ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

British Engineerium - Wikipedia

英国エンジニアリウム: Google map

engineerium は辞書に載っていないのですが、aquarium は水族館の事なので、エンジニア館とでも 訳せばよいと思います。なお、カナ表記は aquarium (アクアリウム) にならいましたが、厳密にはアクアリアムなので、 エンジニアリアムとするほうが正確ですが、日本語では発音がしにくいのでエンジニアリウムの表記にしています。

英国エンジニアリウム (British Engineerium)

英国エンジニアリウム (以前のブライトン・ホヴ・エンジニアリウム (Brighton and Hove Engineerium)) は イースト・サセックス (East Sussex) の ホヴ (Hove、 /hoʊv/) における 工学と蒸気力の博物館である。 これはゴールドストーン揚水所 (Goldstone Pumping Station) -- 1866 年に (建築が) 始まるハイ・ビクトリア・ゴシック建築物 (High Victorian Gothic buildings) の 1 組 -- に収容されている。 ゴールドストーン揚水場 (Goldstone Pumping Station) は 1 世紀以上もの間、 この地方に水を供給し、その後、現在の使用に転換された。 この場所は 2006 年以来、公には閉鎖され、 2018 年 3 月に全体の複合施設が売りに出された。

以前のボイラー室とエンジン棟
南東から
ブライトン・ホヴ内の位置。

1884 年から 1952 年の間の最大の時に、 複合施設を構成していたのは: 凝縮エンジンを備えた 2 つのボイラー棟、 冷却池 (cooling pond)、 リート (leat)、 そして地下の貯水池であった。

これは自然な割れ目の白亜 (chalk, チョーク) の穴の上にあって、 急速に成長するホヴ (Hove) とその隣の当世風海岸リゾート (seaside resort) のブライトン (Brighton) に 1 世紀以上もの間、大量に水を提供した。 新しい水源が別に見つかり、 これを利用するために、もっと現代的な装置が設置され、 揚水所の重要性が減り、1971 年までにブライトン水道局 (Brighton Water Department) がこれを閉鎖し、この複合施設を取り壊そうとした。 一人の産業考古学者がブライトンと水道局からのリースの代りに、 建物と機械の復元を申し入れ、これを可能にするために慈善トラスト が作られた。 エンジニアリウムの従業員とボランティアにより発展されたノウハウ (expertise) は世界中で利用された: 彼らは博物館を設立し、 復元プロジェクトに着手し、 技術遺産の保存で若い人々を訓練した。 別の熱狂家がその後、複合施設を買収し、2020 年現在で、 これは公に閉鎖され、一方で更なる復元と拡張工事が行われている。

ハイ・ビクトリア・ゴシック建築物 (High Victorian Gothic buildings) はホヴのランドマークで、 19 世紀の気風の良い実例で、 産業建築物では 「有用性は単調さ (dullness) と同じではない」 ことであった。 多色彩のレンガ造り、型で作った化粧仕上げ (moulded dressing) と表面仕上げ (facing)、 装飾的妻壁、そして入念な窓はすべての構造を特徴づけ -- 95 フィート (25 m) の煙突でさえ、こうであり、 これは、主要建築物から鐘楼のように離れている。 イングリッシュ・ヘリテッジは建築的、歴史的重要性から、 この複合施設を指定し、構造を別々に 5 つ指定している; 以前のボイラー棟と煙突はグレード II* -- 2 番目に高い指定 -- の指定建造物、 そして以前の石炭小屋、 冷却池、 そしてリート、 そしてこの場所を取り囲んでいる背の高い火打石 (flin) と レンガの壁は各々より低いグレード II に指定されている。

復元された揚水所の装置は無論のこと、この複合施設には幅広い展示があり: 開館後 1 年以内に 1500 件以上 (の展示) が設置された。 これに含まれたものは: 19 世紀の馬が牽引する消防車、 トラクション・エンジン、 使い古したオートバイ、 ピクトリア時代の家庭設備、 及び古い道具があった。 1859 年のフランス製の水平蒸気エンジンが主な展示であった。 エンジニアリウム (engineerium) は産業史を教え、 奨励するための展示として使用された。 これは 「世界で唯一の技術保存 (engineering conservation) 教育の中心」と言われ、 1993 年の 「イングランド産業遺産の都市」 の活動の中心であった。 長年の間、より大きな固有の展示は完全に可動で、週末には蒸気が入った。

  1. 歴史
  2. 建築
  3. 展示
  4. 静定建造物の指定 (Heritage status)
歴史

ブライトンと隣接するホヴ (Hove) は、サウス・ダウン (South Down) と海の間のイングリッシュ海峡沿岸 (English channel coast) にあって、 白亜 (chalk, チョーク) の広大な帯水層の頂上に建設された。 自然の純粋な水の定期的供給はこの自然な貯水池から常に利用可能で、 定住の初期に、これを利用するために多くの井戸が掘削された。 18 世紀と 19 世紀始めのブライトンの急速な成長と、 それに続くホヴ (Hove) の類似の拡張により、 地方当局者 (local authority) にもっと多くの水源とより良い給水システムを提供するように圧力がかかった。 もっとも井戸はセスピット (cesspit) からの汚水でますます汚染され、井戸によっては汚染により塞ぐ必要があり、 2 つの町の給水を更に削減した。 最初の地元の水道会社 -- 「ブライトン、ホヴ & プレストン水道会社」 (Brighton, Hove and Preston Waterworks Company) -- は議会法 (Act of Parliament) により 1834 年 6 月 16 日に設立されt; これはルイス (Lewes) に至る道路沿いに水道設備 (waterworks) を建設し、 数少ない豊かな客に 1 日当たり 2 時間の水道管による水の供給を提供した。 この施設には 2 台の 20 馬力のビーム・エンジンがあった。

訳注
  1. サウス・ダウンとはイングランド南東海岸地帯にある白亜の崖。
  2. セスピット (cesspit) には色々な意味があるが、この場合には徐々にしみ出すトイレ。

1850 年代までに、連続的に拡張する人口のために、 もっと多くの水が必要になった: ルイス道路 (Lewes Road) の水道設備からの断続する供給が井戸と掘削孔の唯一の代替であった。 1853 年に、新しい会社がブライトン、ホヴと周辺の村に大規模で一貫した給水を導入する目的で 作られた。 「ブライトン、ホヴ及びプレストン持続水道会社」 (Brighton, Hove and Preston Constant Water Service Company) はその前任である水道会社を 1854 年に買収した。 これが今度は 1872 年にブライトン自治体に (別の議会法で) 買収されるまでに、 1 日当たり、2,600,000 英ガロン (12,000,000 リットル) の水を 18,000 軒の家屋のために汲み上げた: 家屋は、 ブライトン、 ホヴ (Hove)、 そして周辺の村である ファルマー (Falmer), ハングルトン (Hangleton), オービンディーン (Ovingdean), パッチャム (Patcham), プレストン (Preston) そしてロッティングディーン (Rottingdean) にあった。 会社は著名な土木技術者であるトーマス・ホークスリー (Thomas Hawksley) を採用して、 新しい揚水所の適切な場所を見つけた。 ホークスリー (Hawksley) はビクトリア時代の同等な人よりも、もっと多くの水道設備を建設した: 彼は英国と外国の 150 件以上の計画を監督した。 1858 年に彼が会社にアドバイスしたことは、 ゴールドストーン・ボトム (Goldstone Bottom) にある浅い白亜 (chalk, チョーク) の峡谷は、 ホヴ (Hove) のすぐ外のウェスト・ブラッチントン村 (West Blatchington) の南端が、調査ドリルの良好な候補であることであった。 テスト井戸が掘削され、彼の印象が確認された。 会社は 1862 年に 3.5 エーカー (1.4 ヘクタール) の土地を買収し、 1865 年にこの場所に揚水所を建設する許可を与えられた。 この段階までに、ルイス・ロードの施設は汚染で苦しみ、 ファルマー (Falmer) における別の揚水所の開設と貯水池をもっと建設することは、需要を満たすのに十分ではなかった。

以前の揚水所の煙突は
高さ 95 フィート (29 m)
2 つのエンジン室 (後方から、
手前に冷却池) がボイラー棟
の両側
この石炭貯蔵小屋は 1875 年
に複合施設に追加

工事は 1866 年に実施され、施設はその年にゴールドストーン揚水所 (Goldstone Pumping Station) の名称で開設された。 「ブライトン、ホヴ及びプレストン持続水道会社」はブライトン自治体により獲得されるまで、 これを操業した。 元々の形では、複合施設を構成したのは: ボイラー棟と隣接するエンジン室、 石炭貯蔵室、 及び煙突で、 1 人の歴史家に 「真に記念碑的」 と記述され、 すべてが多色彩のレンガで建設されている。 エンジン室が収容するのは 120 馬力のビーム・エンジンで、 ロンドンに拠点を置いた製造業者イーストン&エイモス社 (Easton and Amos) の チャールズ・エイモス (Charles Amos) により作られたものであった。 これは技術者のアーサー・ウルフ (Arthur Woolf) により特許が取られた形式 の複合エンジン (compound engine) であった。 水は 160 フィート (49 m) の井戸から汲み上げられ、 井戸はエンジンの直下から開始していた。 このエンジンは "ナンバー 1 エンジン" (Number 1 Engine) と呼ばれた。 エンジンは 2 つの炉を持つ 3 台のランカシャー・ボイラーで駆動された。 炉は 2 つの石炭貯蔵室の燃料を供給した。 130,000 英ガロン (590,000 リットル) の水を 1 時間当たりに汲み上げることができた。

1872 年に、ブライトン地区のゴールドストーン揚水所 (Goldstone Pumping Station) などの水道施設は ブライトン自治体の手に渡り、自治体はこれらを操業するために ブライトン水道法人 (Brighton Water Corporation) と呼ばれる新しい委員会を作った。 水の需要は上がり続け、そこで 1876 年に自治体は揚水所の主要な拡張を手掛けた。 第 2 のエンジン室が追加され、分離した石炭貯蔵小屋が地表に建設された。 作業場の施設も提供され、 工作機械、 フォージ (forge, 鍛冶屋の炉)、 旋盤 (lathe)、 平削り盤 (planar)、 及び別のイーストン&エイモス (Easton and Amos) 蒸気エンジンが付属していた。 (このエンジンは明らかに 大博覧会 (Great Exhibition、ロンドン万国博覧会 (1851 年)) の残り物である。) 新しいエンジン棟は "ナンバー 2 エンジン" (Number 2 Engine) で装備された。 このエンジンはイーストン&アンダーソン (Easton and Anderson) により建造された 250 馬力の複合エンジンで、 汲み上げ容量は 1 時間当たり 150,000 英ガロン (680,000 リットル) であった。 ブライトン市長のヘンリー・アビー (Henry Abbey) は 1876 年 10 月 26 日に始めてエンジンに火を入れた。 彼の訪問は水道法人 (Water Corporation) 委員会のメンバーに伴われ、これはエンジン室の刻板に記録されている。 アーチ・トンネルのネットワークが新しい石炭小屋、 作業場、 そしてボイラー室の燃焼台 (firing platform) を接続するために建設された。 地下の通路は石炭トラックによって使用された。

現場の作業場には自身の
蒸気エンジンがあった。
冷却池とリートは 1884 年に
主要ビルの後方に建設された。
4 台のランカシャー・ボイラーの 2 台は
1975 年 - 1976 年に復元された。

次の拡張は 1884 年にあった。 冷却池とリート (人工水路) が揚水所の後ろの土地に建設され、 そして、新しい 1,500,000 英ガロン (6,800,000 リットル) の地下の貯水池が J.T. チャペル (Chappell) により 建設された。 これは複合施設から西に 1/2 マイル (0.8 km) 延びていた。 ブライトン水道法人 (Brighton Water Corporation) はこの工事とブライトンの 他の 2 つの貯水池 -- ダイク・ロード (Dyke Road) とレース・ヒル (Race Hill) -- に £11,000 を使った。 この 3 つは全て、タイル、レンガ、そしてポートランド・セメントで建設された。 これらは、白亜 (chalk, チョーク) の多くの自然な割れ目からの 1 分間あたり 1,000 英ガロン (4,500 リットル) の流入により常に満たされていた。

周辺地区は 2 つの世界大戦の間の期間に随分と都会化されたため、 水は 1937 年から消毒のためにオゾンで処理された。 一方 1934 年にナンバー 2 エンジンに動力を与えるボイラーは同じ形式の 4 つの新しいモデル で交換された。建造業者はブラックバーン (Blackburn) に拠点を置くイェーツ&トム社 (Yates and Thom company) であった。 これらの容量はより大きかった; これらは各々 1 時間当たり 6000 重量ポンド (27,000 N) の蒸気を生成した。 しかしながら、揚水所はまもなく退潮し、1940 年代に電動ポンプが利用可能になり、 一台がナンバー 1 エンジン室に設置された; エンジン自身はこの時に退役した。 4 台の新しいランカシャー・ボイラーはたった 18 年間のみ完全操業しただけであった。 ナンバー 2 エンジンは 1952 年に業務からはずされた。 もっとも、これは必要な場合に備え、更に 2 年間保守された。 幾つかの揚水所は第二次世界大戦以来、 新しく建設されるか、再建され、 この場所には オルドリントン (Aldrington), ファルマー (Falmer), マイル・オーク (Mile Oak), ニューマーケット・ダウン (Newmarket Down) (ルイス (Lewes) の近く), パッチャム (Patcham) およびソンプティング (Sompting) であり、 そして汚染により 1903 年に閉鎖された古いルイス道路 (Lewes Road) の水源は再使用された。 自治体は、 1950 年代にピースヘイブン (Peacehaven) とルイス (Lewes) の水道設備 (waterworks) を獲得することにより更に供給を増やしtが。 ゴールドストーン揚水所は時代遅れで、もはや必要とされないと見なされ、 自治体は小さな電動のポンプハウスをこの場所に建設し、 19 世紀の建物を取り壊し、 蒸気時代の装置をスクラップにする計画を表明した。

ロンドンに拠点を置く蒸気と工学の専門家であるジョナサン・ミンズ (Jonathan Minns) は建物とその中身を救済しようと乗り出した。 彼は 「イングランドの歴史建造物委員会」(Historic Buildings Council for England、現在のイングリッシュ・ヘリテッジ組織の前身) に、複合施設の 建物に listed status を与えるように申請した。 これは 1971 年 6 月 17 日に授与され、翌年に環境省 (Department of the Environment) が保護命令を発行し、 建物の取り壊しと重要な変更を防止した。 ミンズ (Minns) は 1974 年に複合施設のリースを手に入れ、計画したことは、 遺棄された状態から復元し、産業博物館と教育センターを設立することであった。 彼はそれを運営するトラストも設置した。 この頃には、複合施設には新しい所有者がいた。 1973 年の水道法 (Water Act) はイングランドとウェールズの水道産業を再編して、 水道インフラの所有者を地方当局者から政府が制御する 10 の地域会社に移管することになった。 ブライトン水道法人 (Brighton Water Corporation) は南部水道公社 (Southern Water Authority) の一部になった。 ミンズ (Minns) にリースを与えたのはこの実体であった。

ミンズ (Minns) がエンジニアリウムで作業を始めた時に、彼はたった £350 しか持っていなかったが、 もっと多くの資金が助成金と寄付の形で登場した。 南部水道公社 (Southern Water Authority) はトラストに £22,000 を与え、 環境省 (Department of the Environment) は £40,000 を贈与し、 そしてトラストは 1975 年のこの時点までに、サセックスで与えられた歴史的建物の最大の助成金を受け取った。 この年の 10 月に、ミンズ (Minns) と 8 人のボランティアは複合施設とその機械の復元を始め、これらは荒廃状態にあった。 ボイラー棟とナンバー 2 エンジンは優先事項であったが、 作業を始める前に、作業場を修理する必要があった。これにより、ここの装置が他で必要な作業を実施することに使用できた。

ボイラー棟とナンバー 2 エンジンはとりわけ悪い状態であった; 屋根が破壊され、金属製の備品が腐食し、 露出した表面には苔が生え、ボイラーは可動ではなかった。 ナンバー 2 エンジンは 1954 年以来、蒸気を入れておらず、 周辺で建物を復元中に、分解して再建する必要があった。 動く部品はすべて手で洗浄し、外装は 元々の塗装面をカビと錆びの下に見つけてから、 正しい色で再塗装した。 8 名がこれの仕事におよそ 6 ヵ月作業をした; No 2 エンジンは 1976 年 3 月 14 日に再び成功裏に火を入れた、 これは 2 台の改装された ランカシャー・ボイラーが 安全検査官 (safety official) によりテスト・検査された後のことであった (他の 2 台は改装されずに残された)。

複合施設は 1976 年の 聖金曜日 (Good Friday) に始めて公開された。 公式の再開は 1976 年 10 月 26 日 (ナンバー 2 エンジンが始めて火を入れたちょうど 100 年後) にあり、 これは石炭庫が展示・教育区域に転換された後であった。 この時はブライトン・ホヴ・エンジニアリウムと呼ばれ、複合施設は 1981 年 5 月 30 日に現在の名称を与えられた。 この時までに、およそ 1500 件の展示品が展示され、 ボイラーとナンバー 2 エンジンは週末ごとに火を入れた。 エンジニアリウムの運営と 18 名の採用 (これには 6 名の専門の技術者が含まれる) の 経費は年間でおよそ £250,000 である。 南部水道公社 (Southern Water Authority) -- この場所を所有 -- は 1983 年に改良の経費を支払い、 助成金がイースト・サセックス州議会とホヴ自治市議会 (Hove Borough Counsil) から流入しているが、 中央政府からは資金的支援がなにもなかった。 -- もっともエンジニアリウムは産業遺産で国内的・国際的なリーダーで、 技術保存教育の世界で唯一のセンターとして認められていた。 (エンジニアリウムの従業員は世界中で 20 ヶ所以上の類似施設の設置、あるいは改装の援助をし、 1993 年の 「産業遺産の年」 (Industrial Heritage Year 1993) の最中に イングランドの南東地域センター (South East Regional Center) として指定された。) 1993 年のケント公爵 (Duke of Kent) によるセンターの 2 回目の王室の訪問は £400万 の資金集めの嘆願と一致した。 これは展示スペースと作業場所の拡張に向けて使用されるものであった。 ミンズ (Minns) が国内宝くじ助成金 (National Lottery grant) にも申請したが、成功しなかった。 もっとも、ボーダフォン (Vodafone) は煙突に携帯電話 (mobile phone) のアンテナを取り付ける権利に支払いをした。

継続中の資金問題から、エンジニアリウムは 2006 年に閉鎖され、 この複合施設とその中身がボナムス (Bonhams、[訳注:国際的なオークション・ハウス]) によりオークションにかけられた。 すべての品目は何百もの別々の部分に分割され、 建物自身は £125万 の値段が付けられた。 オークションが始まる直前に地元の事業家且つ熱狂家が、 建物に £200万, 中身に £100万以上を申し入れ、ミンズ・コレクション (Minns Collection) の半分以上を寄付することという条件を付けた。 これは認められ、 2006 年 5 月 10 日にエンジニアリウム・トラストはマイク・ホーランド (Mike Holland) の所有になった。

エンジニアリウムは新しい所有者が改良・拡張をする間閉鎖されていた。 2010 年 2 月に彼はエンジニアリウムが 1 年以内に再開すると思うと述べた。 2010 年 10 月 10 日に慈善資金を集めるために 1 日開館した; ナンバー 2 エンジンが実演され、 多くの蒸気エンジンと他の展示品が、 博物館自身のコレクションと外部から、展示された。 2011 年 8 月にブライトン・ホヴ市議会 (Brighton and Hove City Council) は少々の改装とモデルのやり直し工事の計画申請を承認し、 これには拡張が含まれていた。 構造技術者は建物の一部分が貧弱な状態であることに気が付き、 2012 年 1 月に更なる申請が提出され、機械室の一部分を取り壊して再建する許可を求めた。 一般復元工事は 2012 年 10 月に始まり、2 度目の開館があった。

ジョナサン・ミンズ (Jonathan Minns) は 2013 年 10 月 13 日に亡くなった、75 才であった。 2 年後に放火により煙突が被害を受け、全施設が売りに出された。

建築

エンジニアリウムはブライトンの歴史家であるクリフォード・マスグレーブ (Clifford Musgrave) により、 ブライトンとホヴにとり 「普通とは違う素晴らしい資産」 として述べられ、 仲間の歴史家のケン・ファインズ (Ken Fines) により 「ビクトリア時代の産業技術の素晴らしい実例」 と述べられている。 建物には複雑なパターンの多色彩のレンガがあり、 南の 95 フィート (29 m) の煙突も、繊細に細部が装飾され、ホヴのランドマークである。 建物と内部の機械のどちらもビクトリア時代のデザイナーと建築家の間の広範囲な信念を実証し、 これは、いかなるオブジェクトも建物も、如何にありきたりなもの、あるいは粗末なものであれ、 入念に拡張的に装飾することであった。

壁は多色彩、多層の
レンガ細工
多層の火打石の壁が
エンジニアリウムを囲む

主要建物では、壁は赤、黄色、紫青のレンガの帯から構成され、型から作られた層 (moulded layers) と笠石があった。 地上階は赤いレンガ細工があり、田舎風の外見がある。 鋳鉄製の窓は ストリング・コース (string course) の下の丸いアーチの開口部に 設置され、ストリング・コースは建物全体を巡り、赤レンガと黒レンガの交互のパターンで構成されている。 スレートの屋根には平坦な頂上を持つ妻壁 (gable) があり、 これは各エンジン棟の頂上のペディメントの上にある。 2 つのエンジン室は 2 階建てで、3 区画 (bay) の 3 つの窓にまたがっている。 これらは 1 階建てのボイラー室の側面に立ち、ボイラー室も 3 区画である。 左手と右手の区画は窪んでいる; すべて (の区画) に窓があり、エンジン室のものと類似している。

煙突はエンジン室とボイラー棟の南、およそ 7 フィート (2.1 m) に建っている。 この長方形で鐘楼様式の構造は田舎風の基盤の上に立ち、基盤の下に先細の台座がある。 この上に型に入れて作った コーニス (moulded cornice) がある。 煙突自身は少し先細で、各面に背の高いアーチのパネルがあり、わずかに窪んでいる。 エンタブラチュア (entablature) が周囲を全て走り、これらを接続している。 レンガ細工は他の建物と同じ色彩・詳細がある。

以前の石炭小屋 (現在の展示ホール) とその付属作業場は、 赤と茶のレンガで造られ、壁の上の笠石 (coping) と浅いスレート屋根がある。 作業場は建物の建築的興味に貢献しないが、石炭小屋の後方の垂直な付属物で、 建物全体は L 字型をしている。 土地が傾いているため、建物の前 (北) の方が 1 階建てで、 後方にかけて、下の方に第 2 の階がある。 3 区画の北の正面には 3 つのアーチの付いた入り口がある。 より小さな側面の組には交換の扉がある。

冷却池は、複合施設の後方の地面にあって、 1,100 平方フィート (100 m2) で、3 側面の周りにリートがある; これは赤レンガと テラコッタ (terracotta) の低い壁で囲まれている。 パイプ細工がリートをボイラー棟につなぎ、ここから熱水が流れる; 熱交換は冷却池で実施され、冷却水は戻されてボイラーで使用される。

背の高い火打石とレンガの壁は、1866 年のもので、 全ての側面で複合施設を囲んでいる。 コース (course) に埋め込まれた小さな火打石は 3 つの側面の主要な建築資材を形成する。 他の部分は火打石がはめ込まれた赤いレンガ細工があり、主要入り口には赤いレンガの門柱 (pier) で打製火打石細工 (knapped flintwork) を持つものがある。 鉄製のレールとゲートもあり、 フルール・ド・リス (Fleur-de-lis) の標章 (emblem) がついている。 壁には内側と外側に不規則な間隔で窪み (recess) がある; 南の壁の外側の 1 つには、水飲み器 (drinking fountain) があり、使用者に「不愉快なことはしないように」(COMMIT NO NUISANCE) の嘆願するパネルがついている。 火打石はこのダウンランド (downland、[訳注:イングランド南部の緩やかな草地性丘陵地帯]) 地区には至る所にある; 揚水所建設中に非常に多くが見つかり、請負業者が エンジン室の南東の角で意図的に古めかしく見える装飾 (folly) に組み入れた。

訳注
打製火打石細工 (knapped flintwork) とは打製 (knapping、旧石器の製法) によって、 製造されたものの意味と思われる。
展示

エンジニアリウムは工学と蒸気動力に歴史に関係する何百もの展示がある。 多くは展示ホールに展示され、この展示ホールは以前の石炭貯蔵庫である。 ホールの中心となる呼び物は 1859 年にフランスで建設されたコーリス蒸気エンジンである。 アメリカの発明家であるジョージ・ヘンリー・コーリス (George Henry Corliss) は 1849 年にこのデザインの特許を取り、 「コーリス蒸気エンジン会社」(The Corliss Steam Engine Company) の社長となった。 彼が発明したバルブ装置は水平レシプロ・エンジン (reciprocating engine) の効率を 他のどの発明よりも改善した。 エンジニアリウムの実例は リール (Lille) に拠点を置く会社であるクレペル&グラン社 (Crepelle & Grand) により 1859 年に組み立てられた。 これは 1889 年のパリにおける パリ万国博覧会 (Exposition Universelle) に展示され、一等賞を勝ち得、 リメイユ=ブレバンヌ (Limeil-Brévannes) のエミール・ルー病院 (L'Hôpital Émile-Roux) で 50 年以上も使用された。 ジョナサン・ミンズ (Jonathan Minns) がこれを購入し、分解されてエンジニアリウムまで運ばれ、1975 年に再び組み立てられた。 エンジンは 91 馬力を出力する; 13 フィート (4.0 m)、4 英トン (4.1 トン) のはずみ車は 1 分間に 80 回転する; 機械全体では 16 英トン (16.3 トン) の重さがある。

エンジニアリウムには 1859 年の
コーリス蒸気エンジンがある。
展示には 1890 年の蒸気動力の
消防車が含まれる。

エンジニアリウムは 1890 年の馬が牽引する消防車も所有している。 この シャンド・メーソン社 (Shand Mason & Company) の車両は、 元々は、デボン州バーンスタプル (Barnstaple) の地元の当局者により所有され、博物館の従業員により、 購入・復元された。 これは垂直蒸気エンジンで、2 基のシリンダーと、1 対のピストンが中央のクランクを挟んでいる。 1886 年にマーシャル・サンズ社 (Marshal, Sons & Company) により 1886 年に建設された蒸気 トラクション・エンジンも 復元されている。 使い古されたオートバイの集まりが展示され、 最古のものは 1915 年に建造された アリエル (Ariel Motorcycles) のものである。

複合施設の他の場所では、より小さな蒸気エンジンが ビクトリア時代の道具とストーブのような家庭内の装置と共に展示されている。 作業場の装置の大半はオリジナルなものでもあり、 例えば主フォージ (forge, 鍛冶屋の炉)、丈夫な金属旋盤がある。 シングル・シリンダーのイーストン&エイモス (Easton and Amos) 蒸気エンジンは、 ベルトを駆動するのに使用され、このベルトが作業場の工作機械を駆動したが、 ゴールドストーン揚水所 (Goldstone Pumping Station) がこれを 1875 年に獲得した時には、 すでに製造後数年を経ていた。

最初から、展示収集の優先する目的は、 土木技術、機械工学、そして英国産業の歴史と発展を描写・説明することであり、 これは揚水所の元々の装置の復元と、 ジェームズ・ワット (James Watt), マイケル・ファラデー (Michael Faraday) そして ジョージ・スチーブンソン (George Stephenson) のような産業の先駆者 に関連する他の製品の獲得を通じて実施された。 1 つの実例はスティーブンソンのロコモーション (Locomotion) No. 1 エンジンで、 これは 2006 年にエンジニアリウムがオークションにかけられた時に、ボナムス (Bonhams) により £75,000 の値が付けられた。

指定建造物の指定 (Heritage status)

後に複合施設を買収したジョナサン・ミンズ (Jonatham Minns) が 1791 年に、これが取り壊されそうになっていることに気が付いた時に、 彼は成功裏に 「イングランドの歴史建造物委員会」 (Historic Buildings Council for England、後のイングリッシュ・ヘリテッジの先駆) により、 これを指定建造物にさせた。 この組織は、1971 年の 6 月 7 日に 5 つの分離した部分に分けて指定建造物の地位を与え、 揚水所の 5 つの主要な構造に及んだ。 ボイラー室とエンジン棟は共にグレード II* に指定され、独立の煙突も同様であった。 もう 3 つの構造はグレード II に指定された: これは、冷却池とリート、石炭貯蔵小屋、そして複合施設を取り巻く火打石とレンガの壁である。 グレード II* は指定建造物に与えられる 3 つの指定の中で 2 番目に高いものである。 このような建物は "特別な興味があるものの中で、... とりわけ重要なもの" として定義される。 2001 年 2 月現在では、 ボイラー棟と煙突はブライトン・ホヴ市にある 70 件あるグレード II* の建物と構造の 2 つで、 そして 1218 件ある全ての指定建造物の中の 2 つである。 グレード II は最低の地位で、"全国的に特別に興味がある建物" に与えられ、 2001 年 2 月現在では、この市内に 1124 件の建物があった。

1982 年に、エンジニアリウム複合施設を組み込む 8.89 エーカー (3.60 ヘクタール) の地帯が、 保存地区となり、ブライトン・ホヴ市に 34 件ある地区の 1 つになった。