ページの最終校正年月日 :
ライン・シャフトの話

ライン・シャフトとは、動力源が 1 ヵ所しかない工場で、 中央の動力を末端の機械に伝えるシャフト (回転軸) のこと。水車、風車、あるいは蒸気エンジンを動力にする 工場では必要不可欠であった。効率を上げるためには、平屋ではなくビルに設置する必要があり、 19 世紀の工場は常にビルになっていた。但し振動が激しい 機織りシェッド (機織り工場) は例外的に平屋にせざるを得なかった。

ライン・シャフトを設置する人がミルライト (millwright) です。 英和辞書には millwright の訳語を 「水車大工」としているので、ミルライトの仕事内容を理解しておらず、 このような仕事が日本に存在しなかったことが明白となります。 製糸工場にはミルライトが必要ですが、ミルライトが必要とされるようなことがなかった可能性があります。 (ミルライトが必要な時は、工場の機械が故障したときとか、 工場での生産量を増やすような時が該当すると思われます。)

ライン・シャフトが姿を消すのは、工場が電化され、工場の動力源が多くの電動モーターになった時で、 日本では大正時代ごろにこれが起きたはずである。但し、日本では元々産業がなかったと思われるので、 工場が電化する変化は第二次世界大戦後にずれ込むと思われる。

  1. ライン・シャフト