ページの最終校正年月日 :
蒸気エンジンの話

鉄道に関することはあまりに多くあるので鉄道の話にまとめてあります。 ここでまとめているのは、蒸気エンジン一般のことと、船舶や鉄道以外への応用です。 蒸気エンジンの一般的な応用の基礎にあるのは農業です。 しかも船舶、鉄道に関しても元々物資の輸送では農産物の出荷が基本を占めるので、 蒸気エンジンは農業と原点が同じと言ってい良いかもしれない。 この点から第二次世界大戦前の日本は蒸気エンジンとほとんど接点を持っていない。 (蒸気エンジンは農業への応用が基本にあるため、日本の蒸気エンジンはおそらくレプリカ (欧米の丸写し) しかなかったと思われる。)

  1. 蒸気エンジン
  2. 蒸気エンジンの歴史
  3. 蒸気動力の年表
  4. ポータブル・エンジン (携帯可能な発電機がなかった時代の動力源)
  5. トラクション・エンジン (トラクターの御先祖)
  6. 蒸気ローラー (トラクション・エンジンと基本が同じ)
  7. ショーマンの道路機関車 (トラクション・エンジンの改造)
  8. 蒸気ワゴン (蒸気トラック)
  9. 蒸気乗用車 (スチーム・カー)
  10. 蒸気ショベル
  11. ニューコメン大気圧エンジン
  12. ジェームズ・ワット
  13. ウィリアム・マードック (英国で蒸気機関車のモデルを最初に作った人, 他に色々な発明)
  14. リチャード・トレビシック (世界で最初の高圧蒸気エンジンを作った人。マードックの蒸気機関車のモデルを見る。)
  15. コーンウォール・エンジン (トレビシックが作った効率の良い高圧蒸気エンジン)
  16. ビーム・エンジン
  17. 蒸気祭りの一覧