ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

List of early medieval watermills - Wikipedia

日本語では水力ミル (watermill) と水車 (waterwheel) を同一視しますが、厳密には 水力ミル = 水車 + 歯車 + 機械 です。

中世初期の水力ミルの一覧
(List of early midieval watermills)

この中世初期の水力ミル (watermills、水車工場) の一覧は AD 500 年から AD 1000 年の間の中世初期にまたがるヨーロッパの水力ミルの選択的に表示したものである。

河川の船舶ミルと共に、潮汐ミルは中世初期の重要な技術的
進展で、大西洋で製粉のために潮力を使うことが可能となった。
  1. 歴史的概観
  2. 最も初期の証拠
  3. 記述された情報源
  4. 考古学的発見
歴史的概観

西ローマ帝国の消滅に引き続く荒れ狂う政治的な事件にはほとんど影響を受けずに、 水力ミル (watermill、水車工場) の重要性は新たなドイツの領主の下で育ち始めた。 中世初期の水力ミルの数が急速に増えたことは、 新しい文書 (法典 (legal codes)、 修道院の認可状 (monastic charters)、 聖人伝 (hagiography)) の登場と一致し、 これらは古代の都会を中心とした文書の類がそうであったよりも、 このような比較的ありふれた装置をもっと述べる傾向があった。 これは、以前の時代と比較して、中世の水車に対する文書的言及が比較的増えたことを 部分的に示している。

ケルンのライン川におけるドイツの船舶ミル、1411 年頃

中世の証拠が量的に増えたことは、現存する情報源の性質が単に変化したことを反映する 以上のように思われる。 カロリング朝 (Carolingian times) までに、 フランク王国 (Frankish Realm) における 水車の言及は無数になった。 ドゥームズディ・ブック (Domesday Book、 1086 年) の編纂の時には、 イングランドだけでも推定 6,500 基の水車があった。

7 世紀始めまでに、 水車はアイルランドで定着し、1 世紀後には、かってのローマ帝国の領域から、 ドイツのローマ化されていない部分に広がり始めた。 船舶ミル (ship mill) と 潮汐ミル (tide mill) の導入は古代には実証されていなかったが、 川と大西洋の変化する水位に柔軟に対応することが可能になり、 中世初期の水車操業者 (watermillers) の技術的革新性を実証した。

最も初期の証拠

以下は、異なる形式の水車の中世の最も初期の証拠である。 この一覧は古代の対応物の補足を与える。

年代水力ミルの形式発見場所
(あるいは言及)
場所
537 年 船舶ミル プロコビオス V (= Goth. I)
19.19 - 22
ローマ
6 世紀 鋸ミル、クランクと連接棒
歯車列なし
ゲラサ (Gerasa)
エフェソス (Ephesus)
ヨルダン、トルコ
6 世紀 垂直水車の潮汐ミル ウォーターフォード
の近くのキロタラン
アイルランド
630 年頃 水平水車の潮汐ミル リトル・アイランド I アイルランド
636 年頃 水平水車の水力ミル
(ノース・ミル or ギリシャ・ミル)
バリーキリーン
(Ballykilleen)
アイルランド
訳注
ノース・ミルとかギリシャ・ミルというのは水平水車の事です。
記述された情報源

以下では、文書 (lierary)、碑文 (epigraphical) 及び記録文書 (documentary) の情報源で 水車や水力駆動の機械を言及するものの一覧。

参照場所時代形式注釈
アルスター年代記
(Annals of Ulster)
  650 年 年代記  
ヌルシアのベネディクトゥス
(Benedict of Nursia),
戒律 (Regula) 66.6 - 7
  529 年/547 年   多分水車
アルルのカエサリウス
(Caesarius of Aries),
説教 (Sermones), VIII, 4
  6 世紀始め    
カッシオドルス
(Cassiodorus), Variae
III 31.2
  510 年/511 年    
キルデベルト 1 世
(Childebert I)
の許可状
パリ 556 年 許可状 船舶ミル
ダゴベルト 2 世
(Dagobert II)
の許可状
トリ―ア 646 年 許可状  
ケントのエゼルベルト王
の許可状
  762 年 許可状  
許可状 ヴァング (Wang)-
トゥルバッハ
(Thulbah)
754 年 許可状 多分水力ミル
許可状 ロルシュ修道院
(Lorsh Abbey)
760 年代以後 許可状  
ロターリ王法典
(Edictus Rothari)
149-151
  643 年 法典  
トゥールのグレゴリウス
(Gregorius Turonensis),
フランク史 (Historia
Francorum) III, 19
ディジョン 575 年頃 歴史編集
(Historiography)
船舶ミル
トゥールのグレゴリウス
(Gregorius Turonensis),
Vitae Patrum (創始者達
の一生), XVIII, 2
  484 年.507 年 聖人伝  
アレマンニ人の法
(Lex Alamannorum)
79-80
  717 年.719 年 法典  
バイエルン人の法
(Lex Baivariorum),
IX, 2
  恐らく
725 年/728 年
法典  
西ゴート族の法
(Lex Visigothorum),
VII, 2.12 と
VIII, 4.30
  568 年/586 年 法典  
アヴェンティクムのマリウス
(Marius Aventicius),
年代記 (Chronica)
ジュネーブ 563 年 年代記 船舶ミル
"Muliheim" ニーデラルタイヒ
(Niederalteich)
の近く
731 年 許可状 水力ミルの
場所らしい
Nomos georgikós
(農民の法) 81–82
  7 世紀後半 法典  
アレマンニ人の法 (Pactus
Alamannorum), V, 14
  7 世紀始め 法典  
Pactus legis Salicae,
Recensio Guntchramna,
X, 6;XII,1–3; XXXI,3
  567 年/596 年 法典  
プロコピオス
(Procop V (=Goth. I))
19.19–22
ローマ 537 年 歴史編集 船舶ミル
Senchus Mòr,
De ceithri slichtaib
Athgabála
  600 年頃    
ヴェナンティウス・
フォルトゥナトゥス
(Venantius Fortunatus),
Carmina, III, 12, 37–8
  600 年頃    
Vita Haimhrammi, 37 テューリンゲン州
(Thuringia)
770 年頃 聖人伝 水力ミル (?)
機械
Vita Leobae, 12   740 年頃 聖人伝  
Vita S. Orienti, II, 3   380 年/420 年
頃 ?
聖人伝  
Vita Sturmi, 20 フルダ
(Fulda)
765 年頃 聖人伝 ミル水路
Vita S. Brigidae
virginis, cols.
787–8 Migne
650 年頃 聖人伝  
Vita S. Remigi
episcopi Remensis, 17
  486 年/511 年 聖人伝  
訳注
Vita = life = 一生
考古学的発見
水力ミルの場所

以下は中世初期の発掘したり、調査した水力ミルの一覧である。

場所時代識別/残骸
エブスフリート
(Ebbsfleet)
イングランド 8 世紀始め 水平水車潮汐ミル
オールド・ウィンザー I
(Old Windsor I)
イングランド 恐らく
7 世紀後半
ミル水路、3 基の
垂直水車の木組み
オールド・ウィンザー II
(Old Windsor II)
イングランド 9 世紀、あるいは 10 世紀 ミル水路、水平水車
ローンズ (Raunds),
ウェスト・コットン
(West Cotton)
イングランド Late Saxon リート、導水路ゲート、シュート
(chute)、杭とワットル (wattle)
で裏打ちし石の面を持つ水車穴
[訳注:ワットル & ドーブ参照]
タムワース
(Tamworth)
イングランド 846 年と 864 年の間 全施設
ダージング
(Dasing)
ドイツ 696 年/697 年 垂直水車、下掛け or 胸掛け
ミル池ミル水路、臼石の破片
バリーキリーン
(Ballykilleen)
アイルランド 636 年頃 水平水車
クルーンティカーシー
(Cloontycarthy)
アイルランド 833 年頃 全施設
ドルマード
(Drumard)
アイルランド 782 年頃 水平水車
ウォーターフォード
の近くのキロタラン
アイルランド 6 世紀 垂直水車潮汐ミル
リトル・アイランド I アイルランド 630 年頃 水平水車潮汐ミル
リトル・アイランド II アイルランド 7 世紀 垂直水車潮汐ミル
モーレット
(Morett)
アイルランド 710 年頃 垂直水車下掛けミル
ゲラサ
(Gerasa)
ヨルダン 6 世紀 鋸ミル、クランクと連接棒
システム、歯車列無し
ネンドラム修道院ミル
(Nendrum)
北アイルランド 619 年 & 789 年 水平水車潮汐ミル
エフェソス
(Ephesus)
トルコ 6 世紀 鋸ミル、クランクと連接棒
システム、歯車列無し、
多重ミル複合施設、
少なく共 5 基の水力ミル
ミルストーン

次の一覧は中世初期のミルストーン (臼石) の孤立した発見 (stray finds) から構成されている。 水力が駆動するミルストーンと、 動物がキャプスタンで駆動するミルストーンを区別する方法が ないことに注意。 しかしながら、大半は水力により派生すると想定される。

場所時代 (or 発見の背景)遺構
ストラウド
(Stroud)
イングランド 恐らく、
アングロ・サクソン
水平水車のパドル
Moycraig アイルランド 9 世紀 水平なパドル水車、ハブとシャフト、
pebble bearing が完備