ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Horseshoe Falls (Wales) - Wikipedia

ホースシュー・フォールズ (蹄鉄堰) と呼ばれるのは上からみると蹄鉄のような形をしているから思われます。 このような堰はウェールズ以外にもあるようです。

Google 衛星写真: ホースシュー・フォールズ
ホースシュー・フォールズ (ウェールズ)
(Horseshoe Falls (Wales))

ホースシュー・フォールズは ウェールズのデンビーシャー (Denbighshire) のスランタシュリオ・ホールの近くのディー川にある人工の滝 【訳注:写真を見ればこれは堰です】で、 ランゴレンの街のおよそ 3 マイル (4.8 km) 西にある。


フォースシュー・フォールズ
歴史

独特な形をした堰は、460 フィート (140 m) の長さがあり、 水のふちを作り、水が (バルブ室と流量計を経由して) ランゴレン運河に進入している。 ポントカサルテ水道橋の上流の運河と堰の建設はエレスメア運河会社が 1804 年に獲得した議会法により認可されている。 運河は航行可能な給水線で、ポントカサルテ水道橋よりも 下流の運河とチェスター運河に給水した。 チェスター運河はエレスメア運河とナントウィッチで接続している。 トーマス・テルフォードはこのデザインに責任を負った土木技術者で、 運河と給水線は 1808 年に完成した。

シュロップシャー・ユニオン運河の所有者であった「ロンドン・ミッドランド・スコットランド鉄道」 (London, Midland and Scottish Railway) が 1944 年に運河網の大半を閉鎖しようとした時に、 堰はランゴレン運河の維持に重要な因子となった。 彼らが維持しようとしたのは: 以前のチェスター運河、ナントウィッチからエレスメア・ポートに至るエレスメア運河、 ミドルウィックに至るチェスター運河の支線、 ナントウィッチからウォルヴァーハンプトンにいたる以前のリバプール・ジャンクション運河であった。 ホースシュー・フォールズはこの運河網の主な水源であったため、 ランゴレンからナントウィッチに至る運河は、 ポントカサルテとチャークにおける偉大な水道橋も含め、純粋に給水水路として維持された。 この行動により、運河は、1948 年における国有化後のブリティッシュ・ウォータウェイズ (British Waterways) による引継ぎに至るまで生き延びることが可能となった。 商用輸送の着実な凋落と共に、 ブリティッシュ・ウォータウェイズは「ミッド・サウスイースト・チェシャー水道局」 (Mid and South East Cheshire Water Board) と交渉し、その結果 運河はスランタシュリオ (Llantysilio) のディー川からナントウィッチの北にあるハーレストン・ジャンクションのそばにある貯水池まで水を移送することに使用された。 2009 年には、1 日当たり 1370 万英ガロン (6200 万リットル) 程度が運河沿いに輸送された。 ブリティッシュ・ウォーターウェイズの管理下で、 運河は英国で最も人気のある航行運河の 1 つとなった。 ランゴレンから堰までの最後の 1.7 マイル (2.7 km) はエンジン付きのボートでは航行できない。 これは運河が広くないので船が向きを変えることができないためである。 しかし曳舟道は堰に至るまで堤防に沿って続いている。

2009 年以来、世界遺産の場所になった。 世界遺産の場所は、ホースシュー・フォールズのすぐ上流から、チャーク水道橋のすぐ下流に 至るまでのランゴレン運河の 11 マイル (18 km) に及んでいる。 運河が世界遺産の地位を授与されたのは、 このような困難な地形の中で水門を使用せずに運河を建設するのに必要であった 大胆な土木技術の解決法の理由からである。