ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

List of steam fairs - Wikipedia

このページに紹介されている 「蒸気祭り」 は大抵主催者のホームページがあって、 そちらの方にリンクが張ってあり、Wikipedia の方に項目があるのは非常に少ないのが実情です。 しかし Wikipedia 以外のページをそのまま翻訳するとコピー・ライトに抵触する可能性が あるので、翻訳は Wikipedia の項目に限定しています。

蒸気祭りは基本的には農業への応用が中心となっています。 これは蒸気エンジンの応用が最も多かったのが農業と思われるためです。 19 世紀末の米国 (日本の明治時代) では、農民はほとんど誰もが蒸気エンジン (これは現代の農業機械の先駆) を使用していたと思われます。 初期の蒸気エンジンは高価であったため、英国鉱山の揚水エンジンとして使用されていますが、 普及品の蒸気エンジンが出回った時には、農家が最も多く蒸気エンジンを利用したのではないかと思う。 (現在の大型農業機械の原点になっている。) また農業機械には多くの鋼が使用されている (犂あるいはプラウの延長) ので、 鋼と蒸気エンジンを最もよく利用したのは農業ではないかと思う。

蒸気祭りのリスト (List of steam fairs)

蒸気祭り (あるいは、蒸気ラリー) とは、 歴史的な蒸気動力の車両と機械の、定期的な組織化された集会の事で、 一般に開かれたものである。 典型的な展示品に含まれるものは: トラクション・エンジン蒸気ローラー蒸気ワゴン蒸気乗用車である。 しばしば、範囲が拡張されて、他の歴史的な展示品が含まれ、 例えば静止エンジン、内燃エンジンを動力とする道路輸送、 農業用車両、建設用車両、馬、木工等の機械などがある。

典型的な蒸気祭りを構成するのは:

次はこのような集まりの地理的な一覧で、これらの幾つかは ラリー (決起集会) ともお祭り (フィスティバル) とも呼ばれている。 このリストには固定した場所にある蒸気博物館は含まない、 但し、この分類に相当する特別なイベントを開催する場合は別である。

これに付け加え、蒸気を動力とする幾つかの移動する見世物がある。 これらが蒸気祭りと延久されている場合には、以下のリストに含まれている。

  1. オーストラリア
  2. カナダ
  3. アイルランド
  4. オランダ
  5. ポーランド
  6. 英国
  7. 米国
オーストラリア
カナダ
アイルランド
オランダ
ポーランド
英国
固定場所のイベント
移動ショー
米国