ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Middle Level Navigations - Wikipedia

原文にはタイプミスがあり本文中で断らずに修正しています。

Guyhirne --> Guyhirn,    Marmount Priory --> Marmont Priory
ミドル・レベル水路網
(Middle Level Navigations)

ミドル・レベル水路網はイングランドの水路網で、 主に土地排水 (land drainage) に使用され、ネン川 (River Nene) とグレート・ウーズ川 (River Great Ouse) の間の ザ・フェンズ (The Fens) にあり、ピーターバラ (Peteborough) とケンブリッジの間にある。 2 つの川が走る地域の大半は海面あるいはそれ以下の海抜にあり、 洪水から守るための試みが 1480 年以来実施された。 オランダの技術者であるコーネリウス・フェルマイデン (Cornelius Vermuyden) は 1642 年にミドル・レベルの名称を付け、彼はその後、幾つかの排水路を建設し、 この地域を農業に適したものにした。 水位が常に管理されて航行が可能となり、委託委員達が 1754 年に設置され、 水路が維持されて商用交通から通行料を徴収した。

マリコート水道橋
ここでウェル川が主排水路を越える。

ウィジェンホール・セント・ジャーマンズ (Wiggenhall St. Germans) への 新しい主要排水路が 1848 年に完成し、より良好な排水を提供した。 というのは流出口 (outfall) がソルターズ・ロウド (Salters Lode) よりも低かったからである。 最後に残っていた湖のウィットルジー・メア (Whittlesey Mere) がその後まもなく排水され、ジョン・アッポルド (John Appold) の遠心ポンプ (centrifugal pump) の最初の応用の 1 つが使用され、 1851 年のロンドン万国博覧会 (Great Exhibition) で遠心ポンプが登場してからのことであった。 水路網の交通は 1846 年 3 月中の鉄道の開通以後に減少を始め、 20 世紀初頭に劇的に減少した。 最後の定期商用交通はタンカー・ハシケのシェルフェン (Shellfen) であった、 これは 1971 年に至るまでポンプ場まで燃料油を配達した。

排水の結果、土地の高さは下がり続け、1934 年にウィジェンホール・セント・ジャーマンズの 重力排水路がポンプ場で交換され、 3 基のディーゼル・エンジンが直径 8 フィート 6 インチ (2.6 m) のポンプを駆動した。 この容量が 1851 年に増大され、1969 年/1970 年に再び増大された。 この時に 2 基のエンジンは電動モーターで交換された。 1998 年に最大容量で連続 50 時間以上作動してから、新しいポンプ場が依頼された。 この工事は 2006 年に開始し、これが 2010 年に完成した時に、ヨーロッパで 2 番目に大きなポンプ場であった。 ミドル・レベルの排水の多くはポンプに依存し、 委託委員達はこの地域の 100 ヶ所以上のポンプ場を管理している。

ミドル・レベルをレジャー交通用に復元する興味が 1949 年に始まり、 ボランティアによる最初の重要な工事が 1972 年にあり、この時彼らは ウェル川 (Well Creek) の復元工事をし、 これはついに 1975 年に再開通した。 それ以来、水門が長くされて、現代的なナロウボートが使用できるようになった。 というのは水門はフェン・ハシケ (Fen Lighters) 用に建設され、 これは長さが 49 フィート (15 m) しかなかったからである。 南の区間は 2006 年にもっと進入しやすくなり、この時背の低いベイリー橋が 第 39 工兵連隊 (39 Engineer Regiment) の兵卒により持ち上げられた。 システムは委託委員達により管理され、彼らは英国で 4 番目に大きな航行管理機関 (Navigation Authority) である。

  1. 歴史
  2. 今日
  3. 興味ある地点
歴史

ザ・フェンズ (The Fens) のミドル・レベル (Middle Levels) はおよそ 270 平方マイル (700 km2) の低地帯で、この多くは海面、あるいはそれ以下の海抜にある。 これを洪水から守り、農業に適したようにする試みは 1480 年に始まり、 この時イーリー司教のジョン・モートン (Bishop of Ely、John Morton) は スタングラウンド (Stanground) からガイアーン (Guyhirn) に至る 12 マイル (19 km) の直線状の掘割 (cut) を建設した。 これはネン川の水がそれ以前に海に至るルート -- ベンウィック (Benwick)、 フラッズ・フェリー (Flood's Ferry)、 マーチ (March)、 アウトウェル (Outwell)、 及び ウィズビーチ (Wisbech) を通り抜けるもの -- よりも、もっと直接的なルートを提供した。 モートンズ・リーム (Morton's Leam) -- 中世の排水溝 (drainage ditch) に与えられた名称 [訳注:Leam の意味] -- は幅 40 フィート (12 m)、 深さ 4 フィート (1.2 m) で、 肉体労働の多くは 100 年戦争の捕虜により提供された。 1605 年にサー・ジョン・ポファム (Sir John Popham) は 当時首席裁判官 (Lord Chief Justice) であったが、 アップウェル (Upwell) の近くの排水計画で作業を始め、 計画は 1608 年に究極的に見捨てられたが、 ポファムのオー (Popham's Eau) -- ネン川の古いコースの マーチ (March) からノーデルフ (Nordelph) のクリーク川 (Well Creek) に 至る 5.6 マイル (9.0 km) の掘割 (cut) -- は残った。

マーチにおける古いネン川の係留
設立

次の重要な進展は 1630 年にあり、この時、オランダの技術者 であるコーネリウス・フェルマイデン (Cornelius Vermuyden) がベッドフォード伯爵 (Earl of Bedford) などによって、 ザ・フェンズの排水のために採用された。 古いベッドフォード川の アーリス (Earith) から ソルターズ・ロウド (Salters Lode) までの 21 マイル (34 km) の掘割 (cut) が作られて十分な排水が提供され、 土地を夏の放牧に使用できた。 フェルマイデンは 「グレート・フェンズの排水にかかわる論説」 (Discourse touching the draining of the Great Fennes) と題した文書を 1642 年に出版した。 この中で彼はザ・フェンズを 3 つの地帯 (zone) -- 北レベル (North Level)、 南レベル (South Level)、 そしてその中間のミドル・レベル (Middle Level) -- に分割することを提案している。 ミドル・レベルはモートンズ・リーム (Morton's Leam) からベッドフォード川まで及んでいた。 議会法 -- 見せかけ議会法 (Pretended Act) -- が 1649 年に獲得され、彼の監督の下に工事が開始した。 新しいベッドフォード川が建設され、 古い川に平行に走りミドル・レベルが保護された。 フォーティ・フット川 (Forty Foot River)、 トウェンティ・フット川 (Twenty Foot River)、 シクスティーン・フット川 (Sixteen Foot River) がそのあとすぐに掘削され、 ソルターズ・ロウド (Salters Lode) とウェルチズ・ダム (Welches Dam) に至る地区から排水された。 これらの新しい水路に付け加え、 ミドル・レベルは 26 マイル (42 km) の古いネン川のコースと 古代の水路であるキングズ・ダイク (King's Dyke) と ウィットルジー・ダイク (Whittlesey Dyke) を含み、 これらはスタングラウンド (Stanground) をフラッズ・フェリー (Floods Ferry) に接続している。 北にはウェル川 (Well Creek) があり、 この大半は自然な水路である、もっともソルターズ・ロウドに至る最後の区間は New Podyke のコースを追い、これは 16 世紀初頭に建設された排水路である。 水路の基本機能は排水であるが、水位は管理されて航行が可能となっている。 輸送された交通量に関しては良く記録されておらず、とりわけ初期のものに関しては こうなっている。

このレベルの内部には大きな 4 つの湖、あるいはミア (mere) があった。 この中で最大のものはウィットルジー・ミア (Whittlesey Mere) であった。 これはレジャー・ボートに使用され、1697 年のシリア・ファインズ (Celia Fiennes) に述べられており、湖は長さ 6 マイル (9.7 km)、 幅 3 マイル (4.8 km) であるとし、 時々危険であると言及されている。 というのはハリケーンのように吹き荒れる突風が起きやすいからである。 グレート・ウーズ川のソルターズ・ロウド導水路とネン川のスタングラウンド導水路 の間のルートの維持と改良のために、別の議会法が 1754 年に獲得された。 これにより委託委員達が創設されて、水路を管理し、どちらの側の導水路からもシステムに進入する 物資に 1 トンあたり 旧 3 ペンス (1.25 p) (の通行料) を課す権限が与えられた。 農産物はソルターズ・ロウドを通して輸送されてキングズ・リン (Kings Lynn) に向かい、 一方、石炭、材木、及び雑貨は反対方向に移動した。 プレジャー・ボートは特別に通行料が免除され、ある種の物資も同様であり、 これには肥やし (manure)、堆肥 (compost)、麦芽くず (malt dust)、 鳩の糞 (pigeon's dung)、そして色々な種類の油かす (oil cake) があった。 システムの別の説明は ジョージ・ウォルポール (George Walpole) の 「1774 年のザ・フェンズをめぐる旅行日記」 (Journal of the Voyage round the Fens in 1774) で、 これは 9 隻のボート船団によるものであり、帆走するための十分な風がなければ、 ヒポポタマス (hippopotamus, カバ) と呼ばれる一匹の馬が船団を牽引した。 大工が採用されて、 橋が低すぎて通過できなければ、橋をジャッキで持ち上げたり取り除いたりした。 探検は 22 日間継続したが、ウォルポールはハシケの一団を記録しているのみで、 このせいでソルターズ・ロウドで遅れることになった。

このシステムはウィズビーチ運河 (Wisbech Canal) の開通により 1796 年に充実し、 運河はアウトウェル (Outwell) のウェル川 (Well Creek) と ウィズビーチのネン川を接続した。 これは古代の水路であるウェルストリーム (Wellstream) をたどった。 アウトウェルでは、ウェル川もネン川の古いコースで接続された。

発展

新しい議会法が 1810 年に獲得された、これは 1754 年の議会法が排水工事 の資金繰りに十分な用意がなかったからであり、 ある場合には洪水が起きるまで洪水軽減工事をすることができないことが確実だったからである。 新しい議会法はベッドフォード・レベル・コーポレーション (Bedford Level Corporation) から、地元の委託委員達に移され、彼らは地主でなければならなかった。 彼らはオー・ブリンク議会法 (Eau Brink Acts、ブリンク水路議会法) の下で課税できるすべての土地に課税できた。 1824 年と 1839 年の間に、ジョン・ダイソン、Jr. (John Dyson, Jr) は ベドフォード・レベル委託委員達に常駐技術者として採用された。 彼はジョン・レニーによって推薦され、10 基の水門と導水路の再建設を担い、 更に 「きわめて重要な多くの他の工事」 を担った。 この見積もり経費は £50,000 と £60,000 の中間であった。 工事はソルターズ・ロウド導水路の再建設が含まれ、 これはダイソンが自分自身で監督した。 というのは工事が広告された時に適切な入札がなかったからである。 これは 1832 年までに完了した。 スタングラウンド、 ウェルチズ・ダム (Welches Dam)、 及びソルターズ・ロウドの近くの昔のベドフォード川の末端 における導水路と橋もすべて再建設された。

土地が乾燥すると、ピートの土壌が縮小し土地の表面が降下した。 ミドル・レベルの多くが 1841 年 - 1842 年に洪水した。 これにより委託委員達は 1844 年に議会法を獲得し、新しい主排水路の 建設が認可された。 排水路は 11 マイル (18 km) の長さで、 ウィジェンホール・セント・ジャーマンズ (Wiggenhall St. Germans) に重力で流出し、 ここで潮汐の影響を受ける川の水位はソルターズ・ロウドよりも、およそ 7 フィート (2.1 m) 低かった。 工事は 1848 年に完了し、マーモント修道院 (Marmont Priory) の導水路もこの時建設され、 深い喫水を持つボートがアップウェル (Upwell) とアウトウェル (Outwell) に航行できるようにするためであった。 イーリー (Ely) からピーターバラ (Peterborough) に至る鉄道は 1846 年から マーチ (March) の港を通過し、これは間もなく鉄道のハブとなり、 ウィズビーチ (Wisbech) とセント・アイヴス (St. Ives) に至る支線があった。 交通は水路から移り、委託委員達の排水責任を易しくした。 新しい主排水路はウィットルジー・ミア (Whittlesey Mere) の排水を可能にした。 アッポルド遠心ポンプを持つポンプ場がこれを達成するために使用され、もっと伝統的な スクープ・ホイール (Scoop wheel, すくい車) ではなかった。 ポンプは 1851 年の ロンドン万国博覧会 (Great Exhibition) で始めて展示され、 ここで観客を驚かせ、この発明家がミア (湖) の排水のためにポンプのデザインを依頼された。 これは直径が 4 フィート 6 インチ (1.4 m) で、25 hp (19 kW) の蒸気エンジンで駆動され、 1 分間に 101 トンの水を 2 - 3 フィート (0.6 - 0.9 m) 持ち上げることができた。 1862 年に議会法により、ミドル・レベル委託委員達が ベッドフォード・レベル・コーポレーションとは異なる組織として創設された。 もっとも彼らは 1810 年以来ほとんど独立であり、 一連の改良に乗り出していた。 排水は常に主要な機能であったが、航行も重要であり、 新しい組織は水路使用のための通行料を課す権限を持った。

1862 年はウィジェンホール導水路が崩壊した年でもあり、およそ 9 平方マイル (23 km2) のミドル・レベルが 氾濫した。 サー・ジョン・ホークショー (Sir John Hawkshaw) は新しい導水路を建設し、これは大きな防水堰 (cofferdam) から成り、 16 本のチューブが付き、各々直径 3 フィート 6 インチ (1.1 m) で、これが堰の上を越えた。 これらのパイプの頂上は流入口と流出口の上方 20 フィート (6.1 m) にあり、 パイプから空気を取り除くために空気ポンプが使用され、水が防水堰の上をサイフォンで通過した。 これはザ・フェンズでこのような方法が施行された唯一の場合であり、 1880 年に、もっと通常の重力導水路により補足され、これもホークショー (Hawkshaw) が建設した。 というのは十分な水が排水されなかったからである。

水路上の少々の商用交通は鉄道との競争にもかかわらず継続し、1888 年には 44,034 トンから £733 の通行料が生み出され、これにより委託委員達は £216 の利益を見ることができた。 交通は少々落ち込んで 1898 年には 42,640 トンになったが、1905 年には 12,770 トンになり、 委託委員達はその年 £607 の損失を見た。 1905 年に運河と水路における王立委員会 (Royal Commission) でアルダーマン (参事会員、Alderman) が与えた証拠が指摘したことは、鉄道会社の 1 つは交通を集めるために支払いをしていることであった。 もっとも、この慣行が公に知られることになった時には、この慣行は終了していた。 ネン川とウィズビーチ運河 (Wisbech Canal) の状態は衰退し、これは航行に水を差したが、 少々の交通は農産物、石炭、レンガ、道路建設資材で継続した。 石炭はアウトウェル貯蔵所 (Outwell Depot) から、ハシケにより、およそ 40 ヶ所のポンプ場に配達された。

1920 年代までには定期輸送はほとんど残っていなかったが、 その 1 つは 「ジャクソンの海軍」 (Jackson's Navy, [訳注:多分、輸送会社のあだ名]) を馬で走らせ、1930 年代以後は蒸気タグボートを使用した。 この会社が 1948 年にトレードを終了した時に、 サトウダイコン (sugar beet) の交通は、 工場が所有するボートでイーリー (Ely) まで、もう 10 年輸送された。 ポンプ場の燃料は 1971 年までタンカー・ハシケのシェルフェン (Shellfen) により供給され、 この時までにウェル川 (Well Creek) はほとんど通行できなくなっていた。

ポンプ場

軽量なピートの土壌の排水効果は更なる (土壌の) 縮小を引き起こし、土地の高さは下がり続けた。 1920 年代末には重力排水のみでは適切な洪水防止を提供するには、もはや信頼できなくなり、 ポンプによる排水に変更が始まった。 新しい導水路とポンプ場がセント・ジャーマンズ (St. Germans) に建設され、1934 年に完成した。 導水路は古いサイフォンによる導水路の中央に建設され、 ポンプ場はこのいずれか一方の側に作られた。 3 台のポンプ装置が設置され、4 番目のポンプ設置用の空きが設けられた。 各装置は 1000 bhp (750 kW) のクロスリー・ディーゼル・エンジン (Crossley diesel engine) に 8 フィート 6 インチ (2.6 m) のグウィン・ポンプ (Gwynne pump) を組み合わせたもので、 1 分間に 840 トン (1 日当たり 1234 メガ・リットル [Ml/d]) を汲み上げることができた。 一旦完成すると、サイフォン導水路は取り壊され、 一方ホークショー (Hawkshaw) の代りの導水路と水路は見捨てられた。 新しい工事は補助金で支払われ、こにには条件が付き、労働力の 3/4 は地元から採用した。 ポンプ場の容量は 1951 年に増大し、このとき 1200 bhp (890 kW) のクロスリー・ディーゼル・エンジン が空いている場所に設置され、 再び 1969 年 - 1970 年に導水路の北側の 2 つのポンプが再建され、 エンジンは 1,500 bhp (1,100 kW) の電動モーターで交換された。

1977 年から 1983 年までに、一連の改良が実施され、 これにはベビルズ・リーム (Bevills Leam, 水路名) のテビッツ橋 (Tebbits Bridge) のポンプ場の建設が含まれ、ミドル・レベルの南側区間へのこの水路沿いの航行が妨げられた。 新しい水門がロウズ・エンド (Lodes End) に建設され、代替のルートが提供された。 古いネン川の堤防が持ち上げられ、 パドリング (puddling) が使用されて水密が維持された。 フォーティ・フット川 (Forty Foot river)、 トウェンティ・フット川 (Twenty Foot river)、 シクスティーン・フット川 (Sixteen Foot river) の重要な改良が実施されて、航行のために水位が維持された。 シクスティーン・フット川のすべての橋は取り壊されて交換され、 より広い水路が提供された。 というのは橋の幅が大雨の時に流量を制限していたからである。 そしてセント・ジャーマンズのポンプ場が再び格上げされ、この時、 残されていた 1934 年のエンジンが 1,550 bhp (1,160 kW) のアレン・ディーゼル・エンジン で交換された。 改良により低地の南西地域の航行が制限されたが、 洪水の防衛力を随分改善した。

テビッツ橋 (Tebbitt's Bridge) のポンプ場は 6 基のアレンの直径 3 フィート 3 インチ (0.99 m) のポンプを収容し、 各々は 260 Ml/d を汲み上げる能力がある。 このうち 3 基は 225 bhp (168 kW) の誘導モーター (induction motor) で駆動され、 ローレンス・スコット (Lawrence Scott) により製造されている。これは自動的に制御され、一方残りの 3 基は ドーマン (Dorman) の 274 bhp (294 kW) のディーゼル・エンジンで駆動され、これらは手動で制御されている。 電力の喪失に備え、予備の発電機があり、 すべての 6 基のポンプが可動であれば、ポンプ場は 1586 Ml/d を汲み上げることができ、 これは 1 秒あたり 18 トンに同等である。

1998 年 4 月に、セント・ジャーマンズのポンプ場は 最高容量 -- 6134 Ml/d (あるいは 1 秒あたり 71 トン) -- で 50 時間以上を走った。 これにより、これを全く新しい -- 40% の余分な容量を持つ -- 機械で置き換える決定がされ、 工事が 2006 年 12 月に開始し、 ポンプ場 -- これはヨーロッパで 2 番目に大きい -- はガラスの壁があって、 ポンプを見ることができるようになっている。 新しいポンプ場は 2010 年 4 月 22 日に任務に就き、この後で古いポンプ場が取り壊された。 公式の開所式が 2011 年 4 月 20 日に開催され、この時ジェームズ・ラッセル卿 (Lord James Russel) -- ベッドフォード公爵の兄弟で、 17 世紀にザ・フェンズの排水を始めたベッドフォード伯爵の子孫 -- が式を挙行した。 100 基以上のより小さなポンプ場がシステム中に散在し、水位を維持して、洪水を防止している。

ウィジェンホール・セント・ジャーマンの新しいポンプ場は
ミドル・レベルの主排水路を汲み出す。これは 2010 年に
任務に就き、ポンプはガラスの壁越しに見ることができ、
この壁が建物の前面になっている。
復原

ミドル・レベル (Middle Levels) を航行用に復元する地元の興味は 1949 年に発展し始めた。 内陸水路協会のフェンランド支部 (Fenland Branch) が 1949 年 10 月 30 日に作られた。 ウーズ川集水域委員会 (Ouse Catchment Board) がベッドフォードまで川を復元する計画で あることを確かめてから、 フェンランド支部は精力をミッド・レベル水路につぎ込む決定をした、 水路は雑草がはびこり、ドロがひどく詰まっていた。 ソルターズ・ロウド水門は 1963 年に再建されたが、 ウェル川 (Well Creek) 沿いの通過は非常に困難であった。 イースト・アングリア水路協会 (East Anglian Waterways Association) と ミドル・レベル・ウォーターマンズ・クラブ (Middle Level Watermans Club) は 1964 年に浚渫を求めてキャンペーンを始めた。 システムにおけるボランティアの最初の重要な工事バーティは 1972 年にあり、 この時ウェル川トラスト (Well Creek Trust) が 10 月に Fenatic と 呼ばれるプロジェクトを組織し、川を排水することとゴミの除去が含まれた。 川は 1975 年に交通に再開通した。

訳注
fenatic は恐らく、fen と fanatic (熱狂者) をひっかけている。
ウェル川の末端にあるソルターズ・ロウド水門には
2 セットのゲートが見え、逆方向を向いている。

水路が建設された時、 これを使用したボートは伝統的なフェン・ハシケ (Fen Lighters) で、 46×11 フィート (14.0×3.4 m) の大きさがあり、水門はこのサイズに合わせていた。 しかしながらプログラムで、水門のサイズを大きくして標準サイズのナロウ・ボートが水路に 進入できるようにすることになった。 ロウズ・エンド (Lodes End) の水門は建設された時は 65 フィート (20 m) であった。 マーモント修道院 (Marmont Priory) の水門は 92 フィート (28 m) に延長され、 アッシュライン水門 (Ashline lock) は 90 フィート (27 m) に、 スタングラウンド水門 (Stanground) は 80 フィート (24 m) に、 ホースウェイ水門 (Horseway) は 60 フィート (18 m) になり、 アッシュライン水門は 1999 年 4 月 1 日に再開通した。 ソルターズ水門 (Salter's lock) のゲートは 3 セットあり、 潮汐限界にあるギロチン・ゲート、 それとマイター・ゲート (mitre gate) があり、 後者は川の水位がウェル川 (Well Creek) の水位よりも高い時に 62 フィート (19 m) までのボートがウーズ川に進入するためのものである。 より長いボートが潮のある状態の時に直接通り抜けることは可能であったが、 マイター・ゲートの第 3 セットの追加により、水門が 80 フィート (24 m) まで長くなった。 このゲートは川から離れる方向に向いているので、ウーズ川の水位がウェル川の水位よりも低い場合のみ使用できる。 ウェルチズ・ダム水門 (Welches Dam) はちょうど 47 フィート (14 m) の長さで、 まだフェン・ハシケの大きさである。

ミドル・レベルの南側区間への進入は 2006 年に改良され、 この時、第 39 工兵連隊 (39 Engineer Regiment) の第 53 野戦部隊 (53rd Field Squadron) の兵卒が ラムジー・ホロー (Ramsey Hollow) のベイリー橋の高さを持ち上げた。 以前は、これが通過を妨げていた。というのはとても低かったからである。 しかし、これにより頭上余地が 3 フィート (0.9 m) 増加した。 内陸水路協会は必要とされる追加の資材の資金を集め、再建築により、ミドル・レベルの 33 マイル (53 km) の環状航路が開かれた。

今日

水路はミドル・レベル委託委員達によって管理され、 彼らが 120 マイル (190 km) の水路の責任を担い、このうち 100 マイル (160 km) が航行可能である。 委託委員達は 6 基の水門と幾つかのポンプ場にも責任を持ち、英国で 4 番目に大きな航行機関である。

水路はボート乗りにとり、 しばしば、 ピーターバラのネン川と ソルターズ・ロウド水門のグレート・ウーズ川 との間のショート・カットになっている。 提案されているルートは スタングラウンド導水路 (Stanground Sluice) を通り、 キングズ・ダイク (King's Dyke) 沿いに アッシュライン水門 (Ashline lock) に至り、 次にウィットルジー・ダイク (Whittlesey Dyke) に沿って、 フラッズ・フェリー・ジャンクション (Flood's Ferry junction) に至る。 ここからルートはネン川の古いコースに沿い、 アウトウェル (Outwell) と アップウェル (Upwell) の 双子の村を通り過ぎる。 ここでは見捨てられたウィズビーチ運河 (Wisbech Canal) がかっては新しいネン川のコースに戻るルートになっていた。 ソルターズ・ロウド水門に至る最後の区間はウェル川 (Well Creek) に沿い、 マリコート水道橋 (Mullicourt Aqueduct) で ミドル・レベル主排水路 (Middle Level Main Drain) の頂上を通過する。 ホースウェイ導水路 (Horseway sluice) と古いベドフォード川を経由する代替ルートは使用できない。 というのはウェルチズ・ダム (Welches Dam) の水門は安全でないと宣言されて 2006 年に閉鎖され、アシ原が定着している。 ホースウェイ導水路とウェルチズ・ダム水門の間は非常に低い水位により、しばしば通過できない。 しかしながら、これはフェンズ水路接続プロジェクト (Fens Waterways Link project) の一部分として改良されることになっている。 このプロジェクトはミドル・レベル水路を スタングラウンドから ソルターズ・ロウド及びウェルチズ・ダムに至る 通過ルートを改良する計画が含まれている。

ミドル・レベル水路の通過は困難となることがある。
これはホースウェイ水門とウェルチズ・ダム水門の
間のフェルマイデン排水路 (Vermuyden's Drain), 1997 年。
この水路は現在はアシが生い茂っている。
興味ある地点
地点座標備考
セント・ジャーマンズ・ポンプ場
(St Germans pumping station)
52.7033°N 0.3505°E主排水口
ソルターズ・ロウド水門
(Salters Lode Lock)
52.5898°N 0.3403°Eグレート・ウーズ川への進入口
マリコート水道橋
(Mullicourt Aqueduct)
52.6025°N 0.2590°E主排水路を横断
マーモント修道院
(Marmont Priory Lock)
52.5894°N 0.1953°E
ホースウェイ導水路
(Horseway Sluice)
52.4614°N 0.1118°E2013 年には使用不可
アッシュライン水門
(Ashline Lock)
52.5509°N 0.1250°W
スタングラウンド導水路
(Stanground Sluice)
52.5601°N 0.2182°Wネン川への接続
ロウズ・エンド水門
(Lodes End Lock)
52.4689°N 0.1070°W
テビッツ橋ポンプ場
(Tebbits Bridge pumping station)
52.5054°N 0.1649°W