ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Wilts & Berks Canal - Wikipedia

ウィルツ & バークス運河の地図 (以下に記された場所をプロットしたもの。)
ウィルツ & バークス運河の地図の kml ファイル

ウィルツ & バークス運河 (Wilts & Berks Canal)

ウィルツ & バークス運河はイングランドの ウィルトシャー (Wiltshire) と バークシャー (Berkshire) の歴史的カウンティにある運河で メルクシャム (Melksham) の近くのセミントン (Semington) のケネット・エイボン運河と アビンドン (Abingdon) のテムズ川を接続している。 ノース・ウィルツ運河 (North Wilts Canal) はこの運河と合併し、 クリックデール (Crickdale) の近くのラットン (Latton) で テムズ・セバーン運河 (Thames and Severn Canal) の支線になった。 ボート乗りトレーダーの間では、 この運河はイッピー・カット (Ippey Cut) と呼ばれ、 恐らくはチッペンハム (Chippenham) の省略である。

スウィンドン、ラッシー・プラット (Rushey Platt)
の近くの運河の区間

52 マイル (84 km) の運河は 1810 年に開通したが、 1914 年に見捨てられた -- これは 1901 年のスタンリー水道橋 (Stanley aqueduct) の崩壊により早められた運命であった。 運河の大半は、その結果、航行不可能となった: 多くの構造は陸軍の破壊訓練により意図的に被害を受けた; ルートの部分によっては埋められ、その上に建物が建設された。 1977 年に、「ウィルツ & バークス運河快適環境グループ」 (Wilts & Berks Canal Amenity Group) が設立され、 運河の完全復元が視野に置かれた。 幾つかの水門と橋がそれ以来復元され、運河の 8 マイル (13 km) 以上に 再度水が満たされた。

  1. 建設
  2. ルート
  3. 操業
  4. 放棄
  5. 復元
  6. 復元の問題
  7. 名称
  8. ルート地図
建設

運河の計画は 1793 年にロバート・ウィットワース Sr. が執筆して、 ウィリアム・ウィットワースとの共著で出版された。 運河建設の権利を与える法律は 1795 年に王室の同意を得た。 これにより、会社は運河建設のために £111,900 の資金を集めることが可能となり、 額面 £100 の 1,119 株の株式を発行した。 別の議会法が 1801 年に通過し、これにより会社は運河を完成するために更に £200,000 を 集めることが可能となった。

運河は 1796 年から 1810 年の間に掘削された。 ロバート・ウィットワース Sr. は 1796 年から 1799 年まで運河の技術者であった。 ウィリアム・ウィットワースはこの期間、常駐技術者で、 ロバートの離脱により、運河の技術者となった。これにより £255,262 を支払われた。

完成後、更に 2 つの議会法が 1810 年と 1813 年に通過し、運河の通行料金が変更され、 1815 年に通過した別の議会法により、会社は £100,000 を集め、 運河の建設と貯水池の建設の最中に被った負債を支払った。

ルート

運河の本線は長さ 52 マイル (84 km) で、支線は全部で 6 マイル (9.7 km) あり、 チッペンハム (Chippenham)、カルネ (Calne)、ワンテジ (Wantage) そしてロンングコット (Longcot) に至った。 運河は長さ 72 フィート (22 m)、幅 7 フィート (2.1 m) の ナロウボート用に掘削された。 本線には 42 基の水門があり、カルネ支線に 3 基あった。3 つの短いトンネルがあった。

運河本線は 1810 年に開通したが、支線の幾つかはこれより前に操業し、 他のものはこの後に追加した。 スウィンドン (Swindon) からクリックデール (Crickdale) のテムズ・セバーン運河に至る ノース・ウィルツ運河 (North Wilts Canal) は 1819 年に開通した; これは 11 基の水門があった。 これは元々別の会社であったが、1821 年の議会法に引き続き、 ウィルツ & バークス運河と合併した。

操業

石炭はサマセット炭田のラドストック (Radstock) とポールトン (Paulton) の炭鉱から、 サマセット石炭運河を経由して到来し、 サマセット石炭運河はケネット・エイボン運河とダンダス (Dundas) で合流していた。 1837 年に 43,642 トンの石炭がサマセット炭田からウィルツ & バークス運河を経由して輸送され、 10,669 トンがアビンドン (Abingdon) 波止場で処理された。 ウィルツ & バークス運河はウェスト・カウンティ [West County, 訳注: おおまかにはイングランド南西地区] とミッドランズの間の輸送ルートを提供する運河チェーンのリンクの 1 つになった。 給水は常に問題で、運河の給水のためにスウィンドンの近くに貯水池 -- 現在はコート・ウォーター (Coate Water) と呼ばれる -- が建設された。

ウィルツ & バークス運河は決して商的には大成功ではなかった。 これは鉄道からの競争により、 とりわけ 1841 年からのグレート・ウェスタン鉄道との競争によっている。 付け加えるに、運河の長い区間は運河の裏打ちには適していない粘土の区間を通っており、 従って、常にパドリング (paddling) をする必要があり、維持経費を法外なものにしていた。 これにもかかわらず、ウィルツ & バークス運河は 1 世紀以上も操業した、 もっとも 1901 年以後は交通がほとんど停止していた。 この年、マーデン川 (River Marden) にかかるスタンリー水道橋 (Stanley Aqueduct) が崩壊した、 これは運河の死を告げる鐘となる事件であった。

放棄

運河は 1914 年の議会法により、正式に見捨てられた。 議会法はスウィンドン自治体 (Swindon Corporation) により後援され、 ここが自治体の境界内のすべての土地のコントロールを手に入れた。 他の地区では、隣接する土地の所有者に所有権が戻された。

1930 年代初頭から、運河の多くは埋められ、一般にゴミを捨てるのに使用された。 チッペンハム波止場はかっては 「ブリンクワースの石炭倉庫」 (Brinkworth's Coal Depot) の場所であったが、 住民によりゴミ捨て場所として使用され、 1926 年の議会覚書には不使用の水路に豚の腐肉を捨てる決定が示されている。 バスの停留所がその場所に建設され、 埋められた波止場は 2006 年の再開発の最中に短期間掘り起こされた。

第二次世界大戦の最中に、水門と他の運河の構造の多くは陸軍の訓練に使用され、 爆薬で被害を被った。

古い運河は利用できる形ではほとんど残っていないが、 長い田舎の区間は明らかに輪郭が残っている。

ワンテジ (Wantage) の西の
生い茂った区間、2006 年
復元

1977 年に、「ウィルツ & バークス運河快適環境グループ」 (Wilts & Berks Canal Amenity Group) が形成され、 運河で残されているものを保護し、快適環境の価値から短い区間を復元することになった。 彼らの最初のプロジェクトは区間の障害除去があり、 これに含まれたのは: キングズヒル (Kingshill)、 シュリーベナム (Shrivenham)、 ダントシー (Dauntsey)、そして ウートン・バセット (Wootton Bassett) であった。 十年後に、これは重要な復元計画になった。

ウィルツ & バークス運河トラストが 1947 年に形成され、 ウィルツ & バークス運河快適環境グループ、 及び運河ルートにまたがるディストリクトとカウンティの議会の 共同経営会社 (partnership) となった。 これに含まれたのは ノース・ウィルツ (North Wilts)、 ウェスト・ウィルツ (West Wilts)、及び ベール・オブ・ホワイト・ホース (Vale of White Horse) のディストリクト議会、 オクスフォードシャー (Oxfordshire) と ウィルトシャー (Wiltshire) のカウンティ議会、 及びスウィンドン・バラ議会 (Swindon Borough Council) であった。 トラストの目的は運河とその支線を保護・保存・改良し、 究極的には全運河を航行可能な状態に復元することを目的にしていた。 しかしながら、グループの法的な構造が不適切で、 運河の復元に利用可能な補助金の幾つかを手に入れることができなかった、 そこで、これは 2001 年にウィルツ & バークス運河パートナーシップに改正された。

開発が運河の土地の幾つかで実施されたが、 ルートの大半は無傷で、とりわけ田舎ではこうである。 運河の路線 (line) は地方開発計画では保存されてきた。 これが意味することは、 新しい建設や開発がかっての運河では実施されないことであった。

運河とアビンドンのテムズ川との接続は開発により閉鎖されていた。 2008 年 8 月 30 日に、ジュービリー・ジャンクション (Jubilee Junction) が開通し、 カルハム水門 (Culham Lock) の近くの更に下流のテムズ川と新しい接続が 提供された。 この掘割 (cut) は、当初はおよそ 150 ヤード (140 m) ほどを走って、 転回場所 (winding hole) に至っていた。 しかし、まもなく、アビンドンの西の運河の歴史的ルートに接続されることになる。

テムズ川への新しい接続が建設中 凍結した Grove の近くの運河
2010 年 12 月

トラストは田舎の区間の多くに再度水を入れることで前進し、 都市開発により元々のルートが利用可能でなければ、地元議会と仕事をして、 新しい区間 (場合によっては新しいトンネルを含む) を建設する。 しかしながら、すべての開発が都市開発ではない。 例えばアフィントン (Uffington) では埋められた運河の古い波止場に農場が建設された。

2006 年までに幾つかの橋と水門が建設され、少なく共運河の 8 マイルに水が入った。 2009 年 5 月 26 日に、 ダブル・ブリッジ (Double Bridge) とピューシャム (Pewsham) の南の再度水を入れられた運河の短い区間で トラストの後援者である HRH コーンウォール公爵夫人 (HRH The Duchess of Cornwall) が公式の開通式を挙行した。 ガネット基金 (Gannett Foundation) からの助成金と ボランティアによる多くの労働時間の助けにより、 この区間は 2012 年にピューシャム水門に延長された。

トラストの前方には幾つかの重要な技術的挑戦がある。 しかし、これらは運河を取り囲む地域を改良する機会を与えている。 スウィントン議会は運河の復元を支援し、 完全に元々のルートではないが、町の中央を通り抜けるルートを 積極的に計画している。 2007 年の実現可能性の調査が示唆することは、 スウィンドンを通り抜ける運河の建設提案は £5000万 の経費がかかる。 少々の反対にもかかわらず、スウィンドン・バラ議会は 2008 年に承認を与えて、 ウィルス & バークス運河トラストにより、提案された計画を更に調査させている。 テムズ峡谷商工会議所グループ (Thames Valley Chamber of Commerce Group) もプロジェクトを歓迎し、 「スウィンドンの町の中心をレジャーと観光客の呼び物に変化させるカギとなる要素で、 陰気な評判を一掃する」 としている。

メルクシャム (Melksham) では、ルートの大半は住宅に失われたが、 メルクシャム町議会は原則的に同意して、運河が町の中央のエイボン川 (River Avon) を通り抜ける計画を支持した。 新しい堰が水位を持ち上げて航行を可能にし、既存の堰は取り壊されることになる。 この計画は 2012 年 10 月 15 日に公的に承認され、この時町議会は投票をして、 2 マイル (3.2 km) の新しい水路の建設を支持した。 水路には曳舟道と自転車道路も含まれ、リクリエーション活動に提供される。 この計画は今や、ウィルトシャー・カウンティ議会により批准される必要がある。

ウィルツ & バークス運河トラストには次の活動中の復元プロジェクトがある。

活動中の復元プロジェクト
プロジェクト詳細座標
チャイルドリー波止場 (Childrey Wharf) 排水工事と新しい越流堰 51.596°N 1.485°W
ステッピングストーンズ・レーン橋
(Steppingstones Lane Bridge)
橋の再建中 -- 完成間近 51.591°N 1.661°W
ラットン・ベイシン (Latton Basin)  51.658°N 1.875°W
ヘイズ・ノール水門
(Hayes Knoll Lock)
水門は再建築 51.615°N 1.850°W
レイ川峡谷、モアドン
(River Ray Valley, Moredon)
トラストと BBC の「息をつける空間」
の共同プロジェクト
51.582°N 1.820°W
チャディントン・レーン越流堰と運河
(Chaddington Lane spill weir and canal)
水門と越流堰が再建、
運河の浚渫と再形状が進行中
51.532°N 1.863°W
セブン水門、ラインハム
(Seven Locks, Lyneham)
今や水門の隔室 3,4 が再建、水門 2 と
橋がデザインされ直し、再建される
51.526°N 1.972°W
ピューシャム水門と運河
(Pewsham Locks and canal)
水門 3 基、橋、ドライ・ドック、
越流堰、暗渠が復元中
51.438°N 2.092°W
復元され水のある新区間
場所詳細座標
ジュービリー・ジャンクション
(Jubilee Junction)
150 ヤード (140 m) の新しい運河と
旋回場所の建設。テムズ川から航行可
51.651°N 1.282°W
Templar's Firs section 1,250 ヤード (1.14 km) の運河が復元 51.534°N 1.890°W
ダントシー区間
(Dauntsey section)
770 ヤード (700 m) 水がある 51.520°N 2.010°W
フォックスハム区間
(Foxham section)
770 ヤード (700 m) 水がある 51.502°N 2.033°W
ダブル・ブリッジとナイシュ・ヒル区間
(Double Bridge & Naish Hill section)
橋 と 550 ヤード (500 m) の運河が復元 51.429°N 2.102°W
復元の問題

運河の復元に関しての少々の論争があり、 とりわけ木々の伐採と、対応する短期間の野生生物の生息地の崩壊があり、 この生息地は運河が見捨てられて以来 100 年程度に進展したものである。 これはノース・ウィルトシャー地方計画で対処された。

もっとも頻繁に取り除かねばならない木はポッキリヤナギ (Salix fragilis, crack willow) で、 ヤナギ属の、成長の速い短命な種である。 これらは自分自身で運河の曳舟道の側に種を植え、 風のある日には大きな枝を落とし、従って危険である。 トラストの労働パーティーは無給のボランティアから構成され、 すぐさま呼び寄せて、曳舟道に落下した木で、歩行者と自転車の邪魔となるものを処理させている。

トラストは、地元グループと住民に情報を提供し、彼らが工事にかかわりを持つことを目的にしている。 トラストの年長メンバーは定期的に講演し、運河沿いの散策のガイドになっている。 これらは、かってゴミが捨てられたよどんだ水であったものから、 線状の野生生物の回廊がいかにして作られたかを示すことが意図された。

スウィンドン町の中心を通り抜ける運河への反対は運河が 「よどんだ水」 を含んでいるという 誤解によっていると思われる。 しかしながら、運河は下流の方に永久にゆっくり動く水で、 従ってよどんでいない。 ボートの通過により、水がかき混ぜられて、濁ったようになるが、これは雑草の成長を防ぐのに 本質的である。

2008 年 1 月に、スウィンドン議会は、コンサルタントによって用意された報告 -- 町の中央ルートを復元する実現可能性とその意味に関するもの -- を考察した。 彼らは提案を是認し、更に進展するためのタスク・グループ (task group) を設置した。

サウス・オクスフォードシャーには洪水の危険に関しての懸念があり、 議論されたことは、運河は排水システムとして機能し、余分な水を受け入れ、テムズ川に押し流すことであった。 環境庁はメルクシャム (Melksham) における提案された運河のルートと氾濫原における効果に関して懸念を表明し、 地元の地主からの呼びかけで、町の中央を通るルートの再設置が確実になった。

トラストの工事パーティが設置しているのは; 垣根、 供給橋 (accommodation bridge)、 排水溝、更には木々の保守を引き受け、必要であれば取り除き、 これは運河沿いの地主には恩恵がある。 地主の大半はトラストに協力的で、これは彼らが運河工事から得られる恩恵を一旦理解し、 両側の畑へのアクセスがなくなるわけではないことが保証された後のことである。

名称

この運河の公的名称はいつでも 「ウィルツ & バークス運河」 で、 建設と放棄を認可した議会法で参照している名称である。 これは 「ウィルトシャー & バークシャー運河」 と呼ぶべきではなく、 「昔のウィルツ & バークシャー運河」 と呼ぶべきである。 同様に 「ノース・ウィルツ運河」 (North Wilts Canal) も 「ノース・ウィルトシャー運河」 (North Wiltshire Canal) と呼ぶべきではない。

1973 年の地方自治体の境界の変更によって、 運河が通り抜けるバークシャーの一部分 (大半がベイル・オブ・ホワイト・ホース (Vale of White Horse)) は オクスフォードシャーに移管された。 しかしながら、運河の元々の名称は歴史的理由から維持されている。

ルート地図
地点座標備考
ジュービリー・ジャンクション
(Jubilee Junction)
51.651°N 1.282°Wテムズ川とのジャンクション
ワンテジ (Wantage) 51.596°N 1.438°W 
シュリーベナム (Shrivenham) 51.590°N 1.662°W 
クリックレード (Cricklade) 51.657°N 1.876°Wテムズ・セバーン運河とのジャンクション
およその中間点 51.549°N 1.805°Wノース・ウィルツ運河とのジャンクション
セブン水門 (Seven Locks) 51.526°N 1.971°W 
スタンリー・ジャンクション
(Stanley Junction)
51.452°N 2.058°Wカルネ (Calne) 支線とのジャンクション
セミントン・ジャンクション
(Semington Junction)
51.348°N 2.146°Wケネット・エイボン運河とのジャンクション