ページの最終校正年月日 :
アパラチア山脈関連

このページはエリー運河の建設前にアメリカへの移民たちが幌馬車で通った道 (グレート・ワゴン・ロード < グレート・アパラチア峡谷 (グレート・バレー) < アパラチア山脈) を理解するために翻訳するものです。

幌馬車はグレート・アパラチア峡谷 (グレート・バレー) の内部にあるグレート・ワゴン・ロードを通る必要がありましたが、 峡谷への出入りは限られた場所 (山脈のギャップ) しかなく、移民たちは基本的にフィラデルフィアから グレート・ワゴン・ロードを利用した。 移民たちは、グレート・ワゴン・ロードを利用して、東海岸の南部に向かい、 そのうちに、アパラチア山脈を越えた西部に向かった。 オハイオ・カントリーへの進出からフランスとの戦争 (フレンチ・インディアン戦争) に発展した。 戦争の勝利後に英国領は増えたが、英国はインディアンとの衝突を恐れ、 西への移住に規制をかけた。これがアメリカの独立戦争の一つの原因となった。

エリー運河の開通と共に、エリー運河がアパラチア山脈を越えるルートとなり、 移民のルートが基本的に変化した。エリー運河が開通したころにリーバイ運河も 開通し、東海岸では石炭を手に入れることができるようになった。この時までは東海岸の石炭はイングランドから輸入していた。

以下の地図は広い意味のアパラチア山脈 の地図です。リッジ&バレー(・アパラチア) はバレー&リッジとも言う。 グレート・アパラチア峡谷 (Great Appalachian Valley) はグレート・バレー (Great Valley、グレート峡谷) とも言う。