ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Kittanning Run - Wikipedia

ラン (run) とは川 (支流) の事です。キタニング・ランは峡谷の奥から流れている川で、 直進する川 (グレン・ホワイト・ラン) に北から合流しています。 西部への移民に多用された道はこちらの方ではなく、 途中で右折するキタニング・ギャップと思われます。 これに関しては アレゲーニーのギャップも参照の事。

キタニング・ラン (Kittanning Run、キタニング川)

キタニング・ランは: アレゲーニー高原から流れる幾つかの川の一つで、 急な峡谷を作る川の 1 つとなり、 アレゲーニーのギャップの 1 つを作っている。 このギャップは何世紀もの間、 アメリカ・インディアンの原住民により、 アレゲーニー・フロントの急斜面を 通り抜けて東から西に通過する時に使用されたものである。 この急斜面は平坦な高原である アパラチア高原を多くの障壁尾根から分離する障壁であり、 この多くの障壁尾根は、 中央ペンシルバニアの中心部にある リッジ&バレー・アパラチア (Ridge-and-Valley Applachians) の 地方部分である。

USGS の地形図・立体図の組み合わせ地図のモードのビューで 'Kittanning Run' を検索。ウェブ・ソフトウェア は検索項目を丸 A を含む短い黄色の点のアイコンで識別。
キタニング・ランの支流沿いのキタニング・ギャップの位置
キタニング・ギャップの位置

この道に沿って キタニング道 (Kittanning Path) があった可能性が高く、 この道はアレゲーニー山脈西のインディアンの共同体 -- とりわけキタニング村 (Kittanning Village) -- をサスケハナ峡谷及び東の地点の大きなインディアンの集落を接続していた。 もっとも、キタニング・ギャップと呼ばれる分岐の名称が示唆することは、 開拓者が高原に登る道で、より広く緩やかな勾配に曲がったことで、 恐らく西に移住する開拓者の二輪車 (settlers cart) と コネストーガ馬車 (conestoga wagon) にとってもっと適していたことである。

アレゲーニー・ポーテッジ鉄道を 建設したペンシルバニア運河システムとは違い、 アレゲーニー山脈を横断するために認可された (実際には注文された) 1854 年の鉄道にとり、 尾根を通り抜ける鉄道建設の挑戦から、 1854 年にユニークな ホースシュー・カーブ (Horseshoe Curve) の建設になり、 かっては世界で最も繁忙な鉄道として吹聴され、今では 「国の歴史的ランドマーク」 (National Historic Landmark) として 指定されている。

歴史

18 世紀に、キタニング道 (Kittanning Path) がギャップを通り抜け、 アメリカ原住民と初期の白人の開拓者のためにペンシルバニア中央と西部の間にルートを 提供した。 ギャップ [訳注:キタニング・ギャップのこと] がキタニング・ランから 離れた理由は、憶測するしかないが、地形図の調査により示唆されることは、 徒歩、あるいは荷馬車もしくは コネストーガ荷馬車に乗る 16 世紀 - 19 世紀の人々は、 右に曲がって、ギャップを登れば傾きが穏やかとなり、 従って、大きな川沿いに登るよりも、台地に登るための選択肢であったかもしれない。