ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Stretham - Wikipedia

ストレタムはザ・フェンズにあり、 ストレタム・オールド・エンジン (排水用蒸気エンジン) で 有名で、これは 1831 年に建設されたものです。( 4 台の排水用風車の代りになった。) 一方で、ストレタムには 19 世紀に別に風車が建設されています。

ストレタム風車: Google map ストリートビュー

19 世紀には馬力が必要とされる用途には蒸気エンジンが使用されたようですが、 燃料代がかかるようで、燃料代がかからない動力源も使用されていることがわかります。 従って、蒸気エンジンと風車が併用されていることがわかります。

ストレタム (Stretham)

ストレタム (Stretham, /ˈstrɛtəm/) はイングランド、 ケンブリッジシャーのイーリー (Ely) の南々西 4 マイル (6 km) にある村 且つ 行政教区 (civil parish) であり、 ロンドンから道路でおよそ 74 マイル (119 km) である。 主な呼び物はストレタム・オールド・エンジン (Stretham Old Engine) で、 ザ・フェンズを排水するために使用された蒸気駆動のポンプである。 ポンプは今でもなお使用されているが、電動に変換された。ここは年中開いている。

ストレタム風車 ケンブリッジシャーにおける位置
  1. 歴史
  2. 統治
  3. 地理
  4. 人口統計
  5. 著名な建物
  6. 輸送
  7. 教育
  8. 著名な人々
歴史

黄金の宝石から構成される青銅器時代の宝物 -- これにはトルク (torque、ねじった首飾り)、腕輪 (bracelet)、 6 つの「リブの付いた腕輪」 (ribbed-ring)、更には青銅のレイピア (rapier、短剣) が含まれる -- が 1850 年にストレタムの近くのグランタ・フェン (Granta Fen) で発見された。 BC 1300 年から BC 1000 年のもので、 トルクはリムリック (Limerick) のハント博物館 (Hunt) [訳注:アイルランド] にあり、 一方、宝物の残りは 大英博物館にある。

ストレタム (stretham) は (恐らくはローマの) 道路沿いの家屋敷 (homestead) あるいは 村 (village) のことで、 ラテン語の strata (舗装道路)、あるいは古英語の ystrad (道路) と古英語の ham (村) を加えたものである。 ケンブリッジからのローマの道路のルートはウォータービーチ (Waterbeach) より北では はっきりしない。

Brythnoth (イーリー大修道院 (Ely Abbey) のベネディクト修道院の最初の修道院長) とエセルウォルド (AEthelwold、ウィンチェスターの司教) は 970 年の修道院の修復の後で、 エドガー王 (King Edgar) の奨励により、ストレタム地所と他の地所を購入し、 これにはハデナム (Haddenham)、ウィルバートン (Wilburton) 及びウィッチフォード (Witchford) のものが含まれていた。 ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) は村を以下のように記録している:  Stradham: イーリー修道院長、水産業

15 世紀始め、このスケッチはシルヴェイナス・アーバン (Sylvanus Urban) (ペンネーム)
によるもので、1832 年の The Gentleman's Magazine, and Historical Chronicle に掲載
訳注
上の絵はマーケット・クロスと思われ、後の節「著名な建物」に記載。
Google map ストリート・ビュー

幾つかの火災が村で発生した。 1696 年に、£2,170 と見積もられる被害が引き起こされ、一般から金が集められた。 もっと深刻な火災が 1844 年のメイ・デー (May Day) に鍛冶屋の仕事場で発生した。 ベル・ストリート (Bell Street) 全体が破壊され £20,000 の被害が起きた。 1850 年の秋には 4 回の火災 -- 放火によるもの -- が 4 週間の間にストレタムで起き、 「これにより大量の資産が犠牲となった」。 ロンドンの探偵が調査したが、犯人は見つからなかった。

ストレタム蒸気揚水エンジン (steam pumping engine) は、 バッタリー会社により 1831 年に建設され、 ザ・フェンズで最大の ビーム・エンジンであった; 15 rpm で、 105 馬力を生成し、1 回転ごとに 30 トンの水、 あるいは毎分 450 トンの水を汲み上げた。

ストレタム・オールド・エンジン
グレート・ウーズ川沿い

ここは王立監視隊の場所 (1936 年 - 1945 年) で、冷戦の監視ポスト (1962 年 - 1968 年) であった。

1947 年 3 月中頃に始まった河川の洪水はイングランドの 1000 平方マイル (2,600 km2) に 影響し、30 州に影響を与え、 200 年以上で最悪の英国の洪水事件であった。 1946 年 - 1947 年の冬はとても厳しく、平均気温は同時期の通常よりも 4°C (7°F) 低かった。 雪は 1 月 23 日から連続的に降り、吹き溜まりは場所によっては 23 フィート (7.0 m) の深さであった。 雪解けが 3 月中頃に始まると、温かい天候が激しい雨をもたらした。 雨が凍結した大地を流れ落ち、イングランドと東ウェールズの複数の川にあふれ、 これが洪水になった。 ストレタムの近くのチアー・フェン (Chear Fen) の揚水場 (pumping station) は洪水の最中に短時間しか稼働せず、 この時ボイラーの 1 つが完全に壊れ、もう 1 つのボイラーは圧力を上げることができなかった。 1950 年に新しい揚水場が開設した。

13000 万年前の後期ジュラ期 (Upper Jurassic) の プリオサウルス (Pliosaur) の骨格の遺物が、 1952 年に村の深さ 5 フィート (1.5 m) のキンマリッジ粘土採掘場 (Kimmeridge Clay pit) で、 グレート・ウーズ川委員会の労働者により発見された。 これらの肉食獣は長さ 65 フィート (20 m) にまで達し、 プリオサウルス (pliosaur) の歯はありきたりの化石である;  しかしながら完全な骨格は珍しい。 この特別な 23 フィート (7 m) の実例は、見つかった村に敬意を表してストレトサウルス・マクロメルス (Stretosaurus macromerus) と命名された。

統治

ストレタム区 (ward) は 3 つの行政教区 -- ストレタム、セットフォード (Thetford)、 及びウィルバートン (Wilburton) -- から構成され、各教区には選挙で選ばれたカウンシル (council, 評議会 or 議会) がある。 教区のカウンシルの仕事に含まれるのは:  バス待合所 (bus shelter)、 墓地 (cemetries)、 共同所有住宅 (shared equity housing)、 地方計画相談 (local plannning consultations)、 遊び場 (play area)、 村役場 (village hall)、 及び 戦没者記念碑 (war memorial) である。 教区評議員の会合は各行政教区にある村役場で開かれる。

この地域は 1894 年から 1974 年にかけてイーリー地方行政地区 (Ely Rural District) の一部分を構成していた。 東ケンブリッジシャー行政地区カウンシル (ECDC、East Cambridgeshire District Council) は 1794 年に形成され、 イーリーに統治ビル (administrative building) がある。 行政地区カウンシル (district council) はカウンシル税 (council tax) を集め、 建築規制 (building regulations) と地方計画 (local planning)、 レジャーと観光の業務を提供し、 行政地区にとって戦略的な問題と多くの他の業務を提供する。 ケンブリッジシャー州カウンシルはケンブリッジに行政ビルがあり、 州全体にわたる業務を提供し、 例えば主な道路インフラ、消防と救助、図書館と歴史遺産、 そして戦略的計画がある。 移動図書館は 2 週間に 1 度村を訪れる。

教区には南東ケンブリッジシャーの 1 部として英国議会下院に代表がある。 教区は 単純小選挙区制 (first past the post system) により議員を選ぶ。 これは 欧州議会の東イングランド選挙区の 1 部でもあり、 政党名簿比例代表 (party-list proportional representation) の ドント方式 (d'Hondt method) を使用して 欧州議会議員 (MEP) を選ぶ。

地理
地質学

村は東西を走るボウルダー・クレイ (boulder clay, 更新世中期ティル (middle-Pleistocene Till) 氷河期堆積粘土) の尾根の上にあり、これは ウォッシュ湾 (The Wash) から 南西に走るジュラ紀キンマリッジ粘土 (Jurassic Kimmerigian clay) の帯の上にある。 東には、南北に走る地質的にもっと最近の 白亜紀後期下部グリーンサンド (Upper-Cretaceous Lower Greensand) があり、 この上に白亜紀前期 Gault粘土 (Lower-Cretaceous Gault Clay) が載っている;  全地域は更にもっと最近のフェン (fen) の堆積物で囲まれている。 リン酸塩化石 (phosphate fossil) の豊かな層は地元では コプロライト (coprolite) として知られ、 肥料としての価値から採掘され、 下部グリーンサンド (Lower Greensand) と Gault粘土 (Gault Clay) の接合部に見つけられることになっている。 更に、東には、北東 - 南西に走る白亜紀 (Cretaceous) の白亜 (chalk) の帯がある。 西には、再び北東 - 南西に走るジュラ紀中期 (middle - Jurassic) の 堆積岩 (sedimentary rock) -- 石灰岩と砂岩を含む -- から成る 急斜面 (scarp) の帯がある。

村の周りの平坦なフェンランド (fenland) の田舎 (countryside) はこの地域のこの部分では典型的で、 海抜 16 フィート (5 m) である。 村の最高地点は海抜 53 フィート (16 m) で、この地域の最高地点は (海抜) 85 フィート (26 m) で、 イーリーにあって、北北東 3 マイルにある。 比較すると、ケンブリッジシャーの最高地点は海抜 479 フィート (146 m) で、 グレート・チズヒル (Great Chishill) にあって、ほとんど真南 23 マイル (37 km) にある。 海面下 9 フィート (2.75 m) のホルム (Holme) はイースト・ケンブリッジシャーの (そして英国の) 最低地点で北西 23 マイル (37 km) にある。

境界

東の境界はケム川 (River Cam /ˈkæm/) によって形成される。 グレート・ウーズ川 (River Great Ouze) は南西の境界を作り、 次にストレタム・フェリー橋 (Stretham Ferry Bridge) で、南東 [訳注:南西の間違い] の角を通過して、 村の北東の角でケム川 (River Cam) と接続している。 A10 道路は村の南の教会でストレタム・フェリー橋に近い場所でグレート・ウーズ川を横断し、 最初に北へ走って、村を半分に縦断し、 北東に走ってリトル・セットフォード (Lettle Thetford) に向かい、 次にイーリーに向かう。 ニューマーケット・ロード (Newmarket Road) はこの地域で ハンティンドン (Huntigdon) から東西を走る A1123 となり、村を西から接続し、ウィルバートン (Wilburton) から抜けて 村を通り抜け、グレート・ウーズ川をグラベル農場 (Gravel Farm) で横断して、ウィッケン (Wicken) に向かう。

天候

年間 24 インチ (600 mm) の平均雨量により、 ケンブリッジシャーは英国諸島で最も乾燥した州の 1 つになる。 この地域の東の冷たい陸上の海岸風から守られ、 ケンブリッジシャーは夏に温かく、冬に冷たく、凍り付く寒さである。 地方天気予報と歴史的要約は英国気象庁で利用可能である。 最も近くの気象庁の測候所 (Met Office weather station) はケンブリッジにある。

ケンブリッジの気象データ (1971 年 – 2000 年平均)
1月2月3月4月5月6月 7月8月9月10月11月12月
最高気温
平均
°C (°F)
7.0
(44.6)
7.4
(45.3)
10.2
(50.4)
12.6
(54.7)
16.5
(61.7)
19.4
(66.9)
22.2
(72.0)
22.3
(72.1)
18.9
(66.0)
14.6
(58.3)
9.9
(49.8)
7.8
(46.0)
14.1
(57.4)
最低気温
平均
°C (°F)
1.3
(34.3)
1.1
(34.0)
2.9
(37.2)
4.0
(39.2)
6.7
(44.1)
9.8
(49.6)
12.0
(53.6)
11.9
(53.4)
10.1
(50.2)
7.1
(44.8)
3.7
(38.7)
2.3
(36.1)
6.1
(43.0)
平均雨量
mm (インチ)
45.0
(1.77)
32.7
(1.29)
41.5
(1.63)
43.1
(1.70)
44.5
(1.75)
53.8
(2.12)
38.2
(1.50)
48.8
(1.92)
51.0
(2.01)
53.8
(2.12)
51.1
(2.01)
50.0
(1.97)
553.5
(21.79)
情報源、気象庁
人口統計

ストレタムは、国勢調査出力地域分類ゾーン (CGM) の 1 から 5 に属し; 主にタイプ 3C -- 近郊圏 (accessible countryside) -- に分類されるが、 地域のおよそ 1/3 は 3A -- 村の生活 -- に分類される。 これらの分類のどちらにおいても、住民の大半は農業あるいは漁業の自営業である。 この地域は、この分類で国の他の地域よりも人口密度が少ない。 通常の分離した世帯では 2 台以上の車がある。 色々な民族的背景はこの地域では、それほどあり得ない。

ストレタムの歴史的人口
1801 1811 1821 1831 1841 1851 1861 1871 1881 1891 1901
人口 636 697 875 916 1107 1231 1156 1145 1076 1055 1000
1911 1921 1931 1941 1951 1961 1971 1981 1991 2001 2011
人口 961 897 993 970 1009 990 1197 1439 1685 1831
国勢調査 1801 年 - 2001 年、2011 年、 1941 年は第二次世界大戦により国勢調査無し
著名な建物

12 世紀のセント・ジェイムズ教会 (St. James Church) の東側に、 15 世紀始めのマーケット・クロスが現存し 「... 国内で現存する最も完全な実例である。」 ;  これは 1910 年に復元された。 セント・ジェイムズ教会 (St. James Church) の色々な部分は 14 世紀のものであるが、19 世紀にひどく修復された。 モニュメントには 1 つの墓の蓋が含まれ、これに刻まれていることは、 13 世紀後半の教区牧師 (rector) であるニコラス・ド・キンジストン (Nicholas de Kyngestone) を言及している;  ジョウン・スワン (Joan Swan) に捧げた真鍮;  1667 年のアン・ブランセル (Anne Brunsell) -- 教区牧師 (rector) の妻、サー・クリストファー・レン (Sir Christopher Wren) の姉妹 -- のための黒い大理石の板。 この教会は近くのリトル・セットフォード (Little Thetford) の「セント・ジョージの教会」 (St. George's Church) と共に イーリーのチーム聖職者 (team ministry) の一部である。

ストレタム風車 (今では個人の家) はハイ・ストリート (High Street) が A10 道路と合流する端にあり、 グレード II の指定建造物である (1988 年に指定された)。 これは 1881 年のもので、構成するものは:  タールを塗った 4 階建てのレンガ、 金属製のオージー形のキャップ、 及びファンテールである。 王立監視部隊は 1962 年から 1968 年までここに隣接する所に基地があり、 風車自身を 1936 年 [訳注:1963 年の間違い] から航空機監視ポストとして使用した。 風車は A10 道路の著名なランドマークである。

「レッド・ライオン」パブ (Red Lion public house、[訳注:レッド・ライオンはマーケット・クロスの前にある]) は以前の馬車宿 (coaching inn) で、 少なくとも 1763 年以来操業し、この時、 ストレタム渡し場で、イーリー・ケンブリッジ有料道路がグレート・ウーズ川を横断する橋を建設することで合意した。 元々の橋は 1925 年に交換され、 道路は 1976 年に再調整されて、この橋はイーリーとケンブリッジの間の交通にはもはや使用されなくなった。

村の店には郵便局が属している。

輸送

村にはかって、イーリー = セント・アイヴス鉄道 (Ely and St Ives Railway) の駅があった。 イーリー駅とサットン (Sutton) の間の路線は グレート・イースタン鉄道 (GER, Great Eastern Railway) の操業によって、 1866 年 4 月 16 日に開通した。 1878 年 5 月 10 日に、路線が完成し、 この時、セント・アイヴスからマーチ (March) に至る路線のニーディングワース・ジャンクション (Needingworth Junction) はイーリー = セント・アイヴス支線に接続された。 乗客輸送は常に貧弱であり、路線は 1931 年 2 月 22 日に乗客用に閉鎖されたが、 サトウダイコン (sugar-beet) と果物の季節貨物交通により、路線は操業し続け、 1964 年 10 月 5 日に終に閉鎖した。 ストレタム渡し場における A10 道路の新しい橋が 1975 年に建設され、 チア―・ロウド (Chear Lode) でグレート・ウーズ川を横断する道路を迂回した。

教育

ストレタム共同体小学校 (Stretham Community Primary School) は共同体に貢献している。

以前の学校の建物
著名な人々