ページの最終校正年月日 :
運河

ここでは英語版の Wikipedia で、運河に関連する項目を翻訳することにします。

なお、各国の運河に関しては別の頁にまとめています。(全部とは到底言えません。気が付いたものから...)

  1. フランスの運河
  2. 英国の運河・水路
  3. 米国の運河・水路
  4. 仏英米以外の国の運河
  1. 水門 (Lock) (初期には水門のゲートが 1 重で、後に 2 重となり閘門となる)
  2. 山越え運河 (summit level canal)
  3. 航行可能な水道橋 (navigable aqueduct)
  4. 盛土 (embankment)
  5. 供給橋 (accommodation bridge)
  6. 曳舟道 (Towpath)
  7. ボートリフト
  8. インクライン (Canal inclined plane) (インクラインは和製英語です。)
  9. 以下、運河とは関係ないが、インクラインあるいはインクラインド・プレーン鉄道 (= ケーブル鉄道) と呼ばれるものの実例。 以下の実例は米国ペンシルベニア州にあり、 アレゲーニー・ポーテッジ鉄道の用語を踏襲したものと思われる。
  10. 斜面 (インクラインド・プレーン) (斜面 (インクラインド・プレーン) はルネッサンスに 単純機械の 1 つと見なされ、16 世紀末までには仕組みが理解されていた。)
  11. ウォーター・スロープ (Water slope)
  12. トール・ポイント (料金所、Toll point)
  13. 船舶運河
  14. 参考:運河の地図
用語に関して

一連の翻訳で、翻訳用語として水門で使用した用語を踏襲しています。 つまり「水門」(lock) は「閘門」の意味です。lock を水門と訳したのは lock が元々は唯のゲートあるいは板であったと 思え、これが進化し続けたため、歴史を通して同じ用語を使用とするためにはその初期の形態を前提に置かないと困るためです。 英国で人工運河が建造されていた 1800 年頃もテムズ川では噴出水門 (ゲート) が使用されており、 ある時期から途端に全部が「閘門」に変化したわけではなく、過渡状態の時があり、「水門」と訳しておく方が誤訳の 危険性が少なくなります。

英語では用語が変化せずに、中身が違ってしまうことがあります。 色々な実例がすぐに思いつかないのですが、例えば wind mill は風車の意味にも風力発電機の意味にもなります。

日本語では「閘門式運河」という言い方をしますが、これも誤解を招く原因となります。 人工運河の場合には高低差がある場所を通る時の方が多く、そのためほぼすべての人工運河は「閘門式運河」となるためです。 そのため「閘門式運河」の方が普通の運河で、「閘門」が無い方が例外的なのです。 漢字の「閘門」は特殊な言葉なので、この用語を使用すると逆に誤解を招きかねないので、 その点からもロック (lock) を「水門」と訳しました。

更に「閘門式運河」の代表を「パナマ運河」と考えると非常に妙なことになります。 パナマ運河では三層の閘門で頂上区間に上昇・下降します。しかし、この程度ではより大きな高度差を克服することが できないので、連続水門階段水門を使用しなければなりません。 この用語を使用するとパナマ運河は上昇・下降に 3 層の連続水門を使用するのです。 しかし、ウスター・バーミンガム運河のダーデビジには 30 層の連続水門があります。 これはヨーロッパで最大のものですが、至る所に連続水門があります。 基本的な用語を理解するには水門をあらかじめ読んでおく方がよいです。 関連する用語に停止水門があります。これも「閘門」ですが、こちらは落差が非常に小さいものです。

また曳舟道も理解しておく必要があります。 曳船道は現存している場合にはグーグル・マップに記載されていますが、 所々で非常に妙になっていることがわかります。 これは移動橋の理由からで、 これもあらかじめ理解しておかないと地図を見ている時に理解が苦しくなります。