ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Louth Navigation - Wikipedia

座標は最後の興味ある地点に書かれているので、これで確認してください。 フェンザ・フェンズ も読まないと、この地帯の環境を理解しにくいと思われます。 ここの水路はウォッシュ湾の周りにありませんが、 ここにも縦横に排水路があり、フェンランドになっていることがわかります。

ラウス水路 (Louth Navigation)

ラウス水路はラッド川 (River Lud) の運河化であった。 これはイングランド、リンカーンシャー (Lincolnshire) の ラウス (Louth, /laʊθ/) からハンバー川河口のテットニー・ヘイブン (Tetney Haven、haven = 停泊場所、自然の港) までの 11 マイル (18 km) を走った。 これは 1763 年の議会法により認可され、1770 年に完成した。 監督したのは技術者のジョン・グランディ, Jr. (John Grundy Jr.) で、次にジェームズ・ホガード (James Hogard) であった。 8 基の水門が海抜差を克服するために必要で、 このうちの 6 基は側面が 4 つの楕円型のそで (elliptical bays) から構成されていた。 このデザインは英国ではこの運河のみに使用されたものである。

訳注
楕円型のそで (elliptical bays) と呼んでいるものは、真上から見ると楕円型 (の 1 部分になっている) の壁のことと思われます。 同様の水門はフランスのミディ運河で使用されています。
アルビンガム水門の遺構

議会法は建設資金を集めるための通常の条項がなく、 資金は通行料により (抵当にして) 借りることができたのみであった。 完成してから、委託委員会 (commissioner) は チャールズ・チャップリン (Charles Chaplin) -- 彼は 10 株を持ち、委託委員会の 1 人であった -- に当初 7 年間リースした。 リースを更新する時に、他に引き受け手がなく、 チャップリン に 99 年間リースした。 もっとも議会法はこのような行為は認可していなかった。 彼は通行料を徴収したが、水路の保守をしなかった。 不平が寄せられて、新しい議会法が 1828 年に獲得されて、 通行料が変更され、チャップリンの長期リースが合法化された。 リースは 1847 年に 2 つの鉄道会社に移され、 1876 年に委託委員会に戻された。 操業は 20 世紀初頭まで適度に成功したが、 この時収入が急速に下落し、運河は 1924 年に公式に閉鎖された。

運河は土地排水のための水路としても機能したため埋められることがなく、 今や環境庁により管理される指定主要河川の 1 つであり、 リンジー沼地内部排水委員会 (Lindsey Marsh Internal Drainage Board) により管理され、周辺土地の排水路になっている。 これはコベナム貯水池 (Covenham Reservoir) の給水運河として機能し、 この貯水池から処理された水が公共水道に使用される。 ウェイス排水路 (Weithe Dike) の水が給水を補い、 事実上運河を逆流し、必要があればグレート・オー (Great Eau、川の名称) の パイプラインで運河にポンプで汲み上げることができる。

ラウス水路トラスト (Louth Navigation Trust) は 1986 年に形成されて、運河を快適環境として奨励し、 ラウスの復元された運河倉庫に拠点を設置した。 運河の航行復元可能性の調査が 2004 年に依頼され、 トラストは 2020 年までにこれが現実になるものと考えている。

  1. 歴史
  2. 現在の機能
  3. ラウス水路トラスト
  4. ルート
  5. 興味ある地点
歴史

低い海岸の平野 -- これにより広い世界との接触が困難であった -- により海と分離されているのにもかかわらず、 ラウスは繁栄したマーケット・タウンとなり 18 世紀までに将来を見る町 (town corporation) となった。 北海との接続がトレードと拡張の機会を提供すると気が付き、 彼らは技術者のジョン・グランディ, Jr. (John Grundy, Jr) に 1756 年 10 月にルートの測量を依頼した。 彼はラウスからテットニー・ヘイブンへのルートを提案し、 1760 年 1 月 28 日に完全測量と議会法の支払いのために資本予約を開始した。 資金は間もなく £850 に達し、町の書記官 (town clerk) はこの測量を実施するために ジョン・スミートン (John Smeaton) と接触した。 スミートンは注意することを助言し、 法案で前進する前にできる限り、多くの地主の同意を取ることを提案した、 議会での反対は対抗することが困難であったからである。

8 月に、スミートンはグランディの計画を見直した。これは河川水路であった。 掘割 (cut) が建設されて、ラッド川を直線化し、川がハンバー川と合流する箇所では、 海の導水路と水門が提供された。 長さは 11 マイル (18 km) を少し越え、もう 9 基の水門がコースに沿って幾つかの橋と共に必要となった。 異なる大きさの運河の経費が示され、ハシケ (barge) 2 隻用の運河では £15,590 で、 2 フィート (0.61 m) の喫水があるハシケ (lighter) に適切な運河では £10,884 であった。 委員会は次にリンカーン競馬場にグランディに随行することを依頼し、 ここで彼らは貴族とジェントルマン (Gentleman) に計画を見せることになった。 これには好意的な反応があり、地元の反対がほとんどなかったため、 プロジェクトのペースは緩やかになった。 報告は 1761 年 9 月に印刷され、法案は 1762 年 12 月 6 日に議会に提出された。

運河は 1763 年 3 月 24 日に議会法を獲得したが、これには運河を建設するのに必要な資金を集めるための 適切な条項が含まれていなかった。 資金は予期される収入により、(これを抵当にして) 借りることができたのみで、 これは困難になった。 5 月 30 日に、委託委員会 (commissioners) は通行料のすべてと引き換えに £14,000 を喜んで貸してくれる人を探そうとした。 1 年後に彼らは額面 £100 の譲渡可能な株式で £12,000 を集めようとしたが、これらは低調であった。 しかしながら 1765 年 2 月 13 日に全額が資本予約され、 グランディが 1 年 £300 の給料で主任技術者に就任した。 彼はジェームズ・ホガード (James Hogard) を常駐技術者として採用し、工事が 3 月に開始した。 1767 年中頃までに、テットニー・ヘイブンにおける出入り口の導水路と水門が完成し、 掘割 (cut) の最初の 7 マイル (11 km) も同様であった。 掘割は十分な深さがあり、水位は地表からおよそ 2 フィート (0.6 m) であり、 水路は運河としては無論のこと、土地排水路としても使用できた。 テットニー・ヘイブンからファイアー・ビーコン・レーン (Fire Beacon Lane) までの最初の 5 マイルは 1767 年 5 月に開通した。 次にホガードは 1 年 £140 の給料で、主任技術者の仕事をグランディから引き継ぎ、最後の区間の工事を開始し、 これには 5 基の水門が含まれていた。 追加の資本予約を見つけて、工事の資金繰りの必要があったが、 まもなく水路はラウスのリバーヘッド・ベイシン (Riverhead) に到達し、 公式の開通式が 1770 年 5 月に開催されていた。 全経費は £27,500 であった。

ファイア・ビーコン橋、1767 年に
開通した初期区間のターミナル。

ラウスではラッド川はリバーヘッド・ベイシンの北の元々のコースから迂回し、 南側の新しいコースを取った。 川はべインズ水力製粉所 (Bain's Water Mill) に給水し、 ここから水がベイシンに排水されて水位を維持した。 製粉所が使用されていない時、水位は直径 4 フィート (1.2 m) の排水溝により維持され、 排水溝はベイシンに到達するために、馬小屋と穀物貯蔵所の下を通過した。 当初はリバーヘッドのまわりの商業地区はラウスの人口の主要中心地とは分離されていたが、 鉄道の到来後にリボンの開発から 2 つの地域が連結した。 8 基の水門の中で、6 基は普通とは違う方法で建設され、水門の隔室は 4 つの楕円型のそで (ellipitical bays) で構成され、 周辺の地面の中で、土壌の動きに抵抗するようになっていた。 水門のデザインを実施したのは、 建設に関わったどの技術者であるか知られていない。 これは英国では他に例がない。 他の 2 つの水門は通常のまっすぐな壁である。 水門は標準的な大きさに建設されておらず、 長さは 86 - 100 フィート (26 - 30 m) の中間で変化し、 幅は 15.25 - 19 フィート (4.65 - 5.79 m) の中間で変化している。 もっともシル (sill) 以上の深さは 5.33 フィート (1.62 m) で、 水路を利用するキール (keel) と スループ (sloop) を収容した。

操業

議会法により、委託委員会 (commissioner) は 7 年間まで、リースすることが可能で、 最初のリースはチャールズ・チャップリン (Charles Chaplin) に 1770 年 1 月に与えられた。 彼は委託委員の 1 人で 10 株を所有していた。 彼は他の株主に 1 年に 4% の賃貸料を支払い、保守費用として 1 年に最大 £500 を貢献することに同意した。 もしも £500 以上必要であれば、委託委員会は追加を支給することになった。 チャップリンは 7 年間のリースを更新する選択肢があったが、彼はそうせずに、他に希望者もいなかった。 次に委託委員会はチャップリンと交渉し、修正した条件が同意された。 99 年間のリースの見返りに、彼はすべての修理の資金繰りをし、運河の事務員の給料を支払い、 資本予約者に 5% の利子を支払うことになった。 明らかに 99 年間のリースは議会法で認可されておらず、誰も 50 年以上の合法性に関して挑戦しなかった。 チャップリンは取引上の彼の立場を実施することに完全ではなく、 1782 年に、そして再び 1788 年に利子を支払っていないことを思い出させる必要があった。 1792 年に水位の問題があった。 保守をしていないため、ドロがたまり、水路を帆走するのではなく、ハシケを牽引するために馬が使用された。 ボートの座礁を防ぐために、水位が上昇され、 自然な排水が周辺の土地で妨げられ、氾濫を引き起こした。 チャップリンは修理を実施することを命令されたが、これをせず、まもなく亡くなった。 彼の子息のトーマス (Thomas) が引き継ぎ、リースを終了する交渉をしようとした。 書類上は、これは受理されたように見えるが、実施されたか否かは不明である。 というのは、トーマスの子息のジョージ・チャップリン (George Chaplin) は 1811 年に水路を広く、深くするために 支払い、1814 年に修理で別の £400 を支払った。 実際の通行料は記録がないが、推定では 1770 年代に £2,000 に上昇し、 1820 年代に £5,000 になった。 利息の支払いは年間 £1,375 であり、チャップリンの議論では 1820 年代に利益がでただけであった。

運河の利用者が感じたことは、通行料 -- これは 1770 年以来、変化がなかった -- は、 水路を利用する交通量が増えた以上、高すぎることであった。 事態を修正するために、新しい議会法が 1828 年に獲得され、 これにより通行料が下がり、1771 年の 99 年間のリースが公的になった。 1847 年に、イースト・リンカーンシャー鉄道会社 (East Lincolnshire Railways) が議会法を獲得して、ラウス水路のリース権を買収することが可能となり、 同じ年のその後にグレート・ノーザン鉄道会社 (GNR, Great Nothern Railway Company) が別の議会法を獲得して、イースト・リンカーンシャー鉄道・運河を買収あるいはリースすることが可能となった。 彼らは残りの 29 年間に水路を保持した、これは敵対グループが 既存のリースの保持者から (運河を) 手に入れることを防止するための戦術的な動きであった。 リースが終了した時に GNR のジェネラル・マネージャー (general manager) が報告によると、彼らは法的に可能な限り料金を高くしたが、リースを更新することを控えることにした。 委託委員会はリースを希望するものを見つけることができず、自分たちで料金を徴収したが、 3 ヵ月後にリースの希望者を見つけた。 通行料は鉄道会社が所有していた時よりも低くなったが、収入は 1900 年代に至るまで満足できるものであった。

衰退

20 世紀の始めに運河の使用が急速に衰退し、第一次世界大戦により残りの交通が消滅した。 1916 年の収入はたった £66 であった。 とどめの一撃は運河ターミナルであるリバーヘッド地区の 1920 年のラウス洪水により引き起こされた 惨状であった。委託委員会は運輸省 (Ministry of Transport) に申請して、 運河保守の責務免除を依頼した。 1924 年に州議会 (County Council) と地方行政地区議会 (Rural District Council) は 橋の保守を引き継ぐことに同意した。 (運河会社の) 最後の一般年次総会 (annual general meeting) は 1924 年 9 月 5 日に実施され、 水路の資産は 10 月 8 日に売却された。 売却により £6,240 が得られ、このうち £1.500 は橋の工事に向けて議会に支払う必要があった。 残りは 1927 年に株主に分配された。

現在の機能

水路の消滅と水門構造の腐敗から、水位はかっての状態より 随分と低くなった。 運河全体は、 ラッド川の古い水路の一部、 ブラック・ダイク (Black Dike)、 ポウルトン・ドレイン (Poulton Drain)、 そしてウェイス・ダイク (Waithe Dike) -- 後者はマザー・ドレイン (Mother Dain) に流れて運河に合流 -- と共に主要河川に指定されて、環境庁の責任である。 運河の下流区間を取り囲む低地帯の土地排水機能は リンジー沼地内部排水委員会 (Lindsey Marsh Internal Drainage Board (IDB)) の責任である。 この IDB (内部排水委員会) は 2000 年 11 月に作られ、この時 ラウス IDB、 アルフォード IDB (Alford IDB)、 スケッグネス行政地区 IDB (Skegnes District IDB) が合併した。 リンジー沼地 IDB が維持しているのは: 運河に汲み入れる 5 ヶ所のポンプ場と、 低い水位の理由から重力で運河に排水される幾つかの排水路である。

ラッド川の流れの大半は運河に注ぎ、環境庁は元々のトップ水門の場所で 傾斜堰 (tilting weir) を維持している。 これはリバーヘッド・ベイシンの水位を制御し、運河の流量を測定する水位観測所を含んでいる。 水は 3 つの主要な目的に使用されている。 水のある部分はラッド川に戻されて、自然環境を維持している。 ある部分は、認可されて作物の散水灌漑 (spray irrigation) のために抽出されている。 大量の水は給水運河からコベナム貯水池 (Covenham Reservoir) にも汲み上げられ、 ここから処理されて、公共水道に供給されている。 ウェイス・ダイクの水はこれを補い、事実上運河を逆向きに流れる。 夏には利用可能な水は需要に応えるほど十分ではなく、 追加の水がグレート・オー (Great Eau) からの 36 インチ (914 mm) のパイプラインで汲み上げられる。 ポンプ場はソルトフリートビー・オール・セインツ (Saltfleetby All Saints, 地名) の 東のグローブス橋 (Gloves Bridge)にあり、 6.8 マイル (11 km) のパイプラインがアウトフェン水門 (Outfen Lock) の下流の運河に排水している。

排水口の導水路から進入する塩水の悪影響から飲料水の供給を守るために、 元々のテットニー水門は傾斜堰で置き換えられた。 これは自動的に制御され、上流側と下流側の水位の違いを維持している。 違いは冬には 6 - 8 インチ (15 - 20 cm) の中間で、 夏には 16 - 18 インチ (40 - 45 cm) の中間に上昇する。

ラウス水路トラスト

ラウス水路トラストは 1986 年に登録慈善団体として作られ、 主な目的はこの運河と付随した建物の保存・保護・復原であり、これには水門構造が含まれた。 彼らはボランティアを使用して幾つかのプロジェクトを実施し、 ティックル・ペニー水門 (Ticklepenny lock) の保守と 曳舟道の障害物除去工事が含まれた。 彼らはラウスのリバーヘッドの水路倉庫 (Navigation Warehouse) に拠点を置き、 この倉庫は 「リンカーンシャー足固め」 (Groundwork Lincolnshire) と共同事業で、彼らが 1998 年/1999 年に 高い水準で復元の手助けをしたものであった。

曳舟道は運河の全長に沿って歩くことができ、運河の一部分は水が浅くなっている。 トラストは 2020 年までに全長を復元する計画に従事している。 この点で支援するために、実現可能性調査が 2004 年 9 月に依頼され、 フェイバー・モーンセル (Faber Maunsell) により実施された。 調査経費を分担したのは: トラスト、 ラウス町議会、 リンカンシャー州議会、 内陸水路協会、 イースト・リンジー行政地区議会 (East Lindsey District Council) そしてアングリアン・ウォーター水道公社 (Anglian Water) であった。 ラウス水路は多くの使用されていない運河と違い、 その全長に水があり、埋められて上に建設されることもなかった。 これは周辺の土地の排水に重要であったからである。 幾つかの可動橋が固定橋で交換された。 8 基の水門は修理を必要とする色々な状態にあり、 2 基は完全に痕跡がなく、一方アルビンガム水門 (Alvingham lock) は 最も良好な現存する実例である。

ルート

水路はラウスの中心の近くの大きなベイシンで開始し、 北東方向に走っている。 末端には 2 つのグレード II の指定建造物である倉庫がある。 西には水路倉庫 (Navigation Warehouse) があり、 これは長方形の建物で 5 つの区画 (bay) があり、 3 階建てで、赤レンガで建設され、さんがわら (pantile) の屋根がある。 これは 1790 年に建設された時からほとんど変更されていない。 この倉庫は穀物と羊毛を貯蔵するのに使用され、これらは水路で送り出された。 倉庫は大まかには間仕切りの無いオープン・プラン (open plan) で、 事務所に転換された。もっとも元々の造作の大半は今でも見ることができる。 東にはジャクソンの倉庫 (Jackson's Warehouse) があり、 10 の区画 (bay) があって、2 階建てで、屋根裏部屋がある。 これは 2003 年に住居に転換され、これにより扉と窓に少々の変化があったが、 オープン・プランの内部はそのままである。 この 2 つの建物に、ウールパック・イン (Woolpack Inn, 宿) -- これもグレード II の指定建造物 -- が補足している。

オースティン・フェン (Austen Fen)
の水路倉庫、19 世紀に建設。

ベーンズ小麦粉製粉所 (Baines Flower Mill) -- これがベイシンに水を供給した -- は赤レンガの建物で、 1800 年頃のものであり、寄棟の桟瓦屋根 (hipped pantile roof) がある。 主な部分は 3 階建てで、2 階建ての事務所部分がある。 製粉所に隣接して、ラウス・ガス灯会社 (Louth Gaslight Company) の工場があり、 これは 1826 年に建設された。 ベーンズは 1878 年に石を設置して、彼の土地とガス灯会社の土地の境界を定めた、 侵入論争があったためである。 まもなくトップ水門の位置が合意された。 現在は傾斜堰 (tilting weir) で置き換えられ、ベイシンの水位を制御している。

ケディントン (Keddington) -- ここは教区教会の多くが 12 世紀、14 世紀にさかのぼる -- はケディントン・チャーチ水門 (Keddington Church Lock) の場所であった、 もっともこの水門の痕跡はほとんど残っていない。 ティックルペニー水門の方が良く保存され、 4 つの凹面形の区間が材木の支柱で分離されている。 3 番目の区間は 20 世紀のコンクリート橋で部分的に隠され、 コンクリート橋により、水門の隔室の上を補助道路 (minor road) が通っている。 近くにはグレード I の指定建造物であるラウス修道院 -- 1139 年にさかのぼるシトー修道会の修道院 -- の遺構がある。 ウィロウズ水門 (Willows Lock) も適当に良く保存され、 ティックルペニー水門と類似な建設であり、 ソルター・フェン水門 (Salter Fen Lock) と同様である。 もっとも、これは南東側に大きな開口部があって、溢れた水を通す点で違っている。

運河とラッド川の間に挟まれて、下水処理場がある。 処理された水は水門より下流の運河に排水されている。 処理場の向こうにはアルビンガム水産業 (Alvingham Fisheries) があり、次に運河を越えてロック・ロード (Lock Road, 水門道路) を通す橋がある。 アルビンガム水門には西側の壁に 2 つの半円形の排水溝の開口部があり、 逆向きのサイフォンがラッド川からの水を水門の下を通し、アルビンガム製粉所の ミル池 (mill pond、[訳注:これは水車のダム湖と思われる]) に給水している。 運河は次にセント・メアリー教会のそばを通る、これはかってジベルティーニ修道院 (Gibertine Priory) の礼拝所であり、11 世紀から 14 世紀のものである。 これはかってノース・コッカーリントン (North Gockerington) の教区教会であり、グレード I の指定建造物である。 同じ境内には、セント・アドルウォルド (St. Adelwold) の教区教会があり、これもグレード I の指定建造物で、 13 世紀、15 世紀、16 世紀に建設されている。 教会はアルビンガム水力製粉所を運河と分離している。 現在の建物は 1782 年にジョン・マディソン (John Maddison) により建設され、 拡張部は 1900 年に建設され、1972 年に復原された。 大半の機械は直径 11 フィート (3.4 m) の胸掛け水車 (breast shot wheel) も含め、 1782 年のもので、復元後には定期使用されている。 建物はより以前の建物を交換したもので、水力製粉所は 1155 年以来この場所に存在してきたことが知られている。 製粉所の排水路 (mill stream) の水はウェストフィールド・ドレイン (Westfield Drain) に流れ込み、 少し下流で運河に戻っている。これが可能なのは運河の水位が低いからである。 航行に閉鎖される前には、別の逆向きサイフォンがあった。 これはラッド川に水を戻すものであったが、ブロックされ見捨てられた。

アルビンガムの近くの水路は
まったくまっすぐである。
アルビンガム水門、現存する
水門で最も良く保存されたもの。

ハイ・ブリッジ (High Bridge) で、運河は北に向きを変え、 ラッド川はオールド・オー (Old Eau) と名称を変えて、北東に流れ続ける。 アウトフェン水門 (Outfen Lock) はまっすぐな側面で建設された水門の 1 つであった。 西の壁は崩壊したが、東の壁は生き延びた。 周辺の田舎はとても平坦・低地で、多くの排水溝 (drainage ditches) が横断している。 ブラック・ダイク (Black Dike) が西から水路 (channel) に進入する。 オースティン・フェン (Austen Fen) からの水は、 オースティン・フェンのイースト・ポンプ場 (East pumping station) とウェスト・ポンプ場 (West pumping station) により運河に汲み上げられる。 このような、そしてこれ以外の運河に排水するポンプ場は リンジー沼地内部排水委員会 (Lindsey Marsh Internal Drainage Board) により所有・操業されている。 運河はカナル・ファーム (Canal Farm, 運河農場) のそばを通り、 フェン橋 (Fen Bridge) の下を通る。 東岸には 19 世紀の 3 階建ての屋根裏部屋がある 9 区画 (nine-bayed) の倉庫がある。 ビアーゲート東 (Biergate) とビアーゲート西のポンプ場がコベナム貯水池の近くにあり、 これは 1960 年代に建設されて、飲料水を供給している。 水処理施設がファイア・ビーコン・ファーム (Fire Beacon Farm, ファイア・ビーコン農場) と橋の近くにあり、この橋が開通した水路の建設中の一時的なターミナルである。

フルストウ東ポンプ場 (Fulstow) とフルストウ西ポンプ場はヒールゲート・ファーム (Heelgate Farm, ヒールゲート農場) の近くにある。 運河を横断する唯一の主要道路は A1031 で、ソアーズビー橋 (Thoresby Bridge) で横断している。 橋のそばには、別の現存する倉庫があり、1821 年に建設され、7 つの区画がある 3 階建ての建物で、 ソアーズビー・ポンプ場が付属する。 最後のまっすぐな壁を持つ水門はテットニーにあったが、何の痕跡もない。 これは扇形上昇ゲート (rising sector gates) で交換された。 最後の区間を高い海の潮から守るのは、 今やテットニー・ヘイブン (Tetney Haben) における排水導水路 (outfall sluice) で、 2 組の尖った扉が付いている。

ウィキメディア・コモンズのコレクションからの選択写真

オースティン・フェンの
空からの光景
ティックルペニー水門 ウィロウズ水門
興味ある地点
地点座標備考
テットニー排水導水路
(Tetney Outfall Sluice)
53.5079°N 0.0406°E
テットニー水門
(Tetney Lock)
53.4988°N 0.0218°E
ソアーズビー橋
(Thoresby Bridge)
53.4773°N 0.0114°E
ファイア・ビーコン橋
(Fire Beacon Bridge)
53.4527°N 0.0362°E
アウト・フェン水門
(Out Fen Lock)
53.4139°N 0.0665°E
アルビンガム水門
(Alvingham Lock)
53.3973°N 0.0518°E
ソルター・フェン水門
(Salter Fen Lock)
53.3921°N 0.0413°E
ウィロウズ水門
(Willows Lock)
53.3843°N 0.0325°E
ティックルペニー水門
(Ticklepenny Lock)
53.3799°N 0.0285°E
ケディントン教会水門
(Keddington Church Lock)
53.3759°N 0.0212°E
トップ水門
(Top Lock)
53.3733°N 0.0126°E傾斜堰
(Tilting weir)
ラウス・リバーヘッド
(Louth River Head)
53.3716°N 0.0089°E運河の末端