ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Queen Street Mill - Wikipedia

クイーン・ストリート・ミル: Google map

クイーン・ストリート・ミル (Queen Streen Mill)

クイーン・ストリート・ミルはグレード I の 指定建造物 (listed building) で、 ランカシャー州 バーンリー (Burnley) の北東郊外のハール・サイク (Harle Syke) にある。 これはクイーン・ストリート製造会社 (Queen Street Manufacturing Company) のために 1894 年に建設された。 1982 年 3 月 12 日に閉鎖され、休止状態になったが、 その後、 バーンリー バラ議会 (Burnley Borough Council) により引き継がれ、 博物館として維持された。 1990 年代に所有権はランカシャー博物館に手渡された。 世界で唯一の現存する可動な蒸気駆動機織りシェッド (weabing shed、シェッド = 1 階建ての広い屋根の建物) であるため、 これは 2010 年 11 月に技術歴史遺産賞 (Engineering Heritage Award) を受賞した。

クイーン・ストリート・ミル バーンリーにおける位置

以前は、訪問者に開かれ、 機織りが実演されたが、 この博物館は 2016 年 9 月に閉鎖された。

  1. 位置
  2. 歴史
  3. 著名なイベント/メディア
位置

クイーン・ストリート・ミルは以前の動作するミルで、 ハール・サイク (Harle Syke) の中にあり。 これは英国の北西の産業都市である バーンリー (Burnley) の郊外にある。 ハール・サイク (Harle Syke) はバーンリー (Burnley) の町の中心からおよそ 4 km にあり、 行政教区のブライアークリフ・ウィズ・エクストウィッスル (Briercliffe-with-Extwistle) にある。 これは 産業革命の時に重要であった 2 つの以前の大きな産業都市てある マンチェスター (Manchester) の北 22 マイル (35 km)、 プレストン (Preston) の東 26 マイル (42 km) にある。 ハール・サイク (Harle Syke) は M65 道路の近くのカルダー川 (River Calder) の南の高台にある。 この村落は格子 (grid-iron) の上に建設され、 7 つの 木綿工場 (cotton mills)、 あるいは機織りシェッド (weaving sheds) を収容している。

歴史

クイーン・ストリート・ミル製造会社 (Queen Street Manufacturing Company) は 1894 年に設立され、 £5 の株式で £20,000 の資本で設立された。 最初のディレクターの委員会を構成したのは:  ブライアリー・エドモンドサン (Brierley Edmondson、機織り係 (weaver)), ウィリアム・キパックス (William Kippax、機織り係 (weaver)), ジョージ・レーン (George Lane、建設係 (builder)), ジョン・ナトール (John Nuttall、滑らかにする係 (glazer), トーマス・ピクルズ (Thomas Pickles、作業長 (foreman)), ジョン・テイラー (John Taylor、機織り係 (weaver)), Whitaker Whitaker (機織り係 (weaver)), 及び ジェームス・コーリン (James Corrin、校長 (Headteacher), ハゲート学校 (Haggate School)) であり、 最後のコーリン (Corrin) は会社の最初の書記になった。 会社は 1894 年から 1895 年の間にクイーン・ストリート・ミル (Queen Street Mill) を建設した。 資金が乏しかったため、 一基のランカシャー・ボイラーが設置され、 二番目のボイラーが購入されるまでに、 6 年かかった。 機織りシェッド (weaving shed) は一階建てで、ミルの正面は三階建てであった。 全ての織機は バーンリー (Burnley) の会社 -- ペンバートン社 (Pemberton & Co)、及びハーリング & トッド社 (Harling & Todd Ltd) -- から購入し、交換されることはなかった。 ミルには元々、灰色の布を製造できる 900 台のシングル・シャトル・ランカシャー織機 (single shuttle Lancashire looms) で装備した。 これが十分でなくなると、会社は更に 366 台の織機をハール・サイク (Harle Syke) の プリムローズ・ミル (Primrose Mill) に設置した。 プリムローズ・ミル (Primrose Mill) は 一部屋動力ミル (the room and power mill) で、直接隣接し、少し坂を下った所にあった。 労働者はこれをボトム・シェッド (bottom shed) と呼んだ。

完成した布は馬、馬車、列車で仕上げに輸送され、漂白と染色をした。 1910 年頃、 輸送会社 -- 工場の以前の従業員 -- は 2 台の蒸気駆動の平台トラック (flat bed lorries) に投資した。 これらは 1915 年に戦争用に押収され、馬が短期間復活した。 1913 年 4 月にエンジンを上級化するためにネルソン (Nelson, 地名) のウィリアム・ロバーツ社 (William Roberts & Co) から見積もりが求められ、 これは主にスライド・バルブ・シリンダー (slide valve cylinder) をもっと効率のよい コーリス・バルブ・シリンダー (Corlis valve cylinder) で 交換することが含まれていた。 この工事は次のウェイクス週間 (Wakes Week、[訳注:イングランドとスコットランドの休暇]) に実施された。

会社の資金構造により、変更ができず、元々の装備は再び改良したり、 交換されることがなかったが、この会社は他の会社が閉鎖した時も 機織りを継続した。 商用電源 (Mains electricity) は 1947 年にようやく導入された。

2015 年 11 月に、ランカシャー州議会 (Lancashire County Council) は、 2016 年 4 月 1 日から博物館の資金と公開を停止することを表明した。 2016 年 3 月に博物館は 6 ヵ月の延期が与えられ、議会の下で 2016 年 9 月 30 日まで公開が継続した。 2018 年 4 月に、議会が表明したことによると博物館は 2018 年の 7 月 7 日から 10 月 28 日までと、 2019 年のイースター (Easter) と 10 月末の間の、 金曜日、土曜日、及び日曜日に再度開館することになった。

1915 年、ハール・サイク (Harle Syke) ストライキ

機織り (weaver) は賃仕事 (piecework) で支払われた; 良好な 4 台の織機の機織りは 1 週間に 24 シリング支払われ、タックラー (tackler, 繊維工場の監督) よりわずかに少なかった。 ハール・サイク (Harle Syke) の労働者は常に 一覧 (list) よりもわずかに少なく支払われ、 管理者は バーンリー (Burnley) への輸送費によっていると 説明した。 1915 年 8 月に、数週間継続したストライキがあり、これは不正 (injustice) により引き起こされていた。 多くの労働者は株主でもあり、ミル (mill、工場) の利益から配当を受け取っており、 ストライキに加わることを拒否した。 ビラが「機織り組合」 (Weaver's Union) により印刷され、 彼らを「スト破り」 (scabbin or being "Knobsticks") と非難した。 問題は 1915 年 12 月に解決され、この時、戦争ボーナスが有効になり、 機織り達はこれが彼らが求めていた賃上げと見なすように説得された。 木綿コントロール (cotton control) が 1918 年に導入され、これにより 1 週間 4 日の労働となった。

1918 年、火災

深刻な火災が 1918 年 10 月に起きた。火災はボイラーやエンジンに影響することがなく、 事件の 10 日後にミル (mill, 工場) は再び完全に操業できた。 しかしながら、ミルの正面は被害を受け、その結果、再建されたが 1 階建てとしてであった。 再建中にミルの織機はボトム・シェッド (bottom shed) に移動された。 前述したように、エンジンの「プルーデンス」 (Prudence、慎重さ) は火災で被害を受けることがなく、 第一次世界大戦で亡くなった兵士達に敬意を表して「ピース」 (Peace、平和) と 改名された。

1983 年、博物館

1982 年始めまでに、ミルは 440 台の織機を操業しているのみとなり、 もはや資金的に生存できるわけでなかった。 1982 年 3 月 12 日に終に閉鎖し、ミルは休止状態になった。 ミルは バーンリー・バラ議会 (Burnley Borough Council) により 1983 年に救われた。 これは 1986 年 4 月に動作する繊維博物館として再開した。 これはランカシャー州議会 (Lancashire County Council) の博物館サービスに 引き継がれ、ここが イングリッシュ・ヘリテッジ、 国内歴史遺産記念資金 (National Heritage Memorial Fund)、 及び、 ヨーロッパ地域開発資金 (European Regional Development Fund) の支援を受けて重要な改修を実施した。 1997 年に再び再開をした。 ミルは実演の結果として再び布を製造し、 機械は、国の重要性があるコレクションと見なされた。

展示

元々の機械に付け加え、ランカシャー博物館は彼らが所有している他の繊維機械も展示、あるいは 復元し、少々特別な依頼を織っている。 1 つの依頼は青と白のシャツ地で、これは ノーフォーク州 (Norfolk)、ホルト (Holt) のオールド・タウン (Old Town、旧市街) に特別に売却され、 彼らは、ビクトリア時代の仕事着を製造している。 もう一つは、毛織物のユダヤ人の 礼拝肩掛け (prayer shawl) を織ることである。 大きなハタスリー標準織機 (Hattersley Standard Loom) と、 ペダルで操作するハタスリー (Hattersley) の家庭織機がある。 一台の スルザー (Sulzer) と一台のザオラー伸縮自在 レピア織機 (Saurer telescopic rapier loom) があり、これは 1 分間に 180 本の糸を通して (180 pick で) 操業する。 シャトル (shuttle) と、これを作り、保守するための機械のコレクションがある。 そして、リード (reeds) とヘルド (healds) を作る機械もある。

閉鎖

2015 年 11 月に、労働党が支配するランカシャー州議会 (Lancashire County Council) は次の 5 つの博物館から資金を撤退することを表明した:  フリートウッド博物館 (Fleetwood Museum), ヘルムショア・ミル繊維博物館 (Helmshore Mills Textile Museum), 裁判官の家 (Judges' Lodgings), ランカシャー博物館 (Museum of Lancashire)、 及び クイーン・ストリート・ミル (Queen Street Mill)。 その理由は議会の長が 『カウンティ議会に直面する資金的挑戦』 と述べるもので、 『我々は中央政府資金の容赦のない削減、これに加え、 我々のサービスに対する需要の増加を処理しなければならない』 からであった。 これらは当初は 2016 年 3 月末に閉鎖することになっていたが、2016 年 9 月まで延期された。

博物館は、上で言及した他の 4 つのランカシャーの博物館 (Lancashire museum) と共に、 2016 年 9 月 30 日に閉鎖された、但し、前もって予約を取った学校グループは例外であった。 2016 年 10 月に、ランカシャー州議会のホームページが述べることによると、 『可能性のある新しい操業者から関心表明があった』; 2017 年 6 月 3 日現在では 『新しい操業者を決めるために交渉が継続中』である。 2018 年 4 月に表明されたことは、 金曜日、土曜日、そして日曜日に開館し、 これは 2018 年 7 月 7 日から 10 月 28 日までと、 2019 年のイースター (Easter) から 10 月末であった。

建築

ミルは 4 階建てで、大きな 1 階建ての機織りシェッド (weaving shed) があった。 1918 年の火災の後に作り直して 1 階建ての建物になり、新しい準備場所が 機織りシェッド (weaving shed) の 1 部分から作り出された。 1982 年の閉鎖時に、これはバーンリー議会 (Burnley Council) により再構成され、機織りシェッド (weaving shed) は 分割され、およそ 3 分の 1 が借り出せる産業製品に使用され、 類似の領域が訪問者の施設になった。 37 m (121 フィート) の煙突と 60m×25m の小屋 (lodge) が南にあった。 ボイラー棟、エンジン棟、そして煙突は 「モニュメント一覧」 (scheduled monuments) である。 全体の場所は 2013 年にグレード I の 「指定建造物」 (lited status) になり、 これにより建物の他の部分にも保護が与えられた。

元々建設された時に、機織りシェッド (weaving shed) はおよそ 170m×160m (560×520 フィート) であり、典型的な北向きの天窓 (roof lights, 窓) が自然光を取り入れ、 シェッドには 990 台の織機があった。 クイーン・ストリート側にはボイラー室、エンジン棟、そして 4 階建ての倉庫があった。 地上フロアーは横糸部門 (weft department)、 2 階は事務所、布倉庫、そして一時的貯蔵のビーム (beam)、 3 階はビーミング (beaming) とドローイングイン (drawing in) のための巻き上げ・ビーム部門、 4 階はテープ・サイジング (tape sizing) のための準備部門であった。 火災の後に、正面の地上フロアーは再建され、巻き上げ (winding) と準備のために使用され、 100 台の織機が取り除かれ、シェッド (shed) のハリソン・ストリート (Harrison Street) 側の 1 部分は新しい倉庫になった。 しかしながら、ここで働いたロウランド・キパックス (Rowland Kippax) の報告によると 「今や 1040 台の織機があり、各々 130 台の世話をする 9 人のタックラー (tackler) がいた」。

動力

蒸気は「ハイドのティンカー-シェントン社 (Tinker、Shenton & Co, Hyde) により建設された 2 台の ランカシャー・ボイラーで生成した。 最初のものは 1894 年に、第二のものは 1901 年に設置され、この時、 120 本のチューブからなる (120-tube) グリーンの節炭器 (Green Economiser、economiser は熱交換器のこと) が装着された。 給水は今や、1956 年に装着した Weir pump によって供給された。 どちらのボイラーも手動で燃料をくべたが、 1962 年に中古のプロクター製 (Proctor) の自動燃料供給装置が装着された。 ボイラー No. 1 にはショベル形式があり、コークス形式 (coking type) は No 2. に装着された; 手動でくべる 1901 年のボイラーは今日使用される唯一のものである。 石炭は地元のバンク・ホール鉱山 (Bank Hall Pit) から手に入れたが、 現在は汚染防止がより厳しくなったので、輸入しなければならない。 最盛期には、1 日に 6 トンの石炭を燃やしたが、現在は 1 月にわずか 10 トンである。 ボイラー棟で 100 psi にした蒸気は元々の直列複合水平固定蒸気エンジン (tandem compound horizontal stationary steam engine) を駆動した。 高圧シリンダーは (直径が) 16 インチ (41 cm)、 低圧は 32 インチ (81 cm) である。 これはコーリス・バルブ (Corlis valves) を使用した。 エンジンは 14 フィート (4.3 m) のはずみ車を駆動し、これは 68 rpm で回転する。 500 馬力 (370 kW) のエンジンは 1895 年にネルソン (Nelson) のウィリアム・ロバーツ (William Roberts) により建造・設置された。 これは、この場所から移動されたことはなく、完全に動作する。 動力はクランク軸から得られ、 一連のライン・シャフト (line shaft) を直接駆動した。 現在、ミルは米国とロシアから購入した石炭を使用している。

機織りシェッド (Weaving Shed)
各織機はおよそ 0.5 馬力を使用
ランカシャー・ボイラー ランカシャー・ボイラー
と燃料供給機
直列複合エンジン
のピース (Peace)
はずみ車の方を見る
蒸気エンジンのピースが開始する 動画
装備

ミルはその完全さからとりわけ著名である。 より糸が機織りミル (weaving mill) に入る時には、 これは異なるサイズのコップ (cop) とチーズ (cheese) に巻かれ、 設置された織機 (loom) に使用されるシャトル (shuttle) に収まる パーン糸巻 (pirn) に巻かねばならない。 装備はここにあって、使用される。 横糸 (weft) 用には、2 つの残存するパーン糸巻き (pirn) の巻き上げ機 (winder) のバンク (bank) があり、 巻き上げ機 (winder) には 1 名の職人が詰めていた。

訳注
  1. コップ (cop) は Cop - definition of cop by The Free Dictionaryによると、この場合の意味は
    A cone-shaped or cylindrical roll of yarn or thread wound on a spindle.
    スピンドルで巻かれたより糸 (yard or thread) の円錐あるいはシリンダー状に巻いたもの
  2. What does 'cheese the yarn' mean? - Quoraによると、チーズ (cheese ) とは糸巻きに巻いた形がシリンダー (チーズの形) の形をしているもので、コーン (cone, 円錐) とは糸巻きに巻いた形が円錐の形をしているものです。 だからコップ (cop) と同じ。

縦糸 (warp) は V 型フレームの上の 300 個の糸巻 (bobbin) から巻き戻して、ビーム (beam、[訳注:糸を巻く大きなシリンダー]) に巻く必要があった。 4 本か 5 本のビーム (beam、[訳注:ビームには織る前の糸の意味もある]) は一緒にして、必要となる 2000 本のビーム (2000 end beam) にする必要があり、 これはシリンダー・テープ・ サイジング機械 (Cylinder Tape Sizing Machine、 アクリントンのハワード&ブロウ社 (Howard & Bullough Ltd. of Accrington) により 1919 年に製造されたもの) に置かれた。 糸 (thread) はサイズ (the size) を通過させて硬くして、摩擦を少なくした。 サイズ (the size) は小麦粉 (flour)、柔らかい石鹸 (soft soap)、 そして獣脂 (tallow) の混合物である; これはこのミルに固有である。 これらは、蒸気で加熱したシリンダーで乾かし、最後のビーム (beam) -- 機織りビーム (weavers beam、これを使用して布を織る) -- に巻かれた。

訳注
ビーム (beam) とは木製もしくは金属製のシリンダーで両端に丸いフランジ (flange) が付いたもの。 縦糸 (warp) が巻かれる。
織る前の縦糸自身のこともビームと呼ぶようです。

機織りビーム (weavers beam) は今では ドローイングイン・フレーム (Drawing-in frame) に置かれている。 ここで、各端はヘルド (heald) を通し、次に、リード (reed) を通す。 この仕事は 1 人の手渡し屋 (reacher-in) と 1 人の織機屋 (loomer) により実施された。 手渡し屋 (reacher-in) は若く、通常男の子で、各端を織機屋 (loomer) に手渡した。 ミルにはなお 2 台のドローイングイン・フレーム (Drawing in frame) がある。 その代わりに、もしも、織機がこの布を走らせていれば、 短い長さの縦糸を ヘルドとリード (healds and reed) に残すことができ、 1 つの バーバー・コールマン糸繋器 (Barber-Colman knotter) により縦糸 (warp thread) を新しいビーム (beam) に結び付けることができる。 このプロセスは 20 分かかり、新たにやり直すよりもずっと速かった。 予備のヘルドとリード (heals and reeds) がこの目的のために頭上の高さよりも上に貯蔵されていた。

訳注
  1. リード (reed) とは織機の櫛のような装置で、縦糸 (warp yarn) を分離する。
  2. ヘルド (heald) = ヘドル (heddle) とは 紐 (cord)、丸いスチール・ワイヤ、あるいは薄いスチールの細長いきれで、 中央にループがあり、ここで一本以上の縦糸が織機を通過し、より糸の動きが機織りで制御できる。 ヘドルは拘束枠 (harness frame) の両端に保持される。
    次のような説明もある: 織機の平行な紐 (cord) あるいはワイヤの 1 つで、縦糸を分離し、誘導するのに使用され、 シャトルの通り道を作る。

織るための機織りビーム (loomed weavers beam) は機織りシェッド (weaving shed) に持ち込まれた。 1 人の機織りは、6 台あるいは 8 台のランカシャー織機 (Lancashire Loom) の面倒を見ることになり、 これはタックラー (tackler) により動作し続けた。 今日、 バーンリー (Burnley) の「ペンバートン社」 (Pemberton) あるいは「ハーリング & トッド社」 (Harling & Todd) により建造された 1894 年の 308 台の織機がある。 これらは 65 名 - 80 名の機織りと 3 名のタックラー (tackler) が必要となる。 最盛期には、990 台の織機があり、 どれも頭上のライン・シャフトで駆動した。

パーン糸巻に巻き上げる
(Pirning)
Beaming frame
のための糸巻
(Bobbins)
シリンダー・サイザー
(Cylinder Sizer)
ドローイングイン・フレーム
(Drawing-in frame)
機織りシェッドの 動画
著名なイベント/メディア

機織りシェッド (weaving shed) は 2011 年の映画 英国王のスピーチ (The King's Speech) のシーンで使用された。 この博物館は BBC のシリーズ「ノース&サウス」 (North & South) で「ミルトン蒸気ミル」 (Milton steam mill) を描くのにも使用され、 「火星の生活」 (Life on Mars) でも呼び物にされ、 最も最近では、「警部が訪れる」 (An Inspector Calls) の 2015 年のBBC の改作 (adaption) でも登場した。

クイーン・ストリートは色々なドキュメンタリーでも呼び物にされ、 これにはチャンネル 4 の 2014 シリーズである 「隠れた村人達」 (Hidden Villagers) もあり、 ペネロープ・キース (Penelope Keith) により提出 (present) された。