ページの最終校正年月日 :
フリーホールドに関わる話
  1. 農奴制 (古代末期、中世前期に進展、国によっては 19 世紀中頃まで継続)
    • ヴィレン (Villein) (一番普通な農奴、 土地に結び付けられたヴィレン・リガーダントと土地と分離して売買できたヴィレン・イン・グロスがいた。 日本の平安時代に神社仏閣に土地が寄進された時に、土地には農民が付属しており、ヴィレン・リガーダントに類似している。)
    • コピーホールド (Copyhold) (借地権の形式)
  2. フリーホールド (法律) (自由土地保有権)
  3. 荘園法廷 (Manorial court) (民事及び軽微な犯罪が対象、 刑事犯罪はハンドレッド法廷の対象)
  4. シャイア法廷 (Shire court) (控訴裁判所として機能)
  5. リート法廷 (Court leet)、 (荘園法廷は民事及び軽微な犯罪が対象であったが、そのうち ハンドレッド法廷の刑事犯罪を扱うように変化し、これがリート法廷とよばれた。)
    • ハイド (単位) (Hide (unit)) (課税を目的にした土地評価、大きさではなく、生産する利益に基づく。)
    • フランクプレッジ (Frankpledge) (日本の 1596~1626 年頃の自治組織である 10 人組 に類似するもの。 フランクプレッジは中世初期 (5 世紀末 or 6 世紀から 10 世紀) と中世盛期 (1000 年から 1300 年代) のもので、元々はハンドレッド法廷の管轄です。)
    • タイジング (Tithing) (初期には 10 家族を養える土地の広さ、フランクプレッジの単位。 100 家族を養えることができた土地の広さをハンドレッドと呼び、これがタイジングに分割されていた。 タイジングのグループはリート (leet) と呼ばれるようになり、中世末期には、この裁判権はリート法廷と呼ばれた。)