ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

County - Wikipedia

英語のカウンティ (county) に相当するものは各国にありますが、 国により州と訳したり (英国)、郡と訳したりして (米国)、国ごとにまちまちの翻訳をするので、 ここでは単にカナ表記の「カウンティ」とすることにします。 またこれ以外にも、「プロビンス」(province)、「デパートメント」 (department) などの用語も ありますが、これも色々な国で色々な場合に使用され統一的な訳語を当てはめることが困難なので、 カナ表記のままでとどめることにします。

カウンティ (County)

カウンティは幾つかの現代的な国で、行政的目的などのために使用される国の地理的領域である。 この用語は古フランス語 (Old French) のコンテ (conté) あるいは cunté に由来し、 伯爵 (count (earl)) あるいは子爵 (vicount) の主権 (sovereignty) の下における管轄区を意味した。 他の言語における逐語的な同等物は伯爵 (count) の同等物に由来し、 今ではまれにしか使用されない、これに含まれるものに: コンテ (comté, [訳注:仏語]), contea, contado, comtat, condado, グラフシャフト (Grafschaft, [訳注:独語]), graafschap, 及びスラブ語の zhupa がある; 英語の行政的用語に同等な言葉、例えば、 都市自治体 (municipality), ディストリクト (district、地区), サーキット (circuit, 囲まれた地域) 及びコミューン/コミュニティ (commune/community) が、今ではしばしば代わりに使用される。

エストニアのカウンティ

ノルマン人がイングランドを征服したときに、彼らがこの用語をもたらした。 サクソン人 (Saxons) は イングランドの歴史的カウンティとなった地区をすでに設立し、 これらをシャイア (shire) と呼んだ; 多くのカウンティの名称はカウンティの町 (カウンティの首都) の名称に シャイア (shire) が追加されたものに由来する; 例えば グロスタシャー (Gloucestershire) と ウスターシャ― (Worcestershire) がある。 アングロ・サクソンの用語であるアール (earl, 伯爵) とアールドン (earldom, 伯爵領) は ノルマン人の征服により、大陸用語のカウント (count, 伯爵) とカウンティ (county, 伯爵領) に同等と受け止められ、 時と共に混ざり同等になった。 更に、後に持ち込まれた用語が土着の古英語 (Old English) の言葉である sċīr ([ʃiːr]) あるいは現代の英語であるシャイア (shire) -- 王国の同等な行政的分割 -- と同意義になった。 用語の 「カウンティ」 ("county") は進化し、その結果、 (連邦制政府でない) 単一国家のすぐ下位レベルの地方行政を指定することになった。 カウンティは後に幾つかの連邦制政府でも、 国の最上位レベルの実体 (primary subnational entity) の下位レベルの地方行政区分にこれとは違って使用された。 このような実体には、 例えばプロビンス (province, 例えばカナダ) あるいは 州 (state, 例えば米国) があり、 これらの国ではカウンティはレベル 3 の領土単位 (territorial unit) ( NUTS 3) である。

訳注
NUTS は Nomenclature of Territorial Units for Statistics の短縮形で、 その訳語として 「統計のための領域単位体系」 とでもすべきなのに、 NUTSには何故か妙なことに 「地域統計分類単位」 と翻訳している。 この訳語だと上の文脈の意味が通じなくなる。

米国とカナダでは、 600 年後に英国の伝統でカウンティが設立され[a]、 通常、都合の良い地理的境界により設定された行政区分であった。 これは統治において、 州とプロビンスの機構の一部として、ある程度何人かの官吏 (officeholder、例えば保安官とその部門) がおり、 地理的に共通の裁判システムが含まれた。 カウンティは更にカウンティ内部の ディストリクト (district)、 ハンドレッド (hundred)、 タウンシップ (township) などの行政管轄区に細分されることもある。 カウンティは通常、しかし常にではないが、 市, 町 (town), タウンシップ (township) などの 都市自治体法人 (municipal corporation) を含み、 これらはカウンティ政府に幾分従属、あるいは依存している。 国, 都市自治体 (municipality), そして地方地理に依存して、 都市自治体 (municipality) は直接的、あるいは間接的にカウンティに支配されることもあるし、そうでないこともある。 -- どちらのレベルの機能も、地域の人口が密集している時に[b]、 しばしば市政府に合併される。

英語圏外の国では、 カウンティに同等な用語が、しばしば国の最上位レベルの分割 (subnational jurisdictions) を 記述するのに使用され、 これは中央政府[c] (national government) との関連で、 カウンティに構造的に同等である。 しかし、主に英語を話す国のカウンティには行政的に同値でないかもしれない。

  1. アフリカ
  2. アメリカ大陸
  3. アジア・太平洋
  4. ヨーロッパ
  5. 注釈
アフリカ
ケニヤ (Kenya)

カウンティはケニヤにおける現在の第二レベルの政治分割である。 各カウンティには議会があり、カウンティ議会のメンバー (MCA) が列席する。 この議会は知事 (Governor) によって統率されている。 各カウンティからは一人の議員がケニヤ上院の代表になる。 付け加えると、一人の女性代表がケニヤ議会 (Parliament of Kenya) に選出され、 女性の利益を代表している。 2010 年のケニヤの憲法発布の後で、カウンティ (county) は第二レベルの分割となり、 プロビンス (province) の代わりになった。

リベリア (Liberia)

リベリアには 15 のカウンティがあり、この各々でリビア上院議員の二名が選ばれる。

アメリカ大陸
アルゼンチン (Argentina)

アルゼンチンのプロビンス (province) は ブエノスアイレス・プロビンス (Buenos Aires Province) を除いて、 デパートメント (department, スペイン語: departamentos (デパルタメント)) に分割され、 ブエノスアイレス・プロビンスでは、これらはパルティドス (partidos) と呼ばれる。 ブエノスアイレス自治市 (Autonomous City of Buenos Aires) はコミューン (communes (スペイン語:communas (コムーナ))) に分割されている。

カナダ

オンタリオ ケベック ノバ・スコシア (Nova Scotia) の、 プロビンス (province, 州) には地方政府の二層システムがあり、 カウンティ (county) は上層を構成し、地方都市自治体 (local municipality) は下層を構成している。

ニュー・ブランズウィック、プリンス・エドワード・アイランド

ニュー・ブランズウィック (New Brunswick) と プリンス・エドワード・アイランド (Prince Edward Island) の カウンティは歴史的で、今日では自身の政府を持っていない。 しかしながら、カナダ統計局 (Statics Canada) による国勢調査分割 (census divisions) と 地元住民により地理的識別子として使用されている。

オンタリオ

南部オンタリオ (Southern Ontario) の主要な行政地区 (administrative division) は 22 のカウンティで、 これは地方政府の上層で、 地方型且つ適度に人口密度の高い地区 (moderately dense areas) に限定された都市自治体サービス (municipal services) を提供する。 この内部に色々な下層のタウン (town), 市 (city), 村 (village) などがあり、 ここが大半の都市自治体サービス (municipal services) を提供している。 これは北部オンタリオ (Northern Ontario) の 10 の地区 (district) と対比され、 これは地理的分割であるが、地方政府でない。 -- もっとも、地方政府の町等が少々この中にあって、 人口密度の少ないこと及びもっと大きな地域が、 (地方) 政府の組織・運営方法に随分と影響がある。 北部オンタリオと南部オンタリオの市域における都市型人口密集地 (urban densities in cities) は これ以外の以下の二つつの地方構造の一つである: 地方的都市自治体 (regional municipalities) (上層であった以前のカウンティの構造を変えたもの) あるいは 一層の都市自治体 (single-tier municipalities)。

ケベック

ケベックのカウンティはもっと適切には 「地域的カウンティ都市自治体」 ("Regional County Municipalities" (municipalités régionales de comté)) と呼ばれる。 プロビンスの以前の本来のカウンティは 1980 年代初期に取って代わられた。

アルバータ

アルバータ (Alberta) のカウンティは一層の都市自治体システム (single-tier municipal system)で 指定される形式のものであった; これは 1990 年代中ごろに、カウンティ法 (County Act) が廃止された時に、 都市自治体政府法 (Municipal Government Act) の下で、 都市自治体ディストリクト (municipal district) に名目的に変更された。 しかしながら、当時、新しい「都市自治体ディストリクト」 (municipal district) はその公式名称に、 カウンティの使用を保持することが許された。

その結果アルバータでは、 カウンティの用語は都市自治体ディストリクト (municipal district) の用語と同義である。 -- 都市自治区ディストリクトの地位と違うのは、自身の法人化された都市自治区の地位のことではない。 従って、「アルバータ都市自治体業務」 (Alberta Municipal Affairs) は都市自治区ディストリクトに対して、公式名称をカウンティに変更する機会を提供した。 しかし、少々は都市自治体ディストリクト (municipal district) を保持することを選んだ。 アルバータの都市自治区ディストリクトの大多数はカウンティに改名した。

ブリティッシュ・コロンビア

ブリティッシュ・コロンビア (British Columbia) には司法システム (justice system) の 目的のためにカウンティがあるが、それ以外には政府機能がない。 他の全ての政府サービス提供のために、プロビンス (province) は リージョナル・ディストリクト (regional district, 地域ディストリクト) に分割され、これが上層 (upper-tier) を形成し、 更に地方都市自治体 (local municipalities) に細分され、 ここが部分的な自治権を持つ法人化されていない選挙区となり、 これがリージョナル・ディストリクトによって直接統治されている。

マニトバ

マニトバ・プロビンス (Province of Manitoba, マニトバ州) はカウンティに分割されていた; しかしながら、これらのカウンティは 1890 年代に廃止された。

それ以外のカナダ

マニトバ (マニトバ州) と サスカチュワン (サスカチュワン州) は地方型都市自治体 (rural municipalities) に分割されている。 北西部準州 (Northwest Territories) と ヌナブト準州 (Nunavut) はリージョン (region, 地域) に分割されている; しかしながら、これらのリージョン (region, 地域) は 準州政府サービス (territorial government service) の供給 (delivery) を合理化するものであり、 自身の政府を持っていない。 ニューファンドランド&ラブラドール準州 (Newfoundland and Labrador) そして ユーコン準州 (Yukon) は プロビンス政府/準州政府 (provincial/territorial government) と都市自治体 (municipalities) の中間に 第二レベルの行政再分割 (administrative subdivision) を持っていない。

ジャマイカ

ジャマイカは 14 の教区に分割され、これは 3 つの歴史的カウンティに互いにグループ化されている: コーンウォール (Cornwall)、 ミドルセックス (Middlesex), そして サリー (Surrey)。

米国

米国の州におけるカウンティは、州の行政的あるいは政治的再分割で、 州に境界が引かれる。 それに付け加え、米国国勢調査局 (United States Census Bureau) は 「カウンティ相当」 ("county equivalent") の用語を、カウンティに比較可能であるが、 異なる名前で呼ばれる場所の説明に使用する。 今日、 3,142 のカウンティとカウンティ相当 (county equivalents) に米国が分割され、 デラウェア州 (Delaware) では 3 個に、 テキサス州 (Texas) では 254 個に分けられている。

米国の 3,142 のカウンティとカウンティ相当 (county equivalent)

米国の 50 州のうち、48 州は 「カウンティ」 の用語を使用するが、 アラスカ州とルイジアナ州では類似の管轄区に対して、バラ (borough) と教区 (parish) の用語をそれぞれ使用する。 フィラデルフィアとサンフランシスコのように統合化シティ・カウンティ (consolidated city-county) が 作られ、シティ (city、市) とカウンティが一つの統合された管轄区に合併した。 逆に、 ボルチモア (Baltimore) と セントルイス (St. Louis) のような 独立市 (independent city) は 法的にどのカウンティにも属していない。 すなわち、どのカウンティも名目的にせよ、これらの場所に存在しておらず、 カウンティが何らかの方法で存在している統合化シティ・カウンティ (consolidated city-county) と対比される。 どの州の管轄の外にある コロンビア特別地区 (District of Columbia) は 米国国勢調査局 (US Census Bureau) により、 一つのカウンティ相当 (county equivalent) と見なされている。

カウンティ政府の特定な権力は州の間で広く変化している。 これらは一般に州政府の中間層で、州全体の層と直接の地方政府層 (典型的には、町/バラ (borough)、あるいは村/タウンシップ) の中間にある。 カウンティが提供できる政府機能の幾つかに含まれるものは: 司法組織 (judiciary), カウンティの刑務所 (county prisons), 土地の登記 (land registration), 建築基準の執行 (enforcement of building codes), 連邦政府の委任サービス・プログラム (federally mandated services programs) である。 個々の州に依存するが、 カウンティあるいはそれに相当するものは: タウンシップ、 バラ (borough or boros) あるいはタウン (町) に行政的に再分割されることもある (ニューイングランドの州、 ニューヨーク州、 ペンシルバニア州、 そしてウィスコンシン州)。

ニューヨーク市は特別な場合で、 市は 5 つの自治区 (borough) から構成され、 この各々が領土的にニューヨーク州の 1 つのカウンティと境界が同じである。 市政府の状況 (context) では自治区 (borough) は 市の再分割であるが、これはなお 「カウンティ」 と呼ばれ、 ここには州の機能が含まれ、 例えば、ニューヨーク・カウンティ裁判所 ("New York County Courthouse") がある。

ロード・アイランド (Rhode Island) とコネチカット (Connecticut) のカウンティ政府は 完全に廃止されたが、実体 (entity) は行政的あるいは統計的な目的のために残っている。 アラスカの 323,440 平方マイル (837,700 km2) の 組織化されていないバラ (Unorganized Borough) にもカウンティ相当な政府がない。 しかし、米国国勢調査局 (US Census Bureau) はこれを更に分割して、 統計カウンティ相当の再分割 -- 国勢調査地域 (census area) -- にした。

各カウンティの面積も、州の間で幅広く変化する。 例えば 領土的に中程度の州であるペンシルバニア州には 67 のカウンティがあり、 地理的に便利な方法でその輪郭が描かれている。 対照的に、マサチューセッツ州は、はるかに領土が少ないが、 ペンシルバニア州の最大のもの[d]と比較しても、大規模な大きさのカウンティがある。 しかし、どちらも司法と収監の官吏を同様に組織している。

大半のカウンティにはカウンティの首都 (seat) がある: 市, 町 (town), あるいは他の名前の付いた場所で、ここに 行政機能が集中している。 ニューイングランドの州によっては、シャイア・タウン (shire town) の用語を使用して 「カウンティの首都」 (county seat) を意味している。 ミシシッピ州の ハリソン・カウンティ (Harrison County) のような一握りのカウンティでは、 2 つ以上のカウンティの首都があり、通常カウンティの反対側にある。 これは移動が困難であった時代にさかのぼる。

アジア・太平洋
オーストラリア

オーストラリアの東部の州 (eastern states) では、カウンティは土地権利の管理 (administration of land titles) で使用される。 これらは一般に地方政府のレベルと対応していないが、 土地の区画の識別に使用される。

中華人民共和国

英語のカウンティは中国語の xiàn (县 or 縣, [訳注 県]) に翻訳されるのが普通である。 中華人民共和国 (PRC, People's Republic of China) により統治される中国本土ではカウンティは 地方政府の第三レベルで、 プロビンス・レベル (province level, 省) と プリーフェクチャア・レベル (prefecture level, 地級, 地区) の下に来る。

PRC には 2,862 のカウンティ・レベルの分割から、 1,464 のカウンティがある。 カウンティの数は漢王朝 (BC 206 年 - AD 220 年) 以来、 多かれ少なかれ一定である。 カウンティは中国最古の政府レベルの一つのまゝで、 元王朝 (Yuan dynasty, 1279 年 - 1368 年) のプロビンス (province, 省) の設立よりも随分と前である。 カウンティ政府は帝政中国ではとりわけ重要であった。 というのは、これは中国政府が機能する最下層であったからである。 帝政時代のカウンティの長は県長 (magistrate, 县长/縣長) であった。

古い言い方 (context) では、中華人民共和国 (ROC) の設立前までは、 ディストリクト (disctrict) が xiàn (县 or 縣) の古い英訳であった。 英語の術語 (nomenclature) であるカウンティ (county) が ROC の設立に引き続いて採用された。

帝国時代の大半で、都市自治体 (municipality) の概念が中国にはなかった。 すべての市は、 カウンティ, コマンデリー(commandery, 司令官の管轄区), プリーフェクチャア (prefecture) の 中にあり、それ自身の政府がなかった。 大きな市 (帝国首都 (複数, imperial capitals) あるいはプリーフェクチャア (prefecture) の首都 (seats) のはず) は 分割して、2, 3 のカウンティで管理することができた。 そのようなカウンティは 倚郭縣 (yǐguō xiàn, 「市の壁にもたれるカウンティ」) あるいは 附郭縣 (fùguō xiàn, 「市の壁に付随するカウンティ」) と呼ばれた。 これらのカウンティの yamen (衙門) あるいは 「政府の建物」 は同じ市にあった。 別の言葉では、これらは 1 つのカウンティ・タウン (county town) を共有した。 この意味では、倚郭縣 (yǐguō xiàn) あるいは 附郭縣 (fùguō xiàn) は 「市のディストリクト」 (district of a city) に類似している。

例えば、広州市 (the city of Guangzhou, 同名のプリーフェクチャア (eponymous prefecture) の首都で、 西洋ではカントン (Canton) としても知られている) は歴史的には、 Nanhai County (南海縣) と Panyu County (番禺縣) に分割されていた。 中国の最初の現代的な政府が広州 (Guangzhou) に設立された時、 都市型地域 (urban area) はこれらの 2 つのカウンティから分離され、 地方型地域 (rural area) はカウンティの残りの部分に残された。 しかしながら、 カウンティ政府は何年もの間、市に残り、終にそれぞれのカウンティに移動した。 同様な経過は多くの中国の市で起きた。 最近は、中国本土の大半のカウンティはプリーフェクチャア-レベル (prefecture-level) の 市によって統治されている。 しかしながら、これらは全て地方型地域 (rural area) であり、 もやは都市型ディストリクト (urban district) として貢献していない。

イラン

イランの ostans (プロビンス) は shahrestān (ペルシャ語: شهرستان‎) と呼ばれるカウンティに更に再分割されている。 カウンティを構成するのは: 市の中心、 幾つかの bakhsh (ペルシャ語: بخش‎)、 そしてそのまわりの多くの村であった。 各カウンティには通常、幾つかの市 (ペルシャ語: شهر‎, shahar) と地方型集団 (ペルシャ語: دهستان‎, dehestān) がある。 地方型集団 (rural agglomerations) は幾つかの村の集まりである。 カウンティの複数の市の一つが、カウンティの首都 (capital) に選ばれる。

各 shahrestān には farmândâri (فرمانداری) と呼ばれる政府事務所があり、 これは、異なるイベントと政府事務所を調整する。 farmândâr فرماندار, あるいは farmândâri の長は shahrestān の統治者である。

イランのカウンティ

ファールス・プロビンス (Fars Province) には shahrestāns の数がもっとも多く 36 あり、 一方 ゴム (Qom) には一つのみで他に例がなく、同名のカウンティと同一の広がりを持つ。 イランには 2005 年に 324 の shahrestāns があり、2021 年には 443 ある。

朝鮮 (Korea)

カウンティは文字 군 (gun or kun) の共通な英訳で、 南朝鮮における政治分割 (political division) の現在の第二レベル、 と北朝鮮の都市自治体レベル分割 (municipal level division) の一つの形式を示す。

ニュージーランド

ニュージーランドが 1876 年にプロビンス (province) を廃止した後で、 他の国に類似するカウンティのシステムが制定され、 1989 年まで継続した。 ここには委員長 (chairman) がいたが、バラ (borough) と市のように市長でなかった; 多くの立法の条項 (例えば 埋葬、土地再分割支配 (land subdivision control)) はカウンティによって違っていた。

20 世紀の後半に、多くのカウンティは近くの市からあふれた人口を引き受けた。 その結果、2 つが合併してディストリクト (district) (例えば ロトルア (Rotorua)) になったり ディストリクト (district) に名称を変えたり (例えばワイマイリ (Waimairi))、市に名称を変えた (例えばマヌコ・シティ (Maukau City))。

1974 年の地方政府法 (Local Government Act 1974) は 都市型議会 (urban council)、 混合型議会 (mixed council)、そして 地方型議会 (rural council) を 同じ法的枠組み (legislative framework) に持ち込む工程を開始した。 この法律の下での多大な再編成により 1989 年の大改革 (shake-up) となり、 これは国を チャタム諸島カウンティ (Chatham Islands County) を除いて、(重複していない) 市とディストリクト (district) で覆った。 チャタム諸島カウンティ (Chatham Islands County) はその名称で、更に 6 年生き延びたが、 この時 「チャタム諸島議会」 ("Chatham Islands Council") の支配する 「領土」 ("Territory") になった。

台湾

カウンティは文字 「縣」 ( ウェード式 (Wade–Giles): hsien) の普通の英訳であり、 これは台湾と近辺の島々の現在の第一レベルの行政の分割を示す。 しかしながら、 プロビンス・シティー (provincial cities) はカウンティと同じレベルの権限 (authority) がある。 カウンティの上に (事実上の) 特別都市自治体 (special municipalities) と プロビンス (経済的・政治的理由から停止されている) がある。 現在台湾には 14 のカウンティがある。

ヨーロッパ
デンマーク

デンマークは 1662 年から 2006 年までカウンティ (デンマーク語: amter) に 分割されていた。 2007 年 1 月 1 日に、カウンティは 5 つのリージョン (Region, 地域) で交換された。 同時に都市自治体 (municipality) の数は 98 に削減された。

カウンティは 1662 年に始めて導入され、 デンマーク=ノルウェー (Denmark-Norway) の 49 の封土 (fiefs (len)) を 同じ数のカウンティで置き換えた。 この数は シュレースヴィヒ公国 (Duchy of Schleswig) の再分割を含んでおらず、 ここは部分的にデンマークに支配されていたのみであった。 デンマークのカウンティの数は 1793 年までに (ノルウェイを除き) およそ 20 まで下がった。 1920 年の南ユトランド (South Jutland) のデンマークとの再統一に引き続き、 4 つのカウンティがプロシャのクライゼ (Kreise, ディストリクト) の代わりになった。 オーベンロー・カウンティ (Aabenraa County) と スナボー・カウンティ (Sønderborg County) は 1932 年に合併し、 スカネルボル・カウンティ (Skanderborg County) とオーフス・カウンティ (Aarhus County) は 1942 年に分離した。 1942 年から 1970 年に至るまで、(カウンティの) 数は 22 のまゝであった。 この数は 1970 年のデンマークの都市自治体改革 (municipal reform) によって更に減少し、 14 のカウンティと、カウンティ構造に結び付いていない 2 つの市 -- コペンハーゲン (Copenhagen) とフレデリックスベア (Frederiksberg) -- が残った。

2003 年にボーンホルム・カウンティ (Bornholm County) は地方の 5 つの都市自治体 (municipality) と合併し、 ボーンホルム・地域都市自治体 (Bornholm Regional Municipality) を形成した。 残りの 13 カウンティは 2007 年 1 月 1 日に廃止され、この時、 これらは 5 つの新しいリージョン (Region) によって交代された。 同じ改革で、都市自治体 (municipality) の数は 270 から 98 に大幅に削減され、 すべての都市自治体 (municipality) は今やリージョン (region) に属している。

フランス

コンテ (comté) は中世フランスで伯爵 (count (comte)) によって支配された領土であった。 現代のフランスで、多くの英語圏の国で使用されるカウンティの大まかに同等なものは、 デパートメント (department, 県) (デパルトマン (département)) である。 96 のデパートメント (department) が フランス本国 (metropolitan France) にあり、 5 つが、海外デパートメント (department) にあり、 これは海外リージョン (region) としても分類されている。 デパートメント (Departments) は更に 334 の アロンディスマン (arrondissements, 郡) に再分割されているが、 これらには自治がない; これらは警察、消防の基礎で、 時には、選挙管理の基礎である。

フランスのデパートメント (Department)
ドイツ

各行政ディストリクト (administrative district) は 選挙で選ばれた議会と行政官 (executive) から構成され、 その義務は米国のカウンティの行政官のものと比較可能で、 地方政府行政 (local government administration) を 監督している。 歴史的に 神聖ローマ帝国 (Holy Roman Empire) のカウンティはグラフシャフト (Grafschaft, 複数形:Grafschaften) と 呼ばれた。ドイツのディストリクト (district) の大半は地方型ディストリクト (rural district) (ドイツ語: Landkreise) であった。 これは 2014 年現在 294 ある。 100,000 名以上の住民がいる市 (及び、 州 (states) によってはより小さな町) は通常ディストリクト (district) に 属していないが、自分自身でディストリクト (district) の責任を担い、 独立市 (independent city) の概念に類似し、 これが 107 あり、ディストリクト (district) の総数を 401 にしている。

ドイツのディストリクト (district) と
独立市 (district-free cities), 2016 年現在
ハンガリー

ハンガリーの行政単位は megye と呼ばれ (歴史的には vármegye (ラテン語では comitatus) とも呼ばれ)、 これは英語のカウンティに翻訳できる。 19 のカウンティは 首都のブダペスト (Budapest) と共に、 国の行政的再分割の最高レベルを構成する、 もっとも、カウンティと首都は 7 つの統計リージョン (region) にグループ分けされる。

カウンティは都市自治体 (municipality) に再分割され、都市自治区の 2 つの形式は町と村で、 どちらも選挙で選ばれた市長 (mayor) と議会がある。 23 の町はカウンティの権利があるが、カウンティに等しい独立な領土単位を形成していない。 都市自治体 (municipality) はカウンティの中でグループ化されて部分リージョン (subregion (kistérség)) になっており、 これは統計的且つ組織的機能のみがある。

vármegye もハンガリー王国の歴史的行政単位であった、 これは、ハンガリーの現在の近辺の国を含んできた。 このラテン名 (comitatus) はフランス語のコンテ (comté) に同等である。 カウンティの実際の政治的・行政的役割は歴史を通して多く変化した。 元々、これらは王室行政 (royal administration) の再分割で あったが、13 世紀から貴族の自治になり、 その性質を 19 世紀に至るまで維持し、この時、今度は現代的地方政府 になった。

アイルランド

アイルランド島は歴史的に 32 のカウンティに分割され、 このうちの 26 は後にアイルランド共和国を作り、6 は北アイルランド を構成した。

アイルランドの国境線 (international border) の両側に 伝統的なプロビンス (province) とカウンティが見え、更には 現代的な行政地区 (administrative district) が見える。

これらのカウンティは伝統的には 4 つのプロビンスに グループ分けされた: レンスター (Leinster) (12 カウンティ)、 マンスター (Munster) (6)、 コノート (Connacht) (5)、 アルスター (Ulster) (9) であった。 歴史的には、 ミーズ (Meath) と ウェストミーズ (Westmeath) のカウンティ、及び周辺のカウンティの小さな部分は、 ミー (Mide) のプロビンスを構成し、これはアイルランドの 「ファイブ・フィフス」 ("Five Fith", [訳注: 5 つの王国のこと]) の 1 つであった。 (アイルランド語では、プロビンスを意味する cúige はフィフス ('fifth', 5 番目) を意味する: cúig は 'five'(5)); しかしながら、これらはずっと前に レンスター (Leinster) に吸収された。 共和国では、各カウンティは選挙で選ばれた "カウンティ議会" (county council) により 統治され、古いプロビンスへの分割は単に伝統的な名前で、 政治的重要性がなくなった。

アイルランド共和国における行政カウンティ (administrative county) の数と境界は 1990 年代に改革された。 例えば ダブリン・カウンティ (County Dublin) は 3 つに分割された: ダン・レアリー=ラスダウン (Dún Laoghaire–Rathdown), フィンガル (Fingal), そして 南ダブリン (South Dublin); ダブリン市 (City of Dublin) は何世紀も以前から存在し続けていた。 コーク市 (Cork) と ゴールウェイ市 (Galway) はこれらのカウンティの 町地区 (town area) と地方型地区 (rural area) から分離されている。 リムリック市 (Limerick) と ウォーターフォード市 (Waterford) は 2014 年にそれぞれのカウンティと合併した。 従って、アイルランド共和国は 31 のカウンティ・レベルの自治体 (authority) がある。 しかしながら、元々の 26 カウンティの境界はなお公式には所定の位置にある。 北アイルランドでは 6 つのカウンティ議会とより小さな (複数の) 町議会 (town council) は 1973 年に廃止され、 一層の地方政府で置き換えられた。 しかしながら、北部においては、南部におけると同様に、 伝統的な 32 カウンティと 4 プロビンスは多くのスポーツ、文化などの目的のために一般に使用され続けている。 カウンティの独自性は ハーリング (hurling) と ゲーリックフットボール (Gaelic football) における カウンティ・チームに対する忠誠によりひどく強化されている。 ゲーリック体育協会 (Gaelic Athletic Association) の各カウンティには自身の 旗/色 (そして、しばしばニックネーム) があり、 カウンティに対する忠誠は実に真剣に受け取められている。 「アイルランドのカウンティ」と「ゲーリック体育協会」を参照せよ。

イタリア

イタリアでは、カウンティの用語は使用されない; リージョン (region) の行政的再分割はプロビンチャ (provincia) ([訳注:英語のプロビンス (province)]) と呼ばれる。 イタリアのプロビンス (province) は主に主要な町 (town) にちなんで命名され、 コムニ (comuni) (コミューン ('communes')) と呼ばれる幾つかの行政再分割から構成されている。 イタリアには現在 110 のプロビンスがある。

近代以前のイタリアの環境では、 イタリア語のコンタード (contado) は一般に周辺田園地方 (countryside surrounding) を 言及し、都市国家 (city state) により支配された。 コンタード (contado) は自然資源と農業製品を提供し、 都市型人口 (urban population) を支える。 現代の用法では、コンタード (contado) は大都市地域 (metropolitan area) を言及することもあり、 ある場合には、遠くの市に資源を提供する大きな地方/近郊 地域 (rural/suburban region) を言及することもある。

リトアニア

Apskrits (複数形 apskritys) はカウンティのリトアニア語である。 1994 年以来、リトアニアは 10 のカウンティがあり、1950 年以前は、20 あった。 カウンティの唯一の目的は知事 (state governor) のオフィス (office)で、 ここがカウンティにおける法と秩序を実施している。

ノルウェイ

ノルウェイは 2020 年以来 11 のカウンティ ( ブークモール (Bokmål): fylker、 ニーノシュク (nynorsk): fylke; 単数: fylke) に分割された; これ以前のカウンティの数は 1972 年の地方政府改革に引き続いて 19 であった。 この年まで ベルゲン (Bergen) は別のカウンティであったが、 今日ではここは ヴェストラン (Vestland) のカウンティ内部の都市自治体 (municipality) である。 全てのカウンティはカウンティ都市自治体 (county municipality) (fylkeskommuner あるいは fylkeskommunar; 単数: fylkeskommune) と呼ばれる行政実体 (administrative entity) を形成し、 更に都市自治体 (municipality) (kommuner あるいは kommunar; 単数: kommune) に再分割されている。 1 つのカウンティであるオスロ (Oslo) は都市自治体 (municipality) に分割されておらず、 むしろ、これはオスロ都市自治体 (municipality of Oslo) に同等である。

各カウンティには自分自身のカウンティ議会 (fylkesting) があり、 議員は都市自治体議会 (municipal council) の議員とともに 4 年毎に 選挙で選ばれる。 カウンティが処理した問題は: 例えば、高等学校 (high school) と地方道路、そして 2002 年の 1 月 1 日までは 病院も含まれた。 この最後の責任は国の運営する保健機関 (health authorities) と保険トラスト (health trust) に移管され、 行政実体としてのカウンティ都市自治体 (county municipality) の将来に関して議論がある。 ある人たちと政党 -- 例えば 保守党 (Conservative Party) と 進歩党 (Progress Party) -- によっては、 これを最後にカウンティ都市自治体 (county municipality) の廃止を呼びかけたが、 一方で他の人たちは -- これには 労働党 (Labor Party) が含まれ -- 単にこれらの幾つかをより大きなリージョン (region) に合併することを望んでいる。

ポーランド

ポーランドの領土行政は 1999 年以来、 3 段階の再分割に基づいていた。 国は voivodeships (プロビンス) に分割されている; これは更に powiats (カウンティあるいはディストリクト) に分割されている。 powiats の用語はしばしばカウンティ (あるいは時々ディレクトリ) に英訳される。 これらのポーランドの 380 のカウンティ・レベルの実体には 314 の ランド・カウンティ (land county (powiaty ziemskie)) と 66 のシティ・カウンティ (city county (miasta na prawach powiatu あるいは powiaty grodzkie)) を含んでいる。 これらは 16 の voivodeships の再分割で、 更に 2,477 の gminas (コミューン (commune) あるいは都市自治体 (municipality) とも呼ばれる) に再分割される。

ポーランドの Powiaty
ルーマニア

カウンティのルーマニア語の用語である comitat は、現在ではルーマニアの行政分割の どれにも使用されていない。 ルーマニアは全部で 41 のカウンティ (ルーマニア語: judete) に 分割され、これはブカレスト都市自治体 (municipality of Bucharest) と共に、 ルーマニアの公式な行政分割を構成している。 これらは欧州連合 (European Union) における国の NUTS-3 ( 地域統計分類単位 - レベル 3 (Nomenclature of Territorial Units for Statistics – Level 3)) を 表し、 この各々は境界内における地方レベル政府として任についている。 大半のカウンティは大きな川にちなんで名付けられ、 一方幾つかは、域内の著名な市 -- 例えばカウンティの首都 (county seat) -- にちなんで名付けられている。

ルーマニアの Județe
スウェーデン

カウンティ (スウェーデン語 län、逐語的には 'fief' (封土) を意味する) への スウェーデンの分割は 1634 年に制定され、より初期のプロビンス (province) への 分割に基づいている; スウェーデンは 21 のカウンティと 290 の都市自治体 (municipality) (kommuner) に分割されている。 カウンティ・レベルでは、 スウェーデンの中央政府により任命された知事 (governor) により率いられた カウンティ行政委員会 (county administrative board) と更には選挙で選ばれたカウンティ議会 (county council) があり、 別々の問題を処理する。 とりわけ病院, 境界内の都市自治体 (municipality) の公共輸送がある。

スウェーデンのカウンティ

すべてのカウンティ議会はカウンティ毎に幾つかの都市自治体 (municipality) が付属した一つの カウンティに対応している。 カウンティ議会と都市自治体 (municipality) は地方政府に関連して、 異なる役割と別々の責任がある。 医療 (health care)、 公共輸送 (public transport)、そして ある種の文化組織 (cultural institution) はカウンティ議会により管理され、 一方、一般教育 (general education)、 公的水道施設 (public water utility)、 ゴミ集め (garbage disposal)、 高齢者介護 (elderly care)、 そして救援サービス (rescue service) は 都市自治体 (municipality) により管理されている。 ゴットランド (Gotland) は特別な場合で、一つのカウンティ議会と唯一の都市自治体 (municipality) があり、 カウンティと都市自治体 (municipality) の機能は同じ組織により実施される。

英国

英国は幾つかの 大都市カウンティ (metropolitan county) と 非大都市カウンティ (non-metropolitan county) に 分割されている。 儀礼カウンティ (ceremonial county) もあり、 これは小さな非大都市カウンティを、大まかには イングランドの歴史的カウンティに基づいて、 地理的地域にグループ化したものである。 1974 年に大都市カウンティと非大都市カウンティが 1889 年に導入された 行政カウンティ (administrative county) と カウンティ自治区 (county borough) のシステムの代わりになった。 カウンティは一般に 地域統計分類単位 - レベル 3 (Nomenclature of Territorial Units for Statistics のレベル 3 (NUTS 3)) に 属している。

イングランドの儀礼カウンティ

イングランドにおける非大都市カウンティは カウンティ議会 (county council) が運営し、 非大都市行政地区 (non-metropolitan district) に 分割され、この各々に議会 (council) がある。 英国の地方自治体 (Local authority) が通常責任を持つのは: 教育、 緊急サービス、 計画、 輸送、 社会サービス、 そして、幾つかの他の機能である。

イングランドでは、アングロ-サクソン時代にシャイア (shire) が課税のために 使用される地域として設立され、 そして通常、その中心に要塞化された町があった。 これはシャイア・タウン (shire town) あるいは後にカウンティ・タウン (county town) と呼ばれた。 多くの場合に、 シャイア (shire) はシャイア・タウン (shire town) にちなんで名付けられた (例えば ベッドフォードシャー (Bedfordshire))。 しかし幾つかの例外があり、例えば、 カンバーランド (Cumberland)、 ノーフォーク (Norfolk)、そして サフォーク (Suffolk) がある。 それ以外の幾つかの場合 -- 例えば バッキンガムシャー (Buckinghamshire) -- では、 現代のカウンティ・タウンはシャイアが命名された町とは違っていた。 (「英国のカウンティの地名リスト」 (Toponymical list of counties of the United Kingdom) を参照。)

カウンティの用語はノルマン人により導入され、 伯爵 (領主) (Count (lord)) により統治されつ地域を表すノルマンの言葉に由来した。 ノルマン語の 「カウンティ」 は単にサクソン語の 「シャイア」 (shire) であり、 ノルマン人はサクソン人の名称を踏襲した。 幾つかの伝統的なカウンティ -- エセックス (Essex)、 サセックス (Sussex)、そして ケント (Kent) が含まれる -- は アルフレッド大王 (Alfred the Great) によるイングランドの統一前のものであり、 元々は多かれ少なかれ、王国とは独立である。 (もっとも、ブリテン島の最も重要なサクソンの王国であるアルフレッド (Alfred )自身の ウェセックス (Wessex) は最早どのような形でも残っていない。)

北アイルランドでは、 カウンティが廃止されたわけではないが、 6 つのカウンティ議会は 1973 年に廃止され、 26 の地方政府行政地区 (local government district) で交代された。 伝統的な 6 つのカウンティは多くの文化的用途などの目的のために、 普通に日常使用されている。

ウェールズの 13 の歴史的カウンティは 1539 年に法令で固定され (もっとも ペンブルックシャー (Pembrokeshire) のようなカウンティは 1138 年からのもの)、 スコットランドのシャイアの大半は少なくともこの 時代からある。 カウンティのウェールズ語は sir で、これは英語のシャイア (shire) に 由来する。 この用語はウェールズのカウンティを表すために公的に使用された。 ゲール語の形では スコットランドの伝統的なカウンティの名称は siorramachd の指定により一般に区別される。 siorramachd は字義どおりでは 「シェリフの土地」("sheriffdom") であり、 例えば、 Siorramachd Earra-ghaidheal (アーガイルシャー (Argyllshire)) がある。 この用語はスコットランドの法律制度でシェリフ (sheriff) の管轄区に対応している。

スコットランドのカウンティ
1975 年の廃止時点
ウェールズの歴史的カウンティ 北アイルランドのカウンティ

1974 年まで、イングランドのカウンティの境界は 時間と共にほとんど変化しなかった。 中世には、幾つかの重要な市はそれ自身でカウンティの地位を与えられ、 例えば、 ロンドン (London), ブリストル (Bristol), そして コヴェントリー (Coventry) がある。 またアイランドシャー (Islandshire, [訳注:ノーサンバーランドの地域]) のような小さな飛び地が作られた。 1844 年に、これらの飛び地は周辺のカウンティに移管された。

1965 年と 1974 年 - 1975 年に、 イングランドとウェールズの地方政府の重要な再編により、 ヘレフォード & ウスター (Hereford & Worcester) のような新しい行政カウンティが 創設され (ヘレフォード & ウスター (Hereford & Worcester) は 1998 年に再び廃止されて元に戻され、 ヘレフォードシャー (Herefordshire) と ウスターシャー (Worcestershire) の 2 つの分離した歴史的カウンティに 領地の移管があった)、 そして、単一の行政単位として、大きな都市型地区 (urban area) に基づいた、 幾つかの新しい 大都市カウンティ (metropolitan county) も作られた。 スコットランドではカウンティ・レベルの地方政府は大きなリージョン (region) で置き換えられ、 これは 1996 年まで継続した。 スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、そして イングランドの大部分はより小さな ユニタリー自治体 (unitary authority) に向けた 傾向がある: これは 1960 年代に、レッドクリフ - モード報告 (Redcliffe-Maud Report) により提案された類似のシステムである。

注釈
[a] ^ フレンチ・インディアン戦争後のカナダ地固めの 1666 年は 1066 年のノルマン征服の 600 年後である。
[b] ^ 人口の中心が大きく、人口密度が高ければ、 これがカウンティ・レベルの機能を持ち、包含することである; これは通常、管轄権がある立法組織が通した特別法の下で実施される。
[c] ^ 連邦制の国 (national government) --- 例えばドイツ --- は イングランドのカウンティに類似の大きさを持つ再分割がある。 フランスにはリージョン (region) とデパートメント (department, デパルトマン) があり、 これは同様に政府サービスを提供する。 どのサービスがどの政府部門, レベル, あるいは官吏に対応するかは、 国の憲法と立法府の領域である。
[d] ^ 例えば、ペンシルバニア州西部の ウェストモーランド (Westmoreland), ワシントン (Washington)