 日のことである。


ビッドフォード・オン・エイボンの橋
右端の航行用のアーチに注目

新しい水門や堰の建設工事をボランティアの手によって実施する考えは新しいものであった。 セヴァーン運河管理者 (Severn River Authority) との交渉により、 このような工事をすることの合意が得られ、まもなく正式に私的議案が議会に提出され、 「1972 年の上エイボン水路法」(Upper Avon Navigation Act 1972) として成立した。 更なる資金が 1969 年に制定された「内陸水路協会」(Inland Waterway Association) の 「国内修復資金」(national restoration fund) により、まかなわれた。 工事が継続し、第一期はイブシャムからビッドフォード橋 (Bidford Bridge) までの区間となり、 1971 年の 6 月 12 日に開通した。 これは IWA のボート大会の開催中であった。 完全な復元に必要とされる予想された費用は £250,000 であり、 これはすべて一般の寄付でまかなわれた。 但し、例外的に環境省 (Department of the Environment) による £25,000 の交付金 (grant) があるが、これは第一期の開通時に与えられたものである。 この計画は新しい 9 基の水門の建設と 17 マイル (27 km) の水路の再開を再開するもので、 水路は 100 年以上見捨てられていたが、 1974 年の 6 月 1 日に完成した。 このときエリザベス皇太后はストラトフォードに戻り、 (水路の) 開通式を挙行した。 これは、この種のものとしては当時に至るまで、もっとも大きな計画であり ハッチングズはその指揮により MBE を受賞している。

提案された延長

アルヴェストンより上流に水路を延長して、グランド・ユニオン運河と ウォリック (Warwick) ないしはリーミントン・スパ (Leamington Spa) で接続する提案がある。 これは 1974 年にセヴァーン・トレント・ウォーター・オーソリティーにより始めて提案され、 測量が実施された。この経費は部分的には内陸水路協会により資金が提供された。 これにより、今まで一度も航行可能でなかった川の区間が開かれることになる。 しかしこの提案は誰にも歓迎されたわけではなかった。 ウォリック城やチャールコート・パークの地主たちは川は私有物であると主張しようとした。 しかし 1636 年の評議会勅令は川がコヴェントリーの人に自由であることを述べている。 多くの地方の支持があるが、この計画にはいまだに少々の反対がある。

商用の交通

2007 年に被害をもたらした洪水に対処するために、 ペルショアの町に洪水防衛を建設する計画の一環として、 2010 年 5 月にエイボン川に商用の交通が戻ってきた。 粘土の堤防が建設され、 材料の大半が下流のビリンガムからのものであった。 ビリンガムにおける掘削は野生生物の湿地保護地を作るためにあり、 これは 32 エイカー (13 ヘクタール) の湿性の草地と 5 エイカー (2 ヘクタール) の水域とアシの原からなっており、 ジョン・ベネット保護区と呼ばれることになっていた。 粘土の輸送にハシケを使用することにより 2 箇所の間の 3000 回のトラック輸送を せずにすんだと評価されている。