ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Steamboats of the Mississippi - Wikipedia
ミシシッピ川の蒸気ボート
(Steamboats of Mississippi)

蒸気ボートは 19 世紀のミシシッピ川とその支流の開発で重要な役割を演じ、 乗客と貨物の実用的で大規模な輸送を可能とした。 蒸気動力を使用して、川のボートはこの時期に発展し、強い流れに逆らって、 上流に進むことができることは無論のこと、浅い水域でも航行できるようになった。 鉄道の発展により、乗客は次第により速い交通機関に移ったが、 蒸気ボートは 20 世紀初頭までミシシッピ川の交易に貢献し続けた。

ケンタッキー州パドゥーカの
デルタ・クイーン (2007 年)
「ミシシッピ川蒸気ボート プリンセス
サロン」(アドリアン・ペルサック, 1861 年)
南北戦争前のミシシッピ川蒸気ボート
の入念な内部を示す。
  1. 地理学
  2. 背景
  3. 蒸気ボートの黄金時代
  4. 船舶の建設
  5. 蒸気船 ナチェズ
  6. 改良された水路
  7. セントルイス
  8. メンフィス
  9. ルイジアナ州ワシントン
  10. マーク・トウェイン
  11. ボイラーの爆発
  12. ギャンブル
  13. 規制
  14. 1852 年の 5 月 30 日の蒸気ボート法令
  15. ショーボート
  16. オクラホマにおいて
  17. 蒸気ボートを伴った南北戦争
  18. 復興
  19. 大レース
  20. 鉄道からの競争
  21. ハシケ輸送の興隆
  22. 1927 年の洪水
  23. ミシシッピ川委員会
  24. 米国陸軍工兵隊
  25. 連邦政府の介入:テネシー川流域公社計画
  26. 第二次世界大戦の LST の建造
  27. 蒸気ボートの終焉
  28. 現在の ナチェズ
地理学

ミシシッピ川は世界の偉大な川の一つである。 最も北の西の支流であるミズリー川を使って長さをはかれば 3,860 マイル (6,210 km) に及んでいる。 ミズリー川はモンタナ州のロッキー山脈に始まり、ミズーリ州でミシシッピ川の本流に合流している。 オハイオ川とテネシー川は東側の支流で、 テキサス州のアーカンサス川、プラット川とレッド川は西側の支流である。 ミシシッピ川はミネソタ州のアイタスカ湖 (Itasca Lake) を起点とし、 米国の中央を蛇行し、 10 もの州の境界の一部を構成し、東と西に分断し、交易と文化を促進した。

背景

ミシシッピ川の蒸気ボートは技術と政治の変化により恩恵をこうむった。 米国は 1803 年にフランスから ルイジアナ買収により領土を手に入れた。 この当時は半ば破産したナポレオンが彼の主導権をヨーロッパに拡張しようとしていた時期で、 これによりナポレオン戦争となるのである。 その結果、米国はオハイオ峡谷から出て、自由に西に拡張することができ、 グレート・プレーンズ 南西部に拡張できたのである。 1801 年のスコットランドの シャーロット・ダンダス と 1807 年のハドソン川のロバート・フルトンによる クラモント の成功は蒸気ボートの発想 (の正しさ) を証明した。 この当時、ボウルトン・ワット・エンジンの変種であるウォーキング・ビーム・ミル・エンジン (walking beam mill engine) を、外輪と共に木製のハシケに取り付ければ、直ちに動力船となった。 ウォーキング・ビーム形式の頭上 (overhead) エンジンが、 その後 80 年間、標準的な大西洋海岸の外輪エンジンとなった。 小さなボートに関してはワットはエンジンを分割して、側方のベル・クランクの使用により サイド・レバー・エンジンを完全にし、(エンジンの) 重心を低くした。 舷側外輪エンジンが舞台に登場した。 1811 年に蒸気ボートの ニューオーリンズ がフルトンとリビングストンにより建造された。 フルトンはナチェズとニューオーリンズの間の蒸気輸送を開始した。

訳注
ベル・クランクとは次のようなクランクで、角度をつけて運動の方向を変えるもので、 何度でもよいが、90 度と 180度の場合が最も多い。(bellcrank)

1812 年の戦争は、南部に政治的な大変動を引き起こし、とりわけ王立海軍が米国のメキシコ湾を 海上封鎖したことにより助長されたが、 ヘント条約 (Treaty of Ghent) と平和の復帰により、ニューオーリンズはフランス領とスペイン領の時代を経て、 確固として米国領となった。 ニューオーリンズはミシシッピ川の河口の偉大な港となった。

蒸気ボートの黄金時代

ミシシッピ川の蒸気ボート -- あるいは西部の川の蒸気ボート -- の原型の歴史的起源は 東部人のデザインしたものにさかのぼることができ、これには ジェームス・ラムゼー (James Rumsey)、 ジョン・フィッチ (John Fitch)、 ジョン・スティーブンス (John Stevens)、 オリバー・エバンス (Oliver Evans)、 ロバート・フルトン (Robert Fulton)、 そして ダニエル・フレンチ (Daniel French) がいる。たった 6 年間に原型となるミシシッピ川の蒸気ボートは 随分と変遷を見ることになった。

1810 年代には川には 20 隻の船がいたが、 1830 年代までに 1200 隻以上もいた。 1820 年代までに、南部の州が米国に加わり、 土地は綿の木のプランテーションに変更され、南北戦争以前の南部を強く表し、 綿の包み (bale)、米、材木、タバコ、糖蜜を輸送する方法が必要であった。 蒸気ボートは (この目的のためには) 理想的であった。 米国は ジャクソンの時代にブームとなった。 人口が西に移動し、もっと多くの農地が設立された。 1820 年代に蒸気ボートは最初は木材を燃料とし、次に石炭を燃料とした。 石炭は、石炭ハシケをピッツバーグからニューオーリンズまで運んだ。

船舶の建設

船舶は木造で、典型的には長さが 40 フィートから 300 フィート (91 m) 近く、 幅が 10 フィートから 80 フィート (24 m)、荷を積んだ時に喫水が 1 フィートから 5 フィートあり、 実際よく言われたことだが、「強い雨でも航行できた」("navigate on a heavy dew")。 ボートにはキングポストが付いていた。 キングポストとはホッグチェーンを支える内部マストのことで、 ホッグチェーンとは鉄のトラスで船体がたわむことを防止するためのものであった。 第二の甲板 -- テキサス甲板と呼ばれる -- が追加され、 船室や乗客の場所を提供した。 全て木で作られ、階段、調理室、応接室 (parlor) も追加された。 時々、ボートは随分飾り立てられ、木の縁飾り、ビロードや贅沢なイス、金メッキの縁取り、 その他の縁飾りがついており、時々所有者の好みや資力により造作がついていた。 木を燃やすボイラーは重さを分散させるために前方の中央にあった。 エンジンは船の中央か、船尾にあり、船が舷側外輪であるか船尾外輪であるかに依存していた。 2 つの舵が取り付けられ、操船の助けにした。

船舶は平均しておよそ 5 年ほどしかもたなかった。 これは木造の船体が壊れるためで、貧弱な整備、 火災、一般的な摩耗や裂けや、よくあるボイラー爆発が原因であった。 ミシシッピ川を遡上する初期の旅行は、オハイオ州に到達するまでに 3 週間かかった。 後には、より上手なパイロット、もっと馬力のあるエンジンとボイラー、障害物の除去、 経験を積んだ船乗りでどこに砂州があるか知っている人、により旅程は 4 日に削減した。 衝突と沈み木 (snag) は常に脅威となった。

蒸気船 ナチェズ
ナチェズ I

最初の ナチェズ は低圧舷側外輪船で、1823 年にニューヨーク市で建造された。 元々、ミシシッピ州のニューオーリンズとナチェズの間を走っていたが、 後にミシシッピ州のビクスバーグ (Vicksburg) にも行くようになった。 最も著名な乗客はアメリカ独立戦争の時のフランス人の英雄である ラファイエット侯爵 (Marquis de Lafayette) であり、 乗船したのは 1825 年のことである。 船は 1835 年の 9 月 4 日にニューオーリンズで火災により焼失した。

ナチェズ II

ナチェズ II はトーマス P. レザーズ船長のためにクレイフィッシュ・バイユー (クレイフィッシュ川、Crayfish Bayou) で始めて建造された。 この船は速く、ボイラー 2 基を備えた船で、長さ 175 フィート (53 m) で、 赤い煙突が付いていて、ニューオーリンズとビクスバーグの間を航行した。 船はオハイオ州シンシナティで建造された。 レザーズは 1848 年に船を売り、船は 1852 年に見捨てられた。

ナチェズ III

ナチェズ III は最初の船の売却資金が充てられた。 この船は長さが 191 フィート (58 m) であった。 レザーズは 1848 年から 1853 年までこれを操業した。 1868 年の 5 月 10 日にアラバマ州モビール (Mobile) で、朽ちて沈没した。

ナチェズ IV

ナチェズ IV はオハイオ州シンシナティで建造された。 長さが 270 フィート (82 m) で、ボイラーが 6 基あり、綿を 4000 包み (bale) 運ぶことができた。 この船は 6 週間操業した。1854 年 1 月 1 日にルイジアナ州プラケマイン (Plaquemine) で パール と衝突し、 これにより パール が沈没した。 1854 年の 2 月 5 日のニューオーリンズの波止場の火災により、他の 10 隻から 12 隻の船と同様に焼け落ちた。

ナチェズ V

ナチェズ V もシンシナティで建造された。 レザーズ船長は 3 番目の船が破壊された後で直ちにシンシナティに戻った。 この船にもボイラーが 6 基あったが、4400 包みの綿を運ぶことができた。 レザーズはこの船を 1859 年まで使用した。 1860 年に、ルイジアナ州バトン・ルージュで波止場のボートとして任についている時に破壊された。

ナチェズ VI

ナチェズ VI も再びシンシナティで建造されたボートで、長さが 273 フィート (83 m) であった。 容量は綿 5000 包みであったが馬力は同じであった。 ジェファーソン・ディヴィス (Jafferson Davis) がアメリカ連合国 (南軍) の大統領に選ばれたと聞かされた後に、 ミシシッピ川沿いの彼のプランテーションの家からの移動に、このボートが使用された。 戦争が終わった後も、ディヴィスはブライヤーフィールド (Brierfield) のプランテーションへの行き来で、 レザーズのボートを使用することを固執した。 ナチェズ VI は南軍の部隊をメンフィスに輸送するのにも使用された。 北軍の侵略者がメンフィスを占領した時に、 ボートはヤズー川 (Yazoo River) に移動させられた。 1863 年の 3 月 13 日に、ホニー・アイランド (Honey Island) で船が消失した。 これは事故によるものか、北軍の手に渡したくなかった、かのいずれかの理由である。 遺物が 2007 年に川から引き揚げられた。

ナチェズ VIII

ナチェズ VIII は「シンシナティ・マリン・ウェイズ」 (Cincinnati Marine Ways) により、 1879 年 8 月 2 日に進水した。 船は長さ 303.5 フィート (92.5 m)、幅 45.5 フィート (13.9 m)、高さ 38.5 フィート (11 m) で、 10 フィートの深さがあった。 船には 8 基の鋼のボイラーがあり、各々長さ 36 フィート (11 m)、直径 42 インチ (1,100 mm) であった。 船には 42 室の上品な特等室があった。 主船室の船首側と船尾側のパネルには飾りの絵があり、ナチェス・インディアンのキャンプ、 戦いの踊りや太陽崇拝をしている光景が描かれていた。 主船室にはステンドグラスの窓もありインディアンが描かれていた。 ボートの全建造費は $125,000 であった。 レザーズは、1885 年 3 月 4 日に戦争が終わったと宣言し、米国の国旗を掲揚した。 これは新しい ナチェズ がビクスバーグを通過した時で、 1860 年以来、船で米国の国旗を掲揚するのは初めてのことであった。 1887 年までに、仕事がないため ナチェズ は窮地に陥った。 1888 年に $6000 をかけて、完全な状態に改修しなおした。 1889 年 1 月に、ルイジアナ州レイク・プロビデンス (Lake Providence) で船が焼け落ちた。 レザーズ船長は、新しい ナチェズ を建造するには年を取りすぎていると判断して引退した。 ジェファーソン・デーヴィスは 1889 年 1 月 5 日にレザーズにボートを失ったことに関して、 悔みの手紙を送った。船室の大半は引き上げることが可能であったが、砂が流れ込んで船体が壊れていた。

改良された水路

1824 年に、米国議会は 「オハイオ川とミシシッピ川の水路を改良するための法律」 を通過させ、 「オハイオ川の砂州とミシシッピ川の沈み木等を取り除くこと」 とした。 米国陸軍工兵隊 (Army Corps of engineers) がこの任務を与えられた。 1829 年にミシシッピ川上流の 2 つの主な障害が測量された。 これはデモイン・ラピッズ (デモイン急流、Des Moines Rapids) とロック・アイランド・ラピッズ (ロック・アイランド急流、Rock Island Rapids) であった。 ここでは川は狭くなり、河床は岩であった。 デモイン・ラピッズはおよそ 11 マイル (18 km) の長さで、 アイオワ州キオカク (Keokuk) におけるデモイン川の接続口のすぐ上流であった。 ロック・アイランド・ラピッズはロック・アイランドとイリノイ州モリーン (Moline) の中間にあった。 どちらの急流も事実上超えることができないと思われていた。 1848 年にイリノイ・ミシガン運河が建設され、 ミシシッピ川とミシガン湖をイリノイ州ペルーの近くのイリノイ川を経由して接続された。 陸軍工兵隊はデモイン・ラピッズで深さ 5 フィート (1.5 m) の水路を掘削することを勧告した。 しかし、ロバート E. リー (Robert E. Lee) 中尉が 1837 年に計画を支持するまでは工事は開始されなかった。 工兵隊は後に、ロック・アイランド・ラピッズの掘削も始めた。 1866 年までに、掘削可能でないことが明らかとなり、 デモイン・ラピッズの周りに運河を建設することが決定された。 運河は 1877 年に開通したが、ロック・アイランド・ラピッズは障害のままであった。


典型的な現代的 「沈み木除去船」 (snagboat)
セントルイス

セントルイスは重要な交易の中心地となり、 オレゴン・トレイル カリフォルニア・トレイル の陸上のルートのみではなく、 ミシシッピ川の (物資) 供給地点として重要となった。 セントルイス市の北にある急流によって、セントルイスは多くの大型ボートにとり、 航行できる最北端の港となっていた。 ゼブロン・パイクと彼の姉妹たちは、すぐにセントルイスを騒々しいブームの町、商業中心地、内陸港、に変貌させた。 1830 年代までには、セントルイスの波止場に 1 度に 150 隻以上もの蒸気ボートを見ることは普通になった。 1840 年より後には移民がセントルイスに殺到し、とりわけドイツから来ていた。 復興の時には、南部の田舎の黒人もセントルイスに殺到し、よりよいチャンスを探した。 1850 年代までには、セントルイスはピッツバーグより西では米国で最大の都市になっており、 米国中で二番目に大きな港となり、商用トン数ではニューヨークがこれに勝るのみであった。 ジェームス・イーズ (James Eads) は有名な技術者で、造船所を経営し、最初は 1850 年代に川船を建造し、ついで武装した川船を建造し、 終にはミシシッピ川に伝説的な橋を建設した。 彼のマウンド・シティ鉄工場と造船所は有名で、船舶の命名で呼び物となっていた。


1857 年のセントルイスの堤防
訳注
ジェームス・イーズは南北戦争の時に北軍のために戦争が終わるまでに 30 隻の川船の装甲船 (鉄を着せた船、ironclad) を建造しています。
メンフィス

メンフィスはミシシッピ川で別の重要な港となった。これは奴隷港であった。 このため、南北戦争の時に、これをめぐって戦いとなった。

南北戦争の時、メンフィスの最初の戦闘は 1862 年 6 月 2 日にメンフィスのすぐ上流のミシシッピ川で戦った海軍 (navy) の戦いであった。 交戦は多くのメンフィス市民が目撃することになった。 結果は反乱軍の決定的な敗北となり、ミシシッピ川から南軍の海軍が事実上消え失せた。 一方的な結果であったのにもかかわらず、北軍は戦略的な重要性を掌握できなかった。 主要な歴史的重要性は軍歴のない市民が戦闘で船を指揮することが許された最後の時であった。

メンフィスの歴史的な
空からの光景 (1870 年)
メンフィスの波止場で荷を積む
ミシシッピ川の川船 (1906 年)

メンフィスのトム・リー公園 (Tom Lee Park) は市民の英雄となったアフリカ系米国人にちなんで命名された。 トム・リーは泳げなかった。にもかかわらず、蒸気船 M. E. ノーマン が 1925 年に沈没した時に、 単独で 32 名のおぼれている人々を救出した。

ルイジアナ州ワシントン

ルイジアナ州ワシントンの港はニューオーリンズとセントルイスの中間で最も大きなものであった。 綿、砂糖、家畜は陸上で、あるいは小さなボートでワシントンに運ばれ、 ついで蒸気パケット船でニューオーリンズまで運ばれた。 ワシントンは 19 世紀中頃には盛んに交易を発展させ、セント・ランドリー教区 (St. Landry Parish) の近辺で、 最も重要な港になった。これは、この港を利用した蒸気船の数と (扱った) 貨物量に見ることができる。 1860 年にはバイユー・コーテブロ (コーテブロ川、Bayou Courtableau) の交易で操業する 93 隻の蒸気パケット・ボートがあり、 これはバイユー・ラフォーシェ (ラフォーシェ川、Bayou Lafourche) の 90 隻とバイユー・テケ (テケ川、Bayou Teche) の 94 隻と比較できる。 1877 年の統計表から、ワシントンからニューオーリンズに輸送された物資の総量は綿 30,000 包み (bale)、 綿の木の種 32,000 袋 (sack)、砂糖 3,000 樽 (hogshead)、糖蜜 5,800 樽 (barrel)、にわとり (七面鳥、アヒルなどを含む) が 30,000 ダース であった。 蒸気ボートの時代には 93 隻のパケット船がワシントンに来たが、この時代は 1900 年に終わった。

訳注
  1. バイユー (bayou) の訳語が問題となります。 bayou の意味 - Weblio 英和辞典 では各種辞書の意味が併記されていますが、「入り江」とか「緩流河川の一部」のように書かれています。 上で出てくるバイユーは Google の地図で検索でき、どれも川です。流れが遅いことも地図からほぼ確実です。 ですから上の場合には「緩流河川」の訳語が適切と思われます。
  2. 原文が不注意にできており、ルイジアナ州ワシントンの港と、バイユーの関連が見えなくなっています。 地図から判断する限りではワシントンの港はバイユー・コーテブロの岸部にあったと思われ、 交易量から他のバイユーとの比較をしているように思われます。またワシントンはミシシッピ川の岸辺にはありません。 (分流のアチャファラヤ川の方に近い。) 地図をズームインすると、この辺りには無数の川があることがわかり、非常に特殊な地形になっています。 (幾つかの川のデルタ地帯 ?) 恐らく、この川の間に農地があったのでしょう。現在も衛星写真から農地と判断できる部分があります。 そうすると、物資の輸送はほとんど水運だけで事足りたのではないかと思われます。
  3. Google map: ルイジアナ州ワシントンの位置と関連するバイユーの地図
マーク・トウェイン

マーク・トウェインの多くの作品はミシシッピ川か、 その近くで起きたことを扱っている。 彼の最初の重要な作品である 「ミシシッピ川の生活」 (Life on the Mississippi) は部分的には川の歴史で、 部分的には川でのトウェインの経験の思い出と、実際に起きたことや川に関連した物語の集成である。 「ハックルベリー・フィンの冒険」 (Adventures of Huckleberry Finn) は大まかには川を下る旅である。 この小説は米国文化のエピソード的な瞑想として進み、川は色々な意味を持っている:独立、逃亡、自由そして冒険。

トウェイン自身は川船のパイロットとしてミシシッピ川で数年間働いた。 蒸気船のパイロットは常に変化する川の流れに関して非常に多くの知識が必要で、 川沿いの何百もある港や (燃料用の) 植林地のいずれにも停船できないといけない。 トウェインは 2 年半の間、注意深くミシシッピ川の 2000 マイル (3200 km) を調査し、 1859 年に蒸気ボートのパイロット免許を所得した。 訓練している時に、彼は弟のヘンリー (Henry) を説得して一緒に仕事をするようにした。 ヘンリーは 1858 年 6 月 21 日に亡くなった。この時彼が仕事をしていた (蒸気船の) ペンシルバニア が爆発したのである。

ボイラーの爆発

19 世紀半ばに至る 40 年間に、ボイラーの爆発によって川で 4000 人程度の死者があった。 500 隻ほどのボートがこれで難破した。 初期のボイラーは弱い鉄板をリベット打ちしたものであった。 船舶はその当時は検査されることがなく、保険をかけることもなかった。 乗客の自己責任であった。 その間に、爆発が続いた: 1825 年には テケ (Teche) で 60 名が死亡、 1826 年には オハイオメコン、 1827 年には ユニオンホーネット、 1828 年には グランパス (Grampus)、 1829 年には パトリオットケノーワ (Kenawa)、 1830 年には 商業の帝王 (Czar of Commerce)、ポーツマス、 1838 年には モーゼル (Moselle)。

マーク・トウェインは 1858 年に蒸気ボートの ペンシルバニア で起きた荒れたボイラーの爆発を述べている。 負傷した乗客の中に、彼の弟のヘンリー・クレメンスがおり、彼の肌はひどく焼け焦げていた。 トウェインは即席の病院にいるヘンリーを見舞った。 トウェインは弟の長い苦しみの死を以下のように述べている: 「48 時間の間、ベッドの横で、不幸にもやけどをし、うち傷だらけで、不満を言っていない弟の看病をした。.... その時、私の希望の星が消え、私は暗黒な絶望の中にいた ....」

1830 年の 2 月 24 日に、ヘレン・マッグレガー (Helen McGregor) はメンフィスの波止場から離岸しようとした。 この時、右舷のボイラーが爆発した。爆発それ自身と破片の飛散により何名かの者が亡くなり、 それ以外のおよそ 30 名がやけどにより死に至った。 1865 年に (メンフィスの近くで) サルタナ (Sultana) の船上におけるボイラーの爆発とその結果生じた火災により 1800 名が死亡し、 タイタニックの犠牲者よりも多く、米国の歴史で船で起きた最悪の惨事と思われている。


炎上する サルタナ
ハーパース・ウィークリー (Harpers Weekly、雑誌)
ギャンブル

ギャンブルは川のボートの上で色々な形をとった。 ボイラーで自分の命をかけるギャンブルのことは別にして、 疑うことがない田舎者から喜んで金を巻き上げようとするサメがいる。 都市が街中で「ばくち宿」を禁止する法令を作ると、 詐欺師は法律の拘束をうけないミシシッピ川の上の蒸気ボートに移動した。

川をさかのぼるボートレースのギャンブルもあり、 気に入りのボートに賭けた。 レースでボイラーを高圧にすると、木製の甲板上で火災の原因にもなった。

規制

米国政府の永続する問題の一つに 米国政府と州政府の権力のバランスがある。 権力の闘争は米国政府の最初の頃から明らかで、 ギボンズ対オグデンの事件に内在する論点であった。 1808 年に、ロバート・フルトンとロバート・リビングストンはニューヨーク州政府から、 州内の河川で蒸気船を操業する独占権を与えられた。 これの意味することは、 彼らの蒸気船のみがニューヨークの水路で操業することができ、 これには州をまたがる水路 -- 州間水路 (interstate waterway) と呼ばれる -- も含まれていたのである。 この独占権はとても重要であった。 というのは蒸気輸送は、乗客も貨物も運び、とても利益があったからである。 アーロン・オグデン (Aaron Ogden) はフルトン・リビングストンの許可書を持っており、 この独占権の下に蒸気ボートを操業した。 しかしながら、トーマス・ギボンズ (Thomas Gibbons) と呼ばれる別の人物が、 アーロン・オグデンと同じルートで競争した。 ギボンズはフルトン・リビングストンの許可書は持っていなかったが、 その代わりに連邦政府の沿岸航行の許可書を持っており、 これは 1793 年の議会で授与されたものであった。

米国は、この時期には、結合していない州の連合であった。 連邦政府はひ弱く、船舶の規制は、ギャンブルの法令であるにせよ、州政府の権限であった。 「州間蒸気ボート交易委員会」(Interstate Steamboat Commerce Commission) が 1838 年に終に設立され、 蒸気ボートの交通規制をすることになった。 (しかし) ボイラーの検査は 1852 年に始まるのみであった。

1852 年の 5 月 30 日の蒸気ボート法令

1838 年の法律は不適切であることがわかった。というのは蒸気ボートの惨事は、その数も激しさも増え続けたからである。 1847 年から 1852 年かけての時期は、主にボイラーの爆発により引き起きた異常な一連の惨事で記録されている。 しかしながら、多くは火災や衝突によっても引き起きていた。 これらの惨事により 1852 年の 5 月 30 日の蒸気ボート法令が通過した。 この法律で、施行権力は 1838 年の法律のように法務省 (the Department of Justice) の下ではなく、 財務省 (the Department of the Treasury) の下に置かれた。 これにより連邦船舶検査 (federal maritaime inspection) の組織と形式が登場し始めた。 特定の地理的領域に責任を持つ 9 人の監督検査官 (supervisory inspector) が任命された。 地方地区税関長 (local District Collector of Customs)、監督検査官と地区裁判官 (District Judge) から構成される委員会による、 地方検査官の任命の条項もあった。 この法律の重要な特質は、ボイラーの静水テスト (hydrostatic testing) の要求と、 ボイラーの蒸気安全弁の要求があった。 この法律により、更にパイロットも技術者も地方検査官の許可を受けることが要求された。 時間の経過と更なる洞察により、蒸気ボート法令は不適切であることがわかったが、 正しい考え方の下に法律を開始したことは認めるべきである。 恐らく最も深刻な欠点は、貨物船、渡し船 (ferry)、引き船 (tugboat)、押し船 (towboat) を除外したことである。 これらの船は、1838 年の表面的な検査の要求の下に操業を続けることができた。 再び、惨事と多数の人命の損失から、議会は 1871 年 2 月 28 日に (新たな) 法律を通過させた。

訳注
タグボードを「引き船」と訳したが、タグボートは押すこともある。 川船のタグボートをタウボート (towboat) と呼び、 (タグとタウは同じ意味であるが) タウボートの別名は「押し船」 (pusher) で、舳先が平らになっていて押しやすくできている。 タウボート (towboat) は外洋では危険で使用できない。 ( Tugboat - Wikipedia)
ショーボート

ショーボート (あるいは ショー・ボート) は米国の水路、とりわけミシシッピ川とオハイオ川を旅行する劇場の 1 形式である。 ショーボートは基本的にはハシケで、長い平らな屋根を持つ家に似ており、 川を下るためには小さなタグボートで押す必要があり、これはショーボートに付属している。 蒸気エンジンをショーボートに乗せることはできない。 なぜなら、こうしようとすると観客席の真ん中にエンジンをおかないといけないからである。

英国で生まれた俳優のウィリアム・チャップマン (William Chapman, Sr) が 1831 年にピッツバーグでショーボートを創設し、 「浮かぶ劇場」と命名した。 彼と彼の家族は水路の寄港地で 音楽と踊りを付けて芝居をした。 ニューオリンズに到着すると、ボートを処分して、 ピッツバーグまで蒸気ボートで戻り、 翌年にまた同じことをした。 ショーボートは南北戦争の時に衰退したが、 1878 年に再び始まり、メロドラマと寄席演芸に焦点を合わせた。 この期間の主なボートには ニュー・センセーションニュー・イアラウォーター・クイーンプリンセス がある。 道路の改良、自動車の興隆、映画、川の文化の成熟により、 ショーボートは再び衰退した。 この発展と戦うために、20 世紀にはショーボートをもっと大きくし、もっと多彩にして、 入念にデザインした。 ジャズ・ミュージシャンの ルイ・アームストロング ビックス・バイダーベックはミシシッピ川の蒸気船で演奏した。

オクラホマにおいて

連邦政府がチェロキー族 (Cherokee)、チョクトー族 (Choctaw)、 クリーク族 (Creek) の国々を取り除いてオクラホマ州にすると、 新しい移民や軍隊は補給を要求し、 ミシシッピ川の下流のニューオーリンズから北の上流の地点までの蒸気ボートによる 脈打つような交易が創設された。 蒸気ボートによる交易のピークは、1840 年代と 1850 年代で、 今日のアーカンソーのフォート・スミス (スミス砦) からフォート・ギブソン (ギブソン砦) に至るまでに 22 箇所の 上陸地点があり、ウェッバーズ・フォール (ウェッバーズ滝) には最も困難な (上陸) 地点があった。

蒸気ボートを伴った南北戦争

南北戦争はミシシッピ川にあふれ出て、外輪船による包囲網や外輪船による戦争となった。 ビクスバーグの戦いにはモニターと鉄を着せた川船が関連していた。 USS カイロ はビクスバーグの戦いの難破した生き残りである。 イーズ (Eads) の装甲艦 (鉄を着せた船、ironclad) の勝利と、 ファラガット (Farragut) のニューオーリンズの占領により、北軍はミシシッピ川を確保した。

蒸気ボートの事故で最悪のものが南北戦争の終わり頃の 1865 年の 4 月に起きた。 このとき蒸気ボート サルタナ (Sultana) は南軍の捕虜収容所から最近釈放された 帰還途上の北軍の兵士で過積載となっており、これが爆発しておよそ 1,800 人が死亡した。

USS カイロ 石版画、1863 年 4 月 16 日に
ビクスバーグの南軍の封鎖を
ミシシッピ川戦隊が突破
フォート・ハインドマンの戦い
復興

北軍の勝利と南部の占領と共に、 輸送は米国陸軍と海軍により管理された。 1864 年には、ミシシッピ川上流では水位は史上最低であり、 その後に続く観測でも史上最低であった。 船尾外輪は舷側外輪よりもハシケには調節しやすかった。 戦争直後に、乗客用蒸気船は、大きく速くなり、 浮かぶ宮殿が登場し始め、 貨物ハシケでは、塩、ほし草、鉄鉱石、穀類が運ばれた。 少数のボートは大きな丸太のイカダを下流に押すことに特化した。 1850 年までには、 ハシケと丸太のイカダを船首と舷側で動かすシステムが発展した。 この方が大綱で引くよりもコントロールしやすかった。 この輸送の型式では舷側外輪船より、船尾外輪船の方が都合がよく、他の改良も同様に推進された。 押し船は 1860 年までに明白な型式になった。 建築用の砂と砂利は川底から浚渫し、貨物ハシケにポンプで汲みあげた。小さなハシケの上の単純な水圧浚渫装置がこの仕事をし、 必要があれば、押し出しボートが浚渫船と砂ハシケを動かした。

大レース

ナチェズ VII は 1869 年に建造された。 これは長さが 301 フィート (92 m) で、 8 基のボイラーと綿 5,500 包みの容量があった。 9.5 年の就任期間中に、401 回の旅をし、1 度も致命的な事故がなかった。 この船が有名になったのは別のミシシッピ川の外輪船である ロバート E. リー (Robert E. Lee) とのレースによっており、 レースは 1870 年の 6 月にニューオーリンズからセントルイスに至るもので、 カリアーとアイヴィス (Currier and Ives) による石版画により不朽のものとなった。 ナチェズ はそれ以前の 1844 年の J.M.ホワイト (J.M.White) の記録を打ち破っていた。 ロバート E. リー は必要なもの以外を取り払い、荷を積まず、霧の中を進み、1 度しか停止せずに、 3 日 8 時間 14 分の記録で勝利した。 これとは反対に、ナチェズ は通常の荷を運び、通常のように停止し、霧に直面すれば 1 晩係留した。 これにも関わらず、船は 6 時間遅れただけであった。 レザーズがボートの速度をあげた 1 つの方法は乗組員にウィスキーをふるまったことである。 レザーズが 1879 年にシンシナティで終に船を解体するまで、この船で 1 度も米国の国旗を掲揚しなかった。


蒸気ボート ロバート E. リー
(August Norieri 作)
鉄道からの競争

鉄道は南北戦争後に再建された。 接続されていない鉄道は、5 フィート (1.5 m) の広軌で、南部イリノイ中央、ルイビル、ナッシュビル の大きなシステムに合併・拡大した。(但し) 軌道は米国標準の 4 フィート 1.5 インチに変更された。 このようにして、車両はシカゴから南部まで積み替えなしで輸送することができた。 その結果、鉄道輸送は蒸気ボートよりも安くなった。 ボートはこれに追随できなかった。


北軍の部隊がルイビルに到着 (1862 年)

ミシシッピ川にかけられた最初の鉄道橋は 1856 年にダベンポート (Davenport) と イリノイ州ロック・アイランド (Rock Island) を接続し、ロック・アイランド鉄道により建設された。 蒸気ボート乗りは国全体に広がる鉄道網を彼らの仕事の脅威と見なした。 橋が完成したほんの数週間後の 1856 年 5 月 6 日に、1 人のパイロットが蒸気ボートの エフィー・アフトン (Efie Afton) を橋に激突させた。エフィー・アフトン の所有者であるジョン・ハード (John Hurd) はロック・アイランド鉄道会社を訴えた。 ロック・アイランド鉄道会社は弁護士として エイブラハム・リンカーンを選んだ。

ハシケ輸送の興隆

第一次世界大戦の時から交易の増大により、ハシケ輸送が爆発的に増えた。

ミシシッピ川上流 (Upper Mississippi) の貨物トン数は 1916 年には 1 年間で 100 万トン以下に落ち、 1931 年までは 750,000 トンのあたりをうろついていた。 幾つかの要因がこの衰退を導いた。 丸太のイカダや、押し船イカダが消滅し、 川の貨物輸送が長距離輸送から短距離輸送に変貌した。 第一次世界大戦により乗組員が少なくなり、鉄道を強くした。 第一次世界大戦における鉄道輸送の不足から、 1920 年の輸送法が生まれた。

これらの問題にもかかわらず、 戦時輸送の強い必要性は鉄道で賄うことができず、河川輸送が窮地を少し緩和した。 1917 年に米国船舶委員会 (Shipping Board) は、緊急船団株式会社 (Emergency Fleet Corporation) に $3,160,000 を割り当て、ミシシッピ川上流にハシケ、押し船を建造・操業させた。 連邦政府の支配は 1918 年の連邦政府支配法 (Federal Control Act) により増大した。 米国鉄道本部 (U.S. Railroad Administration) は内陸水路委員会 (Committee on Inland Waterways) を作り、工事を監督させた。ミシシッピ川とウォリアー川の河川システムにおける すべての浮遊装置が 徴発され、 $1200 万が新規の建造に充当された。 輸送は主にミシシッピ川下流で提供された。

新しい浮遊装置は著名な海軍の設計者によりデザインされ、高品質で知られる造船所で建造された。 現代的なターミナル施設がばらづみ輸送やパッケージ輸送を扱うために建設された。 特別な料金システムが設定され、鉄道と比較した場合の河川輸送を反映することになった。 斬新的なアプローチであるのにもかかわらず、鉄道本部は河川輸送で資金を失い、 1920 年代に連邦ハシケ船団は戦争省に移管された。

名称が内陸沿岸水路事業 (Inland and Coastwise Waterways Service) と変化し、 実験が継続された。 水路事業は鉄道本部よりは失う資金が少なく、 1924 年に再び修正されて、より制限の少ない環境で、もっと経済的な操業をすることが許された。 政府は $500 万の価値がある浮遊装置を譲渡して、新しい内陸水路株式会社 (Inland Waterway Corporation) に資本提供した。

圧縮着火エンジン -- ディーゼル・エンジン -- はおよそ 1910 年頃に、より小さな船尾外輪船と押し出し船で使用されたが、 1930 年代後半に至るまで、主導権を持っているわけではなかったが、 この時にディーゼル駆動のスクリュー推進の船が登場した。 河川へのスクリュー船の導入は遅く、これはスクリューが被害を受けやすく、効率の良い推進には深い水深が必要であったからである。 連邦ハシケ航路の実験は河川輸送の再開始をすることに成功した。

議会は「内陸水路株式会社」 (Inland Waterways Corporations, 1924 年) と 「連邦ハシケ航路」(Federal Barge Line) を創設した。 1929 年にオハイオ川の 9 フィートの水路が完成した後に、 ミシシッピ川とその支流およびメキシコ湾内陸海岸運河 (複数) で類似の改良がなされた。 内陸水路開発を奨励する上で、改良するたびに陸軍工兵隊の偉大な前進になった。 民間資本がこの改良に引き続き、タグボートとハシケの猛烈な投資があった。 第二次大戦前に、押し出し船の勢力は 600 隻から 1200 隻へ、そして 2400 隻に暴騰した。 蒸気エンジンからディーゼル・エンジンへの変遷は、乗組員を削減し、 蒸気タグボートの 20 名以上からディーゼルの 12, 3 名に減少した。 1945 年までにはタグボートの完全に 50% 以上がディーゼルとなり、1955 年までにこの数値は 97% になった。 一方で、外輪はスクリューに道を譲り、シングル・スクリューとなり、更にもっと人気があるツィン・スクリューとなった。

ミシシッピ河川システムにおける輸送は 1963 年と 1974 年の間で、21100 万米トンから 33000 万米トンにまで上昇した。 河川輸送の成長は 20 世紀の最後の四半世紀で弱まることがなかった。 ミシシッピ川上流の輸送は 1970 年の 5400 万米トンから 2000 年の 11200 万米トンに増えた。 リベットで製造したハシケから、溶接して製造したハシケへの変更、 統合ハシケの創設、二重船殻ハシケによる刷新から経済的にも、速度的にも、安全面からも改良された。 ミシシッピ川のハシケ輸送は鉄道輸送よりも随分安いが、納税者の負担になっている。 ハシケ輸送は米国で最も多量に補助されている輸送形式である。 1999 年の報告で明らかとなったことは、陸軍工兵隊がミシシッピ川で水門とダムの建設・操業で支払っている年間 $67400 万のわずか 10% が燃料税で賄われている点である。 アイオワ州では、ハシケの輸送にスクラップ鉄よりもトウモロコシや大豆がずっと多かった。 この時までは、何隻かのハシケでは、スクラップを下流に運び、石炭を上流に運ぶことに限定されていた。 しかし、これらの商品は、下流に向かう穀類の可能性からは矮小に見える。 拡張することの挑戦を克服して、もっと多くの業者が繁栄するハシケ産業に飛び込んでいる。

訳注
  1. 統合ハシケ (integrated barge) とは "Integrated Tug and Barge" (ITB) とも呼び、 ハシケとタグ・ボートがロックして一体となるもの。
  2. 二重船殻 (double-skinned) とは double hull とも言い、hull (船体、船殻) が二重になっているもの。

今日、米国の穀物輸出の 60% がミシシッピ川の河川システムを、ハシケでメキシコ湾まで下っている。 ハシケ産業は国内の都市間輸送の 15% を処理しているが、国内の輸送費の 3% を支払っているだけである。 ハシケ輸送は地表輸送でもっとも安全なもので、鉄道よりもずっと燃料効率がよい。 ハシケ 1 隻は 15 台の鉄道貨車と同等で、 ミシシッピ川下流の押し出し船は 40 隻以上のハシケを処理している。

1927 年の洪水

1927 年の洪水は、1926 年の夏に土砂降りの豪雨がミシシッピの中央盆地に降り注いだ時に始まった。 9 月までに、カンザス州とアイオワ州におけるミシシッピ川の支流は満杯に膨れ上がった。 1927 年の正月に、カンバーランド川はナッシュビルで 56.2 フィート (17.1 m) の高さで堤防を乗り越えた。 ミシシッピ川は堤防システムの 145 ヶ所から決壊し、27,000 平方マイル (70,000 km2) に氾濫した。 この地域は 深さ 30 フィート (9.1 m) まで水につかった。 洪水は 7 つの州で $4 億の被害があり、 246 名が亡くなった。 洪水の影響を受けた州は:アーカンソー、イリノイ、ケンタッキー、ルイジアナ、ミシシッピ、ミズーリ そしてテネシーであった。 アーカンソーが最も被害を受け、州の 14% が浸水した。 1927 年の 5 月までに、ミシシッピ川のメンフィスより下流では、川の幅が 60 マイル (97 km) に達した。

ミシシッピ川委員会

ミシシッピ川委員会 (MRC, Mississippi River Commission) は 1879 年に設立され、 ミシシッピ川を、河口近くのヘッド・オブ・パッシーズ (Head of Passes, ミシシッピ川の新デルタ地帯の頂点の部分、 Google map) から、その源流に至るまでの改良を容易にした。 記載されている委員会の任務は:

半世紀近く、MRC は戦争省直轄の執行組織として機能した。 1927 年のミシシッピ川大洪水は MRC の任務を変えた。 この結果生まれた 1928 年の洪水制御法は 「ミシシッピ川と支流の計画」 (Mississippi River and Tributaries Project) を作成した。法律は「ミシシッピ川と支流の計画」の開発・実施の責任を「ミシシッピ川委員会」に割り当てた。 MR & T 計画は次を提供した:

「ミシシッピ川委員会」の委員長は執行長である。 任務は陸軍工兵隊のセントルイス、メンフィス、ビクスバーグ、そしてニューオーリンズにあるミシシッピ流域師団 (division) を通じて 実施される。

米国陸軍工兵隊

米国陸軍工兵隊 (USACE、United States Army Corps of Engineers)は連邦政府の機関であり、 主要な陸軍の部隊で、34,600 人ほどの民間隊員と 650 人ほどの軍人から構成され、 世界で最大の公共技術・デザイン・建設の管理機関である。 一般的には米国におけるダム・運河・洪水防御に関わっているが、USACE は広範囲の公共工事に関連している:

工兵隊は長年の間、蒸気船、 デリック (船に貨物をつり上げる起重機)、浚渫船、クレーンを維持し、どれも蒸気動力であった。

連邦政府の介入:テネシー川流域公社計画

1933 年 3 月 18 日に、議会は 「テネシー川流域公社 (TVA, Tennessee Valley Authority) 計画法」 を通過させた。 最初から、TVA は任務を完了するためにユニークな問題解決のアプローチを設立し、 任務に統合した資源管理を遂行した。 TVA が直面する問題ごとに -- これが発電、航行、洪水制御、マラリア予防、再植林、あるいは浸食制御であろうとどうであろうと -- 最も広い状況で調査した。

戦争が終わるまでに、TVA はテネシー川の全長に、650 マイル (1,050 kM9 の航行水路を建設し、 国内で最大の電力供給者になった。 TVA 計画には再び蒸気ボートでダム建設のセメントを運送する必要があった。

第二次世界大戦の LST の建造

第二次世界大戦は輸送に巨大な需要を生んだ。 すべての浮かぶ船舶は退役していようと、古かろうと仕事に付かせた。 メキシコ湾の海岸は巨大な産業工場に転換された。 造船、アラバマの森林における製鋼、 グレート・プレーンズの町での上陸用舟艇 (landing craft) の建造。 プレーリーのボートは川を下って、ニューオーリンズで再び活躍した。 ヒギンズ (Higgins) のボートは、輸送でその標識を付けた。

LST (戦車上陸船、Landing Ships, Tank) は戦争で緊急に必要で、計画は戦争を通じて高い優先度を甘受した。 大半の造船活動は海岸の造船所にあり、大半は大型の喫水の深い船の建造に使用されていたので、 新しい施設はミシシッピ川の内陸水路沿いに設立された。 ある場合には、鋼成型加工所 (steel fabrication yard) のような重産業が LST 建造に転換された。 完成した船をグレート・プレーンズの内陸の建造所から海に運ぶときに問題となった。 主な障害物は橋であった。 米国海軍は成功裏に橋の変更を請け負い、海軍の「フェリー部隊」(Ferry Command) が新しく建造した船を艤装するために沿岸の港に運んだ。 これら 中西部の「トウモロコシ畑」の造船所は海岸の長い伝統がある造船所にとって意外な啓示であった。 彼ららの LST 建設計画への寄与は巨大であった。 第二次世界大戦中に建造された 1051 隻の LST のうちで、670 隻が 5 つの主要な内陸業者により建造された。 第二次世界大戦中に建造された大半の LST は「ミズリー流域橋梁」(Missouri Valley Bridge) と 「国際鉄・鋼会社」(International Iron & Steel Co.) によりインディアナ州エバンズビルで建造された。


LCT (戦車上陸舟艇) が水面に降ろされる。
訳注
LCT (Landing Craft,Tank) と LST (Landing Ship,Tank) の違いについて。 どちらも戦車を上陸させるための船で、上陸地点に近い個所で、 専用の大型船から発進します。(この大型船の後部が開閉するようにできているので、 LCT も LST もそのままの状態で前進します。) この 2 つの船の違いは LCT の方が LST よりもサイズが小さい点です。 (戦車の搭載台数の違いですが、LST の方が大きいので他の用途にも使用できる。) しかし、どちらの船も平底のため海が荒れると転覆の危険がある。
蒸気ボートの終焉

大恐慌と、戦争によるミシシッピ川の造船能力の暴騰、 そしてディーゼル・タグボートの興隆が蒸気ボートの時代を終焉させた。 第一次世界大戦中あるいは 1920 年代に建造された船は、耐用期限が切れて係留された。 ディーゼル・タグボートには乗組員が少なくてすんだので、1940 年代後半に、 蒸気タグボートを継続して使用することが非経済となった。 戦後のインフレにより引き起きた賃金上昇と戦争で余剰となったタグボートが利用可能となったため、 古い技術は不利となった。 何隻かの蒸気動力のスクリュー推進のタグボートは建造されたが、 後でディーゼル動力に変換するか、退役することになった。 何隻かのディーゼルの船尾外輪船は、蒸気動力の船尾外輪船が消えた後も、川にとどまっていた。 ジャック・ケルアック (Jack Kerouac) は 「道路について」 (On the Road) の中で、 この時期にミシシッピ川で多くの遺棄された蒸気ボートを見たことを記した。 多くの蒸気船舶が解体された。 蒸気 デリック と 沈み木除去船 (snagboat) は 1960 年代に至るまで使用され続け、 何隻かは軍務についていた。

今日、少々の外輪ボートが蒸気動力で走り続けている。 これには: ベル・オブ・ルイビル (Belle of Louisville) 、 ナチェズ (Natchez)、 ミネハハ (Mine Ha-Ha)、 シャトーカ・ベル (Chautauqua Belle) ジュリア・ベル・スウェイン (Juria Belle Swain) そして アメリカン・クイーン (American Queen) がある。 船尾外輪で駆動するが、蒸気を使用しないものは他にもある。 米国では蒸気ボートによる夜間航行は 2008 年に終了した。 デルタ・クイーン (Delta Queen) は夜間航行を再開することができるが、 米国議会の承認が必要である。 アメリカン・クイーン は即応予備船隊 (Ready Reserve Fleet) に属し、 2012 年の 4 月に購入されて再進水し、今では 4 日から 10 日の夜間航行で乗客を運び、 ミシシッピ川、オハイオ川、テネシー川、カンバーランド川 で「アメリカン・クイーン蒸気ボート会社」の旗艦として活動している。

2014 年 10 月 18 日に ベル・オブ・ルイビル は 100 才となった最初のミシシッピ川型式の蒸気ボートである。 前例のない偉業に、ケンタッキー州ルイビルで 5 日間のお祭りがあり、 「ベルの大誕生パーティー」(Bell's Big Birthday Bash) と呼ばれた。


ベル・オブ・ルイビル が海賊旗を翻している
2006 年の大蒸気レース
現在の ナチェズ

第 9 番目の現在の ナチェズ -- Str. ナチェズ -- はルイジアナ州ルイビルに拠点を置く船尾外輪蒸気ボートである。 1975 年に建設され、ナチェズ XI とも呼ばれる。 この船は「ニューオーリンズ蒸気ボート会社」により操業され、 ツールーズ・ストリート波止場に接岸している。 日帰りの旅行にはミシシッピ川の港湾クルーズやディナー・クルーズがある。 これは元々のナチェズをモデルにして作られたのではなく、 蒸気ボートの ハドソン (Hudson) と バージニア (Virginia) に基づいて作られている。 この船の蒸気エンジンは元々 1925 年に蒸気ボートの クレアトン (Clairton) のために建造されたもので、 操舵システムと外輪軸もこの船のものであった。 S.S. J.D. アイレス (J.D. Ayres) のものであった銅製のベルがあり、 これは 250 枚のシルバー・ドル硬貨を溶かして作ったものである。 ベルはかって アヴァロン -- 現在は ベル・オブ・ルイビル と呼ばれる -- の船上の銅製のエイコン (acorn, どんぐりに似た装飾品) の頂上にあり、 デルタ・クイーン の船上にもあった。 また、フリスビー・エンジン会社により作られた蒸気オルガン (calliope) もあり、 32 の音がある。 外輪は白オークと鋼で製造され、25 × 25 フィート (7.6 × 7.6 m) の大きさがあり、 26 トンの重さがある。 警笛は 1908 年にモノンガヒラ川 (Monogahela River) に沈没した船のものである。 この船はルイジアナ州ブレイスウェイト (Braithwaite) で進水した。 長さは 265 フィート (81 m)、幅は 46 フィート (14 m) である。 喫水は 6 フィートで、重さは 1384 トンである。 船は米国沿岸警備隊の規則により大半が鋼でできている。 1982 年に、ナチェズ大蒸気ボートレース (Great Steamboat Race) で優勝した。このレースはケンタッキー州ルイビルで開催される 「ケンタッキー・ダービー・フェスティバル」の一環として、 5 月の最後の土曜日の直前の水曜日に開催される。 この船は他のレースにも出場したことがあり、決して負けたことがない。 打ち破った船には、ベル・オブ・ルイビルデルタ・クイーンベル・オブ・シンシナティーアメリカン・クイーンミシシッピ・クイーン がいる。


ニューオーリンズの Str. ナチェズ