ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Kittanning Gap - Wikipedia

キタニング・ギャップの名称は キタニング・ラン (Kittanning Run、キタニング川) の名称に由来すると考えそうですが、 このようになっていません。 というのはキタニング・ギャップとキタニング・ランの名称のキタニングは キタニング道のキタニングに由来すると思われ、 これは随分離れた所にあるキタニング村を目指す道です。

キタニング・ギャップ (Kittanning Gap)

キタニング・ギャップアレゲーニーのギャップ (gaps of Allegheny) の 1 つで、 現在はそれほど重要でない木が茂る峡谷 (ウォーター・ギャップ) で、 米国ペンシルバニア州中央のアレゲーニー尾根 ('Allegheny Ridge', アレゲーニー・フロントあるいはアレゲーニー急斜面とも呼ばれる) の 登り (のふもと) にある。 このギャップはアメリカインディアンのトレイルである キタニング道の幾つかの選択肢の 1 つで、 動物力技術の時代にはアレゲーニー山脈を 越える移民ルートであった。 ギャップを登る選択肢は雄牛の二輪車 (ox cart) と荷馬車 (wagon、下流のペンシルバニア州コネストーガ (Conestoga) で作られるようなもの) の登り道の良好な選択であったようであり、 登り道がアレゲーニー急斜面を横断して西に向かう白人開拓者の障壁であったのである。

GNIS で"Kittanning Gap,Pennsylvania" を検索後のキタニング・ギャップ (Kittaning Gap) の位置。 USGS 国内地図ビューワーのスクリーンショット。このギャップは事実上、ペンシルバニア州 アルトゥーナ (Altoona) の西の郊外にある。
  • このページの地図は近くの PRR ホースシュー・カーブ (Horseshoe Curve、蹄鉄カーブ) も示し、 これは他の3 つのギャップとキタニング・ラン (Kittanning Run) の合流ヶ所を横断している。
  • キタニング・ギャップ (Kittanning Gap) は、荷馬車あるいはラバの列でアレゲーニー山脈の西側、 及びペンシルバニア州キタニング (Kittanning) に 至る急斜面登坂の選択肢を与えているようである。 右へ曲がってギャップを通って、急斜面を登ることは、 正面の急で細い川底よりも少し易しかった ....
上の画像のズーム・インした光景が示すのはキタニング・ギャップの位置; 及びグレン・ホワイト・ラン (Glen White Run) と キタニング・ランとの合流点よりもずっと下流の小さな増水時の (季節的な) 支流。

1780 年代 - 1830 年代には オハイオ・カントリー (Ohio Country) と それ以遠の領地に至る移民がますます大量に増え、 アメリカ独立戦争後 (そしてそのはるか以前) に起きた。 これはペンシルバニア州アルトゥーナ (Altoona) のすぐ西の ブレア郡 (Blair County) のローガン・タウンシップ (Logan Township) にあって、 以前のペンシルバニア鉄道の軌道を見下ろし、 軌道はグレン・ホワイト・ランに沿って登り始め、 キタニング・ラン (Kittanning Run) との合流点で始まるきついヘアピン・カーブに至っている。 このカーブは有名な横断カーブで、ホースシュー・カーブと呼ばれ、 アルトゥーナの西およそ 5 マイル (8 km) の地点にある。

USGS の地形図・立体図の組み合わせ地図モードのビューで 'Kittanning Run' を検索。ウェブ・ソフトウェア は検索項目を丸 A を含む短い黄色の点のアイコンで識別。 注意することは「公的な USGS 合流点」 (USGS confluence) は「公的な USGS Kittanning Gap」 から数マイル離れている点である。

USGS はキタニング・ラン川 (Kittanning Run stream) を、名前の由来となったギャップの名称として 使用していない。 というのは、地元の名前付けの由来と伝統に従っているからである。 キタニング・ギャップは季節的増水の浸食によって形成され、 従ってアレゲーニーの他のギャップよりは浸食の度合いが軽度で、 他のギャップでは谷が狭くて深く、急で通り抜けるのが困難な壁があり、多くの流量がある。

しかしながら、地形上の分析からわかるように、 アルトゥーナ高原 (Altoona Plateau) から、 キタニング・ギャップを通り抜けて、 アレゲーニー高原に至る登りは、 次にカーブして次第に幾つかの丘の中腹に沿って登り、 クリアフィールド川 (Clearfield Creek) の谷で西向きに戻り、 ペンシルバニア州アッシュビル (Ashville) の近くに出るが、 キタニング・ラン (Kittanning Run) の水源のある頂上から、 およそ半マイル程離れ、しかも反対側である。 要するに、 キタニング・ラン (Kittanning Run) あるいは グレン・ホワイト・ラン (Glen White Run) を経由して、もっと速く直接登ることは (足場が良好な場合に) 徒歩の交通とラバの列では選択ルートのようであるが、 より長くて、もっと回りくどいが、より簡単なキタニング・ギャップの登りは 動物が牽引する荷馬車と二輪車 (cart) にはより易しい道である。 これらの変種のどの 1 つも、まとめてキタニング道 (Kittanning Path) の一部分と見なされるようになった。

歴史

18 世紀にはキタニング道 (Kittanning Path) はギャップを通り抜けて、 ペンシルバニア中央と西部の間のルートを、 アメリカ原住民と白人開拓者のために提供した。 ギャップがキタニング・ラン (Kittanning Run, キタニング川) から離れた理由は憶測するしかないが、 地形を調べて示唆されることは、 16 世紀 - 19 世紀の人々には、徒歩であれ、二輪車 (cart) あるいは コネストーガ荷馬車 (Conestoga wagon) であれ、右へ曲がってギャップを登れば、もっと穏やかな地形を横断することになり、 従って、好まれた方法であったのかもしれない。

キタニング道 (Kittanning Path) の下層の峡谷は、 アレゲーニー山脈を横断するために認可された (実際は注文された) 1845 年の鉄道線の登りの進入路 (approach) として後に選択された。 尾根を通り抜ける鉄道建設の挑戦により 1854 年にユニークな ホースシュー・カーブ (Horseshoe Curve) の 建設に至り、かっては世界でもっとも繁忙な路線として吹聴され、 現在は国の歴史的ランドマーク (National Historic Landmark) に指定されている。