ページの最終校正年月日 :
建築の話
  1. イングランドのゴシック建築
  2. ノルマン建築 (ノルマン人の影響下でのロマネスク様式)
  3. オープス・ガリクム (Opus gallicum)
  4. 妻壁 (gable)
  5. コース (建築) (Course (architecture))
  6. 修道院 (Abbey)
  7. イーリー大聖堂
  8. ソールズベリー大聖堂
  9. エクセター大聖堂
  10. ウェルズ大聖堂
  11. リンカン大聖堂
  12. ダラム大聖堂
  13. ボーヴェ大聖堂
  14. 大聖堂構内 (Cathedral close、大聖堂境内)
  15. チャプター (宗教) (Chapter (religion)) (カトリック教会などにおける聖職者の組織)
  16. 俗人聖職者 (Lay clerk) (合唱代理牧師 (vicar choral) とも呼ばれる、聖歌隊で歌う。)
  17. ランセット窓 (尖りアーチの窓、初期ゴシック様式に典型的)
  18. ムリオン (mullion、窓の縦仕切り)
  19. 葉形模様 (foil、ゴシック建築とイスラム建築に見受けられる)
  20. オージー (Ogee)
  21. トレーサリー (Tracery) (窓の飾り、ガラス (ステンドガラス) を固定するためのもの)
  22. レイヨナン (Rayonnant) (ゴシック建築の様式、「放射する」の意味)
  23. フランボイヤント (Flamboyant) (末期ゴシック建築の様式、「炎のような」の意味)
  24. バラ窓 (Rose Window)
  25. オクルス (Oculus、最初は穴だけの丸い窓)
    ヴォールト
  26. ヴォールト (建築) (Vault (architecture)) (アーチで作った天井)
  27. バレル・ヴォールト (Barrel vault、半円アーチで作った半円筒型天井)
  28. グロイン・ヴォールト (Groin vault、 直交する同じ半径のバレル・ヴォールトから作られた天井が構成要素になる。)
    • 回廊ヴォールト (Cloister vault、グロイン・ヴォールトと類似しているが異なる種類。)
  29. リブ・ヴォールト (Rib vault、リブ (肋骨) で支えられた天井、 グロイン・ヴォールトより取り扱いがずっと柔軟になった)
  30. 扇型ヴォールト (Fan vault、扇型をしたリブ・ヴォールト)
  31. ペンダント・ヴォールト (Pendant vault)
  32. タ・ド・シャルジュ (tas de charge)
  33. ボス (建築) (Boss、リブの交差部に設置される飾り)
  34. リアーン (ヴォールト) (Lierne (vault)、細分されたリブ・ヴォールト)
  35. バットレス (Buttress) (重い壁を支える構造。)
  36. フライイング・バットレス (Flying Buttress、空中にあるバットレス)
  37. ソロモンの柱 (ねじれた柱)
  38. バシリカ (元々はローマ帝国の公共の建物の形式、キリスト教の教会に採用され、大聖堂の標準的な型式になる。)
    教会
  39. カテドラ (Cathedra) (司教 (bishop) のイス (座)。これがある教会が大聖堂 (cathedral))
  40. クワイヤ (建築) (教会や大聖堂で聖歌隊 (クワイヤ) のいるべき場所)
  41. チャンセル (内陣) (クワイヤ + 聖域)
  42. アプス (後陣) (内陣の後ろ)
  43. アンビュラトリー (後陣の主祭壇を囲む曲がった廊下)
  44. アプス・チャペル (アンビュラトリーから後方に飛び出た礼拝堂)
  45. ルード・スクリーン (主祭壇とネイブの間のスクリーン (仕切り)、色々な変遷)
  46. プルピタム (主祭壇とネイブの間のスクリーン (仕切り) には色々な変遷)
  47. パークローズ・スクリーン (これもスクリーン (仕切り)、 訳注で、寄進礼拝堂と荘園礼拝堂の解説)
  48. ネイブ (会衆席;教会、大聖堂で信者がいる場所)
  49. トランセプト (翼廊、十字型教会でネイブに交差する部分)
  50. クロッシング (建築) (ネイブとトランセプトの共通部分)
  51. ランタン塔 (クロッシングに設置する塔で明かり採りになっているもの)
  52. トリフォリウム (ネイブの上方にあった狭い廊下)
  53. クリアストーリー (高窓階、ネイブの上方の高窓)
  54. ナルテックス (キリスト教初期等で、ネイブの西端にあった出入り口)
  55. ミゼリコード (修道士が起立中にもたれる折りたたみ椅子の裏のでっぱり)
  56. 回廊 (cloister) (元々修道院にあった施設、中庭を形成する廊下)
  57. 尖塔 (spire) (教会などにある先細の塔)
  58. 小尖塔 (pinnacle) (単なる飾りの事もあるが、とても重くて重しの機能があることがある。)
  59. ライン川の兜 (ラインラントにあった尖塔の形式)
  60. ミンストレル (吟遊詩人、元々は色々な意味があったが、16 世紀から、歌を歌い、楽器を演奏する人)
  61. ミンストレルのギャラリー (大ホールなどの音楽家の演奏場所)
  62. 4-中心アーチ (チューダー・アーチともいう。)
  63. スパンドレル (アーチと長方形の枠の間)
  64. ペンデンティブ (スパンドレルの 3 次元版)
  65. ソロベイト (ドームの支え)
  66. ボール・フラワー (ボールの形の建築装飾、装飾ゴシック時代)
  67. アーケード (建築) (元々は連続したアーチの通路の事であるが、 アーチは通路をまたぐ必要がない)
  68. ブラインド・アーケード (通路になっていないアーケード)
  69. ガラスの歴史 (ガラスの製造は 3600 年前のメソポタミアに始まる。)
  70. フォレスト・ガラス (ヨーロッパ中世のガラス)
  71. クロウ・ビーカー (ガラスの器)
  72. ケイム (came)、ステンドグラスの鉛枠 (あるいは鉛の桟)
  73. ケイム・ガラスワーク (came glasswork)
  74. ステンドグラス
  75. 鉛明かり採り (leadlight)、ステンドグラスから絵画を取り除いたもの
  76. ティファニー・ガラス (Tiffany glass)
  77. 大聖堂ガラス (Cathedral glass)
  78. ポスト & リンテル (Post and lintel、柱と横木)
  79. コーベル (Corbel)