ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Four Counties Ring - Wikipedia
フォー・カウンティーズ・リング
(Four Counties Ring)

フォー・カウンティーズ・リング (Four Counties Ring) は運河リングで、イングランドの 4 つのカウンティ -- チェシャー (Cheshire)、 スタッフォードシャー (Staffordshire)、 シュロップシャー (Shropshire)、 そして ウェスト・ミッドランズ (West Midlands) -- を接続している。

トレント・マージー運河からワードル運河
への通過は左の橋の下を通る。
  1. ルート
ルート

フォー・カウンティーズ・リングはナロウボートの休日に 色々な景色と航行を提供し、 チェシャー、シュロップシャー、スタッフォードシャー、及び ウェスト・ミッドランズに連れていく。 呼び物に含まれるものに: ストーク・オン・トレント製陶地域の産業歴史遺産、 チェシャーの豊かな放牧地から、 シュロップシャーの人里離れた驚くべき砂岩の石切り場がある。 このルートは、長さ 110 マイルで、94 基の水門があり、 通常は休日のボート乗りに使用される。 精力的な乗組員はリングをわずか一週間で完成できるかもしれないが、 丸々一週間終日航行したいと思わない人は典型的には 2 週間かかる。

リングは 5 つの運河の一部分を通り抜け、ミドルウィック・ジャンクションから時計回りの順番に列挙すると:

ワードル運河

短いワードル運河は現在は通常、 シュロップシャー・ユニオン運河ミドルウィック支線 の 1 部分と考えられている。 これは長さがおよそ 100 ヤード (91 m)、 入り口を越える橋と水門がある。 1829 年にジャンクションにおける制御を保持するためにトレント・マージー運河により 建設された。

ミドルウィック支線

ミドルウィック町の環境を通り抜けてから、 2 本の水道橋が A530 道路とウィーロック川 (River Wheelock) を越えて、 ミドルウィック支線を通している。 支線の残りは全く田園的で、農地と森を通り過ぎる。 スタンソーン水門 (Stanthorne Lock) で上昇し、 クルー (Crewe) とウィンスフォード (Winsford) の間の西海岸本線 (West Coast Main Line) が横断する。 橋の向こうでは、ウィーバー川が運河のすぐ西にあり、 ウィンスフォード・トップ・フラッシュ (Winsford Top Flash) が良く見える。 これは塩の摘出による地盤沈下から生じた大きな湖である。 ルートはチャーチ・ミンスハル (Church Minshull) を通り過ぎ、 これは著作家で運動家であるトム・ロルトにより広まった場所で、彼はボートクレッシー (Cressy) でここに立ち寄った。 この後で、別の水道橋でウィーバー川を横断する。 もう 2 つ水門があり、チェスター・クルー鉄道 (Chester and Crewe Railway) を通す橋で分離されていた。 この後で、ルートはバーブリッジ・ジャンクション (Barbridge Junction) に到達し、 シュロップシャー・ユニオン運河本線に到達する。 支線は長さ 10 マイル (16 km) で、3 基の水門があり、 これにワードル運河の 1 基の水門が追加される。

シュロップシャー・ユニオン運河

バーブリッジ・ジャンクションで、フォー・カウンティーズ・リンクは 左折し、南東に向かう。 ジャンクションとナントウィッチ (Nantwich) の間の最初の区間は元々 1770 年代に 建設されたチェスター運河の一部分であったが、 一連の合併により、これは 1846 年にシュロップシャー・ユニオン運河の一部分となった。 チェスター運河の水門は 9 フィート (2.7 m) の幅で、 ナントウィッチ支線の 7 フィート (2.1 m) ではなかった。 もっともジャンクションとナントウィッチの終端ベイシンの間には水門がなく、違いは全く明らかというわけではない。 短距離の後に、シュロップシャー・ユニオン運河システムの別の支線がハーレストン・ジャンクション (Hurleston Junction) で西に向かう。 これはジャンクションに近い 4 基の水門を通って上昇し、 ランゴレン運河 (Llangollen Canal) と名称を変えた (rebranded)。 ナントウィッチのすぐ北でオーサーリー・ジャンクション (Autherley Junction) に接続する バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河 (Birmingham and Liverpool Junction Canal) の建設前にチェスター運河が終了したベイシンがある。 これはナロウ運河で、水門と橋の (かかる運河の) 狭窄部の幅は再び 7 フィート (2.1 m) である。

バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河は 1835 年まで開通しなかった。 この時までに運河は初期の運河のように等高線に沿って建設されることはなく、 ルートは随分とまっすぐな区間で構成され、水門は連続水門にまとめられた。 ルートはナントウィッチの近くで A534 道路を越えて横断するが、人口の中心地の 西で通過する。 これはナントウィット・ウイットチャーチ鉄道 (Nantwich to Whitchurch railway) の下を通過し、次にハック・グリーン (Hack Green) の 2 つの水門を通り抜けて上昇する。 オードレム (Audlem) で 15 基の水門は運河の水位を 93 フィート (28 m) 持ち上げ、 アダーリー (Adderley) の別の 5 基の水門は 31 フィート (9.4 m) 持ち上げる。 開けた田園地帯はマーケット・ドレイトン (Market Drayton) の町で短期的に中断され、 ここでは荒れはてた波止場が若返った。

もう 2 基の水道橋が小さな道路とターン川を横断し、 5 層タイリー水門 (Tyrley Locks) を通り抜けて、 別に 33 フィート (10 m) 上昇する。 次の区間では元々の建築者の技術が視認できる。 というのは運河は高いシェブドン盛土 (Shebdon Embankment) の頂上にあって、 グラブ・ストリート掘割 (Grub Street Cutting) を通り抜けるからである。 この向こうにはノーベリー・ジャンクション (Nobury Junction) があり、 これはもはや適切なジャンクションでない。 もっともシュルーズベリー運河の最初の水門はドライ・ドックに転換され、 この上流の短い区間は係留場所に使用されている。 この場所には広いベイシンと ブリティッシュ・ウォーターウェイズの倉庫がある。 すぐ南にはシェルモア盛土 (Shelmore Embankment) があり、 2 つの道路トンネルが貫通している。 建設時期には継続的な地滑りの問題があり、 これはバーミンガム・リバプール・ジャンクション運河で完成した最後の部分で、 これは建設するために途切れの無い 5 年半が必要であった。 両端の氾濫ゲートは決壊した場合に運河の残りの部分を保護している。

グノソール (Gnosall) では、運河は見捨てられた鉄道橋と A518 道路の下を通過し、 その後でカウリー (Cowley) で短いトンネルに入る。 これは深さ 81 ヤード (74 m) で、抜けると深い掘割 (cutting) になり、ほとんど垂直な側面になる。 掘割と盛土 (もりど、embankment) により運河はウィートン・アストン (Wheaton Aston) まで到達することが可能で、 ここに唯一の水門があり、この後で、 ストレットン・スポイル・バンク (Stretton Spoil Bank) により、 運河はストレットン水道橋に至り、 これは A5 道路を横断する鋳鉄の構造である。 A5 道路はこの場所ではローマ帝国のワトリング・ストリート (Watling Street) のルートをたどっている。 ベルバイド貯水池 (Belvide reservoir) は道路のすぐ向こうにあり、運河の主要な水源である。 運河は M54 自動車道の下を通過する時に水平なままでオーサーリー・ジャンクションに到達し、 ここに停止水門がある。 バービッジ・ジャンクションとオーサーリー・ジャンクションの間で、 ルートは 42.1 マイル (67.8 km) にわたり、29 基の水門がある。 中央の水平区間は長さ 17.4 マイル (28.3 km) である。

スタッフォードシャー・ウスターシャー運河

オーサーリー・ジャンクションでルートは急激に左に折れ、 北西方向にスタッフォードシャー・ウスターシャー運河をたどる。 ここでは水門は連続水門ではなく、 単独の水門として登場する傾向がある。 しかし最初の区間は頂上区間の 1 部分で、最初の 7.8 マイル (12.6 km) は水平である。 主な輸送路がこれを横断し、これに含まれるものは: M 54 自動車道、 A 449 ウォルバーハンプトン・スタッフォードシャー道路、 スタッフォードシャー・ウスターシャー鉄道、 ロンドンからノース・ウェールズに至る A5 道路である。 A5 道路の手前に、ハザートン支線の残部があり、 今ではハザートン運河と名称を変えて、活発な復原運動の 対象となっている。 A5 道路そばの少し東に、2 つのゲイリー貯水池 [訳注:ゲイリー・アッパー貯水池、ゲイリー・ローワー貯水池] があり、 これはハザートン支線で運河に給水できるが、今ではほとんどこの目的には使用されていない。 ゲイリー・トップ水門は道路橋の直前にあり、そのあとで 4 基の水門が続く。 貯水池は運河からは見えない。というのは M6 自動車道路が貯水池と運河の間に建設されているからである。 ここは運河沿いにおよそ 0.5 マイルを走る。

運河はしばらく自動車道路を離れ、ペンクリッジ (Penkridge) の中心を通り抜け、ここに 2 基の水門がある。 自動車道路が西岸に横断する前に、もう 1 基が北にある。 もう 2 基の水門とアクトン・トラッセル村 (Acton Trussell) のあとで、自動車道路は西に向きを変えて、 スタッフォード (Stafford) をバイパスし、運河は再び穏やかになる。 Deptmore 水門の直後に運河はペンク川 (River Penk) の支流を横断する。 この川はペンクリッジ (Penkridge) 以来、運河のそばを流れていた。 運河は A34 道路がラドフォード橋 (Radford Bridge) で横断してから 北へ続き、次に南東に曲がる。 ペンク川は屈曲部の近くでソウ川 (River Sow) に合流し、 スタフォードシャーに貢献したソウ川水路 (River Sow Navigation) とのジャンクションがある。 スタッフォードへの接続を復元する計画がある。 運河は今やソウ川峡谷をたどり、ティクソール水門 (Tixall Lock) の少し手前で川を横断する。 水門の向こうにはティクソール・ワイド (Tixall Wide) があり、 運河よりは湖のようで、ティクソール・ハウス (Tixall House) からの光景が損なわれないように建設されたと思われる。 グレート・ヘイウッド・ジャンクション (Great Haywood) のすぐ手前で、 運河は水道橋でトレント川を横断する。 オーサーリー・ジャンクションからの距離は 20.5 マイル (33.0 km) に渡り、 12 基の水門がある。

トレント・マージー運河

ジャンクションで、リングは再び左折し、 トレント・マージー運河を北上する。 運河はトレント峡谷をたどり、ルージリー (Rugeley) からストーク (Stoke) に至るまでの A51 道路と 鉄道と同様である。最初の 4 基の水門は広範囲に広がっているが、 ストーンにはもう 4 基ある。これらはとても深く、平均の落差は 10 フィート (3.0 m) である。 この後にミーフォード水門 (Meaford lock) とトレンタム水門 (Trentham lock) があり、田園地帯が無秩序な都市の広がりに置き換わる。 ストーク・オン・トレントの南端で、トレント川は北東に向きを変え、 一方、運河は水道橋でこれを横断して北西に向かう。 カルドン運河とのジャンクションの手前にはもう 5 基の水門がある。 この運河はトレント・マージー運河の支線として建設されたが、 現在は別の運河と思われている。 運河を建設した技術者であるジェームス・ブリンドリーの大きな彫像が、このジャンクションを見下ろしている。 このジャンクションは頂上区間の開始でもあり、リングはここからミドルウィックの開始点まで降下する。

ルートはバーズレム支線 (Burslem Arm) とのジャンクションを屈曲して通り過ぎ、次にウェストポート・パーク湖 (Westport Park Lake) を通り過ぎる。 次にルートはヘアーキャッスル・トンネルの南の入り口に直線で向かう。 現在のトンネルは丘を通り抜けて建設された 2 番目のものである。 ブリンドリーの最初のトンネルは 1777 年に完成したが、およそ 1.75 マイル (2.82 km) で、 曳舟道がなくボートがレギングで通り抜ける必要があるためネックとなった。 これが鉱山の地盤沈下で影響を受けてから、 トーマス・テルフォードは第 2 の平行なトンネルをデザインした。 テルフォードのトンネルの長さは 2,926 ヤード (2,676 m) で、 通り抜ける交通の速度を上げるために、電動タグ・ボートが 1914 年と 1954 年の間に使用された。 北の入り口のすぐ向こうに、マックルズフィールド運河が南に分離して、 本線に平行に走り、2 つの水門を通り抜けて降下し、水道橋で通り越して北に向かう。

本線は北西に向かい、水門はもっと頻繁となる。 ハサル・グリーン (Hassall Green) で M6 自動車道路が横断し、 ルーカリー鉄道橋 (Rookery Railway Bridge) でクルー・ストックポート鉄道 (railway line from Crewe to Stockport) が横断する。 水門は運河の水位を降下させ続け、ワードル運河とのジャンクションの直前にはミドルウィックのキングズ水門 (King's Lock) がある。 リングはトレント・マージー運河の 37.4 マイル (60.2 km) に及び、49 基の水門を通り抜ける。