ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Herefordshire and Gloucestershire Canal - Wikipedia
ヘレフォードシャー・グロスターシャー運河
(Herefordshire and Gloucestershire Canal)

ヘレフォードシャー・グロスターシャー運河 (時にはヘレフォード・グロスター運河と呼ばれる) はイングランド西部の運河で、ヘレフォードからグロスターまで走り、 グロスターでセバーン川に接続している。 これは 1798 年と 1845 年の 2 段階で開通し、1881 年に閉鎖した。 この時、南側の区間はレッドベリー・グロスター鉄道 (Ledbury and Gloucester Railway) のコースに使用された。 これは活発な復元計画の主題である。

オーバーの復元されたベイシン
  1. 歴史
  2. ルート
  3. 復原
  4. ビジター・センター
歴史

ヘレフォードとグロスター間運河の最初の計画は ジェームス・ブリンドリーの弟子 (pupil) の 1 人である ロバート・ウィットワース (Robert Whitworth) により 1777 年に作成された。 このルートはストアポート=オン=セバーン (Stourport on Severn) とレオミンスター (Leominster) を接続する壮大な計画の 1 部分でもあった。 12 年後にリチャード・ホール (Richard Hall) はレッドベリー (Ledbury) を経由する運河の計画を提出した。 1790 年 3 月に、発起人たちは議会に計画を提出することを決定した。 ジョサイア・クロウズ (Josiah Clowes) -- チェスター運河 (Chester Canal) でのこれ以前の経験があり、 テムズ・セバーン運河 (Thames and Severn Canal) でウィット・ワースと仕事をした人 -- が技術者であった。 彼はルートの再測量を実施し、変更を勧告したようで、 そのため運河はレッドベリーを通過した。 小さな炭田があるニューエント (Newent) に至る支線を建設することになり、 運河に適切なボートは: 70×8 フィート (21.3×2.4 m) で、35 トンを運べるものであった。 見積もり経費は £70,000 で、年間 33,203 トンを輸送し、 £9,582 の収入が得られることが期待された。 発起人の何人かはワイ川 (River Wye) の改良の方がよりよい選択肢であると考え始めたが、 ニューエントにおける石炭の新しい薄層の発見の表明により、議会法を得ることが決定され、 1791 年 4 月に獲得された。

ジェームス・ブリンドリーの義理の兄弟であるヒュー・ヘンシャル (Hugh Henshall) が 1792 年にルートの再測量を依頼され、ニューエントへの迂回を勧告した。 このルートはオクセンホール (Oxenhall) でのトンネルが必要になり、 別の議会法が 1793 年に獲得されて、新しいルートが認可された。 ジョサイア・クロウズは 1795 年に亡くなり、ロバート・ウィットワースが技術者の仕事を引き継いだ。 1795年末までに、ニューエントまでの最初の区間が開通したが、 トンネルは重要な問題を引き起こした。

トンネルを建設するために 20 本の立て坑 (shaft) がルートに沿って掘削され、 複数の工事面 (working faces、切羽) があった。 しかしながら立て坑に侵入する大量の水により引き起こされた相当の困難さがあった。 馬を動力とするポンプでは不十分であることが判明し、 まもなく蒸気動力のポンプが使用された。 しかしながら、これにより経費が増え、トンネルは運河を完成する上で、 大きな失敗要因になった。

運河は 1798 年にレッドベリーの 1 マイル以内まで開通したが、経費が見積もりをはるかに越えた。 ニューエンドの鉱山への石炭支線は決して成功しなかった、 というのは石炭は質が非常に低く、支線はすぐにも使用されなくなったからである。 この地域の石炭の値段は 1 トン当たり 24 シリング (£1.20) から 13/6 (68 p) に値下がりしたが、 石炭はセバーン川を遡上してくる質の高いものであった。 レッドベリーは 40 年間ターミナルのまゝであった。 もっともレッドベリーのガス工場まで石炭を配達するための短い支線が 1832 年に完成した。

第二段階

1827 年に、スティーブン・バラード (Stephen Ballard) は会社の新しい書記となり、 1829 年に運河を完成する方法に関して報告書を提出した。 1838 年に最後の区間に関して新しいルートを提案したが、 技術者のジェームス・ウォーカー (James Walker) はこれに反対する助言をした。 そして 1839 年 5 月に新しい議会法が獲得され、 会社は運河を完成するために資金を集めることが可能となった。 工事が 11 月 17 日に開始した。 フローム川 (River Frome) から頂上区間への給水線が 1842 年 8 月に完成し、 運河は完成するたびに段階を追って開通し、1843 年 1 月に キャノン・フローム波止場 (Canon Frome wharf) まで延長し、 1845 年 5 月についにヘレフォード・ベイシンに至った。

最初の段階と同様にもっとも問題を引き起こしたのはトンネル建設であった。 アッシュパートン・トンネル (Ashperton Tunnel) は 400 ヤード (370 m) の長さしかなかったが、 工事面に氾濫する水と不安定な岩に影響され、レンガと石の裏打ちで建設する必要があった。 再び、経費は元々の見積もりをはるかに越えていた。

操業

運河は元々計画されたよりも、はるかに多くの経費がかかった。 全運河は 1790 年にジョサイア・クロウズにより £69,997 と見積もられたが、 レッドベリーへの区間の経費はこれを越えて、£104,000 であった。 スティーブン・バラードは第 2 段階の経費を £53,000 と見積もったが、 最終経費は £141,436 であった。 長くなった運河でトレードが増えなかったため、会社はほとんど直後に鉄道会社に売却しようとしたが、 成功しなかった。そこでトレードを増やそうとした。 トレードが増え始め、 ある程度になったため、1849 年にオクセンホール・トンネルの通過に予定表を 導入しなければならなかった。 これはいつでも成功したわけではなく、ヘレフォード・タイムズ紙 (Hereford Times) は 1851 年 5 月の 記事で次の事件を掲載している: 逆向きに移動するボートが中間で遭遇し、どちらも道を譲らなかった。 行き詰まりは 58 時間続いた。

衰退と閉鎖

1858 年に、運河は 47,560 トンの物資を運び、1860 年に £7,061 の収入があった。 しかし、このうちの幾分かはこの地域の鉄道建設の資材運搬に由来した。 1862 年 1 月 17 日に、ヘレフォードへの開通後の 17 年以内に運河は、 グレート・ウェスタン鉄道と ウェスト・ミッドランド鉄道にリースされ、 これを鉄道に転換することが視野に置かれていた。 これはすぐに起きなかったが、1881 年 6 月 30 日に、運河の半分が閉鎖され、 この区間はレッドベリー・グロスター鉄道のコースに使用された。 ヘレフォードからレッドベリーの区間は開通したままであったが、次第に使用されなくなった。 運河会社はグレート・ウェスタン鉄道からの賃貸料を受領し、これを株主に配当として配り続け、 鉄道会社が 1948 年に国有化されるまで公式に解散することはなかった。

ルート

運河はヘレフォード・ベイシンから 34 マイル (55 km) を走り、 レッドベリー (Ledbury)、 ダイモック (Dymock)、 ニューエント (Newent) を通り抜けて、 グロスター西のセバーン川の西水路にあるオーバー (Over) に至り、 ゴースリー (Gorsley) の炭田に向かう小さな支線があった。 ヘレフォードからウィジントン (Withington) に至る最初の 6 マイル (9.7 km) -- これはアイルストーン・トンネル (Aylestone tunnel) を含む -- は水平で、この後で運河はモンクハイド (Monkhide) に至る 3 マイル以上で、 3 基の水門を通り抜けて 37 フィート (11 m) を上昇する。 この区間にはモンクハイド斜め橋 (skew bridge、[訳注:斜めアーチを参照]) があり、 バラード (Ballarad) により建設され、運河に対してたった 27° の角度である。 橋は赤レンガと少々の仕上げ石 (stone dressing) で建設され、欄干は大きな黒い工学レンガ (engineering brick) の笠石がついていた。 工学レンガに書かれていることによると、これはウェスト・ブルミッジ (West Bromwich) の B. W. ブレイズ (B. W. Blades) により製造された。 橋はグレード II の指定建造物である。 そして、レッドベリーのはずれに 12 マイル以上の別の水平区間があり、 ここにはアッシュパートン・トンネル (Ashperton tunnel) がある。 この区間では水はフローム川から給水されている。 オーバーへの最後の 18 マイル (29 km) は 195 フィート (59 m) 降下し、 ここには 2,192 フィート (2,004 m) のオクセンホール・トンネル (Oxenhall tunnel) がある。 これは鉄道建設で破壊されなかった。 というのは鉄道会社はこれを拡張することにより起こりそうな問題を避けて、 西南にう回路を建設する賢明な決定をしたからである。 石炭支線はトンネルの下流で運河を離れた。 運河には 22 基の水門と 3 つのトンネルがあった。 多くのイングランドの運河と同様に、この運河はナロウ・ボートで貴重な貨物を運ぶように建設されている。

モンクハイド斜め橋
復原

運河に関しての一連の記事が 1983 年初頭に地元紙に掲載され、 これが公共の運河の意識向上をさせる協会設立の呼びかけにつながった。 これを容易にするために 1983 年 4 月 13 日に会合がヘレフォードで開催され、 ここで運河協会が作られ、これはすぐに活発に復元に従事した。 元々の目的は遺構の保存であったが、1992 年に協会は ヘレフォードシャー・グロスターシャー運河トラスト (H & G Canal Trust, Herefordshire and Gloucestershire Canal Trust) となり、 その目的は 34 マイル (55 km) の運河と水門の完全復帰となり、 ヘレフォードを今再び、 レッドベリー、 ダイモック、 ニューエント、 及びこれ以外のグロスターの内陸水路網と接続することを目的とすることになった。

1991 年以来、ヘレフォードシャー州の地元議会当局者は運河ルート用の開発の土地を別にした。 計画局は運河の事を念頭に置いてプロジェクトの承認をし、 運河ルートに提案されている場所に建設しようとするプロジェクトに対しては行動を起こした。 類似の支援はグロスターシャー州の地方議会当局者によっても与えられた。

2000 年にオーバー運河ベイシン (グロスターはずれのオーバーのセバーン川に隣接、運河が内陸水路網と接続する場所) が運河トラストのボランティアと 水路復元グループ (Waterway Recovery Group) の国内ボランティア組織のみにより、復元された。 工事の商的な見積もり経費は £500,000 ほどであったが、 10 ヵ月の締め切りに対して、£60,000 の予算で完成した。 ベイシンは元々オーバー隔離病院 (Over Isolation Hospital) が 1903 年に建設された時に埋められた。 この場所は住宅開発のためにスワン・ホームズ (Swan Homes) に売却され、 合意が成立して、ベイシンを発掘して、プロジェクトを増進し、 プロジェクトの下で、ワーフ・ハウス (Wharf House, 波止場会館) が再建され、 新しい運河センターを提供することになった。 2011 年末に、トラストはベイシン上流の短い運河区間を買収することができた。 これは 2004 年に共同社会の利益のために住民により購入され、名ばかりの価格でトラストに移された。 ベイシンと同様に開発の締め切りがあり、2012 年 9 月までに完成しなければならなかったが、 水路復原グループとトラストのメンバーにより、工事の大半は 2012 年 4 月に完成した。 運河は予定された完成の 4 ヵ月前の 4 月 12 日に水が満たされた。 これは ティモシー・ウェスト (Timothy West) と プルーネラ・スケールズ (Prunella Scales) により、 2012 年オーバー運河祭りで公式に開通した。

ヘレフォードの町の中心の重要な再開発により、新しい運河の建設となり、 これはそのうち新しいベイシンに接続され、 エドガー・ストリート・グリッド開発 (Edgar Street Grid development) の目玉になる。 更なる開発がアイルストーン公園 (Aylestone Park) 区間でも、重金属を含むドロが除去されてから、 実施されることになる。 部分的な復原 -- トラストが公園で工事をして、公園の所有者であるヘレフォードシャー議会が運河で仕事をしてから -- の後で、アイルストーンの短い区間が 2011 年 5 月のボート集会で使用された。 スリップウェイ (slipway) によりボートを進水させることができた。 運河はそのうち広くなるであろう。

運河はセバーン川の航行できない部分に接続されており、 メズモア (Maisemore) とスランソニー (Llanthony) の堰によって主水路から分離され、 どちらの堰にも遺棄された水門が付属していた。 メズモアは数年前にブリティッシュ・ウォーターウェイズにより売却され、 彼らは 2007 年にスランソニーを処分する決定をした。 運河トラストはこの場所を買収するのに遺産を使用した。 この場所には 2 つの小さな小屋、少々の土地、セバーン川の小さな区間、 更にはスランソニー水門は言うまでもなかった。 水門はメズモアのものよりも大きく、 オーバーの進入水門は近づきやすかった、 というのはボートは接近する時に河の流れに逆らうからであった。

ビジター・センター

ワーフ・ハウスはヘレフォードシャー・グロスターシャー運河トラストの新しいビジター・センターで、 昼間は喫茶店で、晩はレストランで、オーバーの近くにある (グロスターの西 1 マイル (1.6 km) にある A417/A40 のラウンドアバウトに近い) -- すべての利益は H & G 運河トラストに寄付される。