ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Engine Arm Aqueduct - Wikipedia

エンジン・アーム水道橋の位置

エンジン・アーム水道橋 (Engine Arm Aqueduct)

イングランド、ウェスト・ミッドランズ、 スメスウィックの近くのエンジン・アーム水道橋は 1825 年にトーマス・テルフォードにより建設され、 給水線であるエンジン・アーム (Engine Arm, エンジン支線) と エッジバストン貯水池 (Edgebaston Reservoir) から BCN 新本線運河を超えて、隣接・平行する旧本線に通した。 これは古代モニュメント一覧の 1 つで、グレード II* の指定建造物である。

エンジン・アーム水道橋
ホースリー製鉄所で鋳造

これは 52 フィート (16 m) スパンの構造で、5 つの肋材を持つ 単一アーチ (single arch with five ribs) で支えられ、 各肋材は 4 つの部分がボルト付けされたもので構成されている。 水槽は 3 つの肋材で支えられ、隣接する曳舟道はゴシック型式のアーチと柱の鋳鉄製のアーケードで支えられている。 すべての鋳鉄製の部品は近くのティプトン (Tipton) の ホースリー製鉄所 (Horseley Ironworks) で製造された。 水道橋の水路は幅 8 フィート (2.4 m) で、両側の曳舟道はどちらも 4 フィート 4 インチ (1.32 m) である。東側の曳舟道はレンガを積み上げて舗装されている。

水道橋の頂上 ジャンクションにおける
移動橋
水道橋、
東から近接。