ページの最終校正年月日 :
湿地帯の話

以下、イングランドの昔の湿地帯であるザ・フェンズの話をまとめたもの。 地域が広いため焦点がぼけるようであれば、 フォス・ダイク (ローマ帝国の運河) と ウィザム川を先に読む方が良い。 この 2 つを合わせるとトレント川からウォッシュ湾に至る河川水路になる。 ザ・フェンズには多くの排水路があり、ここに多くの排水用の風車があった。産業革命の時に、 これが蒸気エンジンに代り、水路が石炭を運ぶための運河の役目をした。ザ・フェンズの干拓は人がほとんど住んでいない時代から 開始しており、ずっとやりやすかったと思われる。

ザ・フェンズとオランダの間には北海があり、どちらも類似の地形である。古代には 2 つの場所は地続きであった。

  1. フェン (Fen) (湿地帯の 1 種、 この形式の湿地帯であったザ・フェンズが干拓されてイングランドの穀倉帯になった。)
  2. カー (Carr) (湿地帯の 1 種)
  3. ザ・フェンズ (The Fens) (フェンランズ (fenlands) とも呼ばれ、イングランド東部のウォッシュ湾の沿岸にある昔の湿地帯 (現在は干拓されている)。 この場所とオランダとは地形的に似ている。中間に北海があるだけ。)
  4. ザ・ウォッシュ (ウォッシュ湾、The Wash) (イングランド東海岸のイースト・アングリアの長方形の湾、 ザ・フェンズの水の流出先)
  5. カー・ダイク (Car Dyke) (ウィザム第 1 地区 IDB の地図で部分的位置がわかります。運河のようなローマ時代の構築物)
  6. 集水ドレイン (Catchwater drain) (排水構造)
  7. スクープ・ホイール (すくい車、Scoop wheel) (水車の逆をする、揚水車、当初は干拓用に使用、そのうち遠心ポンプが取って代わる)
  8. ドッグダイク・ポンプ場 (Dogdyke Pumping Station) (以下、ザ・フェンズの干拓施設)
  9. ストレタム・オールド・エンジン (Stretham Old Engine)
  10. プリックウィロウ博物館 (Prickwillow Museum)
  11. ピンチベック・エンジン (Pinchbeck Engine) (バッタリー会社によって製造された蒸気エンジン。)
  12. ウィザム第 1 地区 IDB
  13. ウィザム航行可能排水路 (Witham Navigable Drains)
  14. サウス・フォーティ・フット・ドレイン (South Forty Foot Drain)
  15. ミドル・レベル水路網 (Middle Level Nabigations)
  16. ザ・ヘイブン、ボストン (The Haven, Boston) (ウィザム川とウォッシュ湾を結ぶ川、排水路)
  17. ボグ (Bog) (泥炭が累積する湿地帯)
  18. 泥炭 (ピート、peat)
  19. ザ・ブローズ (The Broads) (ノーフォーク・ブローズ、あるいは湖沼地方とも呼ぶ。)
  20. ノース・ウォルシャム & ディラム運河
  21. ウェリー (渡し船、イングランドの内陸船)
  22. キールボート
  23. ノーフォーク・ウェリー (ザ・ブローズにおけるウェリーの変種、大きな帆がある)