ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

River Arun - Wikipedia

アルン川の地図
アルン川の地図の kml ファイル

アルン川 (River Arun)

アルン川 (Arun, /ˈærən/) はイングランドのカウンティの ウェスト・サセックスにある川である。 長さが 37 マイル (60 km) で、これは完全に サセックスに含まれる川で、 最長のものであり、 メッドウェイ川 (River Medway)、 ウェイ川 (River Wey)、及び モール川 (River Mole) についで、 サセックスを起点とする川で最長である。 ウィールド (Weald) のセント・レオナルズ・フォレスト (St. Leonard's Forest) 地域に起源をもつ一連の小さな川から、アルン川は西方に流れ、ホーシャム (Horsham) から ノーハースト (Nowhurst) を通り抜け、ノーハーストでノース川 (North River) が合流する。 川は南に曲がり、主要な支流である西のロザー川 (River Rother) が合流し、 サウス・ダウンズ (Sounth Downs, [訳注:イングランド南東海岸の白亜の崖]) の隙間を抜け続け、 アルンデル (Arundel、/ˈærəndəl) に至り、リトルハンプトン (Littlehampton) で イングリッシュ海峡 (English Channel) に合流する。 これはイングランドで流れが速い川の 1 つで、パリンガム岸壁 (Pallingham Quay) の内陸まで潮汐があり、この場所はリトルハンプトンの海から 25.5 マイル (41.0 km) 上流にある。 アルン川の名称から、ウェスト・サセックスのアルン地方自治ディストリクトの名称が生まれた。

訳注
ウィールド (Weald) は英国が産業革命以前に、木炭製鉄をしていた場所です (ウィールドの製鉄産業を参照)。 ウィールドはサウス・ダウン (South Down) とノース・ダウン (North Down) と呼ばれる白亜の崖の間の台地にあります。 (ウィールドの製鉄産業の末尾の訳注を参照。)
パルバラの近くのストファム橋 (Stopham)、
中央アーチは 1822 年に持ち上げられた。

最初の川の重要な改良は 1540 年と 1570 年の間に実施され、 この時アルンデル (Arundel) が港となり、パリンガムまでの航行が改良されたが、 ハシケは設置された噴出水門 (flash lock) の通り抜けが困難であった。 工事は第 19 代アルンデル伯爵のヘンリー・フィッツアラン (Henry FitzAlan) により実施され、 彼は上流区間の通行料を無料にした。 港湾委員 (Harbour Commissioners) はアルンデルから海に至る下流の川を 1732 年から管理し、 河口からドロをなくすための重要な改良は 1793 年に獲得された議会法により是認された。 鉄道の到来と沿岸輸送の変化から、リトルハンプトンがアルン川の港としてアルンデルの代りになり、 リトルハンプトンの港湾委員はアルンデルまでの川に責任を持ち、使用料を徴収した。

アルンデルよりも上流の川は 1785 年より後に改良された。 主要水路は通行料がいらなかったが、計画の所有者達は主な 2 つの 掘割 (cut) を建設した。 1 つは、3 基の水門を含み、ハーダム・トンネル (Hardham Tunnel) を通過し、 パルバラ (Pulborough) の近くの大きな屈曲部を避けるために建設された。 もう 1 つは上流の終端の近くにあり、ここでは 3 基の水門がある掘割 (cut) が 元々の水路を水道橋で横断して、ニューブリッジの波止場に到達した。 更なる改良はウェイ・アルン運河 (Way and Arun Canal) -- ニューブリッジ (Newbridge) のアルン川に合流 -- が 1816 年に開通した時と、 そのすぐあとに開通したポーツマス・アルンデル運河 (Portsmouth and Arundel Canal) の完成後に実施された。 これらの 2 つの運河はロンドンとポーツマスの間の内陸ルートを提供するための試みであったが、 所有者が望むほど成功しなかった。 鉄道が競争を始めてから、交通は急速に退潮し、1888 年からは航行は保守されなくなった。 もっとも下流区間では少々の交通が継続した。 ウェイ・アルン運河は現在復元中であり、 復元はそのうちにニューブリッジ下流の掘割 (cut) と水門を含むことになるであろう。

  1. 歴史
  2. ルート
  3. 水質
歴史

プトレマイオス (Ptolemy) が 150 年にゲオグラフィア (Geography) を著した時に、 アルン川はトリザントニス (Trisantonis) と呼ばれ、後世の説明でも同じ名前が使用された。 トリザントニスは侵入者 (trespasser) を意味する ブリソン語 (Brythonic word) と思われ、川が近くの土地に氾濫する傾向を表している。 Trisanto は直訳すれば「横断するもの」 (one who goes across) を意味している。 アルン川は海に近い下流区間では Trisantonis と呼ばれ、 上流区間では Arnus (ブリソン語の Arno に由来し、 「走る、行く、あるいは流れる」 を意味する) と呼ばれたという理論もある。 アルンデルの町は Arno-dell -- 流れる川の dell (谷) -- を意味する可能性がある。 中世までに、 川はアルンデル川、あるいはアルンデルの急流 (river of Arundel, Arundel river, high stream of Arundel) と呼ばれた。 しかしながら、別の名称である Tarrant (タラント) (Trisantona に由来) は 725 年と 1270 年に裏付けられ、 タラント・ストリート (Tarrant Street) -- 街中を川にほゞ平行に走る主要道路の 1 つ -- の道路名に反映されている。 現代的な名称の最初の使用は 1577 年に記録されているが、 アルンデル川、あるいは偉大な川の別称は何年もの間使用され続けた。

河口は常にリトルハンプトンにあったわけではない。 15 世紀末までは、川は海にそそぐ前に 10 マイルほど東のランシング (Lancing) でアドゥー川 (River Adur) と合流していた。 この川の河口は潮の東向きの流れで、玉砂利で塞がれ、アドゥー川を ショアハム=バイ=シー (Shoreham-by-Sea) の方向に押した。 一方、アルン川は色々な時に ワージング (Worthing)、 ゴリン (Goring)、 フェリング (Ferring) で分離し、 1500 年と 1530 年の間にリトルハンプトンで現在の河口を作った。

改良

川の下流区間 -- 海からフォード (Ford) まで -- は ノルマン征服 (Norman Conquest) の 11 世紀までに航行可能であった。 16 世紀に、19 代アルンデル伯爵ヘンリー・フィッツアラン (Henry FitzAlan) はフォードに波止場を建設し、 ここから下流の川を改良し、町が港になるようにした。 1544 年から 30 年以上もの間に、彼はパリンガム岸壁 (Pallingham Quay) までの上流まで川を 改良した。 工事は幾つかの噴出水門 (flash lock) を含み、 これはあまり成功ではなかったが、その使用で通行料が課せられることがなく、 およそ 15 トンまでの船が木材を運ぶのに使用された。 川をニューブリッジまで航行可能にする 19 世紀初頭の試みは成功ではなかった。

議会法が 1732 年に獲得され、 これが主に強調したことはリトルハンプトンの港 (harbour) -- アルンデル港と呼ばれた -- の改良であったが、 委員が任命され、桟橋を建設し、 砂州を通り抜けて海に至る新しい水路を掘削する権利を持っていた。 議会法により施設の使用料を課すことができ、 一旦初期費用が返済されれば、料金の半分は港とアルンデルまでの川の水路の維持に 使用されることになった。 大半の船は 30 トンか 40 トンであったが、 工事の結果 100 トンまでの船がアルンデルに到達できることになり、 トレードが改善した。

川に影響する次の議会法は 1785 年に地元のグループにより獲得された。 議会法によると所有者はニューブリッジまでの川を 30 トンまでのハシケが航行可能とする権限を得た。 彼らはアルンデルからホートン橋まで権限を持っておらず、 パリンガムまでの川の使用に通行料を課すことができなかった。 所有者は 31 名おり、彼らは額面 £100 の 100 株を発行して、£10,000 を集めることができた。 水路の仕事の毎日の監督は 3 人の所有者により処理され、 半年に 1 度大きなグループで会合があった。 水路の目的は石炭、白亜、石灰岩を上流に運び、 農産物を反対方向に運ぶことであった。 パリンガムより上流の水路は河川水路を改良するのではなく、 別の水路から構成され、 3 基の水門と水道橋を含み、 水道橋はオーフォード (Orfold) で川を超える水路を通していた。 パリンガムより下流の旅程はコールドウォーザム (Coldwaltham) とハーダム (Hardham) の間に新しい水路を掘削して、 3 マイル (4.8 km) 短くした。 これにより、もう 3 基の水門と 375 ヤード (343 m) のトンネルの建設が含まれた。 パリンガムからニューブリッジまでの区間は 1787 年 8 月 1 日に開通し、 ハーダム掘割は 1790 年中頃に完成した。 工事経費はおよそ £16,000 であった。

この時点で水路を延長する 2 つの提案があった。 最初は 1791 年のペットワース (Petworth) の北のノース・チャペル (North Chapel) に延長する提案で、 第 2 はその翌年のホーシャム (Horsham) まで延長する提案であった。 ルートはジョン・レニー (John Rennie) により測量され、彼は建設するのに £18,133 の経費を見積もったが、 既存の所有者との交渉が失敗し、計画は 1794 年に中止された。 一方、第二の議会法が 1793 年に港湾委員により獲得された、 というのは河口に深刻なドロの堆積があったからである。 防波堤が建設され、既存の桟橋が長くされた。 付け加えて、曳舟道が河口からアルンデルまで建設された。 議会法が述べることによると、 前回の議会法の下で資金繰りをするために借りた資金が返済され、 更なる借金が返済されれば、通行料はすべて港とアルンデルまでの川の保守に使用されることであった。 アルンデルの住民は港に £28,300 の経費を使ったため、アルンデル港に属するボートは通行料を支払わなくてもよかった。 工事の結果、アルンデル港はこれに続く 30 年間に最も繁栄した期間を享受し、 200 トン、300 トンの船が春の潮で町に到達できた。 施設が改善し、1840 年までに 4 つのドックがあった。

操業

株主への配当の支払いは 1792 年に始まり、続く 5 年間に通行料から、1 年に平均して £893 の収入があり、 配当は 3.1% であった。この時、第三代エグルモント伯爵ジョージ・ウィンダム (George Wyndham, 3rd Earl of Egremont) は株式の買収を始め、1/3 を獲得して会社の委員長になった。 彼は配当の支払いを停止して、借金をもっと速く返済できるようにした。 1821 年の臨時の支払いを除き、配当は 1830 年まで復帰しなかった。 1790 年代にウィンダムはストファン (Stophan) でアルン川に合流するロザー川 (River Rother) の運河化に責任を負い、 ウェイ・アルン運河 (Way and Arun Canal) も奨励し、これはロンドンをポーツマス に接続する大きな計画 -- 1641 年以来何度も考えられたアイデア -- の 1 部分とみなされた。 彼は 1811 年 6 月 1 日にギルフォード (Guildford、/ˈɡɪlfərd/) で開催された会合の委員長を 勤め、 ここで運河を推し進めることが決定され、 当初の見積もり経費 £90,500 のうちの £20,000 を提供した。 運河は 1816 年 9 月に開通したが、 ロンドンとポーツマスのドックの間を通過する 100,000 トンと見積もられた交通と、 30,000 トンの地元の交通はあまりに楽観的すぎ、実際の交通はその存在期間を通じ、 年間で平均しておよそ 15,000 トンしかなかった。

ロンドン・ポーツマス・ルートはポーツマス・アルンデル運河 (Portsmouth and Arundel Canal) により完成することになり、 これではウィンダムとカットフィールド (Cutfield) -- 共にアルン水路に多くの株式を所有していた -- は共に重要な資本予約者 (subscriber) であった。 これは 1817 年の議会法で認可され、アルン川は通り抜け交通を支援するために改良することが合意されていた。 にもかかわらず、新しい運河のフォード区間 (Ford) が実際に建設されることを 所有者が確信を持つまでは、工事はアルン川で開始しなかった。 一旦確信をすると、彼らは 1821 年 5 月に議会法を獲得し、技術者のジェイムズ・ホリングワース (James Hollingworth) が改良工事を監督し、これは 1823 年中頃に完成した。 工事は水路の深さと幅の改良が関連し、 幾つかの橋と水門を少々変更して、大きさをもっと一様にした。 会社は工事の資金繰りをするために、£3000 を借金し、工事は全部でおよそ £5000 がかかった。 借金は 1831 年までに返済し、工事によりハシケの大きさは 30 トンから 40 トンに増大し、 その結果事業が改善した。

交通が増え、これはアルンデルの住民に属しているボートの数が増えたことでわかる。 1801 年には 13 隻で、これが 1803 年には 15 隻に増え、総トン数が 266 トンになった。 John Boxold と呼ばれる材木商人は 1815 年と 1832 年にハシケを所有し、 一方 1820 年には 1 つの会社がロンドンへの定期貨物輸送を走らせ始め、 町の岸壁の近くに拠点を置いた 3 隻のハシケを利用した。 1823 年までに、彼らは 10 隻のハシケを持っていたが、1830 年までに 7 隻に減少し、 ハシケは 2 週間に一度、 チチェスター (Chichester)、 ロンドン、 そしてペットワース (Petworth) まで走った。 会社は色々な呼び名があり、 スワード社 (Seward and Co.)、 アルンデル・ハシケ会社 (The Arundel Barge Co.)、 およびそれ以外のいくつかの名称があった。

退潮

1840 年代から、川の使用は退潮し、これは鉄道の競争と沿岸輸送の変化の結果であった。 リトルハンプトンは港としての重要が増大し、アルンデルの人々による 何年もの抵抗の後で、税関が 1864 年にここに移動した。 ミッド・サセックス鉄道 (Mid-Sussex Railway) が ホーシャム (Horsham) から パルバラ (Pulborough) と ペットワース (Petworth) への路線を 1859 年に開通させ、これは 1863 年にフォード (Ford) とリトルハンプトンに延長された。 通行料からの受取は 1835 年から 1840 年までの 5 年間に £2044 となってピークに達し、 この時 11.8% の配当が支払われたが、急速に減少して 1870 年から 1875 年の間には £389 しか 集まらず、配当は 1% であった。

1852 年までにロンドンまでのハシケ輸送は 1 週間に 1 度走ったのみで 3 年後には全く停止した。 アルンデルに到達する船の大半は 1886 年までにハシケではなく沿岸船になり、 この年にはたった 20 隻の船が施設を利用しただけであった。 ウェイ・アルン運河は 1871 年に閉鎖した。川の上流区間の所有者は 1888 年 1 月 1 日から水路の保守を停止し、 最後のハシケがハーダム・ンネルを 1889 年 1 月 29 日に通過した。 1888 年の「鉄道・運河交通法」 (Railway and Canal Traffic Act) の一部分として 発行された許可証により川は水路として見捨てられた。 トレード委員会 (Board of Trade) は 1896 年に閉鎖命令を発行し、 この後で川の上流区間に責任を持つ航行管理機関 (navigation authority) がなくなった。 しかし交通は完全に停止したわけではなかった。

15 隻あるいは 20 隻のハシケが 1880 年代にまだ川を使用していた、 もっとも上流区間はもはやアクセスできなかった。 アルンデルのドックは 1875 年と 1896 年の間にドロがたまった。 1898 年に 「ロンドン、ブライトン、南岸鉄道」 (London, Brighton and South Coast Railway) はこの時までに、 ホーシャム (Horsham) からリトルハンプトンまでの鉄道の所有者となり、 本線とミッドハースト (Midhurst) への支線が交差するトンネルで、 掘り下げて何トンもの白亜を注ぎ込み、これを安定化した。 アンバーリー (Amberley) の白亜の立て坑から摘出される白亜と石灰岩のトレードは 20 世紀初頭まで継続した。 何隻かの船はパドル (櫂) によってアルンデルまで牽引され、 塩、木材、そしてガス工場用の石炭の搬入が継続した。 最後の蒸気ボートがアルンデルを訪問したのは 1914 年のことで、 この港に到達した最後の帆船はその 3 年後の事であった。 大型船の上流への通過は 1908 年のリトルハンプトンの旋回橋の建設で邪魔をされ、 1938 年に建設されたフォード (Ford) の固定鉄道橋により妨げられた。 貨物輸送が川から消滅すると、 エドワード・スローター (Edward Slaughter) -- 後にブラー・スローター社 (company of Buller and Slaughter) の一部になる -- は 1903 年までにプレジャー・ボートを雇い、 会社は 1990 年代にも、なおこれを続けている。

現在

河川局は 1896 年以後ほとんど同じで、リトルハンプトン港湾委員会が 河口からアルンデル橋 (Arundel Bridge) まで責任を取り、これより上流には航行局がない。 もっとも環境庁が川の排水機能に関して責任を負っている。 高水位時に 8 フィート (2.4 m) から 5 フィート (1.5 m) の間の最低航行頭上余地を持つ 9 基の橋がある。 川はリトルハンプトンの海から 25.5 マイル (41.0 km) 上流のパリンガム岸壁 (Pallingham Quay) まで潮汐があり、 4 から 6 ノット (7.4 から 11 km/h) の流速があり、 国で最も速く流れる川の 1 つである。 リトルハンプトンにおける潮差 (tidal range) は春の潮には 17 フィート (5.2 m) で、 小潮 (neap tide) には 8.8 フィート (2.7 m) である。 満潮はドーバーの満潮の 15 分後で、パルパラの満潮はリトルハンプトンの 4 時間後である。

慈善組織

アルン & ロザー川トラスト (ARRT, Arun & Rother Rivers Trust) は 2011 年に設置された慈善組織で、 その目的は教育、漁業、生物多様性、汚染、その他に関連することである。

ウェイ・アルン運河ウェイ・アルン運河トラスト により復元され、 これは 1970 年代に設置された。 ウェイ・アルン運河トラストは技術的にはニューブリッジで終了するが、 復元はアルン川に到達するまでのパリンガム下流のアルン水路区間を含む。 何年もの間、内陸水路協会 (Inland Waterways Association) のソレント・アルン支部 (Solent and Arun Branch) は川のクルーズを 1 年に 1 度組織し、 航行権が維持されることを確実にした。 この組織の責任は今ではウェイ・アルン運河トラストに引き継がれている。

ルート

アルン川は源泉から海まで 37 マイル (60 km) あり、 完全にサセックス内で流れている川の中で最長である。 アルン川はセント・レオナルズ・フォレスト (St. Leonard's Forest) の東で、 地元ではギルズ (ghylls あるいは gills) と呼ばれる一連の川に源を発している。 これはホーシャム (Horsham) の南の境界に沿って西に流れ、 ブロードブリッジ・ヒース (Broadbridge Heath) の縁を通って一時的に北を向く。 川は西に向かい続け、ノース川 (North River) が合流し、 ノース川は Oke 川 (River Oke) とも呼ばれ、 この川の源流はサリーのリース丘 (Leith Hill) と ホルムベリー丘 (Holmbury Hill) の高台 (heights) である。 合流点の後で、川は A29 道路の下を通過し、 この道路はこの場所でローマのステイン・ストリート (Stane Street) に従い、 ローマの橋の木材の堆積が川底に見つかっている。 ローマの駅の土塁がそばにある。 ラッジウィック (Rudgwick) の南で、使用されていない鉄道が横断し、 この場所で川は 66 フィート (20 m) の等高線を横断する。 川のコースは南に向かう時に曲がりくねった蛇行により記され、 カウンティの境界が一時的にコースに従い、そのあとで部分的に復元されたウェイ・アルン運河が合流する。 運河の西に至るかってのコースがはっきりと見ることができ、 境界によってたどれるが、 川の本流は運河のすぐ東の新しい直線の掘割 (cut) に従う。 一旦、境界が運河に交差して戻れば、川は運河の東側の蛇行するコースに戻る。

少し南に別の直線の掘割があり、古いコースは運河の反対側になおみることができる。 まもなく川はウィスバラ・グリーン (Wisborough Green) の近くの A 272 道路のそばのニューブリッジに到達する。 アルン水路の北の終端であった波止場の場所は橋のすぐ南であった。 「波止場農場」 (Wharf Farm) が近くにあり、現代の 1:2500 の陸地測量図 (Ordnance Survey map) は 「古い波止場」 (The Old Wharf) と呼ばれる建物を示している。 ブロックハースト川 (Brockhurst Brook) が東から合流し、 このあとで川は一時的に西に向く。 まもなく川をオーフォード水道橋 (Orfold Aqueduct) が横断し、これは川を越えてアルン水路を通している。 カード川 (River Kird) が北から流れて合流し、川は再び南を向く。 パリンガムでパリンガム荘園 (Pallingham Manor) の遺跡 -- 17 世紀の木枠の農家、グレード II の指定建造物 -- が北の川岸にあり、「パリンガム荘園農場」の隣にある。 パリンガム岸壁農家 (Pallingham Quay Farmhouse) -- 18 世紀の別のグレード II の指定建造物 -- は川の西岸にあり、アルン水路の掘割 (cut) とのジャンクションのすぐ手前にある。 ジャンクションの下流では川は潮汐の影響を受ける。

川は南向きに流れ続け、 乗馬場 (gallop) のそばを通る。 これはクームランズ・レース馬小屋 (Coombelands Racing Stable) の一部で東岸にある。 そして Park Mount -- ノルマン征服の時代の モット・アンド・ベイリー城 (Motte-and-bailey) -- がある。 これはイングランド南東にあるこの形式の最もよく保存されたモニュメントの 1 つである。 ストファム橋 (Stopham Bridge) が川を横断する。 これは見事な中世の石造の橋で、1422 年 - 1423 年に建設されている。 中央アーチは 1822 年に水路に実施した改良の一部分として持ち上げられた。 これはグレード I の指定建造物 (Grade I listed structure) で「古代モニュメント一覧」 (Scheduled Ancient Monument) でもある。 第二次世界大戦中に陸軍のトラックで被害を受けたが、 修理され、A283 道路の交通量が多かったため、1980 年代に交通はこのすぐ上流の 新しい橋に迂回された。

訳注
モット・アンド・ベイリー城はずいぶんたくさんあるようで、 List of motte-and-bailey castlesに少しだけ掲載されている。

橋の下には小さな島があり、 この後で、ロザー川水路の回り道のルートを避けるために建設された 人工的な掘割 (cut) が西に向かう。 (ロザー) 川は今では以前のハーダム穀物ミル (Hardham corn mill) の場所にある 堰を超えて排水されて、少し下流のアルン川に合流している。 このジャンクションには別の小さな島がある。 ハーダム水門が必要であったのはミルにより引き起こされた落差の理由と、 ハーダム・トンネルを通り抜ける支線がロザー川を少し遡上した場所で南に向かっていたからである。 トンネルの探検は 1953 年の サセックス・カウンティ・マガジン の記事に記述され -- この時はトンネルの両端がアクセスできた --. そして再び 2012 年に実施し、この時は南端のみを探検した。 水道設備が北端の運河の底に建設され、トンネルの入り口がこの場所の中にある。 川は東の方に向かう大きなループで継続する。 アルン峡谷鉄道線 (Arun Valley railway) はこれを横断して、 パルバラ鉄道駅に到達する。 別の島があり、A29 道路はどちらの水路も横断する。 パルバラ川自然保護区 (Pullborough Brooks nature reserve) はループの東端であり、 (川の) コースは西に蛇行して、グリーサム橋 (Greatham Bridge) に向かう。 この橋を構成するのは: 8 基の低い楕円アーチ、 2 基の高いアーチ、 航行水路にかかる鋳鉄スパン、 そして東の盛土の坂道 (solid ramp) である。 この建設は中世のもののように見えるが、アーチの大半は 1827 年に設置された。

グリーサム橋、航行スパンが最右端。

橋の下流の西岸はウォーザン・ブルックス自然保護区 (Waltham Brooks nature reserve) である。 ハーダム・トンネルを通り抜ける支線のコールドウォーザム水門 (Coldwaltham) は現代の地図でも印が付き、水門から川に至る区間にはまだ水がある。 アンバーリー (Amberley) のすぐ北で、 アルン峡谷線がティンバリー橋 (Timberley Bridge) で再び川を横断する。 バリー村 (Bury) でウェスト・サセックス文学の小道 (West Sussex Literary Trail) が西岸に合流し、別の歩行路が東岸に合流する。 次の橋はホートン橋 (Houghton) で、アンバーリー鉄道駅の近くである。 川はここで 2 つの水路に分かれ、橋はどちらも横断している。 グリーサム橋と類似して中世のように見えるが、 1875 年に建設された。 水路の間の島の上には盛土区間 (solid section) があり、 東の水路の上に一基のアーチ、主水路の上に 4 基のアーチがある。 水路にトレードを提供した白亜の立て坑は現在では 「アンバーリー博物館・歴史遺産センター」 (Amberley Museum & Heritage Centre) となり、ここは 36 エイカー (15 ヘクタール) の場所で多くの産業遺産が 展示されている。

川は S 字型のコースに従い、北のループはノース・ストーク村 (North Stoke) を 囲み、南のループはサウス・ストーク村を囲んでいる。 すぐ南で、古いコースが鉄道の下を通過するが、 新しい水路が鉄道の西に掘削されている。 西岸にオファム村落 (Offham) とアルンデル湿地センター (Arundel Wetland Centre) がある。 後者は 65 エイカー (26 ヘクタール) の鳥の避難所 (haven) で、 野鳥・湿地トラスト (Wildfowl & Wetland Trust) により運営されている。 アルンデルのマーケット・タウンは川の西にある。 町には モット (motte) に建設された城があり、城の建設は 1068 年に開始した。 これはノーフォーク公爵と公爵夫人により所有されている。 現在の建物は多くの異なる部分から構成され、11 世紀末から 19 世紀までのもので、 グレード I の指定建造物である。 ここでは 2 つの橋が川を渡り、 第 1 のものは町を通り抜ける元々の道路にあり、 第 2 のものは A284 アルンデル・バイパスを通している。 最後の区間は 1908 年に建設された鉄道橋と A 259 道路橋が横断し、 道路橋は東岸でリトルハンプトンに進入する道路を通している。 川は東の桟橋と西の桟橋の間でイングリッシュ海峡に排出している。

リトルハンプトンとその港は河口の西岸にあるリトルハンプトン要塞により、 海軍の攻撃から守られ、これは 1854 年に完成した。 これは今ではクリンピング砂丘 (Climping sand dune) により、外洋からは 見えなくなっている。 この要塞は、東岸の 7 門の砲台の代りとなり、これは 1764 年に完成していた。

水質

環境庁はイングランドの河川システムの水質を測定している。 各々は全体的な環境上の状態が与えられ、 これは 5 つのレベルの 1 つである: 高、良好、中、貧弱、悪。 これを決定するのに使用される幾つかの成分があり、 これには生物学的状態 -- 無脊椎動物 (invertebrates)、 被子植物 (angiosperms) 及び 魚 を見ること --、 化学的状態 -- 色々な化学物質の濃度を既知の安全な濃度との比較 -- が含まれる。 化学的状態は良好か、不可で評価する。

アルン川システムの水質は 2016 年には次のようである。

区間 生物学
的状態
化学的
状態
全体の
状態
長さ 集水域 水路
アルン源流
(Arun Source)
貧弱 良好 貧弱 9.8 マイル
(15.8 km)
16.72 平方マイル
(43.3 km2)
 
ボルディングス川
(Boldings Brook)
貧弱 良好 貧弱 6.9 マイル
(11.1 km)
12.59 平方マイル
(32.6 km2)
 
アルン・ホーシャム
(Arun Horsham)
貧弱 良好 貧弱 4.5 マイル
(7.2 km)
7.01 平方マイル
(18.2 km2)
 
ノース川
(North River)
良好 15.5 マイル
(24.9 km)
21.49 平方マイル
(55.7 km2)
 
ロックスウッド川
(Loxwood Stream)
貧弱 良好 貧弱 12.1 マイル
(19.5 km)
18.66 平方マイル
(48.3 km2)
 
カード川 (River Kird) 貧弱 良好 貧弱 16.5 マイル
(26.6 km)
26.91 平方マイル
(69.7 km2)
 
アルン川 (パリンガム上流)
(Arun (U/S Pallingham))
良好 21.1 マイル
(34.0 km)
33.75 平方マイル
(87.4 km2)
 
アルン下流・パリンガム堰
(Arun downstream Pallingham Weir)
良好 2.6 マイル
(4.2 km)
4.64 平方マイル
(12.0 km2)
 
チルト川
(River Chilt)
良好 3.3 マイル
(5.3 km)
4.19 平方マイル
(10.9 km2)
 
スター川
(River Stor)
良好 3.1 マイル
(5.0 km)
7.75 平方マイル
(20.1 km2)
 
ブラック・ディッチ川
(Black Ditch (W Sussex))
貧弱 良好 貧弱 5.4 マイル
(8.7 km)
17.94 平方マイル
(46.5 km2)
 
ライバンク・ライフ川
(Ryebank Rife)
良好 4.6 マイル
(7.4 km)
5.09 平方マイル
(13.2 km2)
 
アルン川
(Arun)
良好     大修整

水質が良好未満の理由に含まれるものに: 大半の川に影響する下水の排出、 水路の物理的修正、 農業と土地管理からの栄養分の流出がある。

興味ある地点
地点座標備考
パイフォール・ギルの源泉
(Source of Pyefall Gill)
51.0755°N 0.2391°W幾つかの支流の 1 つ
ホーシャムの鉄道橋
(Railway bridge in Horsham)
51.0576°N 0.3294°W 
ノース川とのジャンクション
(Junction with North River)
51.0794°N 0.4048°W 
運河の建設時に迂回されたコース
(Course diverted when canal built)
51.0636°N 0.4812°W 
ニューブリッジ波止場
(Newbridge Wharf)
51.0221°N 0.4772°Wアルン水路の終点
Orfold Aqueduct 51.0110°N 0.4927°W川を越えて水路を通した
アルン水路の開始
(Start of Arun Navigation)
50.9824°N 0.5235°W 
ロザー水路とのジャンクション
(Junction with River Rother Navigation)
50.9535°N 0.5326°W 
ハーダム・トンネル支線の北端
(North end of Hardham Tunnel branch)
50.9504°N 0.5314°W 
パルバラ・ループ
(Pulborough loop)
50.9533°N 0.5033°W 
ハーダム・トンネルの南端
(South end of Hardham Tunnel branch)
50.9302°N 0.5452°W 
アンバーリー石切り場波止場
(Amberley Quarry wharf)
50.8965°N 0.5441°W 
アルンデル波止場
(Arundel wharfs)
50.8531°N 0.5551°W 
リトルハンプトン・ハーバー桟橋
(Littlehampton Harbour piers)
50.8001°N 0.5418°W英国海峡とのジャンクション