ページの最終校正年月日 :
繊維工場 (textile mill) の話

以下ミル (mill) とは水車工場のこと。ダーウェント峡谷ミル群の前書き参照。

  1. ノッティンガム産業博物館 (Nottingham Industrial Museum) (ノッティンガムには 16 世紀から編み機 (knitting machine、靴下) があった。)、ノッティンガムの近くにダーウェント峡谷ミル群がある。
  2. ダーウェント峡谷ミル群 (アークライトの木綿を紡ぐ水力技術、水力工場群(ミル群, mills)、 マンチェスター (蒸気動力) の興隆と共に凋落)
    ダーウェント峡谷ミル群の輸送インフラ
    スコットランドへの影響
    米国への影響
  3. 木綿ミル (Cotton mill, 木綿工場) (蒸気動力を含む。工場は主にレンガ作り。)
    紡績の前処理
  4. 機織りシェッド (weaving shed)
    (自動織機を格納する工場 (ミル) のこと、織機が振動するため、紡績工場とは違って 1 階建てにせざるを得ない。 シェッド (shed) は英和辞典には小屋の意味が書いてあるが、ここでは 1 階建てのとても広い建物のこと。)