ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bancroft Shed - Wikipedia

バンクロフト・シェッド: Google map

木綿ミル (cotton mill) には 2 種類あり、糸をつむぐ紡績工場と、 糸から布を作る機織り工場があります。紡績工場は多層階のビルになりますが、 機織り工場は織機の振動からほぼ 1 階建てに限定され、 機織りシェッド (weaving shed) と呼ばれます。 ここで述べるシェッド (shed) とは「機織りシェッド」(weaving shed) のことです。

バンクロフト・シェッド (Bancroft Shed)

バンクロフト・シェッド (Bancroft shed) はイングランド、 ランカシャー、 バーノルズウィック (Barnoldswick) のかっての機織りシェッド (weaving shed) であり、 スキプトン (Skipton) に至る道路にあった。 建設は 1914 年に始まり、シェッド (shed) は 1920 年に 「ジェームス・ナッター & サンズ社」 (James Nutter & Sons Limited) のために依頼された。 ミルは 1978 年 12 月 22 日に閉鎖されて、取り壊された。 エンジン棟、煙突、そしてボイラーは保存され、動作する蒸気博物館として維持された。 このミルは蒸気駆動の機織りシェッド (weaving shed) で、 最後に建設され、最後に閉鎖したものである。

エンジン棟は訪問客に開放され、「ウィリアム・ロバーツ並列複合 600 馬力エンジン」 (William Roberts cross comound 600 hp engine) は寄付された木材で生成された蒸気で 定期的に走っている。

バンクロフト・エンジン棟
と煙突
ペンドル (Borough of Pendle)
における位置
  1. 位置
  2. 歴史
  3. ミル
  4. ブラッドレー・エンジン (Bradley engine)
位置

バンクロフト・シェッド (Brancroft Shed) は バーノルズウィック (Barnoldswick) で建設された最後の機織りシェッドであり、 ここには他に 12 ヶ所あった。 これはバーンリー (Barnley) からスキップトン (Skipton) に至る中間にあり、 マンチェスターの北 30 マイル (48 km)、 ペナイン丘陵の海抜 600 フィート (180 m) にある。 1920 年に、この産業都市には 10,000 の人口と 24,000 台の織機があった。 歴史的には、ヨークシャーでは 1974 年に、 バーノルズウィックと周辺の幾つかの村は、 1972 年の地方行政法 (Local Government Act) の結果、 ランカシャー非大都市州 (No-metropolitan county of Lancashire) の ペンドル (Borough of Pendle) に移された。 この町はヨークシャー・ウール地区 (Yorkshire wool district) とランカシャー木綿機織り地区 (Lancashire cotton weaving district) の縁にある。

歴史

ジェームス・ナッター (James Nutter) は、ミルの建設中に、 カーフ・ホール・シェッド (Calf Hall Shed) に部屋があり、これは 一部屋動力ミル (a room and power mill) であった。 彼のミルは 1914 年にコルネ (Colne) の W. M. アトキンズ (W M Atkins) によりデザインされたが、 建設は 「大戦争」 (Great War) により中断した。 機織りシェッド (weaving shed) は 1920 年に完成し、開設式は 1920 年に実施された。 およそ 50 台のランカシャー織機が設置され、 カーフ・ホール (Calf Hall) の織り手が標準賃金で織機に導入された。 1920 年に大半の 4 台織機の織り手 (four-loom weavers) は「出来高払い」 (piece work) で、 1 週間に 100 ヤード (91 m) の製品を 1 枚 6s で、6 枚織ることが期待されていた。 しかしながら、新しいシェッドにおける土台は 出来高払いの賃金にするにはあまりに問題があり、 従って標準賃金が支払われた。 すべての織機が設置され、全てが走ってから 6 週間後に、会社は 「機織り価格の一様リスト」(Uniform List of Weaving Prices) に戻した。 シェッド (shed) は織機の最初の二重列の部分が倉庫に近い所から開設され、 まもなくこの列の 80 組の織機が 1 つの十字シャフト (cross shaft) から走った。 まもなく 19 ヶ所の十字シャフトができた。

バンクロフト・シェッドは 1920 年に開設され、儲かる年月を逸した。 大戦争の最中に、英国は輸出市場の大半を失い、とても専門的な機織りシェッドが 生き延びただけである。

「織機をもっと」システム (More looms system)

増大した効率が求められ、4 台織機の織り手は 6 台あるいは、それ以上の織機で働くことが 奨励された。これが『「織機をもっと」システム』 (more looms system) であり、 これにより織り手の数が削減された。 プーリー (pulley) の直径を変えることによって、織機は 1 分間に 220 pick から 180 に 遅くされた。 別の場所ではこれは産業行動 (indusgtrial action) を引き起こしたが、 ここではミルの大半で 4 台織機システムの管理が維持された。 追加の動力が 1940 年代に要求され、捕捉のコーンウォール・ボイラー (Cornish boiler) が設置された。 1935 年には 450 人の労働者がミルで働き、 1152 台の織機が 1 週 50 時間走り、 灰色布を 200,000 ヤード (180,000 m) 製造した。

1939 年 - 1945 年の戦争の最中に、 ランカシャーの多くの空いている機織りシェッドは徴用された;  ローバー (Rover) とロールス・ロイス (Rolls Royce) はバーノルズウィックに移動した。 余剰の管理が産業に課せられ、この時、木綿コントロール委員会 (Cotton Control Board) がトレード委員会 (Board of Trade) により設置された。 労働者とすべての資源は配給された。 ジェームス・ナッター (James Nutter) はグローブ・ミル (Grove Mill) とウェストフィールド・シェッド (Westfield Shed) における彼の事業を閉鎖する行動をとり、 彼の織機を移動してバンクロフトに保管した。 これにより彼の操業可能な織機を 500 台に縮小した、 これは彼が 「木綿コントロール委員会」 (Cotton Control Board) により、 生産量を 40% に縮小することを要求された正にその時であった。 他の企業は崩壊したが、ナッター家 (Nutters) は戦争の最中にずっと機織りをした。 1915 年の国内の織機は 808,797 台の高い数値から、1939 年に 530,000 台に落下し、 1941 年に 220,000 台に急落し、1949 年に 335,500 台にわずかに上昇した。

トレード委員会 (Board of Trade) の制御下で、 織り手 (weavers) の労働条件が改善し、平均賃金は 31s 5d から 78s 0d に上昇した。 1941 年 8 月 19 日には、最低賃金の合意が署名された。 航空エンジンの製造業者が町にいるため、より清潔な条件における代替の雇用が提供された。 戦争が終了した時に、織り手達はより良好な労働条件を期待した。 しかし 「織機をもっと」システム (more looms system) はほとんど普遍的であった。 バンクロフトの織り手は 8 台の織機で作業し、次いで 10 台で作業した。 Tackler の分担は 140 台から 70 台に減少されて、余分な仕事に対処した。

条件は 1950 年代に緩和され、ミルの照明は 110 V 直流から 250 V 交流に変化した。 プロクター機械式コークス給炭機 (mechanical Proctor coking stokers) が ランカシャー・ボイラーに装着された。 織機は間隔を変えて、分割路により 10 台セットに変更された。 もっとも 8 台セットの列は「年金サイド」 ("Pensioner Side") として維持された。 熟練した織り手により、10 台セットは 8 台セットと同量の布を制動できるか否かに関しては 意見に違いがある。

1976 年に、製造は契約機織りと「部分縦糸」 (part warps) から構成されていた。 熟練した織り手と tackler は需要がなくなったことを認め、立ち去った。 1978 年 9 月に、閉鎖が表明された。ミルは 12 月 22 日までもがいたが、終に閉鎖した。 取り壊しが翌年に始まった。

ミル
建築

ミルを構成していたのは:  2 階建ての倉庫、ボイラー室、 エンジン棟、大きな 1 階建ての機織りシェッド (weaving shed) であった。 1979 年の閉鎖で、倉庫と機織りシェッド (weaving shed) は取り壊された。 120 フィート (37 m) の煙突が西にあって、 200×82 フィート (60 m×25 m) のロッジ (lodge, 小屋) が南にあった。 機織りシェッドの取り壊しに続いて、ロッジが埋められ、道路のルートが変わった。 大きなランカシャー・ボイラーは屋根の雨どいからの水で満たされ、(エンジンの) 凝縮器 (condenser) として使用され、 コーンウォール・ボイラーの給水用に使用された。

1955 年における
バンクロフト・シェッドのレイアウト

元々建設されたように、機織りシェッド (weaving shed) はおよそ 250×200 フィート (76×61 m) (76×61 m) で、丘の中腹に設置され、典型的な北向きの天窓が自然光を取り入れていた。 これは 1200 台の織機を収容していた。 西側にはボイラー室があり、エンジン棟と倉庫は南にあった。 この地上階は倉庫で、上階の用途は:  準備室、 サイジング (sizing)、 ドローイングイン (drawing in)、 そして巻き上げ (winding) であった。

動力

蒸気はランカシャー・ボイラーで生成し、 1947 年に、サイジング (sizing) のための余剰の蒸気が必要とされ、 倉庫にコーンウォール・ボイラーが追加されたが、 1948 年に取り外された。これは同じ煙道を使用する問題があったからである。 グリーンの節炭機 (Green's economizer) が給水を予熱した。 ボイラーの手動で燃料をくべたが、1930 年代にプロクター (Proctor) の 節炭機 (economizer) が装着された。 蒸気は 160 psi で生成された。 1979 年の閉鎖の時に、ランカシャー・ボイラーには工事が必要となり、 30 年間使用されなかったコーンウォール・ボイラーが改装され、火をつけられて認可された。 これは 50 psi で蒸気を生成し、寄付されたスクラップの木材を動力にして、 「歴史遺産蒸気の日」 (Heritage Steam Days) にエンジンを駆動する。 これは単一ボイラー小屋 (boiler shed) であったので、 130 フィート (40 m) の煙突があり、ボイラーに空気を送るために必要な圧力差を提供した。 バンクロフトの煙突は 1997 年にフレッド・ディブナー (Fred Dibnah) により修理・'帯付け'された。

バンクロフト・ミルのエンジンは 1914 年製の 水平並列複合コーリス・バルブ凝縮蒸気エンジン (horizontal cross compound Corliss valve condensing steam engine) で、1920 年にネルソン (Nelson) のウィリアム・ロバーツ (William Roberts) により設置された。 伝統により、シリンダーは名前が付けられ、 高圧シリンダーはジェームス (James)、 低圧シリンダーはメリー・ジェーン (Mary Jane) と呼ばれた。 合わせると 600 ihp (ihp = indicated horse power = 指示馬力)となり、 1200 台の 0.5 馬力の織機に十分となる。 この見積もりは控えめで、エンジンは必要であればもっと動力を供給できた。 速度は 68 rpm で、ポーター (Porter) 形式のガバナー (governor) で制御され、 ラム調節器 (Lumb regulator) が高圧シリンダーのバルブに作用し、ドブソン (Dobson) 形式のトリップ・ギア (trip gear) が装着されていた。 高圧シリンダー (HP, high-pressure cylinder) は内腔 17 インチ (43 cm) で、 低圧シリンダー (LP, low-pressure cylinder) は 32 インチ (81 cm) で、 どちらも 4 フィート (120 cm) のストロークがある。 これはコーリス・バルブ (Corliss valves) を使用する。 エンジンは直径 16 フィート (4.9 m) のはずみ車 (flywheel) を 68 rpm で駆動し、 直径 8 フィート (2.4 m) の第 2 の回転ホイール (motion wheel) を 136 rpm で駆動する。 (第一の) はずみ車は 13 本の木綿ロープ用に溝が切られ、 獣脂 (tallow) と グラファイト (grapite、黒鉛) で整えて維持されている。 第二の回転ホイール (motion wheel) はラインシャフト (lineshaft) を駆動し、 これは 250 フィート (76 m) を走り、後方の機織りシェッド (weaving shed) に至っていた。

ギャラリー

コーンウォール・ボイラー 節炭機のはっきり見える
(telltale) 鎖とホイール
バンクロフト・エンジン
が 50 psi で負荷なしに走る。
低圧の「メリー・ジェイン」
(Mary Jane) エンジン
120 フィート (37 m) の
煙突、レンガ製で、突き出した帽子
(oversailing cap) が付く。
機織り装置

「より糸」が異なるサイズのコップ (cop) とチーズ (cheese) で機織りミルに来れば、これは 織機で使用されるシャトルに適合するパーン糸巻に巻き直される。 バンクロフト・シェッド (Bancroft Shed) は 1920 年にシャトルですぐ使える (shuttle ready) の横糸を購入した;  現場では巻き直しはなかった。 パーン糸巻への巻き直しが始まり、1970 年には、 ミルは Birtoba のパーン糸巻巻直し機を使用した。 パーン糸巻は 2 つの形式でシャトルに搭載された。 元々のキッシング・シャトル (kissing shuttle、[訳注:糸を通すのに唇を使用する]) は健康上の恐慌を引き起こし、 自己糸通しシャトル (self-threading shuttle) で置き換えた。

縦糸は V-形フレームに積載した 300 個の糸巻 (bobbin) から 1 個のビームに巻きなおす。 4 つか 5 つのビームを合わせて、必要となる 2000 end beam にし、 シリンダー・テープ・サイジング機械 (Cylinder Tape Sizing Machine) に置かれる。 後者の機械にはアクリントン (Accrington) のハワード & ブロー社 (Howard & Bullough Ltd.) で製造されたものがある。 糸はサイズ (size) を通して硬くし、摩擦が無いようにする。 サイズ (the size) は小麦粉 (flour)、柔らかい石鹸 (soft soap)、 そして獣脂 (tallow) の混合物である; これはこのミルに固有である。 糸は蒸気で加熱したシリンダーの上で乾燥し、「機織りビーム」 (weavers beam) に巻き上げられる。

機織りビーム (weavers beam) はドローイングイン・フレーム (drawing-in frame) に置かれ、 ここで各々の糸 (end) はヘルド (healds) を通し、次にリード (reed) を通した。 この仕事は 1 人の手渡し屋 (reacher-in) と 1 人の織機屋 (loomer) により実施された。 手渡し屋 (reacher-in) は、若く通常は男の子で、(糸の) 各端を順番に織機屋 (loomer) に手渡し、 織機屋 (loomer) はこれをヘルド (healds) とリード (reed) に通した。 ミルには 2 台のドローイングイン・フレーム (drawing-in frame) があった。 この代わりに、織機が布をすでに織っていれば、短い縦糸をヘルド (heald) とリード (reed) に 残すことができ、ツイスター (twister) が糸を結んで、これを通すことができる。 バーバー・コールマン糸繋器 (Barber-Colman knotter) は縦糸を新しいビーム (beam) に結び付けることができ、 ツイスター (twister) よりもずっと速くできる。 この工程は 20 分かかるが、新規に開始するよりもずっと速い。

機織りビーム (loomed weavers beam) は機織りシェッド (weaving shed) に持ち込まれ、 ここで織り手は 4 台のランカシャー織機 (Lancashire Loom) -- 1 分間で 220 pick の仕事をする -- の面倒を見た。 ビームは織機に向かって動かし (gaited)、 130 台の面倒を見た tackler により稼働され続けた。 「織機をもっと」システム (More Looms system) が第二次世界大戦後に持ち込まれ、 織り手は 10 台の織機の面倒を見たが、 タックラー (tackler) は 70 台の世話をした。

ギャラリー

beaming frame のための
糸巻 (バーンリーの
クイーン・ストリート・ミル)
シリンダー・サイザー
(Cylinder sizer) (バーンリーの
クイーン・ストリート・ミル)
ドローイングイン・フレーム
(バーンリーの
クイーン・ストリート・ミル)
ブラッドレー・エンジン (Bradley engine)

1901 年にスミス兄弟&イーストウッド (Smith Bros. & Eastwood) の製品がスキプトン (Skipton) の近くのブラッドレー (Bradley) のクロス・レーン・ミル (Cross Lane Mill) に、 布の製造業者であるピーター・グリーン&サンズ (Peter Green and Sons) のために、 設置された。 この確立した会社は隣村のコノンリー (Cononley) に親会社があった。 この新しいエンジンは、ミルの古いビーム・エンジンの代りになり、ミルの寿命をもう 77 年延長した。

2003 年始めに、(建物を含めた) 敷地 (premise) が開発のために売却され、 所有者から (エンジンの) 熱狂家に (エンジンの) 所有権を与えられ、 エンジンを分解・取り除き、新しい居場所を見つける許可が得られた。 分解したエンジンの屋根付きの保管施設がないため、 バンクロフト・トラスト (Bancroft Trust) 委員会はバンクロフト・ミル (Bancroft Mill) の大きな貯蔵室を提供し、部品がそこに輸送された。 エンジンの所有者とトラストはバンクロフト (Bancroft) でエンジンを組み立てる計画を作り上げ、 いずれ機械を蒸気で走らせる望みを持っていた。

バンクロフト (Bancroft) エンジンとは違い、ブラッドレー (Bradley) エンジンは直列配置 (tandem configuration) で、 両方あるシリンダーは直線状になり、1 つのクランクしかなかった。 北方で製造されたエンジンで幾つかの目新しい造作を持った実例であり、 これはスミス兄弟&イーストウッド (Smith Bros & Eastwood) により建造された唯一の現存するエンジンと信じられている。 この会社はブラッドフォード (Bradford) に設立され、 1902 年に事業を終了している。 エンジンは全体の長さが 41 フィート (12 m) で、大きな、レンガ・石・鋼の建物に収容され、 この建物は以前は倉庫として使用されていた。 エンジンを収容するために、建物は 2006 年に煙突に最も近い場所で、 およそ 16 フィート (4.9 m) 拡張された。 この工事はランカシャー環境資金 (Lancashire Environment Fund) からの £15,000 の助成金により可能となった。 石の被覆材が拡張部の周りに、トラストのメンバーにより設置された。

2011 年 4 月にブラッドレー (Bradley) エンジンの基礎が完成し、 主床の一体成形 (casting) が設置され、平坦になった。 エンジンを基礎につなぐアンカーはトラストのメンバーによりデザインされ、 ピストン棒 (piston rod) の bearing/seals 及び bearing shells の交換でデザイン作業が実施された。 エンジンのクランク軸は青銅ベアリングで支えられ、 1 つは床の一体成形 (casting) の上にあり、もう 1 つは張り出し材 (outrigger) として作られている。 どちらのベアリングも、デザインで普通とは違い、バンクロフト (Bancroft) への到着時にはなくなっていた。 床のベアリングは 3 区分 (segment) デザインで、これは水平平面、垂直平面のどちらでも調節を可能にしている。 張り出しベアリング (outrigger bearing) は下半分 = 青銅の挿入 (bottom half = bronze insert) のみを使用し、 シャフトを定位置で支えるためには、はずみ車の重量 -- およそ 8.8 トン -- に依存した。 主一体成形 (main casting) と一体成形 (casting) の両側の主軸受け (bearing seat) の亀裂 (cracking) は金属スティッチング (stiching) を必要とした。

エンジンの組み立てはその後の年々に継続し、使用したのは:  鎖 (chains), 滑車装置 (pulley blocks), テコ (levers) 及びジャッキ (jacks) のみであった。 コーンウォール・ボイラー (Cornish Boiler) からエンジンへの新しい蒸気パイプが設置され、 蒸気で試験され、そして沈滞した。 はずみ車は駐車場の一時的な場所からまもなく移動され、 注意して向きづけられ、一度に半分ずつ実施された。 電気的な barring system が 2016 年 5 月に設置され、 動力を入れたエンジンの遅い回転を可能にし、最後のチェックとタイミングの設定を可能にした。 2017 年 9 月 8 日に、39 年間で始めて、エンジンは終に蒸気を入れた。 博物館の蒸気の日にこれが走っているのを見ることができる。