ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

James River and Kanawha Canal - Wikipedia

Kanawha river (/kəˈnɔːə/ kə-NAW-ə)、カノーア川

ジェームズ川&カノーア運河
(James River and Kanawha Canal)

ジェームズ川&カノーア運河はバージニア州の部分的に建設された運河で、 バージニア州の西部の複数の郡 (counties) と海岸の間で、水運による乗客と貨物の輸送を容易にすることを意図したものであった。 究極的には、この曳舟道は同じコースをとる鉄道の路床になった。

訳注
  1. 現在のバージニア州を前提にすると、この運河の目的が少し理解しにくいが、当時のバージニア州は アパラチア山脈の西の部分 -- 西部 -- を含んでおり、アパラチア山脈を横断する運河 (英国英語では河川水路 (navigation)) を 考えたことになります。しかし、 このような最初の運河はエリー運河になる。
  2. ジェームズ川 (James River) はチェサピーク湾に流れ、カノーア川 (Kanawha river) はオハイオ川の支流です。
1865 年の運河

ジョージ・ワシントン (George Washington) により奨励され、 運河プロジェクトは 1785 年に「ジェームズ川会社」 (James River Company) として始まり、 後には「ジェームズ川&カノーア運河会社」 (James River and Kanawha Canal Company) として 再開した。 これは費用のかかるプロジェクトで、資金的に何度も破綻し、 頻繁に洪水で被害を受けた。 主にバージニア州 (Commonwealth of Virginia) により、 バージニア州公共工事委員会 (Virginia Board of Public Works) を通じて資金繰りされ、 1851 年までに半分しか建設されず、 ボトトート郡 (Botetout County) のビュキャナン (Buchanan) に到達した。 これを更に延伸する工事が永久に停止した時に、鉄道は はるかに生産的な輸送方法として運河を凌駕した。

南北戦争の後で、建設を再開する資金が、 戦争で荒廃した州と私的資源のどちらからも利用可能でなく、プロジェクトは鉄道との競争で貧弱となり、 終に 1877 年の大規模な洪水による被害に屈服した。 最後には、運河の 「通行権」 (right-of-way) は買収されて、 運河は新しいリッチモンド・アレゲーニー鉄道 (Richmond and Allegheny Railroad) により取り壊されて、 かっての曳舟道に軌道が敷かれた。 R&A は 1890 年代にチェサピーク・オハイオ鉄道 (Chesapeake and Ohio Railway) の一部となり、 ここがかっての運河のルートの多くを、西バージニア州の瀝青炭 (bituminous coal) のための 重要な鉄道に進展させ、 東に向かって「半島延長鉄道」 (Peninsula Extension) となって、 ニューポート・ニューズ (Newport News)、ハンプトン・ローズ (Hampton Roads) の石炭桟橋に到達した。

  1. ルートの計画
  2. 建設
  3. 鉄道との競争
  4. レガシー (Legacy、思い起こすもの)
ルートの計画

「ジェームズ川&カノーア運河」 はジョージ・ワシントンにより始めて提案されたプロジェクトで、 この時、彼は若く、バージニア州西部の山岳地帯を測量しており、 ここは当時、現在の ウェストバージニア州 ケンタッキー州、そして オハイオ川の北岸に至っていた。 彼は西部 (the West) への水路を開く方法を探していた。 彼が信じたことは、 かなり何年後かに合衆国として登場する組織において、 西部への水路がバージニア州を経済的な原動力にする助けとなるキーであると信じた。

この時代に、水路は重要な商業上の幹線道路であった。 植民地の東海岸沿いの初期の開発は、 大きな湾 (例えば デラウェア湾 チェサピーク湾) に注ぐ川の滝線 (航行水路 (navigation) の開始) で終了する傾向があった。 バージニアのこのような初期の共同体に含まれるものは、現在の: ポトマック川 アレクサンドリア (Alexandria)、 ラパハノック川 (Rappahannock River) の フレデリックスバーグ (Fredericksburg)、 ジェームズ川 リッチモンド (Richmond) と リンチバーグ (Lynchburg)、 アポマトックス川 (Appomattox River) の ピーターズバーグ (Petersburg) がある。

1772 年までに、ワシントンは西部の川と接続する運河にとって最も有望な場所は、 ポトマック川とジェームズ川であると特定した。 彼の好みはジェームズ川であった。 というのは、ポトマック川は ペンシルバニア州と論争がある土地の川に至り、 メリーランド州にとっても同じように有益であったからである。 ジェームズ川はカノーア川 (現在はウェストバージニア州) と対応し、 バージニア州のみに良好に貢献し、これが彼が優先するものであった。 1785 年に、ジェームズ川会社が作られ、 以前の独立戦争の司令官であるジョージ・ワシントンが名誉社長 (honorary president) となり、 リッチモンド (Richmond) の滝の周りに水門を建設することになった。 この時までに、ワシントンは 1789 年に最初の大統領に選ばれたため、 新しい国の仕事でとても忙しかった。

建設

ジョージ・ワシントン、 エドムンド・ランドルフ (Edmund Randolph)、 そして ジョン・マーシャル (John Marshall) などの人々により奨励され、 ジェームズ川会社は 1790 年に米国で最初の商業運河として開通した。 バージニア州リッチモンド (Richmonde) からバージニア州ウェストハム (Westham) に伸び、 7 マイル (11 km) の間、ジェームズ川に並行し、運河はジェームズ川の既存のバトー (bateaux、平底船) の輸送の補足をした。 これらの平底ボートはタバコの大だるを積載して、ジェームズ川を浮かんで下り、 フランス、イングランドの輸入品、家具、皿、そして衣類と共に帰った。

バトー (bateaux) に付け加え、多くの運河のボートは パケットで、これは小さなバトー (bateaux、平底船) よりも排水量が多かった。 ラバと馬はパケットを曳舟道に沿って牽引した。 川が急流になっている場所で水門が必要であった。 アメリカ独立戦争と 1812 年の戦争はどちらも建設を遅くした。 工事は遅く、費用がかかり、バージニア州の ピードモント (Piedmont) 地区 -- 海岸の砂だらけの平野と山岳地帯の中間の過渡的な場所 -- の岩がちの地形を通り抜けは 多くの人手を必要 (labor-intensive) とした。 運河のルートの近くに住む プランテーションの所有者から採用したアフリカ人の奴隷が、 労働の大半を実施した。 工事が何年か中断してから、運河会社が破産して、断念した。

1820 年にバージニア州はプロジェクトのコントロールを手に入れ、バージニア州の公共工事委員会 を通じて、州の資金を提供して、工事を再開した。 工事は再び中断し、1835 年に新しい 「ジェームズ川&カノーア会社」 (James River and Kanawha Company) の下に再開し、 裁判官のベンジャミン・ライト (Benjamin Wright) が主任技術者であった。 彼を助けたのは: 子息のサイモン・ライト (Simon Wright)、 チャールズ・エレット Jr. (Charles Ellet Jr.)、 ダニエル・リバーモア (Daniel Livermore) であった。 1840 年までに、運河はリンチバーグ (Lynchburg) まで完成した。 事業はウィリアム・ヘンリー・ハリソン (William Henry Harrison) により落成し、 彼は同じ年に社長 (president) に選ばれた。 1847 年にウォルター W. グウィン (Walter W. Gwynn) は主任技術者として採用され、 エドワード・ロレーヌ (Edward Lorraine) が助手として採用された。

運河はリッチモンド (Richmond) の西 196.5 マイル (316 km) 延長され、 1851 年までにビュキャナン (Buchanan) に至った。 ここで、計画では、ジェームズ川 (James River) とカノーア有料道路 (Kanawha Turnpike) と接続し、 山岳地帯の最も起伏の激しい部分を通り抜ける通路を提供することになっていた。 ゴールはカノーア川 の航行水路 (navigation) の上端に到達することで、 これは現在のウェストバージニア州の チャールストン (Charleston) の東 30 マイル (50 km) にある。 必要となるポーテッジ (portage、陸送) により、 同じルートに沿う鉄道との競争が実際のものとなった。 この計画された鉄道の建設は南北戦争により遅れた。 しかしながら、戦争の被害と、 運河に沿った商業の流れの中断は実際に多くの被害を与えた。

鉄道との競争

鉄道は運河建設中途の 1830 年代にもっと効率のよい輸送形式として登場し始めた。 以前の南軍の将軍であったアーミステッド・リンジー・ロング (Armistead Lindsay Long) を、 南北戦争 (1861 年 - 1865 年) の任務に引き続き、 主任技術者として任命したのにも関わらず、運河が紛争中に被った被害は完全に 修理されなかった。

チェサピーク・オハイオ鉄道 (Chesapeake and Ohio Railway、C&O) が 1873 年にオハイオ川まで建設された時までに、 運河の運命は明らかであった。 ジェームズ川&カノーア運河会社は 1876 年に ビュキャナン&クリフトン・フォージ鉄道 (Buchanan and Clifton Forge Railway) の建設が認可され、C&O と共に運河の最も西端に接続することになった。

1878 年に、バージニア州議会本会議 (Virginia General Assembly) が ジェームズ&カノーア会社 (James River and Kanawha Company) に与えたのは、 囚人労働 (Convict Labor) によって、 ビュキャナン&クリフトン・フォージ鉄道 (Buchanan and Clifton Forge Railroad) と接続する権利であった。 しかしながら、 運河とビュキャナン&クリフトン・フォージ鉄道 (Buchanan and Clifton Forge Railway) は リッチモンド・アレゲーニー鉄道 (Richmond and Allegheny Railroad) に売却され、 ここが曳舟道沿いに軌道を建設した。 この鉄道は C&O に売却され、 先駆鉄道がチェサピーク・オハイオ鉄道 (Chesapeake and Ohio) の下でまとめられた時に、 クリフトン・フォージ (Clifton Forge) は大きな東西システムの分割点となった。

今日、山岳地帯の石炭を積載した CSX の列車は古い運河のルート -- この多くはより緩やかな「水レベル」の傾き -- をたどり、 ハンプトン・ローズ (Hampton Roads) の ニューポート・ニューズ (Newport News) の港に向かう。 バッキンガム支線鉄道 (Buckingham Branch Railroad) -- 短い鉄道 -- は、 以前のバージニア中央鉄道 (Virginia Central Railroad) の元々の C&O の配置 -- 山岳部分 (Mountain Subdivision) を含む -- を操業するリースを得ている。

レガシー (Legacy、思い起こすもの)
リッチモンド運河ウォーク

20 世紀の後半に、昔の運河、水門、そして 転回ベイシン (turning basin、船の向きを変えるベイシン) は 運河に沿ったリッチモンド (Richmond)、リンチバーグ (Lynchburg)、そして他の地点で、新たな興味の源泉になった。 リッチモンド (Richmond) の水辺 (waterfront) の再生と再開発の一部として運河の一部分が復元された。

138 エイカー (56 ヘクタール) の 「ジェームズ川&カノーア運河歴史地区」 (James River and Kanawha Canal Historic District) が 1971年の 「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) に登録された。 歴史地区 (historic district) に含まれるのは: 1 ヶ所の貢献する建物、 9 ヶ所の貢献する場所、 21 ヶ所の貢献する構造があった。 今日、ボートの乗船 (boat ride) が運河ウォークと共に呼び物にされ、運河ウォークは 昔のハクソール運河 (Haxall Canal、[訳注:元々は ミル水路]) と 「ジェームズ川&カノーア運河」 (James River and Kanawha canal) のどちらにも平行に 1.25 マイル (2 km) 延長している。 運河とリッチモンド市 (City of Richmond) の幾つかの展示は途上にちりばめられている。

運河ウォーク バージニア州における位置 運河ウォーク
訳注

観光客はウィリアム・バード公園 (William Byrd Park) の カリヨン (Carillon) の後ろにある 「3 マイル水門」 (Three Mile Lock) あるいは ポンプ棟公園 (Pumphouse Park) を訪れることもできる。 この公園は昔の運河システムの 3 マイル (5 km) 地点であった。 ここに含まれたのは: 18 世紀の昔の水門、 水門管理人の小屋、 及び バード公園ポンプ棟 (Byrd Park Pumphouse) と呼ばれる市の 1901 年の歴史的な水の汲み上げ場所 (historic water pumping station) であった。 市はポンプ棟 (pumphouse) の昔のダンス・フロアー (元々の上階は公共のイベントのために建設された) を復元して、 ポンプ棟を何らかの公共使用の形に戻す計画と、 最古の部分を見学 (tour) に開放する作業をしている。 公園は魚釣りと愛犬家に人気があり、 造船所 (Ship Yard) の近くにある。

運河のリッチモンド (Richmond) 部分の西の入り口はグーチランド郡 (Goochland County) のサボット村 (Sabot) の近くにあり、 一方、東の入り口はリッチモンド深水ターミナル (Richmond Deepwater Terminal、[訳注:リッチモンド港のこと]) の近くの市内にある。 十分な水流が Bosham Dam によって提供されているようで、 このダムは市の西側にある 1835 年の構造である。

水門の管理人の家

水門の管理人の家はバージニア州グーチランド郡 (Goochland County) の セダー・ポイント (Cedar Point) の近くにある歴史的な家屋である。 これは 1836 年頃に建設され、水門 No. 7 の任務に就き、 ジェームズ川&カノーア運河 (James River and Kanawha Canal) システムの最後の残存する水門の管理人の家である。

バーニーの滝ダム (Varney's Falls Dam)

バーニーの滝ダム (Varney's Falls Dam) はバージニア州ボーテトート郡 (Botetourt County) のギルモア・ミルズ (Gilmore Mills) の 近くのジェームズ川 (James River) の南側にある歴史的な水門とダムの構造である。

復元された水門

ビッグ・アイランド村 (village of Big Island) の、ジェームズ川 (James River) から離れた場所に復元された水門があり、 ここをブルー・リッジ・パークウェイ (Blue Ridge Parkway) が横断している。 ビジター・センターは、橋が川を横断するすぐ北のアマースト郡 (Amherst County) にある。 運河の水門は、ジェームズ川 (James) のベッドフォード郡側 (Bedford County) のビッグ・アイランド (Big Island) にあり、 橋の下を通る小道且つ歩行路で行き来できる。

訳注
ビッグ・アイランドの地名はこの橋の 1,2 マイル南に見える。
ミッドランド・トレイル (Midland Trail)

ウェスト・バージニアを通り抜ける以前のジェームズ川&カノーア運河有料道路 (James River and Kanawha Turnpike) のポーテッジ・ルートの多くは 現在はミッドランド・トレイル (Midland Trail、[訳注:自動車道路]) で、 ナショナル・シーニック・バイウェイ (National Scenic Byway) である。

ワシントン&リー大学 (Washington and Lee University)

$20,000 の価値がある運河の株式が、バージニア州 シェナンドー峡谷 (Shenandoah Valley) の リバティー・ホール・アカデミー (Liberty Hall Academy) に、ジョージ・ワシントンに より与えられた。この贈り物により、すぐにアカデミーがワシントン・カレッジ (Washington College) に改名され、 これは、バージニア州レキシントン (Lexington) の 現在のワシントン&リー大学 (Washington and Lee University) になった。