ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Cumberland Basin (Bristol) - Wikipedia
カンバーランド・ベイシン、ブリストル
(Cumberland Basin (Bristol)

カンバーランド・ベイシン (Cumberland Basin) はイングランド、 ブリストル市のドックス (docs) への主な入り口である。 これはスパイク・アイランド (Spike Island) の先端からホットウェルズ (Hotwells) 地区を分離している。

ベイシン、東の方を見る ブリストルにおける位置
  1. 歴史
  2. 旋回橋
  3. 未来の計画
歴史

エイボン川はカンバーランド・ベイシンから洪水したことはない。 19 世紀の改良と潮汐のないフローティング・ハーバーの建設以前は、 エイボン川は潮汐のあるハーバーを流れ、 将来的にアンダーフォール・ヤード (Underfall Yard) となる場所から溢れた。 ベイシンとフローティング・ハーバーは建設された時に、 川はニュー・カット (New Cut) を通して迂回され、ハーバーを完全にバイパスした。

他の港からの競争があった後で、 ウィリアム・ジェソップ (William Jessop) はホットウェルズ (Hotwells) にダムと水門を設置して、 ハーバーを作ることを提案した。 £530,000 の計画は議会により承認され、建設が 1804 年 5 月に開始した。 この計画はカンバーランド・ベイシン -- 大きく広い区間 (stretch) であるホットウェルズ (Hotwells) におけるハーバー -- の建設を含み、この場所の岸壁の壁 (Quay walls) と船の係留柱 (bollards) は指定建造物の 地位がある。

新しい計画には、エイボン川からの船が通過できるように、 ドックの内外の水位を等しくする方法と、 水を横断する橋が必要であった。 ジェソップ (Jessop) が建設したのは: カンバーランド・ベイシンと潮汐のあるエイボン川からの 2 つの入口水門 -- 幅 45 フィート (13.7 m) と幅 35 フィート (10.7 m) -- 及び、幅 45 フィート (13.7 m) の接続水門 (junction lock) -- ベイシンとフローティング・ハーバーと呼ばれたものの間 -- であった。 この配置は、到着と出港が大量にある場合に、ベイシン (the Basin) を 水門 (lock) として使用する柔軟性を提供した。 ハーバーは 1809 年 5 月 1 日に公式に開通した。 最初の改造 (alteration) は南接続水門の建設で、これは 1849 年に完成し、 一枚リーフ (single reaf) の錬鉄製のゲートであった。 これはもはや使用されず、コンクリートの壁で密閉されている。

1831 年に 8 軒のテラス・ハウス (terrace of eight houses, 長屋) がブリストル・ドックス会社 (Bristol Docks Company) のために 建設された。「 1870 年に水圧ポンプ棟がトーマス・ハワード (Thomas Howard) により建設され、 橋と機械に動力を与えた。 これはそれ以来、ポンプ棟パブ (Pump House pub) に転換され、水圧動力はアンダーフォール・ヤード (Underfall Yard) の 水圧エンジン棟により提供された。

カンバーランド・ベイシンの MV バルモラル (Balmoral)
旋回橋

ブルネルが 1848 年 - 1849 年の間に、 ブリストル・ハーバーのカンバーランド・ベイシンの入口水門を建設しなおした時に、 彼は幾つかの旋回橋 -- ブルネルの最初の可動橋 -- も建設した。 これらは中央に軸があったが、高度に非対称で、外側が 陸側より 3 倍近くも長く、大きな鋳鉄製のカウンターウェイトで平衡を取っていた。

橋は軽量な道路用で、鉄道あるいは列車の重さを支える必要がなく、 ガーダーは軽量建設で、 バルーン・フランジ (Balloon flange) と呼ばれるもので、製造が単純であった。 完全な上部 バルーン・フランジ (full balloon upper flange) が使用され、南ウェールズ鉄道 (South Wales Railway) の橋に形が似ていたが、フランジ (flange) はガーダーの主ウェッブ (main web) の上に設置され、 ウェッブ (web) はフランジ (flange) を渡って上部に達していなかった。 この建造が単純であったのは、 T-接合 (T-joint)、必要な L-ストリップ (L-strips)、 従って幾つかのリベットの列を避けたからである。 下のフランジ (flange) は全く新しい形で、断面 (section) が 3 角形であったが、窪んだ側面 (concave side) がついていた。 再び、主ウェッブ (main web) はフランジ (flange) を渡らなかった。 3 つの全ジョイントは今や単純なラップ接合 (lap joint) で、1 列のリベットがついていた。

橋の 1 つは 1873 年に南の入口水門から北の入口水門に移動された。 元々、手動クランクで操作したが、後に水圧の動力を使用した。 これは 1960 年代に冗長となり、この時、大きなプリムソル旋回橋 (Plimsoll Swing Bridge) で 交換され、部分的に新しい橋の下のドックの側に残された。 これは近くのクリフトンの吊り橋と区別するために、 今では 「ブルネルのもう 1 つの橋」 (Brunel's other bridge) と呼ばれている。 昔のジャンクション水門旋回橋は元々、アンダーフォール・ヤード (Underfall Yard) の水圧エンジン棟の 750 psi (52 bar) の水圧を動力としたが、 2010 年に KPR エンジニアリング (KPR Engineering) により、PLC コントロール (PLC control) を持つ電動水圧に転換された。 新しいプリムソル橋 (Plimsoll Bridge) は 1965 年に完成し、 類似の電動油圧システムを使用し、油圧は 4,480 psi (309 bar) である。

初期のブルネルの幾つかの橋と同様に、これにブルネルがかかわったことは大体忘れ去られ、 世に知られていない作品に記録されているのみである。 ある時期には、深刻に取り壊される危険があったが、そのうち歴史的重要性が再認識された。 「ブルネルのもう 1 つの橋」 (Brunel's other bridge) は危機遺産 (Heritage at Risk Register) に登録された。 2014 年に橋を復元するために、 £100万 の要請があり , イングリッシュ・ヘリテッジ (English Heritage) は復元に向けて助成金を提供した。 2019 年に、エイボン産業ビルディング・トラスト (Avon Industrial Building Trust) のボランティアの工事の後で、 £62,000 の助成金が、復元工事のために ヒストリック・イングランド (Historic England) により与えられた。

  1. プリンスの波止場 (Prince's Wharf), M シェッド (M Shed,[訳注:博物館]) パイロノート (Pyronaut、[訳注:消防ボート])、 及び メイフラワー (Mayflower, [訳注:蒸気タグボート]), プリンス・ストリート橋 (Prince Street Bridge) に隣接。
  2. ドライ・ドック (Dry docks): SS グレート・ブリテン、 ザ・マシュー (the Matthew、帆船のレプリカ)
  3. セント・オーガスティン水域 (St Augustine's Reach)、ペロの橋 (Pero's Bridge)
  4. バサースト・ベイシン (Bathurst Basin)
  5. クイーン広場 (Queen Square)
  6. ブリストル・テンプル・ミーズ鉄道駅 (Bristol Temple Meads railway station)
  7. キャッスル公園 (Castle Park)
  8. レッドクリフ岸壁 (Redcliffe Quay) とレッドクリフ洞窟 (Redcliffe Caves)
  9. バルト海波止場マリーナ (Baltic Wharf marina)
  10. カンバーランド・ベイシン (Cumberland Basin) とブルネル水門 (Brunel Locks)
  11. ニュー・カット (The New Cut)
  12. ネザム水門 (Netham Lock), 給水運河 (the Feeder Canal) への入口
  13. トッターダウン・ベイシン (Totterdown Basin)
  14. テンプル岸壁 (Temple Quay)
  15. センター (The Centre)
  16. キャノンズ湿地 (Canons Marsh), 千年紀広場 (Millennium Square) と ウィ・ザ・キュリアス (We The Curious、"我々は好奇心" [訳注:博物館])
  17. アンダーフォール・ヤード (Underfall Yard、[訳注:ボートヤード])
  18. ブリストル橋 (Bristol Bridge)
未来の計画

1960 年代に建設された高架道路網は、カンバーランド・ベイシンの土地の大半を形成し、 意図された寿命の終わりに近づいている。 2015 年以来、この場所の再開発をする計画があった。 ブリストル市長のマーヴィン・リース (Marvin Rees) は 2017 年に、 ウェスターン・ハーバー (Western Harbour) の名のもとに、2000 軒までの新しい家屋に付け加え、 コンクリートの道路橋の代りにハーバーの下を通るトンネルで、この場所を再開発する意図を表明した。 2019 年 8 月に、公的意見聴取が始まり、この地域の地元住民の地域の将来 -- 新しい橋と住宅オプションを含む -- に関しての観点が求められた。