ページの最終校正年月日 :
鉄の歴史

通常、例えば「数学史」と言えば、「ヨーロッパの数学史」のことを意味します。 これは他の国が現代化の過程の中でヨーロッパの数学を踏襲したからです。 「和算」も数学の歴史の中に入るかもしれませんが、これは別に扱うのが普通です。 現代に影響を及ぼしていないからです。同様に「鉄の歴史」と言えば これは「ヨーロッパの鉄の歴史」となります。以下主にこれについてまとめたものです。

「鉄の歴史」は世界の現代化において色々影響がありますが、 ある程度製造法の変遷などを理解していないと、歴史の理解が困難であろうと思われます。 例えば、英国の産業革命はコークスによる高炉から錬鉄の製造を始めた 1754 年に始まると考えたほうが 自然で、また産業革命を通して、錬鉄の製造が主役であり、鋼の製造は脇役でしかなかった などの事情を理解するには「錬鉄」とはどのようなものであったのかを理解していないと、 そもそも英国における産業革命の姿が目に見えてこないと思われます。 日本語の検索エンジンで「英国の産業革命」を検索すれば、 ものすごく多くの記事が検索できますが、当時の英国の産業を支えた「製鉄」のことには ほとんど記載がありません。だから日本人は何も知らずに「英国の産業革命」を議論していると 言ってよいと思われます。

産業革命における製鉄法に関しては、とりわけヨーロッパには身近に 多くの産業遺跡がありますから、その理解は比較的に容易であろうと 思われます。反面、日本人には雲をつかむような話ですから、 誤解が多々あるのではないかと思われ、 また全体像を理解することもかなり困難となります。 ここでは英語版の Wikipedia から関連する項目を列挙して、 歴史に直接ないしは間接的に関連する内容を部分的に翻訳をして、 理解の助けとしたいと思います。 なお、英語版の Wikipedia では中国の製鉄の歴史に関しても説明を加えているので、 その点も理解することになります。残念なことですが、日本ではほとんど語られていないことばかりです。 日本は製鉄に関してもほとんど中国の影響を受けていない。

製鉄に関して混乱を招く原因の一つに、 「鉄を鍛える」あるいは「鉄を鍛錬する」という日本語があります。 日本古来の「たたら製鉄」ではハンマーを使って鉄をたたく作業を 「鉄を鍛える」あるいは「鉄を鍛錬する」と言いますが、これは単に 不純物を除去する作業です。昔の日本人は作業の意味するところを知らなかったのです。 しかし、以上の事実は日本の文化の中に組み込まれており、 そのため辞書の類がすべて信用できないことになっているという結論になり、 また英和辞書に依存している文書にも基本的な間違いがあることが鮮明となりました。 これはヨーロッパの製鉄法を理解することから明らかとなる事実です。

ヨーロッパの製鉄に関しては最初の 4 つの項目を読めばだいたいのことがわかります。 その中に登場することの詳細が、それに続く項目です。英国の製鉄産業は産業革命に 至って爆発的なものとなります。とはいっても今日の製鉄産業と比べれば余り大したことがありませんが、 ヨーロッパ以外の国と比較するとその違いが顕著であると思われます。しかし、このような違いを 生じるきっかけがヨーロッパ中世にあり「中世ヨーロッパの技術」も最後につけてあります。 「加工硬化」も追加していますが、これは日本の昔の「包丁」の製造方法が加工硬化によるものであることが わかり、仕組みをある程度理解しているほうが良いと思われたためです。

英国で産業革命が成功した一因がその自由な環境にあると色々な個所で指摘されているので、 清教徒革命のことを調べようとしましたが、英語版の Wikipedia にはこの項目がなく、「三王国戦争」 として扱われていることに気づき、これも付け加えることにしました。製鉄に関しての ヒントはなかったのですが、「三王国戦争」の終了後およそ 100 年を経た後にコールブルックデール で錬鉄の生産が始まり、「社会環境の変化が産業構造の変化に影響を及ぼしている」 と推測することは可能なようです。

なお、以下のページの幾つかはインターネット接続が ADSL 以上でないと表示できません。 グーグルやヤフーの地図をページに張り付けているためです。ステータスバー (ブラウザーの一番下の個所) の 表示を注意してください。インターネットエクスプローラでは地図が完全にダウンロード されるまではフリーズしたような状態になります。ファイア・フォックスの方がはるかに快適です。

  1. 塊鉄炉 (bloomery)
    (最も古くから最も普通に使用されたありふれた製鉄炉、どこの文明にもある。日本は異常な例外)
  2. 錬鉄 (wrought iron)
    (塊鉄炉から製造された鉄でスラッグを含む、不純物はほぼスラッグに含まれ残りは純粋な鉄)
  3. 高炉 (blast furnace)
    (鉄を溶融するために爆風を吹き込む炉のことで。銑鉄の製造)
  4. 鋼 (steel)
    (鋼を作る一番簡単で最も普通な方法は鋳鉄と錬鉄を混ぜて溶かすこと(るつぼ鋼)、 溶かす際にフラックスを入れれば精錬される。 西洋人は鋼の製造に「るつぼ」を使用したが、この単純な鋼の製造方法に気がつかなかった)
  5. トリップ・ハンマー (trip hammer)  (ハンマーは製鉄史で重要な役割)
  6. 杜詩 (Du Shi)   (中国で「ふいご」の動力に水車を最初に使った人)
  7. トロンプ (Trompe)  (現代のコンプレッサーの御先祖)
  8. オズモンド工程 (Osmond process)  (銑鉄から錬鉄を生成する工程。単純ではあるが非常に巧妙。針金製造用の錬鉄を作る)
  9. 精製炉 (finery forge)  (銑鉄から錬鉄を生成する工程)
  10. オアグラウンド鉄 (oreground iron)  (質の高いスウェーデンの錬鉄)
  11. セメント工程 (cementation process, 浸炭工程)  (錬鉄から気泡鋼へ)
  12. るつぼ鋼 (Crucible steel)  (気泡鋼を「るつぼ」で溶かす)
  13. ヘンリー・コート (Henry Cort)  (「パドル炉」の発明者)
  14. ベンジャミン・ハンツマン (Benjamin Huntsman)  (西洋の「るつぼ鋼」の発明者、製造者)
  15. 反射炉 (reverberatory furnace)
  16. 鋳鉄 (cast iron)  (鋳鉄は圧縮に強く、建造物に使用可)
  17. キューポラ (cupola)  (鋳鉄を鋳造するための炉)
  18. パドル工程 (puddling)  (銑鉄から錬鉄を生成する工程、パドル炉)
  19. ベッセマー工程 (Bessemer process)  (銑鉄から錬鉄を生成する近代的な工程, 転炉)
  20. ヘンリー・ベッセマー (Henry Bessemer)  (ベッセマー工程の発明者)
  21. ラップヒッタン (Lapphyttan)   (13 世紀のスウェーデンの高炉)
  22. ラスキル (Laskill)   (リーヴォール修道院の高炉があった場所)
  23. ウィールドの製鉄産業  (ウィールドの製鉄はローマ帝国の時代から)
  24. ウィリアム・レヴェット (バクステッドの教区牧師)  (ウィールドの大砲産業を作った人)
  25. コールブルックデール (Coalbrookdale)  (産業革命発祥の地)
  26. アイアンブリッジ (The Iron Bridge)  (世界最初の鉄の橋)
  27. ウィルソンタウンの鉄工場 (Wilsontown Ironworks)  (熱爆風の使用)
  28. アビーデール産業村 (Abbeydale Indusctrial Hamlet)  (シェフィールドの鋼の歴史)
  29. 鉄法 (Iron Act)  (アメリカ独立戦争の一端となった英国の鉄の貿易に関しての法律)
  30. 加工硬化  (鉄をハンマーで打てば硬くなる。昔の日本の包丁の作り方)
  31. 中世ヨーロッパの技術  (製鉄のみならず色々な技術が登場)
  32. 三王国戦争  (日本語では「清教徒革命」として知られる史実、より自由な環境)
  33. 犂 (スキ) (農機具には鉄がよく使われている)
    番外
  34. アームストロング砲

以上のページを読んでいくうちに気が付いたことを以下に記します。

  1. 鉄はどのようにして作られたか ?
  2. 古代の日本の製鉄との関連
  3. 追加: 英和辞書に間違いが書かれている理由
  4. 古代の日本の製鉄との関連、その 2
  5. 塊鉄炉が有利であった点
  6. 塊鉄炉が高炉に負けた理由
  7. 年表
  8. 古代中国との関連
  9. 日本では鉄の利用が盛んであったか ?
  10. 産業革命
鉄はどのようにして作られたか ?

鉄は自然界には酸化鉄や硫化鉄の形で存在しますが、 鉄は通常は酸化鉄から製造します。

酸化鉄から鉄を作るには酸素を奪えばよいだけです (還元)。 また自然界の酸化鉄には不純物が含まれ、これを除去する必要があります。 鉄の製造には直接工程と間接工程の 2 つがあり、昔の西洋で 使用されたのは直接工程です。これがどういうものであったのかを 理解しないと全体像が不明となります。

世界中で最も広く使用されたのは塊鉄炉 (bloomery) と呼ばれるものです。 ここに鉄鉱石 (赤鉄鉱) を砕いたものと木炭を入れて加熱します。 巧妙な点は鉄の溶融温度まで上げずに、その手前の温度を維持することです。 炉は密閉状態なので、これで一酸化炭素が発生し、一酸化炭素は酸化鉄の 酸素を奪い、これで鉄ができます。

一方、維持されている温度では鉄鉱石の中の不純物が流れ落ちます。 不純物がすべて流れ落ちてくれれば、これで鉄の誕生ですが、 半溶融状態となった鉄はスポンジ状のかたまりとなり、相互にくっつき、 その隙間にスラッグ (かなくそ) がかなり残ります。 できあがったものは花のような状態となり bloom (花) と呼ばれます。

だから bloom (花) を作る場所である「塊鉄炉」(bloomery) は「花造成所」と でも訳すほうが適当ですが、それらしくも見えないし、誤解だらけとなるので、 bloom を「塊鉄」、bloomery を「塊鉄炉」と訳しています。 これは多分一般的な訳し方だと思います。

では塊鉄からどのようにして、スラッグを取り除くのでしょうか ? この点に関しては最初は完全には理解していなかったのですが、 現在では you-tube の動画から完全に理解できることになりました。 一番簡単にスラッグを取り除くには灼熱した塊鉄を塊鉄炉から取り出す必要があります。 このとき、鉄は半溶融の状態で、スラッグは液体の状態です。 この状態でハンマーで打つと、スラッグが飛び出してきます。 何度もハンマー打ちをして、固めてしまう操作がシングルと呼ばれます。 更に何度もハンマーで打って (フォージして) 例えば板鉄の形にして完成です。 この段階でスラッグは除去されるか、鉄の中に一様に拡散されます。

注意
ウェブスターには英語のシングル (shingle) は仏語の cingler に由来するとしており、 元の仏語の意味は『柔軟な棒で打つこと』としています。

以上が鉄製造の直接方法で、基本的に鉄を溶かさない製造法です。 なまぬるく見えますが、温度を上げて鉄を溶かすと、どうなるでしょうか ? この方が効率的に見えますが、ここに落とし穴があります。 鉄は溶けると、とてもよく炭素を吸収します。炭素の重さの比率が 0.2 % から 2.14 % であれば鋼となりますが、すぐにこれを越してしまい鋳鉄になります。 こうなるとハンマーで処理できなくなり、収拾が終えなくなります。 そのため、(鋼を製造する場合にせよ) 炭素を吸収した鉄から、炭素を奪わないといけません。 そのための方法は色々ありますが、基本的には高温の溶融状態にして、 空気と触れさせることです。これで鉄の中の炭素と空気中の酸素が反応して、 一酸化炭素ないしは二酸化炭素となって鉄から炭素が除去されます (脱炭素)。 できあがった鉄は塊鉄で、塊鉄炉から製造した塊鉄と同様な処理 (シングルとフォージ) を することになります。 以上の鉄製造の工程を間接工程と呼びます。

最終的に出来上がった鉄は wrought iron と呼ばれ、「錬鉄」と訳されます。 これは一応、どうあっても若干のスラッグを含んでいます。 だから「錬鉄」は純粋な鉄とスラッグの混合物です。

鋼を作るのにはどうしたのでしょうか ? 鋼は「錬鉄」に炭素を浸み込ませて作りました。

古代の日本の製鉄との関連

鉄 (錬鉄,鋼を含む) には、冷間加工 (cold work) によって加工硬化 (work hardening) がおきます。冷間加工とは、常温もしくは再結晶温度未満で行う加工で、 具体的にはハンマーでたたけば硬化する現象です。但しあまりたたきすぎるともろくなります。

錬鉄の「性質」では次のように述べています。

錬鉄は炭素の含有量が少ないため、焼入れすることができない。 しかし鋼が珍しかったり、知られていない場所では、 時には錬鉄を冷間加工 (cold work) して硬化させて道具類が作られる。

従って、昔の日本の包丁は包丁鉄 (質の落ちる錬鉄) を加工硬化して作ったのです。

鉄をハンマーで打つことによって、できることは

  1. スラッグの除去 (あるいはスラッグを均一にすること)
  2. 加工硬化

の 2 点になります。従って「鉄を鍛える」ということは迷信に他なりません。

非常に困るのは『迷信』が日本語に組み込まれてしまっていて、 辞書に依存すると 英語から日本語に正常に翻訳できなくなっている点です。 幾つか実例を見てみましょう。 『シングル』する場所はフォージ (forge) と呼ばれる炉で行います。 英和辞書 (ヤフー) ではフォージ (forge) の意味を次のように述べています。

(金属を加熱する)炉, 加熱炉;(かじ屋の)炉,

この訳はこれで適切です。フォージ (forge) には動詞の意味があります。 ウェブスターには forge の意味を次のように書いています。

通常は加熱した後で、ハンマー、プレスあるいはそれ以外の機械の打撃や圧力で (金属を) 成型すること

ところが、 英和辞書 (ヤフー) には forge の意味を次のように書いています。

〈鉄などを〉鍛えて(金属製品に)する((into ...));〈製品を〉鍛造(たんぞう)する

どこがおかしいかおわかりでしょうか ? ウェブスターにはフォージ (forge) の 中に「鍛える」意味がないのです。今、ヤフーの英和辞書を例にあげましたが、 これは恐らくすべての英和辞書に見られるはずです。(ヤフーには 2 つ英和辞書がありますが、 どちらも間違いです。) これは誤訳なのです。

似たような言葉で malleable があります。英和辞書 (ヤフー) で調べると 次のような意味が書いてあります。

〈金属などが〉鍛えることができる, 可鍛性の

これだと英文の意味が随所で不明となり、いたずらに混乱する羽目になります。 mallet (マレー) とは「つち」のことで、malleable (マリーアブル) とは『「つち」を 使って、色々な形にすることができる』の意味で、「柔らかい」という意味が暗に含まれています。 従って malleable に「鍛えることができる」意味は一切ありません。 ついでですが「マリーアブルな鉄」とは常温で「槌で成形可能」という意味で、 これには高炭素鋼は入りません。高炭素鋼では加熱しないと成形できないからです。 日本刀の材料となる高炭素鋼はマリーアブルではないのです。英和辞書に頼り切るとどれだけ変なことに なるのかお分かりでしょうか ?

追加: 英和辞書に間違いが書かれている理由

上で述べた英和辞典の間違いに関して、納得していただけるのであれば、 この項目は読まなくても結構です。この項目を付けた理由は 「英和辞典に間違いがあるはずがない」と考える人に対して、 もう少し別の根拠を提供するものです。 内容は「鉄の歴史」とは一応関係がありませんが、 「辞典」の類にも多くの間違いがあることを知ってもらうためのものです。

英語を使用するのは文系の人よりは、理数系の人の方が多いと思います。 昔、大学に入りたての頃、大学の教師は (科学的な文書に関しては)『原書で本を読む場合は「英和辞書」は信用してはならない』 と言っていました。「英和辞書」を信用しきっていると、とても変な誤訳となるためのようでした。 私自身は、その頃すでに英々辞書を使用しており、このようなトラブルはほとんど経験がなく、 英々辞書はとても重宝し、原書を読むのに不自由はありませんでした。 但し、専門用語は英々辞書に載っているわけではなく、これは色々な方法で調べる必要がありました。 英々辞書に関しては科学的な文書でも差支えないのです。問題があるのは英和辞書の方です。

何故、科学に関連する文書で、この様な事が起きているのか理由は不明でしたが、 科学記事は英字紙にもよく登場し、当時一括して「コンテンポラリー・イングリッシュ」(Contemporay English, 現代英語) などと呼ばれていたと思います。

その理由らしきものに気がついたのはずっとあとになります。 今ではどのような文章であったのか記憶にないのですが、ことさら専門用語が登場しているような文章では なかったと思います。この英文の文章を学生が翻訳したことがきっかけです。 ものすごく変に訳したので理由を聞いたところ英和辞書を示され、その通りに訳したのだとの返答が 返ってきました。見ると確かにそうです。英和辞書が間違っていることがすぐわかりましたが、 理由がすぐにはわかりませんでした。確か、簡単な動詞と前置詞の組み合わせで、専門用語は 関係していません。念のためコンサイス・オクスフォード辞書 (Concise Oxford Dictionary) も見てみました。 見たところ、どうもこれを直訳したらしく、それが誤訳となっていた。 ほとんど誰もご存じではないと思いますが、英和辞書では英文学に登場しないような英語の使い方は Concise Oxford Dictionay の直訳を書いてあるものが随分あります。 これは多分、コピーライトに抵触すると思いますが、随分以前に好奇心に駆られて調べたことから ほぼ確実です。

注意
Concise Oxford Dictionary の方が Oxford Dictionary より、ずっと安く (数千円)、ずっとすぐれています。 単語の意味を実に手短に書いているためです。 単語量は豊富ではないのですが前置詞などの意味がわからない場合にはこれしか頼れるものがありません。 だから、これは頼りになるのですが、 意味不明な文書を読みながら、一々どれが対応しているのか探す必要があり、これが随分時間を食います。 (英和辞書の数分の 1 のスペースに数倍の意味が書いてある) また、あまりにコンパクトに書いてあるので、実際の使用例を見ずに 辞書の項目のみを翻訳しようとすると誤訳になる可能性が極めて大きいと思います。

英和辞書に Concise Oxford Dictionary の直訳が出ていたからといって、別に驚くことはなかったのですが、 何故、誤訳になったのか少し不思議になりました。 もともとの原書の書き方は科学的文章ではよく出てくるのですが、多分英文学などには出てこない。 結論が出るのに 1 日ほどかかりました。言葉の順番が確かに少しおかしく、英文の構文として確かに変です。 慣れてしまって、学生の指摘がなければ気がつかなかったのですが、結局、これは英語で書かれてはいるが、 ラテン語の構文ではないかと結論することになりました。 科学的文書はもともとヨーロッパではラテン語で書かれており、その痕跡が今日の科学的文書に 使用されているのではないかという点です。 科学的な文章は特別な専門用語が登場しない限りは (少なくとも私は) 分野の違う英文を容易に読み取ることができます。 どれも同じような言い方をするからです。 だから、昔これを Contemporary English (現代英語) と呼んだのは間違いなのです。

日本語も類似の状況にあるのではないかと思います。日本語だけを勉強しても、時々困ることがあるはずです。 日本語では漢文などの素養がないと理解できない文章はあるはずです。 日頃からそのような文章に目を通していれば問題がないはずですが、 一度もそのような文章に遭遇していなければ問題が起きることになります。 だから、英和辞典に間違いがある多くの理由は英文学者達がラテン語の素養がないためなのです。 私はラテン語の素養などあるはずもありませんが、日頃から科学英語には目を通しているので、 違和感がないだけなのです。

注意
国語辞典は国語の専門家のみ、英和辞典は英文学の専門家のみが執筆していますが、 英々辞書は通常、多くの専門分野の人が執筆しています。
古代の日本の製鉄との関連、その 2

ここは後で追加した個所です。 最初は「たたら製鉄」が他の国の昔の製鉄方法と比較ができなかったのですが、 次がわかり、その結果少し展望が開かれることになったためです。

  1. 昔のスリランカの風炉のことがわかった (原論文らしきものがネットで検索できた)
  2. シュトゥック炉 (Stucköfen) のことが少しわかった。

昔のスリランカの風炉に関しては、発掘で見つかった炉と同じものを建設し、 これで実際に製鉄する実験がされました。得られたものは およそ半分ほどが大量のスラッグが混じった錬鉄の塊 (塊鉄) で、 残りの半分が比較的スラッグの少ない均一で高品質な高炭素スティールです ( 鋼/訳注, スリランカの風炉等を参照)。 直接、鋼を製造する点では日本の「たたら」と同じですが、 はるかに高性能です。利用する季節風はとても強烈なようです。

シュトゥック炉は塊鉄炉 (bloomery) に分類されますが、 8 世紀から 9 世紀にかけて高さが高くなり、 高さが 16 フィート ((≒4.9m) まで高くなります。 カタロニア炉と同様にチュイエール (羽口, tuyere) が付いており、ここから ふいごの風が吹き込まれていました。 シュトック炉では鋳鉄、鋼、マリーアブル (槌で成形可能, malleable) な鉄、錬鉄 などを製造できますが、このためには燃料と鉱石の比率を変え、 従って炉の温度を変えることで実現できます ( 塊鉄炉/訳注, シュトゥック炉等)。 つまりシュトゥック炉でも直接鋼を製造できたのです。 シュトゥック炉が高炉に負けたのは、 シュトゥック炉で鋼を製造するよりは、 高炉で銑鉄を製造し、それを脱炭素する方が燃料の面で安上がりであったことによります。 いずれにせよ、塊鉄炉で炉の温度を上げた場合に直接、鋼を製造できたことがはっきりします。

以上のことから、日本の「たたら」は 塊鉄炉で鋼を製造しようとして、その結果作られたものでは ないかと思うことになり、更にこの事実は ドナルド・ワグナーに指摘されていることにも気が付きました:

Donald B. Wagner, Early iron in China, Korea, and Japan
(中国、朝鮮、そして日本の古代の鉄)

ワグナーは Hashiguchi Tatsuya (1992) が作成した九州における製鉄遺跡の図式に触れており、 福岡で見つかった製鉄遺跡 (後期古墳時代から後期奈良時代の中間) は風変わりな塊鉄炉に相違ないと判断しています。 だから、この塊鉄炉が「たたら」の原型なのです。 しかし私は完全には理解できていません。 ネット版には元の論文の挿絵が全然載っていないためです。 この論文を書いた時点ではワグナーは、これ以外には古代のアジアのどこにも塊鉄炉 を見つけていません。だからワグナーにとって、福岡の遺跡が古代のアジアで最初の 塊鉄炉になっていたのです。その後

Donald B. Wagner, The earliest use of iron in China, 1999 年
(中国における最も初期の鉄の使用)

において、錬鉄が西シベリアから新疆を経由して中国に伝来していることを述べています。

日本の「たたら」から現代の「高炉」に至る道はないと思われますが、 シュトゥック炉は「高炉」の直接の先祖のようです (高炉/訳注, シュトゥック炉等)。つまり

塊鉄炉 ⇒ シュトゥック炉 ⇒ 高炉

が発展の経緯と思われます。塊鉄炉とシュトック炉の中間にカタロニア炉があります。 チュイエールを最も最初に導入したのがカタロニア炉で、 カタロニア炉の高さも高くなったそうです。 炉の温度を上げるためのようです。

シュトゥック炉が登場する理由を理解するためには、それ以前の歴史を知る必要があるようです。 塊鉄炉でも偶然に、あるいは意図して鋼が作られたようです。このような鋼は「天然鋼」(natural steel) と 呼ばれます (塊鉄炉/訳注, 天然鋼等 を参照)。 これはマンガンを含む鉱石の場合に可能性が大きくなるようです。 このようなことは古代には良く理解されていたことと思われ、 「たたら」を作った人は炉の温度を上げるための工夫をしたのではないかと思います。 但し「たたら」は袋小路の改良です。それに反してシュトゥック炉からは中世ヨーロッパの高炉が生まれ、 そこから現代の世界中の高炉が生まれたのです。

鋼を溶融するような炉は非常に高温にする必要があります。 スリランカの風炉ではこれが可能であった。 高炉になってしまえば熱爆風のようなことも取り入れることが可能となるので、ますます温度が高くなり、 「たたら」では勝負にならなくなります。 なお、一般には炉の温度を上げるためには「るつぼ炉」の方がやさしく (るつぼ鋼を参照)、古代の鋼は「るつぼ」によって製造された場合の方が 多いのではないかと思います。

鉄を溶融状態にしたときに、あらかじめフラックス (flux) と呼ばれるもの (通常は石灰など) を 入れておくとある程度の不純物が遊離して、液体の表面に浮かび、除去することができるようです。 鉄を溶融させる場合には、多くの文明でこのフラックスが登場しますが、 日本の「たたら」ではこれが登場しないのではないかと思います。 そのため、非常に不思議に思ったのですが、 「たたら」が塊鉄炉の改良版であるとすると、それが納得できます。 塊鉄炉ではフラックスが必要ないためです。

塊鉄炉が有利であった点

塊鉄炉で錬鉄を作る技術は、その品質を問題としなければ それほど高度な技術ではないようです。

青銅器文明の後に、鉄器文明が始まります。 青銅は銅とスズの合金で以下の融点の表からもわかるように 青銅器文明から鉄器文明への移行には極端な技術力の進展がないと いけないように見えます。

       融点
      鉄 (iron)             1536℃      
      銅 (copper)             1084℃      
      スズ (tin)             232℃      

ところが、塊鉄炉で一酸化炭素が酸化鉄を還元するには温度は 900℃ 以上あれば良く、 スラッグが溶けるためには 1200℃ あればよいだけです。 従って、青銅を製造する技術とそれほど違わない技術で鉄を作ることができます。 また青銅を製造する際に、偶然鉄が製造できたらしいとの記述が随所に見えることの説明にもなります。

この理由から、塊鉄炉は文明の初期の段階から使用することが可能であったのです。 しかし、ところが青銅の方が錬鉄より強いのだそうです。 だから、青銅器時代から鉄器時代への移行を促したものが、 簡単に利用できる銅、スズが減少したためであるという理由を聞けば、なるほどと 思うことになります。(但し、これには証拠がない。)

しかし一方で、鉄は鋼にすることができ、鋼の武器は青銅器の武器を はるかに凌駕します。 塊鉄を作る炉で鋼の原料である銑鉄を作るには単に温度を上げればよいです。 このためには空気を強制的に送り込まないといけません。 しかし、人力による「ふいご」では限度があり、 最終的には機械力 (ダムが付属している動力水車) が必要となります。 これがヨーロッパで高炉が登場した時の姿と思われます。

さて、鉄の製造は江戸時代まで日本で発展したでしょうか ? 鉄を溶融状態にするには燃料が余分に必要になり、 しかも銑鉄から炭素を抜き出すときにも余分に燃料が必要となります。 従って、初期の段階では塊鉄炉の方がコストで圧倒的に有利になります。 価格が安ければ、鉄を色々なものにして利用するでしょうし、 そうなれば需要が増えます。

西洋のように一方で塊鉄炉があり、もう一方で高炉がある時代があれば、価格競争になります。 こうなれば益々鉄が利用されるようになるはずです。 最終的に、銑鉄から炭素を抜き出す方法にほとんどコストがかからない方法 (ベッセマー転炉) が発明されて、高炉の方が断然有利になります。 日本には、このような歴史がありませんでした。

この価格競争があった点は、是非とも留意すべきなのです。 英国の「産業革命」の端緒は、コールブルックデールで、 コークスを使用する高炉から、始めて錬鉄が製造された 1754 年と考えるべきなのです。 それ以前は錬鉄は多くが外国からの輸入品で、それには木炭を使用する高炉で製造されていたのです。 1754 年以後、英国は廉価な錬鉄の製造をすることが可能となり、 その結果、鉄を使った蒸気動力の機械を作ることができるようになったのです。

もう一点付け加えるべきでしょう。 西洋において、鉄、鋼の製造が徐々にではあるにせよ、発展し続けたのは 国境を越えた影響があったからです。残念なことはこれは東洋にはほとんどなかった。

日本では技術を習得するには弟子となって技術を盗む以外に方法がありませんでした。 だから、技術が伝播するには日本国内でさえも随分時間が必要でした。

塊鉄炉が高炉に負けた理由

塊鉄炉が高炉に負けた理由は、 どのページにも高炉の方が燃料の面で安上がりであったことが触れられているのですが、 あまりピンときませんでした。 しかしバージョンアップされた ウィールドの製鉄産業 を訳していくうちに、 理由がとてもはっきりしました。 英国の昔のウィールドの高炉は 10 月に操業を開始し、水が少なくなる翌年の春の終わりまで、操業を継続したようです。 従って、溶けた銑鉄を時々 (あるいは連続的に)、高炉の下から取り出し、 すぐにも新しい鉄鉱石と燃料を高炉に注ぎ込んだのだということがはっきりしました。 塊鉄炉の致命的欠陥は、炉が冷えるまで待つ必要がある点です。 再稼働するには冷え切った炉を始めから加熱しなければならないので、 燃料がとても多く必要となります。

これによって塊鉄炉が高炉に負けたのです。 しかし以上の理由は「たたら」が高炉に負けた理由にもなります。 1 回ごとの火入れでは、連続操業をする高炉には太刀打ちできない。 普通の塊鉄炉では勝負になりませんが、 カタロニア炉の場合にはすぐに負けることにならなかったようです。 カタロニア炉の場合には半溶融状態となった塊鉄を取り出すことを 記述していたページがあり、こうであれば炉が冷えるまで待つ必要がなかったと思われます。 しかも、後世のカタロニア炉では空気の吸引に「ふいご」ではなく、トロンプを 使用しており、なんとか互角に競争できたのではないかと思われます。 最終的な敗北は脱炭素に燃料を使用する必要がない ベッセマー工程 (転炉) の登場によっています。

注意
カタロニア炉の英語はカタラン・フォージ (Catalan forge) です。 つまりハンマーでフォージ (成形) する鍛冶屋の炉です。この用語から推察すると、 カタロニア炉では灼熱状態の塊鉄を取り出し、すぐにシングルして (槌でたたいて) スラッグを抜き出し、 何度かフォージして板鉄等にした。だから完全な連続操業ではありませんが、 炉が冷え切るまで待つ必要はないように思われます。

しかし「たたら」ではこうなるはずもなく、炉が冷えるのを待つ必要があり、 しかも炉は一回限りしか使用できないので、効率の点でまったく論外となります。 (「ふいご」が人力によっていることを持ち出すまでもない。) しかし、明治の頃に「たたら」が随分奮闘したことをどこかで読んでいるような気がします。 この原因はほぼ明白で、明治時代の高炉は一応高炉としての体裁はあるものの、 その本来の性能を発揮していなかった。 本来の性能を発揮していれば、瞬時に「たたら」が消えうせ、 鉄の価格が大幅に下落したはずです。しかしこうならなかった。 そのため、製鉄産業であってはならない姿 -- 軍事産業への依存 -- がずっと継続することとなった。

年表

中国は随分古くから高炉[爆風炉]を使用していますが、 それより前に塊鉄炉の歴史があるようです。 下の年表からわかる点は、中国では随分早くから色々な技術を 取り入れています。 ヨーロッパの高炉の歴史が始まる前に、 すでに原始的なものであるにせよ、ベッセマー工程の 先駆といえるものまで出現していますから、 実に驚くべきことです。

中国での製鉄がヨーロッパのように産業規模に発展しなかったのは 中国が鉄の専売をしたためと思われます。 中国の王室の収入源は江戸幕府と似ている面があります。 まず直領地があり、ここからの収入が基本となります。 ですが、これでは不足で、専売はこの不足を補うためのもので、かなりあこぎで あったようです。 塩の専売では、塩が多く生産された年にこれを貯蔵し、塩が不足となって 高値になった年にこれを放出したようです。 専売の儲けを維持するために常に値段が高止まりするように操作したのです。 だから、この専売は昔からとても評判の悪いものでした。 結局このようなことから中国では製鉄産業がより一層の発展を見ることが なかったようです。

宋応星による「天工開物」には 中国政府の色々な専売品の製造法が記載されていますから、中国内部では余りおおっぴらに販売できなかった 可能性があります。要するに密造法が書いてある。 但し、日本で製造する場合には密造とは言えません。「天工開物」は日本に保存されていたため、 現在その内容が明らかとなっていますが、何ゆえ江戸時代の人たちは、それを読もうとしなかったのでしょうか ?

中国
BC 5 世紀
  • 中国南部 (呉)、高炉[爆風炉]、脱炭素法
BC3世紀~BC2世紀
  • キューポラの登場
AD 31 年頃
  • 杜詩が高炉[爆風炉]の「ふいご」に水車の動力を使用
4 世紀頃
  • 宋の高炉[爆風炉」で木炭の代わりにビツマス石炭の使用を開始した可能性大
11 世紀
  • 宋、コールド・ブラストの下でフォージ
    ベッセマー工程の先駆
1637 年
  • 宋応星による「天工開物」が出版
    この中に高炉[爆風炉]と水車を利用した「ふいご」の挿絵、
    原始的なパドル炉の挿絵
ヨーロッパ
8 世紀
  • 改善された塊鉄炉であるカタロニア炉の完成 (スペイン、カタロニア)
    当初は「ふいご」を利用して加熱 (燃料の節約のため)。
    19 世紀に至るまで継続的に使用された。近世には「ふいご」の代わりに「トロンプ」を使用。
    意図的に鉄の融点に達しないように温度を抑えた。
    ほんの少し温度を上げれば鉄が溶けた (これは実験で確認されている)
  • 8 世紀~9世紀、シュトゥック炉 (stuckofen) の高さが 16 フィート (≒4.9m) まで高くなった。 シュトゥック炉は高塊鉄炉 (high bloomery) とも呼ばれ、高炉の直接のご先祖
12 世紀
  • 1100 年頃、スウェーデンの Järnboås 郡の Noraskog に高炉の痕跡
  • シュバーベン・ジュラ山脈 (Schwäbishe Alb) ではスラッグのみが発見
13 世紀
  • スウェーデンのラップヒッタンの高炉の操業 (1150 年 - 1350 年頃)
    • 燃料は木炭
    • 鋳鉄はオスモンド精製炉で必ず脱炭素された
      (オズモンド鉄 (錬鉄) の製造、輸出)
    • オズモンド鉄は 1203 年のノブゴロド条約に記載、
      1250 年代のイングランド税関の記録
      1620 年に、グスタフ 2世・アドルフ により輸出禁止
    • スウェーデンのベルグスラーゲンには 20 箇所以上の中世の鉱山地帯があり、 その中の 1 つがノルベルグの鉱山地帯。ここにラップヒッタンが属していた。 ラップヒッタンの時代にはノルベルグには 100 基以上の高炉があった。
    • 生産された鉄の用途で最も多いのは農機具と思われる。
  • スイス、デュルステルの高炉 (12 世紀 - 13 世紀)
  • マルク伯領ザウアーラントの高炉 (100 箇所以上の遺跡)、13 世紀 - 14 世紀
14 世紀
  • イングランドのラスキル (リーヴォール修道院の外部施設) に高炉 ? (14 世紀)
    16 世紀の宗教改革時期におけるヘンリー 8 世による修道院の解体命令 (1536-1541) で終焉 ? (これ以前に操業を停止 ?)
15 世紀
  • 近現代の高炉
    • ベルギーのワロン地域のナミュールで登場
    • ノルマンジーの東の境界のペイ・ド・ブレイに伝播
    • イングランドのウィールドに伝播, 1490 年にバクステッドで高炉の建設
    • 銑鉄を錬鉄にするには精製炉を使用、(精製炉にはワロン方式とドイツ方式の 2 種類。英国はワロン方式)
16 世紀
  • 1543 年、鋳鉄の大砲がウィールドで生産開始 (この時代にようやく、ヨーロッパで鋳鉄の使用が始まった。 ローマ帝国の時代には鋳鉄は鉄製造の段階で製造される廃棄物)
  • 1566 年、オスモンド精製炉がドイツからウェールズに技術導入 (英国による針金の国産)
  • 1590 年代、ウィールドの最盛期
  • セメント工程 (浸炭法) の論文 (プラハ)
17 世紀
  • セメント工程がニュルンベルクで操業、イングランド (コールブルックデール) に伝播
  • 1610 年代、1620 年代にオランダの起業家がスウェーデンに鉄工場を作る。
    • 精製炉 (ワロン方式) に従事した人はベルギーのワロン地域の出身者
    • オアグラウンド鉄として輸出
    • 鉄鉱石はすべてダンネモラ鉱山
    • イングランドのウィールドの製鉄産業の衰退の開始 ?
  • 1639 - 1651 年、三王国戦争
  • 1660 年、王政復古、
    この後スウェーデンの鉄が英国に大量に輸入され始める。ウィールドの製鉄産業の衰退。 (社会環境が自由になったため輸入しやすくなった ?)
  • 1678 年頃、反射炉 (クラーク父子, エーボン峡谷)
  • 1688 年、名誉革命
18 世紀
  • 1709 年、コークスによる高炉 (エイブラハム・ダービー, コールブルックデール)
    製造されたものは鋳鉄の深鍋 (pot)、ヤカン (日常生活品)
  • 1740 年、「るつぼ鋼」の開発 (ベンジャミン・ハンツマン、シェフィールドの近辺) 「るつぼ鋼」の典型的な製品は「長柄の大鎌」(農機具)、時計の部品にも使用
  • 1754 年頃、コールブルックデールに木炭精製炉の追加
    コークスによる製鉄の大拡張の始まり (産業革命の開始)
  • 1767 年以後、天測により経度の決定が可能 (航海年鑑)
  • 1775 - 1783 年、アメリカ独立戦争
  • 1780 年、アイアンブリッジの完成 (エイブラハム・ダービー 3 世、鋳鉄製)
  • 1784 年、パドル炉 (ヘンリー・コート)
  • 1789 年、フランス革命
19 世紀
  • 1828 年、高炉に熱爆風の使用 ジェームス・ボーモント・ニールソン、
    (スコットランドのウィルソンタウン)
  • 1837 年、高炉に無煙炭のコークスの使用
    (ジョージ・クレーン、南ウェールズのアニスクドゥイン),
    1839 年に米国に伝播 (ペンシルベニアのカタソークア)
  • 「るつぼ鋼」が発明されてから 100 年後、 シェフィールドにおける鋼の生産量、年間 8 万トン、ヨーロッパの生産量の半分
  • 1855 年、ベッセマー工程
    この頃、カタロニア炉の終焉
その他
BC 1000 年
-- BC 500 年
東アフリカの塊鉄炉、メロエ
BC 500年頃西アフリカの塊鉄炉、ノク文化
9 世紀
-- 12 世紀
東部ウズベキスタン、フェルガナ工程 (鉄鉱石の浸炭、るつぼ)
9 世紀
-- 10 世紀
トルクメニスタン、メルブ遺跡、るつぼ鋼 (融合方式)
BC 3 世紀
-- AD 3 世紀
南部インド (Kodumanal), ウーツ鋼
-- AD 17 世紀 南部インド (ハイデラバード), ウーツ鋼
12 世紀 スリランカ、るつぼ鋼の主要な供給源, ウーツ鋼
7 世紀
-- 11 世紀
スリランカのサマナラウェワ 遺跡、風炉、季節風を利用する溶鉱炉、錬鉄 + 鋼 を直接生産、これもウーツ鋼 ?
注意
るつぼ鋼ではウーツ鋼を「るつぼ鋼」としていますが、 スリランカのサマナラウェワ 遺跡で生産されたものは「るつぼ鋼」ではありません。 それ以外のインド/スリランカで製造された鋼も「るつぼ鋼」かどうか、一応疑問です。 というのはウーツ鋼から刀剣類に加工したものはダマスカス鋼と呼ばれますが、 これを製造する際に複数の均一でない鋼 (ウーツ鋼) からパターン融合 (pattern-weld) されており、 この事実から、複数の鉄から「るつぼ」で溶融したと誤解していると思われる頁があるためです。 しかし古代の鋼の製造は「るつぼ」によるものが多いように見えるので、ウーツ鋼も「るつぼ鋼」 かも知れません。複数のページで同じようなことを述べていれば確信が深まるのですが、 相互に矛盾するように見えると確信が持てなくなります。
古代中国との関連

前項で扱った年表を見れば、古代中国の製鉄が非常に進展したものであることがわかり、 とてもショックになります。 上記の年表に記載した事実は、主に次の項目に書かれていることです。

  1. 高炉 (blast furnace)
  2. トリップ・ハンマー (Trip hammer)
  3. 杜詩 (Du Shi)
  4. ベッセマー工程 (Bessemer process)
  5. キューポラ (Cupola)

最初は驚くだけでしたが、そのうち何故、古代中国の技術が古代日本に伝わらなかったのか 非常に違和感を感じることになりました。 日本はかって遣唐使などを通じて中国から多くのことを学んだと、 日本史の教科書は教えています。 しかし、これは嘘です。古代の日本は古代の中国からほとんど何も学んでいないのです。 伝播したのは仏教ぐらいなのでしょう。

英語版の Wikipedia では古代中国の技術的なことに関しては随分多くの記載がありますが、 日本語版の Wikipedia では記載は皆無です。多分日本人が何も中国から学ぼうとしなかったからです。 他の例を挙げると

このようなことを考えると古代の日本人は技術的なことに関しては、中国をまるで無視をしていたことが わかります。

人間は理解できないと無視するか、過小評価する傾向があります。 「高炉」の中の「訳注」で書いたことですが、 日本語版の Wikipedia の 天工開物 - Wikipedia では

本書は、明や続く清の時代に中国国内ではほとんど評価されなかった。

と書いていますが、これは間違いで、恐らく最も評価しなかったのは「日本人」の はずで、内容が理解できなかったからに相違ないのです。 英語版の Wikipedia の宋応星 (Song Yingxing - Wikipedia) では

「この本の写しは清朝 (1644-1911) の間は中国では非常に少なかった (その理由はこの本で述べられている幾つかの産業が政府の専売事項であったことによる) が、日本では幸運にも元の本の写しが保存されていた。」

としています。鉄や塩は中国政府の専売事項であったため、ヨーロッパ人は 「天工開物」は密造の手引書の形になっていたことをちゃんと理解しているのです。 しかし、何も理解できない古い時代の日本人は重要性のないことと単に決め付け、 そして本当の価値がヨーロッパから流入すると、今度はそれに迎合したのに他ならないのです。 だから常に古代中国の知識は最初はヨーロッパ人が解読し、 そこで始めて日本人が本当の意味を理解したのだと思います。

似たようなことは中国で発明された「火薬」にも当てはまります。 蒙古は鎌倉時代に日本にも侵略を試みますが、ヨーロッパにも侵略しています。 しかし、この後の推移は日本とヨーロッパでは随分違ったことになります。 ヨーロッパ人は、中国の「火薬」の製造法に磨きをかけますが、 日本では中国の「火薬」の製造の改良をしようとはしませんでした。 「種子島」が日本に流入したときに、始めてその価値を知ったのです。

このような違いを生んだのが、ヨーロッパの自由な環境に他ならないようです。 ルネッサンス以後のヨーロッパでは、知識がヨーロッパ中にとても速く伝播したようです。

日本では鉄の利用が盛んであったか ?

ラップヒッタンのことを調べていくうちに、ラップヒッタンが操業していた時に スウェーデンには非常に多くの高炉があることがわかりました。 今日の高炉のように効率は良くありませんが、非常にたくさんあって、 しかも「農業、戦争そして建築で鉄の需要が増大した」と書いてあります。 そうすると西洋の鉄の最大の需要は古代には農業であったことになります。 しかも、西洋の鉄の生産は木炭高炉ができた時に極端に増えており、 この最大の需要が農業なのです。 日本の歴史とどこか違うことが明らかです。 日本の歴史では鉄の生産が極端に増えた時期はないと思うし、 ましてや「たたら」では効率が悪いため、極端な需要に応えることはできなかった はずです。色々疑問となり、試しに「犂 (スキ)」を翻訳することにしました。 古代の日本にも「犂」があったことは衆知ですが、どこか違うはずなのです。

読んでいくうちに「犂」を使用するには畑が長方形でないと使用できないことに 気が付きました。 ここで日本が第二次大戦後に農地の土地改良をしたことを思い出しました。 日本語の Wikipedia にも関連する項目があります。

  1. 土地改良法
  2. 耕地整理

日本語の Wikipedia には書いてないようですが、 私が良く記憶していることに、この土地改良により日本古来の「深田」 がなくなっています。

注意
「深田」とは底なし沼のことで、気付かずに足を踏み入れると、 大人を飲み込んでしまうものもあったようです。 日本の平野は沖積平野が多いので、昔は随分湧き水が多く、 まだ地面が固まっていない時には底なし沼のようなことになることが多かったようです。 私自身はこのような「深田」を知りません。かって存在したことを知ったのは 多分戦記物語の理由からです。木曽義仲が討ち死にするのは、 馬がこの深田に足を取られたからです。また戦国時代に他国を侵略するのは、 秋から冬の乾期に行い、水田が乾燥している時にするのが普通です。 乾期に沼地のような箇所を避ければ、軍隊が「深田」を回避することができるためです。

深田がなくなったため、その後しばらくして耕運機が使用できるようになったこと は良く記憶していることです。(耕運機よりも牛に牽引させる犂を使用することを目的としたようです。) ところが、英語版の Wikipedia の犂を訳していくうちに、 戦後の農地の土地改良の時に水田のあぜ道が直線状になり、 水田が長方形になったことを思い出しました。 これは上の日本語版の Wikipedia の「耕地整理」を読めばわかります。 では何故、水田が長方形でなかったのでしょうか ? 次は Amazon の 書評に書かれていることです。

それは劇中で最も印象的であり観客全ての目に焼き付く水田の中の一本道の景色である、 戦前の日本にはあのような田んぼの中の一本道は唯の一本も存在しなかったのだ、 なぜなら全ての水田はそれぞれの開拓者が大雑把な形で開墾を繰り返したものだからである

この中で『田んぼの中の一本道は唯の一本も存在しなかったのだ』が キーになりました。今日の日本の平野を見ると随分平らですが、 第二次大戦前はかなり起伏があったはずなのです。 旧街道を歩いているとその痕跡に気が付くことがあります。 古い文献では山あり谷ありのような箇所を歩いているはずなのですが、 周りはすべて「平ら」です。だから、 これはブルドーザーで平らにしてしまったのです。 住宅地を作る前に、日本では宅地の造成を行います。 これは土地が平らでないからです。農地を作る場合にも現在であれば、農地の造成をして平らに するはずです。しかしブルドーザーがない時代にこれは容易であったでしょうか ? 困難に決まっています。しかし水田では稲を植える場所は完全に水平でないといけません。 もう自明です。傾斜が極端な場合は千枚田となります。 千枚田を知らない人のために実例を挙げます。

丸山千枚田

傾斜が急であれば、千枚田のようになりますが、 穏やかな起伏でも平面状に造成していなければ似たようなことになることが 自明です。これが第二次大戦前には 『田んぼの中の一本道は唯の一本も存在しなかったのだ』 となる本当の理由です。

こうなると、第二次大戦前には日本では「牛で牽引させる犂」で耕作をしていた個所が 非常に少ないことになります。 (私が子供の時には、牛が犂を牽引する様子を随分と見ていますが、 これが第二次大戦前にはほとんどなかった光景のようです。) 犂を使用するには大規模な農地の造成をして、水田を完全に水平な長方形にすることが必要なのです。 麦畑では完全に水平にする必要がありませんから、この点は西洋の方が有利です。 更に次の点も明らかとなります。 古代の日本の農業では鉄をほとんど使用しなかった。(あるいは使用できなかった。) そのため、鉄の需要が少なく、製鉄産業は皆無に近く、 産業規模に至っていない。

これを裏付けるために、もう一つ別の側面も指摘します。 農家が鉄を使用した農機具を購入するためには、 現金収入がないといけません。 食料に関しては昔は直接出荷できなかったため、 これは現金収入につながらず、稲の藁を「わらじ」など加工して、 現金収入を得ていたと言う話は良く聞かされました。 鉄を使用した農機具を購入するためには現金収入がないといけないのです。 これが可能となったのは第二次大戦後なのです。

だから、江戸時代以前には鉄を使用した農機具をふんだんに使用することは なかったはずで、農業の効率化は皆無であったと思われます。 西洋の製鉄産業の黎明期には製鉄と農業は手を携えていたのです。 日本では農業の効率化が起きたのは第二次大戦後で、 それ以前は農業の効率化がほとんど起きなかった。 そのため、製鉄も産業規模に達することがなかった。 ヨーロッパにおいては、木炭高炉の発明は農業の効率化になくてはならなかったもののようです。

産業革命

新聞と嘘の別の項目で 産業革命のことを扱い、そのとき次のグラフを取り上げました。

Relative Share of World Manufaturing Output - Wikipedia のグラフの日本語化

上のグラフは「製造業の国別生産高の相対比率」で、直接鉄や鋼のことを記述しているわけではありません。 しかし鉄や鋼はすべての産業の下支えとなるものですから、 「鉄や鋼の製造高の相対比率」と「製造業の国別生産高の相対比率」が 大雑把には比例していると考えても良いのではないかと思います。

1709 年にエイブラハム・ダービー 1 世はコークスを燃料とする高炉から 廉価な深鍋 (pot) やヤカンを作り始め、それが完全に軌道に乗ったと思われる 1754 年にエイブラハム・ダービー 3 世がコークスを燃料とする高炉から 錬鉄を作り始めています。これも廉価のもののはずで、そのうち 色々な人が真似を始めるようです。鉄はすべての機械の材料ですから、 これにより多くの機械が製造されたことは疑う余地がありません。 だから 1754 年が産業革命の始まった年であると考えてよいと思います。

しかも、 錬鉄の製造技術が著しく進化していきますから、 錬鉄の製造ペースが随分増えたのに相違ないのです。しかも、その鉄を吸収するものが ないといけないはずで、身近な家庭製品などでこれが吸収されたと 考えるのはどだい無理です。従って、非常に多くの鉄の機械が製造され始めたことが 明らかです。

1784 年にパドル炉が発明されます。これも錬鉄の製造に随分貢献しているはずですが、 上の「製造業の国別生産高の相対比率」ではこれは区別できません。 どうも 1750 年、1800 年, 1830 年、 1860 年、... の統計量をもとにしてグラフを つくっているようですから、1750 年から 1800 年の中間におきたことは 上のグラフでは読み取れません。1800 年に若干増大しているようにみえますから、 これがパドル炉の影響であるかもしれません。また 1830 年にも増大しています。 これに対応する発展は 1828 年に高炉の爆風に熱風を使用し始めたことと 関連しているかもしれません。これは製鉄の効率をかなり押し上げたはずで、 スコットランドのウィルソンタウンで起きたことです。

以上の製鉄における変化は、すべて英国で起きたことで、 この理由から一方的に英国のみ「製造業の相対比率」が増えたと 考えても良いのではないかと思います。

当時のヨーロッパでは鉄 (錬鉄) と鋼の製造法は異なるものでしたが、 鋼の製造法に関しては 1740 年にベンジャミン・ハンツマンが シェフィールドの近辺で「るつぼ炉」を発案し、これにより 100 年後にシェフィールドはヨーロッパの鋼の半分近くを 製造するようになります。この事実も上の「製造業の国別生産高の 相対比率」の傾向と合致するものです。 鋼と錬鉄の製造法は違いますから、相互に関連はないと 考えることもできますが、一方で「るつぼ炉」は高温 (1600°C) にする必要があり、この様な技術は錬鉄の製造ともかかわり持っていたと も考えることができます。 いずれにせよ、産業革命時の英国の製鉄、製鋼技術はヨーロッパで ぬきんでており、これが「製造業の国別生産高の相対比率」に 結びついたと考えても不思議ではないと思われます。 また英国の技術を米国が取り入れようとしたことも明白で、 これがその後の変化を生み、米国も急速に製鉄、製鋼産業が 発展し、すべての産業の下支えをしたと思われます。

上のグラフは見方によればずっと恐ろしいことを意味しています。 このグラフは世界における国別の製造業の生産高の比率で、1750 年には 欧米をあわせても 20 % ぐらいです。上には空白がありますが 全体の 3 分の 1 程度は中国のものであったはずです。それが 1900 年になると 欧米だけで全世界の 80 % を占めています。あな恐ろしや。 (日本もグラフには載っていますが 1900 年頃は 1 % 程度で無視できる量です。) これはもっと別なことも意味しています。産業革命の始めの頃は繊維産業が さかんであったようですが、それが産業革命を特徴付けているわけではないことも明らかなのです。 色が付いていない部分は、欧米諸国以外の部分で、こちらのほうは生産量が変化していないのです。 しかも欧米の生産量の著しい増大を特定の産業の理由として捕らえることはどだい無理です。 すべての産業の生産量が増大しているはずで、その意味からは上のグラフは産業の下支えである 製鉄、製鋼産業の伸びと比例していると考えるほうが正しいと思われます。

「産業革命」の項目を書いたときに取り上げたもう一つのグラフがあります。 (これはRelative Shares of World Manufacturing Output 1880-1938 を真似して作成したもの)

世界恐慌に至るまで米国はますます製造量が増えます。 恐らく、この中には車の生産が含まれています。 これは個人レベルの消費ですが全体の生産量を著しく押し上げたと思われます。 ですから、このグラフに関しても製鉄産業と密接に結びついていると思われます。 (なおこのグラフの時期には製鉄産業と製鋼産業の区別はなくなっています。)