ページの最終校正年月日 :

以下の話は ラインシャフト を翻訳中に気が付いた事実です。 昔の工場にはラインシャフト (動力伝達用の回転軸、フロントエンジン・リアドライブ自動車のプロペラシャフトのようなもの) と呼ばれる物が必要で、これを紹介した英文のページ (そして YouTube の動画) はものすごくたくさんありますが、 日本語のページが皆無であることに気が付きました。この ラインシャフトは昔の工場には必須 なものです。 このような工場の事を英語ではミル (mill) (水車、風車) と呼びます。 これ以外の後世の工場は英語ではファクトリー (factory) (機械ごとに電動の動力源がある工場) と呼ばれます。 ミル形式の工場はファクトリー形式の工場に変化しますが、英語ではこのような工場もいまだにミルと呼びます (典型例は textile mill (繊維工場))。 明治時代に日本にあった製糸工場はミル形式の工場ですが、これ以外にミル形式の工場は 事実上存在せず、後世に世界中にファクトリー形式の工場が登場してから、日本にもファクトリーが登場することになったのです。

ミル形式の工場では動力源が一ヶ所のため、動力伝達用のラインシャフトが必要となります。 このため ミル (工場、mill) は必ず数階建てのレンガ造りのビル (英国産業時代の典型的な建物) になり、平屋の工場がおよそあり得ない。

蒸気動力の工場はミル形式の工場なので、簡単に取り壊せないレンガ造りの建物となり、、 あったとすれば現在まで残っている可能性が高く、またラインシャフトの理由から、日本にも趣味でラインシャフト を使用している人が随分いても不思議ではない (これが YouTube の動画) が、これが皆無です。 以上のように、日本の蒸気動力の工場はほとんどあり得なかったことが確実となり、以下でこれを色々検証することにします。

従って、明治時代に産業革命が日本に起きたことは、あからさまな嘘になり、 その時点では日本に産業と呼べるものが皆無であったと言って良いと思われます。 つまり 日本に産業革命が起きたとされている明治時代の日本には産業が皆無であり、 日本の対外的な収入は基本的には麻薬の儲けのみであった。 (麻薬の儲け = 国家予算)

「明治時代の産業革命」 に関しての何百冊もの本が書かれていますが、これらの本の著者たちは 暴力団の顧問弁護士のような エセ学者 というべき人達で、 麻薬による儲けを隠蔽することを目的にしたエセ学問集団を形成していることがわかります -- 彼らは偽情報を巻き散らかした犯罪者です。 彼らのような人たちがいたから、日本に原爆が落とされるハメになるのです。

注意
20 世紀末から 21 世紀初頭にかけて、いつ頃か、はっきり覚えていませんが、大手の本屋さんの 日本史のコーナーに何百冊もの 「明治時代の産業革命」 の本が並んでいるのを目撃しています。 その時は、私はラインシャフトのことは知っていませんでしたが、 明治時代に産業革命が起きたはずがないことはすでに明白な認識を持っており、 「明治時代の産業革命」 のような本の著者は基本的に研究者と呼ぶには問題がありすぎ、むしろ暴力団関係者 とみなすべきであると実感し、 「アヘン帝国」は現在も継続しているのだと、認識を新たにしました。
第二次世界大戦前の日本に産業がなかったこと

ここで結論したいことは、第二次世界大戦前の日本には 製糸 (生糸) 産業以外に産業がなかったことです。 かっての日本の製糸産業は波及効果のない産業なので、 以上により第二次世界大戦前の日本には産業が事実上なかったことが結論されることになります。

製糸工場は、日本の本当の収入が麻薬だけであることを隠ぺいするために作られたもので、 本業を隠すために暴力団が土建業を表看板とするようなものです。日本はまさしく

アヘン帝国

であったのです。製糸工場だけの儲けでは、戦艦大和やゼロ戦を製造することは到底不可能ですが、 鉄道網の建設をすることも不可能であることが自明です。 産業がまるでない世界では、戦費も交通インフラの建設も (相対的に) 天文学的経費が必要となり、これがすべてアヘンの儲けでまかなわれた。

恐らく明治の改革者達 (?) は、 革命を恐れ、産業革命も恐れ、このどちらも起きないような政策を選ぼうとした。 明治・大正時代には随分と飢饉・洪水があり、偶発的な反乱から革命が起きることを恐れたのではないかと思う。 飢え死にが多発していたと思われるので、これを防ぐために農業の改良を本来すべきであった。 しかし、彼らはこれをすることを望まなかった。農民たちの生活が向上することを望まず、 その代わりに英国がインドに建設したように、反乱を未然に防ぐ鉄道網を全国的に展開しようとした。 こうすれば確かに革命を防ぐことができる。(そして反乱防止のための一意的な方法と思われる。) しかし、鉄道網の建設は、通常は産業化 -- 実際の産業革命 -- が必要となり、これが実質の封建制の崩壊に繋がることを恐れた。 そのため彼らは、革命を防止するために、産業革命なしに、鉄道網を建設するために麻薬を選んだ。 輸入をするために銀を必要とすることもあり、この解決方法 -- アヘン帝国 -- が彼らの選択肢となった。 つまり、明治維新 = アヘン帝国 である。

  1. 戦前の日本に産業がなかったこと、その 0 -- 日本では農業人口が大半であった
  2. 戦前の日本に産業がなかったこと、その 1 -- 日本には大気汚染がなかった
  3. 戦前の日本に産業がなかったこと、その 2 -- ラインシャフトがなかった
  4. 電動モーターの工場ではどうなるか ?
  5. なぜヨーロッパでは産業革命が簡単に普及したか ?
  6. 全く違うデータから
  7. 日本に産業がなかったことの意味すること
  8. 第二次大戦後の発展はどのようにして可能となったか ?
  9. 第二次大戦前からの技術力の継承はあったのか ?
  10. 日本はいつ繊維製品の輸出国であったのか ?
戦前の日本に産業がなかったこと、その 0 -- 日本では農業人口が大半であった

戦前の日本に産業がなかった根拠を以下に羅列しますが、 一番単純な根拠を忘れていました。 それは日本では第二次世界大戦前には、人口の大半が農民であったという事実です。 だから農業以外の産業に従事している人がほとんどおらず、 工場もほとんどなかったのです。

産業がほとんど皆無に近い明治時代に産業革命があったと称することはどだい荒唐無稽なことなのです。 産業化をはかるためには、農業以外の産業に従事できる人を増やす必要があり、このためには 農業の効率化を真っ先に手掛ける必要があります。明治政府はこれをしていない。

製鉄は (太古の文明以来) 農業の効率化に必要とされたものですが、 日本の鉄は武器・弾薬の製造のために使われたのみで (しかもとても値段が高く)、 農業の効率化とはおよそ無縁のものでした。これでは産業革命は断じて起きない。 明治時代の人の考え方は正常ではない。

戦前の日本に産業がなかったこと、その 1 -- 日本には大気汚染がなかった

次の節では異なる観点から、製糸 (生糸) 産業以外に産業がなかったことを 結論したいと思いますが、もう少し簡単にわかることに関してここで議論をします。

第一に、仮に、戦前の日本に蒸気エンジンを動力に使用する産業が本格的に存在していれば、 大気汚染となり、スモッグが蔓延 していたはずですが、スモッグは第二次世界大戦後の 1960 年代後半に日本でほんの少々あっただけです。 つまり、日本には石炭を燃料にした産業がほとんどなかった のです。存在した産業はほとんどが電力を動力にした (従って産業は基本的には戦後に作られた) もので、 発電にも石炭をほとんど使用していない。(昨今の中国の大気汚染は石炭による発電が原因と思われる。) 日本の公害は排水による公害が中心で、 大気汚染は車が増えたことによるものが中心となり、 石炭を動力源にしたものではなかった。 従って、日本では石炭を動力源にしたことはほとんどなく、蒸気機関車のみがその例外で、 しかも蒸気機関車は大して走っていなかった。

訳注
これに関しては滑稽な話がある。 1960 年以前に、学校の授業などで、「日本の明治時代の産業革命は非常にうまくいったのだよ、 欧米のような大気汚染が少しもなかった。」 と称していた。これはあからさまな嘘で、日本の明治時代に 単に産業がなかったことを意味するだけです。

第二に、蒸気エンジンの重大な応用の一つに干拓がある。 古い時代の干拓には水を汲み出すのに風車を使用したが、 19 世紀には蒸気エンジンが使用されており (オランダ、英国)、これはかなり知られていることと思われる。 (湿地帯の話を参照。英国の干拓は 1600 年頃に始まっている。) しかし、日本の干拓は蒸気エンジンの時代ではなく、その後のディーゼル・エンジンの時代になり、 干拓が時代遅れになった時期に実施され、干拓と蒸気エンジンが結びついていない結果となっている。 つまり、日本では第二次世界大戦前に蒸気エンジンをまともに使用したことがないことがわかり、 ここからも日本には蒸気エンジンの工場がほとんどなかったことがわかる。

注意
  1. 干拓用のエンジンでは、後述する工場で使用されたエンジンのようにライン・シャフトが 不要で、エンジンのみが要求される。従って、蒸気エンジンの製造しかできなくても簡単に実地使用が可能である。
    1. イングランドの干拓用の蒸気エンジンの実例には ピンチベック・エンジン がある。
    2. オランダの干拓用蒸気エンジンの実例には クルヴィウス博物館 がある。
  2. 仮に日本で蒸気エンジンを製造できたとすれば、その時点で干拓に使用することはとても容易なはずです。 ヨーロッパで当初、干拓で水を汲み上げるためには スクープ・ホイールを使用しましたが、 これは日本の 水汲み水車とほぼ同じものです。日本の方は動力に水の流れを使用するだけなので、 これをスクープ・ホイールに切り替えることは造作もなくできるはずです。 (効率の良いポンプを使用するまでもない。) 従って、干拓に必要なのは、これ以外に動力が必要なだけで、蒸気エンジンを製造できれば、 これで干拓が可能となります。 (干拓の方が蒸気機関車の製造よりも先なのです。 蒸気機関車用の蒸気エンジンは小さくする必要があるので、干拓用の蒸気エンジンよりは開発が後になります。 (しかし実際は使用開始時期はあまり違わない。干拓用の蒸気エンジンの使用は 1820 年代 (ザ・フェンズ/現代の排水を参照。) このことからも戦前の日本の蒸気機関車は輸入品を パチクったものであると結論ができるのです。話の順番がおかしすぎる。)

第三の問題は水である。 日本人は戦前と戦後のことに関して同等に議論しようとしない。 戦後に問題となっても、戦前であれば問題とならないかのように議論する。

まず問題としたいのは 「琵琶湖疎水」 のことです。 「琵琶湖疎水」 は 物資の輸送路 + 飲料水の確保 を目的にして建設されています。 実は、ここに重大な問題が忘れ去られている。18 世紀後半から 19 世紀前半にかけて英国では おびただしい運河が建設され、これが、鉄道建設によって運河が時代遅れになり、19 世紀後半には 運河の役目が給水のみに限定されることが多くなります。 「琵琶湖疎水」 は先読みをして建設したのだと説明されれば、多分これでごまかされます。

確かに給水の目的には飲料水のことが入るが、これ以外に工業用水の問題が登場する。 これは当たり前の問題で、誰もがよく知っており、工業団地にはエネルギー (電源) と上下水道の問題は避けて通れない。しかし 「戦前であれば産業にとり、 工業用水の問題はあるはずがない」 との議論がまかり通ることになると思われます。 戦前の問題で水道のことに関して議論されるのは飲料水の事のみで、 産業化ではきわめて重大な工業用水の問題は議論されていない。 (現在、中国では産業革命の最中で、この水の問題 (飲料水と工業用水) は極めて深刻な問題になっていると思われます。) 工業用水のことが問題とされていなかったことは、 何の産業もなかったし、また産業を誘致する計画もなかったことを意味する。

注意
  1. 産業革命の時代の英国の運河 (or 水路) は非常に巧妙にできており、 多少条件は付きますが、産業にとって必要なものをすべて備えている。運河 (or 水路) が提供できるものは:
    • 物資の輸送手段 (原料の搬入と完成品の搬出)
    • 工場のエネルギーの提供 (動力を水車に頼るか、あるいは水路によって石炭の搬入をする)
    • 工業用水の提供 (水量が豊富であることが必要)
    • 排水の処理 (水量が豊富であることが必要)
    のすべてをまかなうことができたと思われます。 このうち、排水のことに関しては注意を払う必要があります。 英国産業革命の時に工場排水の汚染はすでに問題になっております。 (例えばソアー川汚染を参照。) 従って、産業革命に突入し、排水汚染を防止する法律ができていなければ、 必ず排水の汚染が問題となります。日本でこれが問題となるのは 日本チッソによる「水俣病」と 1960 年代末の水質汚染の社会問題があります。 以上から、日本の産業革命が起きたのは戦後の事であることは自明のこととなります。
  2. 汚染の問題には ルブラン法のアルカリ工場の深刻な汚染があり、汚染物質は現在でも英国にまだ残っている。 サンキー運河などを参照。

戦前、戦後の議論で、戦前の事を議論するのに戦後の論理は適用できないとされることが、そもそもおかしい。 但し、事態が変化することがあり、例えば工場の形態が変化するためで、同じ議論が適用できないこともある。 これは次の節で扱う。

戦前の日本に産業がなかったこと、その 2 -- ラインシャフトがなかった

ここで問題にしたいことは、第二次世界大戦前の日本に製糸工場以外に蒸気動力の工場があったか否かを、問題にします。 結果から言えば、かって日本に存在した蒸気動力の工場は生糸の製造工場以外には恐らく製材所しかなかった。

生糸の製造工場も製材所も蒸気動力の工場としては単純なものです。 一般的に 蒸気動力の工場は 4, 5 階建てのビルになる のにもかかわらず (多分製材所が例外的に平屋)、 日本語のホームページではこれがどこにも指摘されていない。 日本の工場の昔の絵は、横から見ると屋根がノコギリの刃のようになった平屋しかなく、 これは電動モーターを使用する工場です。 蒸気動力の工場にはライン・シャフトがつきもので、 これを指摘してある日本語のホームページがないことからも、 日本に本格的な蒸気動力の工場がなかったことが断言できます。 (英文のページではライン・シャフトに関してけたたましいくらいに多くのページがある。) 更にライン・シャフトを設置する人はミルライトで、 英和辞書には 「水車大工」 の意味が書いてある。 非常に的外れで、蒸気動力の工場がどういうものかまるで理解していない。

注意
  1. YouTube にはラインシャフトの動画が辟易するくらいたくさんあります。 作業場の機械を今でも昔の方法で駆動している (趣味と思われる)。この雰囲気が好きな人の気持ちが理解できそうです。 いかにも機械を扱っているような気分になるようです。
  2. ミルライトを 「水車大工」 と誤訳したのは、 辞書の編者たちが当時の工場のことを何も知らないからです。 ミル (水車、風車) の初期の形態では内部の機械はすべて木材でできているので「水車大工」の 訳語が当てはまりそうに見える場合がありますが、木でできた機械の中には歯車があるので、 伝統的な (製粉用の) 水車・風車に限定してもこの訳語では少し無理がある。
  3. 蒸気時代の工場はミルライトに全面的に依存していたはずです。 ミルライトの意味を正しく理解していないことは、このような技術者が日本にいなかったことを意味し、 更には日本に蒸気時代の工場がなかったことを意味します。 (生糸の) 製糸工場 (及び後述の製材所) は蒸気時代の工場に含まれますが、 動作機械が単純であったためマシン・トラブルがあったとしても少なく、 本格的なミルライトの必要性がほとんどなかったであろうと思われます。 工場の規模を大きくする作業や、 マシン・トラブルは本来の蒸気動力の工場では実に多くあり、 ミルライトは是非とも必要な人材だったのです。

以前の 林業振興課 紀州材の歴史|和歌山県ホームページに書かれていたことを引用すると、

なお、大正7年には、下津町に当時東洋一と呼ばれた龍王木材工業株式会社の製材工場が中西進重郎によって建設されました。 この製材工場では、蒸気692馬力を有し、 従業員255名のもとで竪鋸・丸鋸55台、帯鋸2台、目立機10台が稼働していました。 セイロン向けの茶箱が主な製品でしたが、昭和2年に金融恐慌のあおりを受け倒産してしまいました。 生糸の場合は輸出が半減した。

この製材所 (機械は全部輸入品と思われます) は少しまともな製材所で、ライン・シャフトが本格的に設置されていることがわかります。 (蒸気エンジンは一台のみです。) しかし、この工場は輸出品を生産している。 蒸気動力の工場では蒸気エンジンは馬力を上げれば上げるほど効率が上がり、 工場内で動いている機械が多くないと意味を持ちません。 しかし、こうなると当時の国内の需要ではまかないきれなくなるので、 輸出に頼らざるを得なくなるのです。だから世界大恐慌でつぶれた。

蒸気エンジンの利便性を追求する場合には極めて非効率な方法で 使用することがあります (例えばポータブル・エンジンを使用する場合、 そして蒸気機関車があります。蒸気機関車は効率の悪さではおそらくダントツです。)。 しかし工場で蒸気エンジンを使用する場合にはできる限りエンジンの馬力を上げて (蒸気エンジンは大きくする方が効率が上がる)、一台のエンジンに接続する機械の数を増やします。 (この方法は大昔の、大型計算機 + 端末機 の使用方法に極めて近い。) 蒸気エンジンは使用しない時に停止することができない。 停止するためには火を消す必要がありますが、これをすると再起動する時に大量のエネルギーが必要となります。 蒸気エンジンは工場の始業から終業 (夜間) まで停止してはいけない。

注意
  1. 蒸気エンジンの効率を上げるには 多段膨張エンジンなどの方法がありますが、 これはなるべくコンパクトにして効率を上げることを想定した場合の事で、 蒸気エンジンの効率を上げるためには単に大きくして馬力を上げる方法が一番単純です。 このようなことは日本語のページには一切出ていないので、日本人はまともに自力で蒸気エンジンを作ったことが ないことが明白です。製造したエンジンはすべてレプリカ (外国製品を購入して原理を理解せずに正確な模倣をしただけの製品) と 思われます。これは技術力ではない。 しかし戦前の日本人 (政治家、官僚、新聞記者、NHK) は、これこそを技術力と考えた。 戦後もこれこそ技術力と称していた人たちが随分といました。 (特許に関する国際条約に日本が加盟したあたり (東京五輪の頃) から論調が変化した。そして現在は作り話がまかり通っている。)
  2. 蒸気エンジンでは必要とされる馬力に応じて、エンジンを選択する必要があります。 例えば 10 馬力のエンジンを使用していた場合に、仮にエンジンの馬力を大きくして 20 馬力にする必要が出てきたとします。 内燃エンジンや電動モーターの場合であれば、単に 10 馬力のエンジン (あるいはモーター) を追加すると思います。 ところが蒸気エンジンの場合にはこれをすると大損になります。蒸気エンジンの場合には 10 馬力のエンジンの使用をやめて、 新しい 20 馬力のエンジンで置き換える必要があります。(2 基の 10 馬力の蒸気エンジンよりも 1 基の 20 馬力の蒸気エンジンの方が はるかに効率が高いためです。) そのため、蒸気エンジンを多く利用している文明では 必ずエンジンの中古市場がとても活発に存在しているはずです。 産業革命の時の英国では揚水エンジンに中古の蒸気エンジンを使用する話が随分登場しますが、その理由は以上の 効率の問題の結果と思われます。 (日本では中古の蒸気エンジンの話は聞いたことがないので、 蒸気エンジンを恒常的に使用していたことはあり得ないことがわかります。)

蒸気エンジンは効率を上げるためには、エンジンを大きくする必要がありますが、 これをすると生産される物資の量がとても増えてしまいます。 英国産業革命の時にも (蒸気機関車以前には) 英国本土には数千台程度の蒸気エンジンしかなく、 電動モーターのようには多くなかったのです。 これは工場にある 1 台の蒸気エンジンが駆動する無数に多くの機械があるためなのです。 工場に 2 台以上の蒸気エンジンがあれば、それだけで効率が落ちるため、 生産量を増やすには、エンジンの台数を増やすことをせずに、 エンジンを大型のものに交換しないといけないのです。

しかし、こうなると戦前の日本では方法が無くなるのです。 というのは、国民の大多数を占める農民はほとんど現金収入がないため、 消費者にはなることがなく、 生産される物資は輸出せざるを得ないのです。 そのため、蒸気動力の工場が戦前の日本にあったかどうかは、輸出品から明らかになり、 これは生糸しかないのです。 また上の林業に登場する工場は輸出しようとして、倒産したようですが、 これも輸出品から工場があったかどうかの判断ができたはずです。

また、以上の事実から、英国産業革命の時に、英国内で綿糸や綿布が蒸気エンジン (あるいは水力) で製造された時に、 英国内にすでに需要があったことがわかり、 英国内の多くの人にはすでに現金収入があったことがわかります。 この現金収入により、今まで 1 着しか買えなかった服を 2 着も 3 着も買うことができるようになったのです。 そして、この余剰収入を得るためには先に運河が建設されている必要があったかもしれません。 (しかし余剰収入は運河建設の以前からあったことは確実で、 非常に多くの マーケット・タウンが運河以前に存在していたし、例えば、手動の織機も日本のものよりはるかに効率が高かった。)

電動モーターの工場ではどうなるか ?

電動モーターが世に出た当初は極めて非効率的で、 ある程度の性能のものができたにせよ、蒸気エンジンの方が性能がよく、 過渡期には電動モーターも蒸気エンジンと同じように工場に 1 台だけの時代がありました。 この場合にも、ラインシャフトによって動力の伝達をする必要があるため、 蒸気エンジンの経験がない場所では、電動モーターの工場の可能性はありませんでした。

事態に変化が起きるのは、電動モーターの性能が上がり、 電動モーターが小型化して、機械ごとに電動モーターを設置することができるようになったあとのことです。 恐らく、この時に、日本でも (生糸工場以外の) 工場の設置が可能となったと思われます。 電動モーターは使用しない時には単にスイッチを消せばよいだけなので、 蒸気エンジンのように、効率のためにエンジンを停止することができないという、不都合なことがなくなります。 これで確かに機械化はできるのですが、需要が少なければ (消費者が少なければ)、 量産によるメリットはずっと少なくなるのです。 従って、産業化が起きるためには消費者が増える第二次世界大戦後に期待をせざるを得ないのです。

昨今の新聞を騒がせている韓国の第二次大戦中の徴用工の問題はこの電動工場の問題と思われます。 もともとこの工場は原理的に効率がよい可能性は少ないと思われ、 ただ働きにでもしないと意味がなかったのかもしれません。 (製造された物資は戦地でのハイパーインフレーション対策であったと思われる (新聞と嘘、あるいは誤報道 の中の アヘン帝国 / Japan Times に載った記事、その 3(軍票) を参照。))

注意
  1. 琵琶湖疏水の蹴上のインクラインには発電機があり、これで路面電車を動かしていましたが、 19 世紀のモーターは上に述べたように極めて非効率なので、産業用には使用できなかったはずです。 19 世紀の産業用の電動モーターの大きさは蒸気エンジンと大差なく (とても大きい)、 電動モーターにする利点がほとんどなかったようです。 しかし路面電車にはどういうわけだか使用できていた。(路面電車用には非力でもよかった ?)
  2. 第二次世界大戦前に日本にまともな電動工場があったか否かは調べていません。 今までの状況でほぼ明らかなのですが、(日本のかっての) 報道あるいは記録の類がほとんど信用できないので、 調べることが徒労である可能性が大きいためです。 しかし、電動工場があったとしてもこれは大正時代以後で、すぐにも昭和に入って世界大恐慌になります。 そのため第二次世界大戦前の日本によしんば電動工場があったとしても、活躍できる余地はほとんどなく、 活躍できたとすれば、これは戦後のことになる。
  3. しかし第二次世界大戦後には非常に違うことになる。 「農地解放」 のせいによると思われますが、途端に消費者が増えた。 そのため戦後の工場は恐らく最初から極端な人手不足であったと思われます。 私が中学生ぐらいの時 (1960 年代) の TV コマーシャルでは無人の製造ラインでマヨネーズなどが生産されていたと思う。 つまり、途端に人がほとんどいない無人工場ができた。
    戦後よくあった事例は最初から自動工場があったことです。 もしも、これ以前からの蓄積があれば、自動工場を作れば人員の解雇につながったと思われますが、 これがなかった。戦前からの蓄積がなかったから、自動工場が作りやすかった。
  4. 但し、この時の大々的な機械化に関してはその背景に問題があり、 1960 年代当初の識者達および新聞 (あるいは NHK) の論調は、機械使用を、道徳にそぐわないものとして否定した。 この時までは日本では機械化が毛嫌いされており、その点からも 明治時代に産業革命がなかったことは当時確信を持っていました。 しかしこの時には日本にも機械化の波が起き始めていたことに気が付きとても嬉しく感じていました。 そのため社会的に尊敬される識者が、機械化それ自身を否定する議論を再び展開するとは一切思っていなかった。 彼らはこれを 「日本人の考え」 と称していたと思います。 彼らは機械化を一般論から否定し、 一般庶民が牛馬のように働かないのは道徳規範に違反すると考えた。) (この時点では天皇・貴族・侍の上級市民の概念はまだ潜在的に残っており、 彼らが働かないのは道徳規範に合致しており、NHK の記者はその言質から 自身を上級市民と考えていたのは明白です。 恐らく 上級市民が下級市民を牛馬のようにこき使うことが産業革命である と考えており、 これを日本人の考えと称していたと思います。つまり 上級市民=日本人。)
  5. 識者による機械化の否定に同調したのが和菓子業者で、洋菓子業者 (チョコレートなど) は逆に機械化を押し進めました。 (多分、従業員がいなかったから機械化がやりやすかった。) あげくの果てに和菓子業者で生き延びたのは高級和菓子を作っていた老舗のみで、あとは全部潰れました。 (洋菓子に全部食われた。) 今日、安い和菓子を作っている業者もいますが、これはその後作られた企業です。
なぜヨーロッパでは産業革命が簡単に普及したか ?

英国で作られた綿製品の製造機械 (あるいは工場) は、すぐにもヨーロッパ大陸に普及します。 英国は木綿の製造機械などを直接国外に輸出することを非合法化しますが、 これは簡単にヨーロッパ大陸に普及してしまいます。というのは、産業スパイが英国で機械の製造法を覚え、 機械の図面を横流しして、これでヨーロッパにすぐにも普及したからです (ダーウェント峡谷水車工場群を参照。)

英国で、木綿の製造機械の輸出が非合法化されていましたから、日本も綿製品の製造機械を英国から輸入できなかったことは 当然のことですが、ヨーロッパのように簡単に綿製品の製造機械を作ることはできませんでした。 何故でしょう ? 日本の農民は現金収入がなかったため、消費者とはなり得なかったことも理由になりますが、 それ以外にも、極めて重要な理由があります。

注意
この段階で、はっきりしていることは、 綿製品の製造機械の輸出は英国で非合法化されていましたが、 機械の図面はヨーロッパ大陸で手に入れることができたことです。 (ダーウェント峡谷水車工場群 受け継いだものを参照。) そうであれば、明治時代の日本が、綿製品の製造機械の図面を手に入れることもできたはずです。 綿製品の製造工場が日本で建設されなかったのであれば、それは機械自身の製造法が困難であるかもしれませんが、 それ以外の理由もありそうです。

木綿の製造機械にはラインシャフトがあり、 このような機械がある工場は日本語ではこれは単に「工場」と呼ぶだけですが、 英語ではこれは「ミル」 (mill、水車あるいは風車) と呼びます。 私は翻訳する時に、水車による工場は「水車工場」のように翻訳していますが、これは一般的ではありません。 (水車のみであれば簡単ですが、風車 (windmill) も、蒸気動力によるミルもあるので原文がどれを指しているのか判断しないと いけないのでとてもややこしくなります。) 一番良くあるミルは製粉工場ですが、ミルは元々色々な用途に使用されており、 製粉工場以外でよくあったミルは製紙工場です。 原理は同じで、 「ミル」には一ヶ所に動力源があり、幾つもの回転軸 (ラインシャフト) と大きな歯車により動力が伝えられるのです。 このような工場を作る人がミルライトなのです。 (水車を動力とする工場で最も単純なものは カムを使用するだけなので、日本の水車と同じとなりますが、このような場合は簡単すぎてほとんどない。 少し複雑になって、ひき臼が複数ある場合や、風車の場合には大きな歯車が必ず必要となる。)

ヨーロッパ大陸の人々にとり、 水車、風車、あるいはこれが蒸気動力に変化しようと、 これは馴染みのミル (工場) であり、とても簡単に模倣でき、至極単純にヨーロッパ大陸に木綿の製造機械が伝搬したのです。 日本ではこのようなミル (工場) の模倣はとても困難であったと思われます。 日本にも製糸工場 (これもミル) があったではないかと主張する人もいるかもしれませんが、 製糸工場は恐らく外国人に丸ごと設計させているはずで、 このような工場を拡張することも、改良することもいずれもあり得なかったと思われます。 (これが可能であるためには、日本にミルライト (millright) がいないといけなかった。 英和辞典にミルライト (millright) の訳語として「水車大工」 の意味しか載っていないことから考えても、 日本には本来のミルライト がいなかったことが自明なのです。) 日本ではこの問題の解決が与えられたのではなく、工場の機械が個別に電動モーターによって動作するようになって問題点がなくなったのです。

ミルの建設が第二次大戦前の日本で困難であった理由として考えられる理由に、 ラインシャフト以前に「歯車」の製造があったのかもしれません。 職人であれば歯車の製造が容易であると思っている人がいるかもしれませんが、 経験だけで歯車の製造法を見つけるのはかなりむつかしいと思われます。 (かなり昔に 『微分幾何学による歯車製造法』 というような本 (表題は正確には記憶していない) を工学部のそばの本屋で見たのを覚えています。) しかし、ヨーロッパでは歯車はずいぶん昔から製造されています。(当初は経験で処理しているはずです。) 絶対に歯車が必要なものに「風車」があり、風車の建設は 12 世紀~13 世紀に始まると思われるので、 その頃からはヨーロッパで歯車が製造されていたことは間違いありません。 一方、ミルではありませんが、時計の製造にも歯車が使用されます。 江戸時代にも日本でも、大名時計などの製造でヨーロッパのイミテーションをしていますが、 ヨーロッパの時計は塔時計の形でも製造されており、 これは 14 世紀にヨーロッパ中に広まっています。 この時計は一般に盤面がなく、鐘の音で時刻を知らせるものでしたから、当初から歯車は動力を伝達して鐘を鳴らす必要がありました。 いずれにせよ、動力伝達としてのヨーロッパにおける歯車の歴史は随分長く、 これを単純にコピーすることは困難であった可能性があります。

注意
  1. 歯車の製造が困難であるのは次によっています。ある歯車があって、これを大きくしたいときに 単純に歯車を比例によって大きくしたのでは歯車になりません。 (大きさが全く同じ製品のレプリカの製造は容易なはずですが、 大きさを色々変える必要がある時には、単純にパチクるだけでは無理になります。) 一連の歯車を作るには、まず一つの歯車の歯の大きさと形を決めて、これに連動して全ての歯車の設計をする必要があります。 経験がなければ、ここで数学が必要になりますが、これは高校段階の数学では無理で、 例えば最初に微分幾何のような数学が必要となる。 (詳細は知りませんが隣接する歯車は歯車面が接するように作る必要があり、とても面倒なことをしないといけません。 しかし、やり方を覚えればあとは単純な繰り返しになり工学の世界になると思われます。) これが明治時代に木綿の製造工場が日本にあり得なかった理由の 1 つと思われます。
  2. ではなぜ、ヨーロッパでは歯車が製造できたのでしょうか ? ヨーロッパでは元々機械は木造であったことがその理由であったろうと思われます。 従って、歯車も木でできていたのです。 歯車を切り抜いても、最初はあっちこっちに引っかかってスムースに回転しないはずですが、 木造であれば、引っかかる場所を切り取ればしまいです。 だから木造の歯車の製造はずっと簡単で、製造法を完成するのに何百年が必要であったとしても、 製造法を覚えてから、鉄製の歯車に変更することはとても単純なことです。 しかし、明治時代の日本人が機械を作ろうとすれば、当然、最初から鉄製の機械を作ろうとするはずで、 (しかも当初は数学を勉強するはずがなく) これではうまくいくわけがありません。
  3. 以上から、日本で歯車の設計がまともに可能となるのは第二次世界大戦後と思われる。
  4. 英国の方がよいことづくめに見えますが、1960 年代に英国を批判した文章を読んだ記憶があり、 「英国の数学は実用的な場合には優れているかもしれないが、独仏の数学のように理論的に優れたものは ないではないか」 と記述されていたのを覚えています。 産業革命時代の英国では必要性から実用的な数学が中心となり、またそれを開拓した人も技術者に近く、 その現代の延長線上に工学があるのではないかと思います。

明治時代の製糸工場に関しては、外国人に設計を全てまかせ、部品はすべて外国から取り寄せれば、 工場を稼働させることはできたはずです。 しかも (生糸の) 製糸工場は仕組みが非常に単純なので故障もほとんどあるはずがなく、 動かすことにもほとんど問題がなかった可能性があります。 (ロンブの水車工場を参照。)

しかし一般の蒸気動力の工場の建設は困難であっても、 蒸気動力の機械の使用は可能性が残っています。 例えば (印刷用の) 輪転機のようなものがあります。 機械を丸ごと輸入して使用すればよいだけなので 問題がほとんどなくなる。しかし、工場の場合には一般的に単純にはなるはずがなく、 高性能な小型モーターが工場機械の動力源となるまで待つ必要があったはずです。

英語では元々、水車、風車を使用した工場がミル (mill) と呼ばれ、それ以外がファクトリー (factory) と呼ばれます。工場の電化後はミルの動力源が複数個所になり、実際はファクトリーと同じになります。 そこで、動力源が一ヶ所の工場の事を仮にミルと呼び、それ以外をファクトリーと呼ぶことにすれば、 日本にかってあった工場は基本的にファクトリーのみであり、ミルは (生糸の) 製糸工場以外にはなかったことになります。 そして、これが戦前の日本で産業化を達成できなかった直接的な原因と思われます。

全く違うデータから

ここで アヘン帝国で引用したグラフを再掲します。 これは GDP の大体の傾向を表しているのではないかと思われ、 明治維新以後第二次大戦に至るまで、日本の GDP は各国と比べ、相対的にジリ貧に減る傾向にあったと思われます。 1900 年以後更に減ります。 (麻薬だけの儲けで生計を立てているのですからこれしかないのです。進展があるのは第二次大戦後だということも再確認できます。)

日本に産業がなかったことの意味すること

第二次世界大戦前に日本に産業がなかったことはもっと違うことを意味します。 その 1 つには、日本国政府は産業による税収がないことがわかり、 従って、社会的なインフラの構築は通常では不可能で、これを実現するには再び麻薬の儲けが必要となります。 このような社会的なインフラには次があります。

  1. 港湾の浚渫
  2. 鉄道の建設 (地下鉄を含む)
  3. 道路の建設
  4. 治水工事
  5. 上水道の建設 (下水道の建設はできなかった)
  6. 電気のインフラ (発電所 + 電柱 + 電線 + 送電網)

必要なものはあまりに沢山あり、この上に軍備の増強を目指せば、 いくら麻薬の儲けが膨大であっても、とても十分ではないことがわかる。 しかし、ここまで麻薬の儲けを使いまくっているにもかかわらず、 日本人はこれを正常な経済活動と考えている ?

第二次大戦後の発展はどのようにして可能となったか ?

第二次世界大戦後の日本ではすぐにも 1960 年代の産業革命 (高度成長期) に 突入します。 これを可能にした理由の 1 つには農地解放によって消費者の数が極端に増えたことが挙げられますが、 それだけでは十分ではありません。 多くの人はこの理由を戦前に技術的基礎ができていたからだと言っています。 「技術的基礎」とは何を意味するのでしょうか ? 理由は単純で、日本では戦前から大学があり大卒をほとんど養成していませんでしたが、 大卒を多量に養成することはいつでも可能であったからです。 大卒の必要性は現代の中国の変化を見ればほとんど明らかで、 それ以外の国でも経済発展には高等教育を受けた人 (とりわけ工学部出身者が必要で、高等専門学校でも可) が必要となります。

ところが、もしも大学がなければ、これを作るのにずいぶん時間がかかります。 その間の事情は米国の統治下にあったパナマ運河がパナマ政府の管理となるまでの 経過を見れば大体はっきりします。

パナマ運河が米国の管理下からパナマ政府の管理下になるまで。
この内容は英字紙に紹介されていた記事を思い出しながら書くもので、 記憶が少しあいまいになっているかもしれません。 最初の記事は 1980 年前後に読んだもので、2 度目は 2000 年頃に読んだものです。

1977 年の米国とパナマの間の条約で、パナマ運河の管理をパナマ政府に移管することが決まりました。 すぐにもできそうなことですが、これには随分と時間が必要となります。

このためには、まずパナマ運河で働く人をパナマ人に変える必要がありました。 ところが、この時点でパナマには大学はありましたが、工学部が 1 つもなく、 全部、文系の学部しかありませんでした。 パナマ運河には工学部出身者が必要でした。 最大のネックは教員の養成でした。

順番に話をすると、パナマ運河の労働者には高卒レベルの仕事と大卒レベルの仕事があり、 ます最初に運河で採用するための高卒を養成するための職業コースを高校に設置し、 このための教員を養成する必要がありました。 大学の場合には学科の教員を養成する必要もあった。 この段階で、パナマには運河以外に工学部卒の職がなかったので十分に注意する必要があったはずです。

そして、運河の労働者にまず高卒を採用して、その次に大卒を採用して 長い年月をかけて米国人の労働者を下位レベルの労働者からパナマ人の労働者に変更する必要があったのです。

1 度に多くの人を採用すると、その人たちが定年退職する時に 1 度に人がいなくなるので、 それも考慮する必要があったようですが、20 年程度で労働者を全部入れ替え、最後は 1 番偉い人が 米国人からパナマ人になったとのことです。

パナマ運河に採用する人を養成するための学科の新設は、パナマの大学で始めて工学を教えることを目的とするものでしたが、 これはパナマで数多くの工学部ができるきっかけを与えることなり、すぐにもパナマに産業が登場するようになったとのことです。 しかし、ここまでに 20 年がかかった。 パナマの場合は特殊な場合ですが、 国内にまったく工学部がない状態から、工学部の新設をしようとすると、ずいぶん時間がかかる のはほとんど明らかではないかと思います。

この間に記憶に残ることはパナマ政府がこの移行期間中に麻薬に手を出したことです。 戦前の日本と同じことをした。

注意
  1. 思い出したことがあるので追加します。 1960 年代、1970 年代は人手不足と呼ばれた時代です。 この間に必要とされたのは大卒の理工系でした。 そのため、企業は理工系の学生を分野を不問にして採用していました。 ところが、大学の理工系でカリキュラムが共通しているのは大学 1, 2 年の教養部の内容だけ -- つまり数学だけ -- で、それ以外は各企業で教育をしたそうです。従って、各企業は大学 1,2 回生まで学んだ知識で人材を採用した。 裏返せば、この 1,2 回生で学ぶ内容 -- 数学 -- を企業で教育することができなかった。
  2. 発展途上国などでは、大学工学部の卒業生や、高等専門学校の卒業生を増やすことに苦労することがあり、 日本国政府がその手助けをする場合があります。かなり以前にインドネシアでの問題に日本が協力したことが 新聞に載っていたと思います。注意すると、いくらでもこのようなニュースにお目にかかるはずです。 なお中国が経済的に成功したのは、大卒を極端に増やしたことによっていることは広く知られていることと思います。
第二次大戦前からの技術力の継承はあったのか ?
  1. 戦前から大学があったからと言って、その質が高かったはずがありません。 大学が機能するためには、学生が必要です。戦前には学生はほとんどいなかったので、 大学の質はきわめて低かったというべきです。単に、組織としての学部、学科があっただけですが、 一応これだけでも学生を養成することはできたことになります。但し、恐らく戦前の大学の質は低かった。 とりわけ実験系の学科の質は極めて低かったはずです。実験系では学生がいて、(継続して) 実験をしてくれるだけで、 その質向上が図れます。
  2. 戦後直後の日本の輸出の主力品は綿製品であったと思う。 (ようやくこれで 18 世紀後半の英国と同じになった。) これは中卒の労働力で実現可能なことであったと思う。 だから、この点に関しては戦前からの技術の継承があったであろう。 しかし、中卒で実現可能な産業は、すぐに東南アジアなどに追いつかれ、日本の輸出品がなくなる。 日本では 1960 年代には質の高い鋼の製造や、まともなレンズ (色消しレンズ) の製造が、 計算機プログラミングで可能になる。これに関与した人たちは大卒であったはずです。(中卒ではない。) 当時は大学に情報関連の学部も学科もなかったが、高学歴ほど注意力があるという理由から、大卒が計算機プログラミング をしたことがわかる。これらの産業では東南アジアなどの国では (綿製品のように) 追随できなかった。 大卒がほとんどいなかったからである。この点から考えれば、技術力の面で戦後の日本を作ったのは戦後に育った大卒によっている。 (従って、この点では技術力の継承はなかった。)
  3. 1960 年代の日本で起きたことは良いことだけではない。この時期に (トンネル工事などの) 土木工事では多量に 犠牲者が出た。土木工事では 1 度の犠牲者の数が数十名に及ぶことはざらで、恐らくトンネルを 1 本掘るごとに 100 名は犠牲者があったのではないかと思っている。犠牲者が出るたびに、工事担当者は「技術力だ」と常に 主張していたと思う。困難な工事だから、犠牲者が出るのは当然だと主張したのであろうが、今では、これは 地質調査をせずに工事をしたからであろうと思っている。 地質調査のようなことは、とりわけ難しいことではなく、最も重要なことはこれを必ず実施することだと 思われ、これこそが本来の技術力ではないかと思われる。 英国産業革命の最中の土木工事で、1960 年代の日本の土木工事ほど犠牲者が多いことはほとんどない。 ちゃんとボーリング調査をしていると思われ、このような観点からすれば、1960 年代までの 日本の土木工事では技術力がなかったと考えた方が良い。つまり現在の技術力はその後できた。 (地質調査のような専門会社は大学で地質学を学んだ人が会社を作ったと思われ、これも大卒に依存した技術力と思われます。)
  4. 日本語の 「技術力」とはとても妙な言葉です。本来の産業革命後の世界では 最先端技術と称するものは末端の労働者に直接関連するはずもないし (技術力 = アイデア)、また末端の労働者の世界では 徒弟制が崩れているので、専用工具のあるなしが、技術のあるなしを決めている (つまり 技術力 = 専用工具)。 第二次世界大戦前の世界で考えても、蒸気機関車の製造のようなことでは、本来専用工具が重要な役割を 果たすと思われます。 英・米の蒸気エンジン製造を目指す昔の話には先に専用工具製造の話が登場し、これが 普通と思われますが、日本の場合にはパチクることしかないので、このための専用工具というのは 少々おかしいのではないかと思われます。
日本はいつ繊維製品の輸出国であったのか ?

私は一時期、第二次世界大戦前に日本もある程度繊維製品を輸出していたことがあると 考えたことがありますが、第二次世界大戦前に日本が輸出していたのは「生糸」のみであったようです。 これでは繊維製品の輸出国とは到底みなせないと思います。該当製品が少なすぎるからです。

しかし色々なことから、日本も繊維製品の輸出国であった時期があるはずで、 この時期 (戦前からの延長線上で、技術力がなかった時期) は必ずあったはずです。 すると、第二次世界大戦後の非常に短い時期に (おそらく 10 年程度) 日本は繊維製品の輸出国であったことになります。 この時期がないといけない。輸出品として繊維製品以外の可能性がまったくなかった時期 (技術力がなかった時期) があるので、 その時点での日本のメシのネタであるし、この時期に日本政府及び地方自治体の収入源 (繊維産業からの税収) がないといけなかったはずだからです。

日本政府及び地方自治体の収入として無論、債権が考えられるところですが、 これのみに頼ろうとしても、返済のめどがない債権では売れるはずがない。 そして、この非常に短い時間枠の中ですべての変化が起きた。 従って、変化が戦前から継続していたのだという考えは誤りです。