ページの最終校正年月日 :
米国の運河・水路

米国にも、かっては随分と運河があり、その中でもエリー運河が有名で、この運河は今でも健在です。 エリー運河ができたのは 1825 年のことで、ハドソン川とエリー湖を接続しました。 注意する必要があると思われるのは、米国ではこの時点ですでに (河川用の) 蒸気ボートの時代が始まっている点です。 1807 年にはフルトン (+ リビングストン) がハドソン川 (の下流) で蒸気ボートの航行に成功しており、 一方、1817 年頃からは、蒸気ボートは五大湖で操業を開始しています。

蒸気ボートの建造には蒸気機関車ほど技術が必要とされないので、早くから実用化されていたのです。 外洋での蒸気船は燃料補給の問題が出てくるので、エンジンの効率が高くないといけませんが、 内陸の蒸気ボートにとって、燃料補給の問題は差し迫った問題ではなく、燃料として木材を使用すれば どこでも調達できます。だからエンジンの効率が悪くても内陸の蒸気ボートには使用できる。

さて、幾つかの運河はエリー湖とオハイオ川を接続することを目的としていましたが、 この理由は次にあります。 フルトン (及びリビングストン) はピッツバーグで蒸気ボートを調達し (無論デザインしたのはフルトン)、 ピッツバーグからオハイオ川、ミシシッピ川を下り、ニューオーリンズに至っています。 (1811 年 10 月 20 日から 1812 年 1 月 10 日) このあとで、フルトン達はナチェズとニューオーリンズの間で定期航路を開始しています。 この時点では蒸気エンジンは随分非力 (ボウルトン・ワット蒸気エンジン) でしたが、 どんどん性能が向上するようです。

オハイオ川等に接続していた運河はピッツバーグの下流で接続しているのです。

オハイオ・エリー運河オハイオ川とポーツマスで接続
マイアミ・エリー運河オハイオ川とシンシナティーで接続
ウォバッシュ・エリー運河オハイオ川とエバンズビルで接続

イリノイ・ミシガン運河はオハイオ川に接続していませんが、 この運河はイリノイ川に接続し、イリノイ川はセントルイスのすぐ上流でミシシッピ川 に合流しています。(この合流地点はオハイオ川の合流地点より上流にあります。)

フルトンは川を下ることは実証していますが、川を遡上できることを実証したのが エンタープライズ で、これは 1815 年の記録です。

米国は必要性に迫られ、数多くの蒸気ボートを建造し、この理由から蒸気機関車の製造も可能となり、 更には蒸気ショベルの製造が可能となり、 蒸気ショベルを利用したパナマ運河の建設につながるように思われます。 どこにもこのように書いてあるわけではありませんが、ちゃんと歴史が積み上げられている。 なお、米国の高圧蒸気エンジンの元祖はオリバー・エバンスです。 彼のエンジンの改造版が エンタープライズ で使用されている。 (蒸気エンジンの話 に関連項目が載っています。)

  1. サウス・ハードリー運河 (1795 年開通)
  2. エリー運河 (1825 年開通)
  3. モリス運河 (1831 年ニューアークまで完成)
  4. デラウェア・ラリタン運河 (1834 年完成)
  5. チェサピーク・オハイオ運河 (1850 年、カンパーランドまで開通)
  6. ペンシルバニア運河 (1840 年頃開通)
  7. オハイオ・エリー運河 (1832 年完成)
  8. マイアミ・エリー運河 (1845 年完成)
  9. ウォバッシュ・エリー運河 (1853 年完成, 1843 年操業開始)
  10. イリノイ・ミシガン運河 (1848 年完成)
  11. スー水門群 (スペリオール湖とヒューロン湖をつなぐ運河)
  12. オーガスタ運河 (1847 年完成)
  13. チェサピーク・デラウェア運河 (最初に完成したのが 1829 年)
  14. ミシシッピ川の蒸気ボート
  15. SS カリフォルニア (1848 年)
年表
1775 年 - 1783 年独立戦争
1803 年 ルイジアナ買収により、米国はミシシッピ川の広大な流域を獲得。
1804 年 - 1806 年 ルイス・クラーク探検隊。目的はルイジアナ買収で買収した土地の
調査とヨーロッパ諸国が領有権を主張していない土地の調査でこれで
太平洋に至る土地の領有権を主張しようとした。 (円周儀を参照。)
1801 年 - 1806 年 オリバー・エバンスによる高圧蒸気エンジンの開発
1807 年 フルトンとリビングストンがハドソン川で蒸気ボートのテスト(成功)、
ワットの低圧蒸気エンジンを使用。
1811 年 ニューオリンズ はミシシッピ川の最初の蒸気ボートで、ピッツバーグで
進水し、リビングストンとフルトン (デザイナー) の会社のために建造。
1811 年 10 月 20 にピッツバーグを出港して、オハイオ川 + ミシシッピ川
を下り、1812 年 1 月 23 日にニューオリンズに到着。1812 年 1 月 23 日
にナチェズとニューオリンズの間の定期航路を開始。ワットの低圧蒸気
エンジンを使用
1811 年 オリバー・エバンスのピッツバーグ蒸気エンジン会社 (オハイオ川)、
高圧蒸気エンジンの特許料は厳しく取り立てなかった。多くの人が
勝手に真似したと思われる
1815 年 エンタープライズ がミシシッピ川 + オハイオ川を遡上 (オリバー・エバンス
のエンジンの改良版。) ミシシッピ川の蒸気ボートの時代が到来。
水運の可能性が米国中に広まった。
1817 年 蒸気ボート オンタリオ の建造。蒸気ボート時代が五大湖で幕開け。
(五大湖乗客蒸気ボートを参照。)
1825 年 エリー運河開通、ハドソン川とエリー湖を接続
米国の運河時代の到来。
米国の運河は短命であったが鉄道が登場するまで米国を支えた。
1832 年 オハイオ・エリー運河の完成、エリー湖 (カヤホヤ川) と接続し
オハイオ川とポーツマスで接続
1845 年 マイアミ・エリー運河の完成、オハイオ川とエリー湖の接続が目的。
オハイオ川とシンシナティーで接続
1848 年 イリノイ・ミシガン運河の完成。イリノイ川とペルーで接続
イリノイ川はオハイオ川と接続。五大湖をミシシッピ川に接続。
1848 年 パナマ地峡を経由するカリフォルニアと東部の間の蒸気郵便船
の定期航路の設立。(SS カリフォルニア (1848 年))
この頃米国はオレゴンとカリフォルニアの実質の統治を開始。
1853 年 ウォバッシュ・エリー運河の完成。
オハイオ川とエバンズビルで接続。五大湖とオハイオ川を接続
1861 年 南北戦争の開始
1865 年 南北戦争の終了。この後、南部の鉄道が相互につながり、
これが北部の鉄道につながった。ミシシッピ川は南北方向の輸送には
都合がよいが東西方向の輸送には障壁となる。(蒸気ボートがすでに川
で操業中。) ミシシッピ川に最初の旋回橋 (ガバメント橋) が登場し、
その後おびただしい数の可動橋が米国中に登場する
1869 年 最初の 大陸横断鉄道が完成
1870 年頃 この頃、大型の蒸気機関車が登場し始め、
貨物の輸送費で鉄道の方が運河よりも有利になり始める。
背景には鋼の価格が下がったことがある。(ベッセマー工程の普及。)