ページの最終校正年月日 :
道路の話

現代的な舗装道路の原点を作った人はテルフォードと呼ばれる人で、 それをマカダムが改良し、更にこれをタールで固めたタールマカダム (タールマック) が登場し、これが現代のアスファルト道路に変化した。

現代の鉄の橋の原点は鋳鉄製の アイアンブリッジです。 アイアンブリッジの建築は手探りでしたが、テルフォードは数多くの鋳鉄製の橋を建築した最初の人で、 彼は自由に橋を建築できた。 この意味ではテルフォードは現代の鉄の橋の原点にいる人です。 テルフォードがどのようにして鋳鉄の橋を設計 (デザイン) したのか、どこにも詳しい説明がありませんが、 石のアーチ橋の建築の真似をしたことはほぼ明らかです。テルフォードは石のアーチ橋も数多く設計 (デザイン) しているのでこの点は間違いないことでしょう。 テルフォードが鋳鉄の橋を建造し始める端緒はポントカサルテ水道橋です。 この建設後にテルフォードは数多くの鋳鉄の道路橋を設計 (デザイン) しています。 (水道橋の方が道路橋よりも設計が容易であったのです。負荷の変動がない。) 以下にテルフォードがデザインした橋のリストが載っていますが、恐らくこれは彼がデザインした橋の一部で、 到底全部とは言えないようです。著しく多くの橋をデザインしている。

テルフォードは鋳鉄製の橋を部品に分け、鉄工場で部品を製造させ、 現地でボルトで組み上げる方式を取っています。 そのため、デザインと称するものは単に見かけ上のことではなく、 橋の構造の生命を与えているのです。

テルフォードの鋳鉄製の橋は石の橋と同様にアーチを基礎に置いており、 これを理解できていなかった人も随分いるようです。後年 (19 世紀後半) に 数多くの鋳鉄の橋が崩落して、大惨事となりました。 これは鋳鉄の橋がアーチを基礎におかないといけないことを理解していなかった人がいるからです。 (鋳鉄参照。) このことからもわかるように、テルフォードは時代を越えていた人なのです。 幾多の大参事のあとで、橋は究極的には鋼で作られるようになり、現代に至っているのです。

  1. ローマの道路
  2. 道路輸送の歴史
  3. 郵便馬車
  4. トーマス・テルフォード
  5. テルフォードがデザインした橋
  6. A5 道路 (英国) (テルフォードが改良・建造した道路)
  7. ホースリー鉄工場
    (テルフォード等がデザインした橋を鋳造した。)